『キヤノン5060万画素機と比較しました。』 SONY α7R IV ILCE-7RM4 ボディ 使者誤入さんのレビュー・評価

2019年 9月 6日 発売

α7R IV ILCE-7RM4 ボディ

  • 有効約6100万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」を搭載した、αレンズ交換式ミラーレス一眼カメラ。
  • 小型・軽量なボティに、高速・高追従AF性能、AF/AE追従最高約10コマ/秒の高速連写性能を備えている。
  • ワイヤレスでのPCリモート撮影をはじめとする多彩な撮影や、高速データ処理・転送に対応。高精細なビューファインダー UXGA Tru-Finderを搭載。
α7R IV ILCE-7RM4 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥362,932

(前週比:-19円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥362,932

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥378,000 (6製品)


価格帯:¥362,932〜¥462,024 (46店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥362,932 〜 ¥438,900 (全国705店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ミラーレス 画素数:6250万画素(総画素)/6100万画素(有効画素) 撮像素子:フルサイズ/35.7mm×23.8mm/CMOS 重量:580g α7R IV ILCE-7RM4 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの価格比較
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの中古価格比較
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの買取価格
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの店頭購入
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのスペック・仕様
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの純正オプション
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのレビュー
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのクチコミ
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの画像・動画
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのピックアップリスト
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのオークション

α7R IV ILCE-7RM4 ボディSONY

最安価格(税込):¥362,932 (前週比:-19円↓) 発売日:2019年 9月 6日

  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの価格比較
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの中古価格比較
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの買取価格
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの店頭購入
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのスペック・仕様
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの純正オプション
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのレビュー
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのクチコミ
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディの画像・動画
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのピックアップリスト
  • α7R IV ILCE-7RM4 ボディのオークション

『キヤノン5060万画素機と比較しました。』 使者誤入さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R IV ILCE-7RM4 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:403人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
413件
レンズ
2件
132件
ブルーレイ・DVDレコーダー
6件
78件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
キヤノン5060万画素機と比較しました。
別機種キヤノン5060画素機
当機種本機
別機種キヤノン5060万画素機ISO3200手持撮影

キヤノン5060画素機

本機

キヤノン5060万画素機ISO3200手持撮影

別機種Sony α7RMV ISO3200手持撮影
当機種Sony α7RMW ISO3200 手持撮影
当機種Sony α7RMW ISO1600 手持撮影

Sony α7RMV ISO3200手持撮影

Sony α7RMW ISO3200 手持撮影

Sony α7RMW ISO1600 手持撮影

このレビュー、面白いですね。
実際に使っておられる方は皆満足度5なのに、
使っていない方だけが3だったり4だったり。
他メーカーにとっては目の上のたんこぶのような存在のようです。
さて、上の写真、
季節、時刻が違いますが、同じ絞り、同じ画角、で撮った写真です。
写りの違いについてはご判断に任せます。
使い勝手では、シャッターショックの圧倒的な小ささ、静かさ、軽快さが際立っています。
1.そして、今回初めて経験したのはストロボを付けたときの使い勝手。
  キヤノンではTTLバウンス撮影時、4,5段アンダーな露出になり、
  適正露出が得られませんでしたが、このカメラではバウンス撮影でも
  TTLが働くようです。この軽快さに驚きました。
  プロの写真が手軽に撮れるようです。 
2.キヤノンの5060万画素機は、RAWの写り具合の確認が厄介。
  DPP現像ソフトを立ち上げて初めて画像を見ることが出来ます。
  RAWの一覧で写真を見ることの出来ないその不便さには閉口したものです。
  しかし、本機は、他のα機と同様、普通にWindows上で見ることが出来、
  軽快そのもの。こうでなければ!
【デザイン】
7RMVよりほんの数ミリしか大きくなっていないのに、ホールド感はうんと大きくなった印象。
【画質】
CCDメーカーでありながら、最高画素が一番小さかったメーカーが、ようやく、出しましたね。
これはステータスシンボル機として、長らく存在し続けるでしょう。
次に出るとすれば、型番を新たにした、別のシリーズになり、
新たな機能は増えるかも知れませんが、画素が一段低いものになる気がします。
【操作性】
いいんだなあ、これが。
ベタ惚れなのがシャッター音。7RMVの「カチャ」から「パシャ」に。
黒木華にキスされたような感覚。ひいひい声を上げそう。
ボタンも大きくなって押し間違いがなくなり、
バッファが大きくなって次の写真を撮るまでの待ち時間は皆無。
撮った写真は一応バッファに記憶して、ディスクに書き込んでいくスタイルだから、
待たされるストレスなし。
7RMVのAFフレーム「行方不明事件」が解決した。
白、赤、ピンク、グリーンと、フレキシブルに色を変えて存在を主張する。
どつき回したくなるくらい、いい子になった。
【バッテリー】
ソニーのレリーズはすっぽすっぽでイマイチ。
が、これにクレームを付けたら、
先般、青歯リモコンを発売した。
これ、秀逸。
ただし、常に受信状態にしておくと、
一枚も撮らないでもバッテリーが4時間あまりで上がってしまう。
だから、現在、バッテリーは常時3本態勢。
ただし、本機で使う場合は注意。本機には別のリモコンが初期設定していて、
そのままでは使えない。
【携帯性】
持った感じは大きくなっていても、実際にはほとんどサイズは変わらないから、
携帯性に変わりなし。むしろ持ちやすくなったという人が多いと思われる。
【機能性】
目立っているのは、動画時のリアルタイム目ん玉AFかな。
ただ、我が家では、同居している動物というと、
せいぜい鼠とゴキブリと、蚊くらいだから、
目ん玉AFのありがたさには遭遇せず。
こいつら、撮ろうと思っても、言うこと聞かない。
【液晶】
ファインダーをのぞいてびっくり。
超高精細。一眼レフと全く違和感がない。
というより、暗いところではファインダーの画像の方が明るく、
露出補正をかけたらその分、ファインダーの中でどんな写真になるか確認できる。
やっぱ、これからのカメラはこうでないとダメだベ。
【ホールド感】
シャッター周りだけ大きくなった分、持ちやすくなった。
【総評】
こりゃあ、もう、大学院出の優等生。
面白くもなーんともないけど、こちらで工夫して遊んでやると、
結構付いてくる。
なでなでしながら、時にどつき回して蹴りたくりながら
使い回すといい味を出すかも。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった63人(再レビュー後:17人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
キヤノン5060万画素機と比較しました。
別機種キヤノン5060万画素機の写真
当機種本機で撮った写真
当機種その他の写真 おまけ@

キヤノン5060万画素機の写真

本機で撮った写真

その他の写真 おまけ@

当機種その他の写真 おまけA
   

その他の写真 おまけA

   

このレビュー、面白いですね。
実際に使っておられる方は皆満足度5なのに、
使っていない方だけが3だったり4だったり。
他メーカーにとっては目の上のたんこぶのような存在のようです。
さて、上の写真、
季節、時刻が違いますが、同じ絞り、同じ画角、で撮った写真です。
写りの違いについてはご判断に任せます。
使い勝手では、シャッターショックの圧倒的な小ささ、静かさ、軽快さが際立っています。
1.そして、今回初めて経験したのはストロボを付けたときの使い勝手。
  キヤノンではTTLバウンス撮影時、4,5段アンダーな露出になり、
  適正露出が得られませんでしたが、このカメラではバウンス撮影でも
  TTLが働くようです。この軽快さに驚きました。
  プロの写真が手軽に撮れるようです。 
2.キヤノンの5060万画素機は、RAWの写り具合の確認が厄介。
  DPP現像ソフトを立ち上げて初めて画像を見ることが出来ます。
  RAWの一覧で写真を見ることの出来ないその不便さには閉口したものです。
  しかし、本機は、他のα機と同様、普通にWindows上で見ることが出来、
  軽快そのもの。こうでなければ!
【デザイン】
7RMVよりほんの数ミリしか大きくなっていないのに、ホールド感はうんと大きくなった印象。
【画質】
CCDメーカーでありながら、最高画素が一番小さかったメーカーが、ようやく、出しましたね。
これはステータスシンボル機として、長らく存在し続けるでしょう。
次に出るとすれば、型番を新たにした、別のシリーズになり、
新たな機能は増えるかも知れませんが、画素が一段低いものになる気がします。
【操作性】
いいんだなあ、これが。
ベタ惚れなのがシャッター音。7RMVの「カチャ」から「パシャ」に。
黒木華にキスされたような感覚。ひいひい声を上げそう。
ボタンも大きくなって押し間違いがなくなり、
バッファが大きくなって次の写真を撮るまでの待ち時間は皆無。
撮った写真は一応バッファに記憶して、ディスクに書き込んでいくスタイルだから、
待たされるストレスなし。
7RMVのAFフレーム「行方不明事件」が解決した。
白、ピンクと、フレキシブルに色を変えて存在を主張する。
どつき回したくなるくらい、いい子になった。
【バッテリー】
ソニーのレリーズはすっぽすっぽでイマイチ。
が、これにクレームを付けたら、
先般、青歯リモコンを発売した。
これ、秀逸。
ただし、常に受信状態にしておくと、
一枚も撮らないでもバッテリーが4時間あまりで上がってしまう。
だから、現在、バッテリーは常時3本態勢。
【携帯性】
持った感じは大きくなっていても、実際にはほとんどサイズは変わらないから、
携帯性に変わりなし。むしろ持ちやすくなったという人が多いと思われる。
【機能性】
目立っているのは、動画時のリアルタイム目ん玉AFかな。
ただ、我が家では、同居している動物というと、
せいぜい鼠とゴキブリと、蚊くらいだから、
目ん玉AFのありがたさには遭遇せず。
こいつら、撮ろうと思っても、言うこと聞かない。
【液晶】
ファインダーをのぞいてびっくり。
超高精細。一眼レフと全く違和感がない。
というより、暗いところではファインダーの画像の方が明るく、
露出補正をかけたらその分、ファインダーの中でどんな写真になるか確認できる。
やっぱ、これからのカメラはこうでないとダメだベ。
【ホールド感】
シャッター周りだけ大きくなった分、持ちやすくなった。
【総評】
こりゃあ、もう、大学院出の優等生。
面白くもなーんともないけど、こちらで工夫して遊んでやると、
結構付いてくる。
なでなでしながら、時にどつき回して蹴りたくりながら
使い回すといい味を出すかも。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった21

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
面白くもなーんともない、すましかえった優等生

【デザイン】
ほんの数ミリしか大きくなっていないのに、ホールド感はうんと大きくなった印象。
【画質】
CCDメーカーでありながら、最高画素が一番小さかったメーカーが、ようやく、出しましたね。
これはステータスシンボル機として、長らく存在し続けるでしょう。
次に出るとすれば、型番を新たにした、別のシリーズになり、
新たな機能は増えるかも知れませんが、画素が一段低いものになる気がします。
【操作性】
いいんだなあ、これが。
ベタ惚れなのがシャッター音。7RMVの「カチャ」から「パシャ」に。
黒木華にキスされたような感覚。ひいひい声を上げそう。
ボタンも大きくなって押し間違いがなくなり、
バッファが大きくなって次の写真を撮るまでの待ち時間は皆無。
撮った写真は一応バッファに記憶して、ディスクに書き込んでいくスタイルだから、
待たされるストレスなし。
7RMVのAFフレーム「行方不明事件」が解決した。
白、ピンクと、フレキシブルに色を変えて存在を主張する。
どつき回したくなるくらい、いい子になった。
【バッテリー】
ソニーのレリーズはすっぽすっぽでイマイチ。
が、これにクレームを付けたら、
先般、青歯リモコンを発売した。
これ、秀逸。
ただし、常に受信状態にしておくと、
一枚も撮らないでもバッテリーが4時間あまりで上がってしまう。
だから、現在、バッテリーは常時3本態勢。
【携帯性】
持った感じは大きくなっていても、実際にはほとんどサイズは変わらないから、
携帯性に変わりなし。むしろ持ちやすくなったという人が多いと思われる。
【機能性】
目立っているのは、動画時のリアルタイム目ん玉AFかな。
ただ、我が家では、同居している動物というと、
せいぜい鼠とゴキブリと、蚊くらいだから、
目ん玉AFのありがたさには遭遇せず。
こいつら、撮ろうと思っても、言うこと聞かない。
【液晶】
ファインダーをのぞいてびっくり。
超高精細。一眼レフと全く違和感がない。
というより、暗いところではファインダーの画像の方が明るく、
露出補正をかけたらその分、ファインダーの中でどんな写真になるか確認できる。
やっぱ、これからのカメラはこうでないとダメだベ。
【ホールド感】
シャッター周りだけ大きくなった分、持ちやすくなった。
【総評】
こりゃあ、もう、大学院出の優等生。
面白くもなーんともないけど、こちらで工夫して遊んでやると、
結構付いてくる。
なでなでしながら、時にどつき回して蹴りたくりながら
使い回すといい味を出すかも。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった25

 
 
 
 
 
 

「α7R IV ILCE-7RM4 ボディ」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

α7R IV ILCE-7RM4 ボディのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

α7R IV ILCE-7RM4 ボディ
SONY

α7R IV ILCE-7RM4 ボディ

最安価格(税込):¥362,932発売日:2019年 9月 6日 価格.comの安さの理由は?

α7R IV ILCE-7RM4 ボディをお気に入り製品に追加する <1011

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタル一眼カメラ]

デジタル一眼カメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意