X570 AORUS MASTER [Rev.1.0] レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]

  • AMD X570チップセット搭載のATXゲーミングマザーボード(ソケットAM4)。第3・2世代AMD Ryzenプロセッサーに対応する。
  • カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能、USB3.1 Type-C、PCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロットを3基搭載している。
  • Intel Gigabit有線LAN、Realtek 2.5GbE、Wi-Fi 6(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5(intel)を装備。
X570 AORUS MASTER [Rev.1.0] 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥― (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]の価格比較
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]の店頭購入
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のスペック・仕様
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のレビュー
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のクチコミ
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]の画像・動画
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のピックアップリスト
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のオークション

X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]GIGABYTE

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 7月 7日

  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]の価格比較
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]の店頭購入
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のスペック・仕様
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のレビュー
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のクチコミ
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]の画像・動画
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のピックアップリスト
  • X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > GIGABYTE > X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]

X570 AORUS MASTER [Rev.1.0] のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:7人 (試用:1人)
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 5.00 4.54 -位
互換性 パーツとの相性など 5.00 4.42 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 5.00 4.13 -位
機能性 付加機能は十分か 4.85 4.27 -位
設定項目 設定項目は豊富か 5.00 4.23 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.16 3.78 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:自作経験あり」で絞込んだ結果 (絞込み解除

TESTアカウントさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

CPU:AMD Ryzen9 3900XT
M/B:GIGABYTE X570 AORUS MASTER
RAM:GP-AR32C16S8K2SU416R 8*2
COOLER:Thermaltake Floe Riing RGB 360 TT Premium Edition
SSD: Crucial500GB MX500 SATA3
GPU:SAPPHIRE NITRO+ RADEON RX 5700 XT 8G
電源::Thermaltake TOUGHPOWER DIGITAL iRGB PLUS 1050W -PLATINUM

【安定性】
 上記構成で、今のところ問題なし
【互換性】
 これから新しいCPUが発売されるだろうが、MBの変更なく使えそうなので互換性
 については☆5を付けました。
【拡張性】
 十分すぎるくらいあります
【設定項目】
 BIOSで使用頻度が高い項目がわかりやすく迷いなく設定ができました。設定でき る項目は多岐にわたるので、初心者から上級者まで幅広く使えると思います。
【付属ソフト】
 使用していません
【総評】
正直下位グレードの物でも良かったのですが、BIOSの更新の頻度がそれなりにありそうなので、IOパネルにCMOSクリアボタンがあることが決め手でMasterを選びました。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Alex07さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目5
付属ソフト4

サブPCのM/Bが入手時から不具合続きでしたので情報収集していたところ、
安定動作を期待出来そうな本製品に辿り着き、ツクモ本店に丁度在庫があり購入。

交換してみるとサブPC用と割り切って安価なミドルタワーケースにしていた事が
組み込み難い原因となってしまいました。
バックパネルからVRMまでがカバーで覆われている事で背面ファンと干渉し
ケースに組み込めませんでしたがファンを外しM/B取り付け後、
天板側へ移動し解決しましたが背面はカバーが僅かに干渉し組み込み後の
取り付けは不可でした。

また、12vケーブルの接続はケーブルの長さと裏面配線が出来ないため
M/B上を通す必要がありましたが、前述のカバーとビデオカードを組み込む都合上
ケーブルを通すには多少強引でも隙間に押し込まないと引き回せませんでした。
今回は電源ユニットの仕様もあり8pin(4pinx2)1本だけの接続となりましたので
何とかなりましたが2本だったら接続出来なかったと思います。
今のところ1本でも動作に問題は出ていませんが不安ですから
近日中にもう少し余裕のあるケースと電源を改めて用意しようと思いました。

安定性は今のところ全く不具合が無く大満足です。
以前はシャットダウンや再起動するとWin10を読み込む前段階から進まず
兎に角”普通”に使いたいというのが今回交換を決断した最大の理由です。
初回起動時こそWin10起動後2分位で落ちてしまい再起動も出来なかったものの、
時間を空けて電源を入れUEFIで起動ドライブを再設定、メモリー設定をXMPへ変更、
各種ドライバインストール後は勝手に落ちてしまう事は現時点で一切ありません。
シャットダウンや更新後の不具合も全く発生していません。

機能面については専門的なものを除けば追加の必要性が無く充実しています。

WiFiは今まで利用していたUSB型の製品に比べてアンテナ調整の度に背面に手を
回す必要が無くPC本体とはケーブル接続のため設置場所の微調整がし易く、
同時にルーターの設置場所も見直したお陰で安定した接続となりました。
けっして感度の良好な場所では無いので非常に助かりました。
あえて難点を挙げるならもう少し丈夫そうなケーブルだと安心かなという位です。

このM/Bの地味に嬉しい点はやはりUSBポートの多さです。
今までならUSB HUBに低速デバイスを纏めて接続し節約していましたが
USB 2.0ポートが4本もあるのでキーボードやマウス、スピーカーを接続しても
1ポート余ります。まだUSB 2.0でも問題無いデバイスを接続する機会は多いので
USB3.xポートを潰さないで済む点は嬉しいですね。

サウンドはUSBスピーカー接続のため未確認です。

唯一残念だったのはお気に入りのPS/2キーボードが使えなくなった点ですが
こればかりは流石に仕方ないので余っていたUSBキーボードで代用しました。

GIGABYTEのM/BはGA-7DX+以来なのでかなり久しぶりの購入となりました。
価格だけを見ればけっして安くはありませんが各種機能については必要なものは
殆ど搭載されているため相性の心配はありませんから確認の手間やそれらに掛かる
出費が無い点を踏まえるとけっして高価では無いかと思いますし、
安心のdual biosも健在で言う事無しです。
サブPC用としてこのまま使用するには明らかにオーバースペックですが
この安定性なら後悔は無く、購入してホントに良かったです。
当初は使用しているソフトウェアの都合もあり、RYZENをメインPCにするのは見送りましたが本製品を導入した事でH/W的な不都合が改善され、ソフトウェアについても最近解決出来そうな事が分かりましたので移行させる予定です。

自作慣れした方だけで無く最初の自作PCのM/Bに是非使って欲しい製品です。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

豚焼定食980円さん

  • レビュー投稿数:30件
  • 累計支持数:311人
  • ファン数:0人
満足度5
安定性5
互換性無評価
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

自作初心者の知人にRyzenで組みたいとパーツ選択のアドバイスを求められたので、この板と3700Xを勧めました。
3700Xでも超絶スペックなので、それ以上の上位は要らん、その予算は良い板、良い電源に回すように、といった具合に。

【安定性】
現状問題無し。

【互換性】
無評価。

【拡張性】
散財が心配される程ありすぎ。

【機能性】
事務用途では必要ないくらい。

【設定項目】
初心者は弄るのが面倒になるくらい。

【付属ソフト】
他社よりは充実。

【総評】
ほぼZ390の同名板と同じような評価になりますね。
VRM周りは充実、価格が高い以外は弱点が無い。
まぁ、X570はコレを選んでおけば間違いないかな、と思います。

余談になるのですが、自分はRyzenは流行っているけど、そこまで魅力は感じていないです。
今のIntel 9世代とRyzen 3xxxシリーズは例えるなら徳川家康と真田幸村みたいな感じ。
勢いはあっても絶対的なブランド力では天下人には勝てません。
個人的に7700KとZ270は今でも機会があれば組みたいと思うけど、同世代のRyzenなんか参拝にしか見えないし。
現に周りでAMDの軍門に下った連中もいるけど、新しいの出る度コロコロ買い替えてるし、飽きるというか製品に愛着が持てていないのだと思う。

確かにCPUをガンガン買い換えるつもりなら、こんな高い板はカネの無駄かな。
でも、物自体の良さは流石GigabyteのATX最上位です。

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Putyohenzaさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3

【PCスペック】
CPU :AMD Ryzen7-3700X
マザーボード : X570 Aorus Master
メモリ :G.SKILL F4-3200C16D-16GTZR(DDR4-3200 CL16 16GBx2枚)
グラフィックカード : GIGABYTE GTX 1070 G1 Gaming 8G
電源 : Seasonic SSR-850PX
CPUクーラー : Noctua NHU-12A
ケース : Coolermaster CM694
SSD : GIGABYTE AORUS GP-ASM2NE6100TTTD(1TB SSD)
SSD : Western Digital  WDS100T2B0B(1TB SSD)
サウンドカード : ASUS STRIX RAID PRO

【安定性】
非常に安定しています。
空冷ですがVRMを含む熱が出る部分の温度もそこまで高くなっていません。
もともとOCをする目的では無かったため、現状は何の問題もないです。
BIOSを更新してもBIOSが飛んだりすることもなく、安定しています。

【互換性】
大型のクーラーや結構大きなヒートシンク付きのM.2 SSDを使いましたが干渉などはありませんでした。
冷却性を重視して大きなヒートシンクが各所についていますが、ハイエンドパーツも問題なく取り付け可能です。
もちろんメモリ相性等は無かったです。

【拡張性】
上記の干渉と同じことになりますが、ハイエンドパーツと組み合わせても干渉なく取り付け可能です。
ファンの取り付けや内部USBもしっかりとついており、拡張性は十分だと思います。

【機能性】
ケースとの兼ね合いもありますが、パーツの取り付けに関して困った部分は全くなかったです。
今回はM.2を使うことで使用ケーブルを減らしたPCを作ったのですが、通常のケーブルを使ったりRGBファンを多用した場合でも取り付けや取り回しに困ることはなかったと思います。

【設定項目】
BIOSを見た限りでは使用頻度の高い項目はわかりやすく、設定の迷路に迷ってしまうことは少ないかと思います。
ただ、細かく設定しようとすれば様々な部分がいじれそうなので、幅広い層のユーザーに向いていると思います。

【付属ソフト】
一般的なドライバーは問題ないのですが、RGB Fusionなどの一部ソフトに関しては他メーカーのファン等との相性が報告されています。アップデートで改善していくことは間違いないのですが、利用に関しては注意が必要です。

【総評】
普通に買うと4万円を超えるマザーボードであり、利用する方は大体が他もハイエンドなパーツを組み合わせて作ることになると思います。
ハイエンドパーツは大きさや性能、消費電力等の部分で尖ったモノが多いです。
最近は各メーカーが自分の商品以外の部分も考えて作るため、大きな相性は減ってきましたが完全になくなったわけではありません。(RGBやARGB、USB-Cの内部ポートなどの拡張項目や大型VGAを取り付けた際のチップセットファンの冷却性など)
このマザーボードはそういった項目をすべてクリアしていました。一部ではチップセットファンの大きさが注意点に上がっていましたが、私が購入した9月の段階では非常に静穏性の高いマザーボードです。
OCをガッツリやる人や、反対に安定性を重視する方両方にお勧めできる素晴らしいマザーボードです。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]
GIGABYTE

X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 7月 7日

X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]をお気に入り製品に追加する <81

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意