『X570を購入してみました』 GIGABYTE X570 AORUS PRO [Rev.1.0] 揚げないかつパンさんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

X570 AORUS PRO [Rev.1.0]

  • AMD X570チップセット搭載のATXゲーミングマザーボード(ソケットAM4)。第3・2世代AMD Ryzenプロセッサーに対応する。
  • カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能、USB3.1 Type-C、PCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロットを2基、Intel Gigabit有線LANを搭載している。
  • IR PowIRstage 12+2 フェーズ・デジタル電源設計を採用。
X570 AORUS PRO [Rev.1.0] 製品画像
最安価格(税込):

¥26,378

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥26,378

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥26,378〜¥30,525 (7店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国15店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]の価格比較
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]の店頭購入
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のスペック・仕様
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のレビュー
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のクチコミ
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]の画像・動画
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のピックアップリスト
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のオークション

X570 AORUS PRO [Rev.1.0]GIGABYTE

最安価格(税込):¥26,378 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]の価格比較
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]の店頭購入
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のスペック・仕様
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のレビュー
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のクチコミ
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]の画像・動画
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のピックアップリスト
  • X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > GIGABYTE > X570 AORUS PRO [Rev.1.0]

『X570を購入してみました』 揚げないかつパンさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:177人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
6件
4931件
CPU
2件
2183件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
1407件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目4
付属ソフト無評価
X570を購入してみました

FF14 3733 1:1

FF14 3600

FF14 4400

【安定性】
特に不安定と言う事は無いと思います。最初、電源が入らなくて焦りましたが、CMOSクリアーでちゃんと動作する様になりました。
メモリーの安定性は他のマザー同様に高クロックでも安定しています。
4266 22-22-22-47 1.27V

【互換性】
特に何か問題が有るという動作は有りません。
しいて言えば、X470 AORUS GAMING7 WIFIとBIOSの配置が全く違います。

【拡張性】
かなり拡張性は高いと思います。
USB2.0ポートをはじめ(このポートはキーボード/マウスなど低速な機器接続用かな)
Type-Cをはじめ6ポート有りますので十分です。
PCI-E 4.0のスロットも普通に使う分には問題有りません。M.2スロットも2つあり、特に不自由では有りません。内部USBピンヘッダもUSB2.0×2 USB3.0×2 Type-cヘッダの有り問題有りません。
ファンのポートも十分です。
LEDのヘッダもRGB 2 ARGB 2と普通には有ります。

【機能性】
GIGABYTEでは有りますが、あまり光りません。RGB FUSIONがアプリ制御になったので、まあ、初期状態で適当に光るだけで良かったので問題無いです。
Q FLASH PLUSボタンが付いたのでBIOS FLASH BACK+などと同じ事が出来ます。(加点です)

【設定項目】
BIOS上での設定項目は豊富で問題有りません。
ただ、X470 AORUS GAMING7 WIFIとレイアウトが違うので少し戸惑いました。
BIOS起動の度にマウスの電源が切れるのはなんとかしてほしいけど、まあ、抜き差しで認識するので、問題は無いです。
チップセットファンの速度制御が組み込まれてるのでそこは良いと思います。

【付属ソフト】
使って無いので評価なし

【総評】
CPUの速度、メモリー速度などはX470と何ら変わりません。(前に使ってたX470 GAMING7 WIFIと同程度)
特に性能が引き出せてない訳では無いので問題ないです。
X570の良い点は、PCi-E 4.0が使える部分になると思いますが、今回は使ってないのでこの点についてはなんともですが、PCI-E 3.0 M.2を2つ付けたい場合はX570ならできるという部分ではありだと思います。
チップセットファンは別に五月蠅い感じは有りません。温度も低い(52-56℃くらい)のでこの辺りは問題有りません。
12フェーズの電源フェーズが有りますが、3900Xで使う程度では温度もあまり上がらないし十分です。3950Xを使う際にOCすると200Wを超える場合も有るなら、これも有りな気がします。

自分が必要とする機能をすべて網羅していますので、自分には十分です。
ただ、できることもX470 GAMINIIG7 WIFIと同じだし、7SEGやBIOSクリアーボタンが無い事を除けばほボ同等なので使い易いと思います。
ただし、最新のAGESA1.0.0.3ABのBIOSが原因か分かりませんがRyzen Balancedで周波数が下がらない(BIOSアップデートで直ると思います)

追記:

マザーメーカーのメモリーで動作してるという周波数2200MHz(4400)を試してみました。レイテンシはそれほど高くていいメモリーじゃないですが、動作はしました。

メモリー周りはきちんと動作しますね^^;
今のところはなかなかいいマザーだと思います。

ベンチは速度が変わるとかは殆ど分からないので割愛しますね

取り合えず、メモリーはArk ARD4-U16G48MB-32AA-Dです。
※ 動作保証するものでは有りません。

追記:2019/JUL/25

マザーのレビューと直接は関係無いですが
マザーの設定でInfinity Fabricの速度とUCLK DIV 1:1 1:2 の設定とメモリーの速度設定が有るので、どうなるのか調べて見た。

@ infinity Fabric Auto(1800MHz) UCLK DIV 1:1 メモリークロック 1800MHz(3600)
A infinity Fabric 1866MHz UCLK DIV 1:1 メモリークロック 1866MHz(3733)
B Infinity Fabric 1800HMz UCLK DIV 1:1 メモリークロック 1866MHz(3733)
C infinity Fabric AUTO(1800MHz) UCLK DIV 1:2 メモリークロック 2200MHz(4400)

の4種類で調べて見ました。
先ずAの1:1:1 3733ですが、これはダメでした、起動はしますがKP41が出て落ちてしまいます。(起動はしますがFF14ベンチを掛けると落ちるみたいな感じです)
次にBのInfinty Fabric 1800MHzでメモリーとメモコンを1:1で起動させましたが、安定はするんですが速度はかなり低い感じだし、なんだか少し安定感が無い。。。
@ですが、ちょっとの差では有りますが、FF14ベンチでは最速でしたCは次点です。
ただし、BLENDER BENCHやGEEK BENCHでは4400の方が速度は出ます。

推測ですが、3600の場合がレイテンシが良くなるのでコア、CPUの使用状態が低いゲームなどでは3600 1:1:1がお勧めで、エンコードやCPUレンダリングなどのCPUを多く使う用途ではレイテンシが隠蔽される可能性が高いのでメモリークロックを上げる方が速度が出る感じです。
また、UCLK 1:2で3733だとIOチップのクロックが下がってIOチップレイテンシが増えてしまうので3600より遅くなってしまいます。
メモリーのOCでマルチの速度を上げるならと上げれるところまで上げる。それ以外では3600の方が速度が出やすいのかな?とは思います。
とは言え、数値は誤差程度と言えば誤差程度と言って良いとは思います。
※ 3733はそれほど速くはならないけど。。。
※ UCLK 1:2にしてもメモリーの速度が遅くなるという訳では無いです(転送速度はメモリーの速度になります)

高クロックメモリーを使っても、Infinity Fabric 1800MHz固定でしか動作しないのではっきり言えば、全体での転送速度は3600設定を超えることはないので、ここがボトルネックでメモリーの速度を上げてもそれなり感はあります。
高クロックメモリーを使う優位性はデータフェッチの際に連続バーストした際にInfinnity Fabric < メモリー速度になるのでInfinity Fabricのバッファをいっぱいにする際にレイテンシの隠蔽効果が期待できると推測します。
そもそも、この推測が合ってないならUCLK 1:2モードがなぜ有るのか意味が分からなくなってしまいます。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった14人(再レビュー後:9人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目4
付属ソフト無評価
X570を購入してみました
   

4400

   

【安定性】
特に不安定と言う事は無いと思います。最初、電源が入らなくて焦りましたが、CMOSクリアーでちゃんと動作する様になりました。
メモリーの安定性は他のマザー同様に高クロックでも安定しています。
4266 22-22-22-47 1.27V

【互換性】
特に何か問題が有るという動作は有りません。
しいて言えば、X470 AORUS GAMING7 WIFIとBIOSの配置が全く違います。

【拡張性】
かなり拡張性は高いと思います。
USB2.0ポートをはじめ(このポートはキーボード/マウスなど低速な機器接続用かな)
Type-Cをはじめ6ポート有りますので十分です。
PCI-E 4.0のスロットも普通に使う分には問題有りません。M.2スロットも2つあり、特に不自由では有りません。内部USBピンヘッダもUSB2.0×2 USB3.0×2 Type-cヘッダの有り問題有りません。
ファンのポートも十分です。
LEDのヘッダもRGB 2 ARGB 2と普通には有ります。

【機能性】
GIGABYTEでは有りますが、あまり光りません。RGB FUSIONがアプリ制御になったので、まあ、初期状態で適当に光るだけで良かったので問題無いです。
Q FLASH PLUSボタンが付いたのでBIOS FLASH BACK+などと同じ事が出来ます。(加点です)

【設定項目】
BIOS上での設定項目は豊富で問題有りません。
ただ、X470 AORUS GAMING7 WIFIとレイアウトが違うので少し戸惑いました。
BIOS起動の度にマウスの電源が切れるのはなんとかしてほしいけど、まあ、抜き差しで認識するので、問題は無いです。
チップセットファンの速度制御が組み込まれてるのでそこは良いと思います。

【付属ソフト】
使って無いので評価なし

【総評】
CPUの速度、メモリー速度などはX470と何ら変わりません。(前に使ってたX470 GAMING7 WIFIと同程度)
特に性能が引き出せてない訳では無いので問題ないです。
X570の良い点は、PCi-E 4.0が使える部分になると思いますが、今回は使ってないのでこの点についてはなんともですが、PCI-E 3.0 M.2を2つ付けたい場合はX570ならできるという部分ではありだと思います。
チップセットファンは別に五月蠅い感じは有りません。温度も低い(52-56℃くらい)のでこの辺りは問題有りません。
12フェーズの電源フェーズが有りますが、3900Xで使う程度では温度もあまり上がらないし十分です。3950Xを使う際にOCすると200Wを超える場合も有るなら、これも有りな気がします。

自分が必要とする機能をすべて網羅していますので、自分には十分です。
ただ、できることもX470 GAMINIIG7 WIFIと同じだし、7SEGやBIOSクリアーボタンが無い事を除けばほボ同等なので使い易いと思います。
ただし、最新のAGESA1.0.0.3ABのBIOSが原因か分かりませんがRyzen Balancedで周波数が下がらない(BIOSアップデートで直ると思います)

追記:

マザーメーカーのメモリーで動作してるという周波数2200MHz(4400)を試してみました。レイテンシはそれほど高くていいメモリーじゃないですが、動作はしました。

メモリー周りはきちんと動作しますね^^;
今のところはなかなかいいマザーだと思います。

ベンチは速度が変わるとかは殆ど分からないので割愛しますね

取り合えず、メモリーはArk ARD4-U16G48MB-32AA-Dです。
※ 動作保証するものでは有りません。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目4
付属ソフト無評価
X570を購入してみました
 

取り合えずBLENDER

CPU-Z

 

【安定性】
特に不安定と言う事は無いと思います。最初、電源が入らなくて焦りましたが、CMOSクリアーでちゃんと動作する様になりました。
メモリーの安定性は他のマザー同様に高クロックでも安定しています。
4266 22-22-22-47 1.27V

【互換性】
特に何か問題が有るという動作は有りません。
しいて言えば、X470 AORUS GAMING7 WIFIとBIOSの配置が全く違います。

【拡張性】
かなり拡張性は高いと思います。
USB2.0ポートをはじめ(このポートはキーボード/マウスなど低速な機器接続用かな)
Type-Cをはじめ6ポート有りますので十分です。
PCI-E 4.0のスロットも普通に使う分には問題有りません。M.2スロットも2つあり、特に不自由では有りません。内部USBピンヘッダもUSB2.0×2 USB3.0×2 Type-cヘッダの有り問題有りません。
ファンのポートも十分です。
LEDのヘッダもRGB 2 ARGB 2と普通には有ります。

【機能性】
GIGABYTEでは有りますが、あまり光りません。RGB FUSIONがアプリ制御になったので、まあ、初期状態で適当に光るだけで良かったので問題無いです。
Q FLASH PLUSボタンが付いたのでBIOS FLASH BACK+などと同じ事が出来ます。(加点です)

【設定項目】
BIOS上での設定項目は豊富で問題有りません。
ただ、X470 AORUS GAMING7 WIFIとレイアウトが違うので少し戸惑いました。
BIOS起動の度にマウスの電源が切れるのはなんとかしてほしいけど、まあ、抜き差しで認識するので、問題は無いです。
チップセットファンの速度制御が組み込まれてるのでそこは良いと思います。

【付属ソフト】
使って無いので評価なし

【総評】
CPUの速度、メモリー速度などはX470と何ら変わりません。(前に使ってたX470 GAMING7 WIFIと同程度)
特に性能が引き出せてない訳では無いので問題ないです。
X570の良い点は、PCi-E 4.0が使える部分になると思いますが、今回は使ってないのでこの点についてはなんともですが、PCI-E 3.0 M.2を2つ付けたい場合はX570ならできるという部分ではありだと思います。
チップセットファンは別に五月蠅い感じは有りません。温度も低い(52-56℃くらい)のでこの辺りは問題有りません。
12フェーズの電源フェーズが有りますが、3900Xで使う程度では温度もあまり上がらないし十分です。3950Xを使う際にOCすると200Wを超える場合も有るなら、これも有りな気がします。

自分が必要とする機能をすべて網羅していますので、自分には十分です。
ただ、できることもX470 GAMINIIG7 WIFIと同じだし、7SEGやBIOSクリアーボタンが無い事を除けばほボ同等なので使い易いと思います。
ただし、最新のAGESA1.0.0.3ABのBIOSが原因か分かりませんがRyzen Balancedで周波数が下がらない(BIOSアップデートで直ると思います)

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった2

 
 
 
 
 
 

「X570 AORUS PRO [Rev.1.0]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
悪品ではないが・・・  4 2020年1月12日 19:17
粗悪品に当たりました。  1 2019年12月11日 15:01
4年ぶりのメイン機入れ替え  4 2019年11月30日 02:19
もっと評価されていいと思う  4 2019年11月18日 21:25
あってよかったQ-Flash Plus  4 2019年11月15日 14:41
メイン機をX570環境に入替  3 2019年11月7日 10:41
性能そこそこでRAIDを組みたいならコレ  4 2019年9月23日 16:27
バックパネルにUSB2.0を持つ貴重なマザー  5 2019年9月4日 07:12
手堅く高コスパ ポート数を取るならこれ  5 2019年8月28日 14:50
X570を購入してみました  5 2019年7月25日 09:36

X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のレビューを見る(レビュアー数:11人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

X570 AORUS PRO [Rev.1.0]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

X570 AORUS PRO [Rev.1.0]
GIGABYTE

X570 AORUS PRO [Rev.1.0]

最安価格(税込):¥26,378発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

X570 AORUS PRO [Rev.1.0]をお気に入り製品に追加する <140

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意