『初の?AMDでThunderbolt』 ASRock X570 Taichi 春晴さんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

X570 Taichi

  • AMD X570チップセット搭載のATXマザーボード(ソケットAM4)。14フェーズ電源を備え、コストパフォーマンスにすぐれたモデル。
  • 第3世代の2倍の転送速度を持つPCI Express 4.0 Hyper M.2ソケットを搭載。放熱性の高いアルミ合金製ヒートシンクトップカバーで熱と衝撃から守る。
  • Wi-Fi 6 802.11axを搭載し、最大2.4Gbpsで動作するほか、双方向MU-MIMOサポートの大幅な向上も特徴。
X570 Taichi 製品画像
最安価格(税込):

¥36,400

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥36,400

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥36,400〜¥43,780 (24店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥37,180 〜 ¥37,980 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 X570 Taichiのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • X570 Taichiの価格比較
  • X570 Taichiの店頭購入
  • X570 Taichiのスペック・仕様
  • X570 Taichiのレビュー
  • X570 Taichiのクチコミ
  • X570 Taichiの画像・動画
  • X570 Taichiのピックアップリスト
  • X570 Taichiのオークション

X570 TaichiASRock

最安価格(税込):¥36,400 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • X570 Taichiの価格比較
  • X570 Taichiの店頭購入
  • X570 Taichiのスペック・仕様
  • X570 Taichiのレビュー
  • X570 Taichiのクチコミ
  • X570 Taichiの画像・動画
  • X570 Taichiのピックアップリスト
  • X570 Taichiのオークション

『初の?AMDでThunderbolt』 春晴さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

X570 Taichiのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:57人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
6件
8件
SSD
1件
1件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト4
初の?AMDでThunderbolt

GEFORCE RTX 2080 TI GAMING OC X3

Radeon RX Vega 64 Air Boost 8G OC

左が配布ケーブル右がPW-IC01NH45

   

サーマルパッドを銅パッドへ変更。これを2カ所実施

   

CPU:3900X + NH-U12A
MBO:X570 Taichi
GPU:RTX2080Ti Inno3D
MEM:W4U3200CM-16G
SSD:Samsung 850PRO + Micron 1100 + Crucial MX500 + M.2 M8Peg x2 + M.2 SP001TBP34A80M28
OPD:Pioneer BDR-211 + BDR-209
PSU:KRPW-TI700W/94+
BOX:IN WIN 707 + Lian li PW-IC01NH45
PCIe:
ASRock Thunderbolt 3 AIC
4チャンネルUSB3 U3208
10GbE GBEX-PCIE
FAN:F12-PWM x1 + SH1425D-PWM20 x3

AMDマザーでThunderboltが使用できるのがASRockだけ、
その中で現在x16スロットが3つあるのがこのTaichiと上位のX570PGXです。
上位品のX570PGXが2.5GbEと物足りないため、Taichiを選びました。

メモリはネイティブDDR4-3200で何もせずに安定動作しています。
上記構成での電源プランRyzen High Peformanceでアイドル消費電力100W〜110Wです。
(最小限仮組み(グラボGT710)でのアイドル消費電力は40〜50Wくらい)

メモリの配線はデイジーチェーンらしいです、当初Tトポロジーの予定が変更になったらしく
その影響かわかりませんがUSB-Cヘッダーの位置が悪くなっています。
ケースに穴をあけてUSB-Cケーブル Lian Li PW-IC01NH45を使用していますが問題なく接続できました。
チップセットファンがグラボの直下にあり(窒息ファンと呼ばれる配置)ますが気体である空気が
通るためテープで目張りでもしないかぎり通ります。
USB-Cヘッダーとファンの位置が気になる場合はグラボを中央のx16(x8)側に差すとよいと思います、
自作ユーザーならご存知x16とx8では1%ほどしか性能変わりません。
私の構成では中央のx16スロットを10GbEで使用しているため帯域はx8に制限されます。

良いところ
Thunderbolt3ヘッダー搭載(Intel USB3.2Gen2兼用)
PCIeスロットの数
SATAポートの数
リアIOパネル一体型でパネル位置調整可能
ファンコンが1℃、1%刻みで設定可能(チップセットファンも)
スリープ安定

悪いところ
起動が遅い(X370の初期BIOSなみ)
USB-C3.2ヘッダーの位置(向き)
チップセットファンの位置
チップセットヒートシンクパネルがM.2と共用(良くも悪くもある)
チップセットの表示温度が高い
(ヒートシンクの実測温度は40〜50℃台でBIOSやソフトでの表示は70℃〜80℃)


チップセットファンヒートシンクとパネル間のサーマルシリコンパッドを銅パッド20mmx20mmx1mmに変更しています。
チップセットとファンヒートシンク間のサーマルシリコンパッドを銅パッド20mmx20mmx1mmに変更しています。
銅パッドをCPUグリスでグリスバーガーしてずり落ち防止にシリコンパッド1.5mm厚をストッパーとして配置
BIOSからチップセットファンを準ファンレスになるように値を変更しています。
上記のようなPCIe使いまくりの構成でファン停止中のチップセット66℃です

配布されたL字ケーブルはLian Liケーブルより1mmほど背が低いです。
配布されたL字ケーブルでグラボとのクリアランスを撮影しました。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった12人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性4
設定項目3
付属ソフト4
初の?AMDでThunderbolt

Lian LiのL字USB-Cコネクタ

シリコンパッド→銅パッド

Lian LiのL字USB-Cコネクタ高さ

CPU:3900X
CPU Cooler:NH-U12A
MBO:X570 Taichi
GPU:RTX2080Ti Inno3D
MEM:W4U3200CM-16G
SSD:Samsung 850PRO + Micron 1100 + Crucial MX500 + M.2 Pelxtor M8Peg x2
OPD:Pioneer BDR-211 BDR-209
PSU:KRPW-TI700W/94+
CASE:SST-PS13B + Lian li PW-IC01NH45
ASRock Thunderbolt 3 AIC
ASMediaSATA SD-PESA3ES2L
4チャンネルUSB3 U3208
10GbE GBEX-PCIE
F12-PWM x1
SF12-S4PWM x2

AMDマザーでThunderboltが使用できるのがASRockだけ、
その中で現在x16スロットが3つあるのがこのTaichiと上位のX570PGXです。
上位品のX570PGXが2.5GbEと物足りないため、Taichiを選びました。

メモリはネイティブDDR4-3200で何もせずに安定動作しています。
上記構成での電源プランRyzen High Peformanceでアイドル消費電力100W〜110Wです。
(最小限仮組み(グラボGT710)でのアイドル消費電力は40〜50Wくらい)

現在SATAがホットプラグに対応していないためSATA増設カードを使用しています。
メモリの配線はデイジーチェーンらしいです、当初Tトポロジーの予定が変更になったらしく
その影響かわかりませんがUSB-Cヘッダーの位置が悪くなっています。
ケースに穴をあけてUSB-Cケーブル Lian Li PW-IC01NH45を使用していますが問題なく接続できました。
チップセットファンがグラボの直下にあり(窒息ファンと呼ばれる配置)ますが気体である空気が
通るためテープで目張りでもしないかぎり通ります。
USB-Cヘッダーとファンの位置が気になる場合はグラボを中央のx16(x8)側に差すとよいと思います、
自作ユーザーならご存知x16とx8では1%ほどしか性能変わりません。
私の構成では中央のx16スロットを10GbEで使用しているため帯域はx8に制限されます。

良いところ
Thunderbolt3ヘッダー搭載(Intel USB3.2Gen2兼用)
PCIeスロットの数
SATAポートの数
リアIOパネル一体型でパネル位置に遊びがある
X570マザーでは省エネ
チップセットファンをBIOSおよびソフトウェアでファンカーブ変更可能

悪いところ
機動が遅い(初代RYZENの初期なみ)
USB-C3.2ヘッダーの位置(向き)
チップセットファンの位置と回転数(音はあまり気にならなかった)
チップセットヒートシンクパネルがM.2と共用(良くも悪くもある)
SATAがホットプラグ非対応
BIOS更新でPrecision Boost Overdriveの位置が分かりづらくなった
チップセットの表示温度が高い
(ヒートシンクの実測温度は40〜50℃台でBIOS、ソフトでの表示は70℃〜80℃)


チップセットヒートシンクとパネル間のサーマルシリコンパッドを銅パッド20mmx20mmx1mmに変更しています。
銅パッドをCPUグリスでグリスバーガーしてずり落ち防止にシリコンパッド1.5mm厚をストッパーとして配置
BIOSからチップセットファンをサイレントに変更しています。
専用のUSB-Cヘッダーケーブルが無償配布されるようです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった4

 
 
 
 
 
 

「X570 Taichi」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
重厚感と高級感  5 2020年9月18日 12:32
安定性も見た目も良く楽しいマザーボード  5 2020年9月13日 00:10
チップセットファンから異音で故障  3 2020年8月31日 20:02
BIOS P3.40更新でメモリOCも元通り。  4 2020年8月30日 14:12
m.2スロット3本が決め手  5 2020年7月26日 15:16
遊びたいならコレ!耐久性に優れたマザーボード  5 2020年1月29日 01:23
メインマシンの補助として作りました  4 2020年1月15日 02:40
X570で仮想サーバーを立てるならコレ  4 2019年10月12日 17:18
初の?AMDでThunderbolt  5 2019年9月27日 14:48
X370からの乗換  4 2019年7月28日 11:16

X570 Taichiのレビューを見る(レビュアー数:11人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

X570 Taichiのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

X570 Taichi
ASRock

X570 Taichi

最安価格(税込):¥36,400発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

X570 Taichiをお気に入り製品に追加する <181

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意