ROG STRIX X570-E GAMING レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

ROG STRIX X570-E GAMING

  • AMD X570チップセット搭載のATXゲーミングマザーボード(ソケットAM4)。第3・2世代AMD Ryzenプロセッサーに対応する。
  • カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能、USB3.1 Type-C、PCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロットを2基装備している。
  • MU-MIMOをサポートするWi-Fi 6(802.11ax)、ASUS LAN Guardプロテクション、GameFirst V対応Realtek 2.5GbE、Intel Gigabit有線LANを搭載。
ROG STRIX X570-E GAMING 製品画像
最安価格(税込):

¥35,448

(前週比:-3円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥36,973

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥35,448¥47,129 (29店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥40,580 〜 ¥40,990 (全国17店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 ROG STRIX X570-E GAMINGのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • ROG STRIX X570-E GAMINGの価格比較
  • ROG STRIX X570-E GAMINGの店頭購入
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのスペック・仕様
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのレビュー
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのクチコミ
  • ROG STRIX X570-E GAMINGの画像・動画
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのピックアップリスト
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのオークション

ROG STRIX X570-E GAMINGASUS

最安価格(税込):¥35,448 (前週比:-3円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • ROG STRIX X570-E GAMINGの価格比較
  • ROG STRIX X570-E GAMINGの店頭購入
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのスペック・仕様
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのレビュー
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのクチコミ
  • ROG STRIX X570-E GAMINGの画像・動画
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのピックアップリスト
  • ROG STRIX X570-E GAMINGのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > ASUS > ROG STRIX X570-E GAMING

ROG STRIX X570-E GAMING のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.39
レビュー投稿数:7人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 5.00 4.51 7位
互換性 パーツとの相性など 5.00 4.40 2位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.85 4.10 10位
機能性 付加機能は十分か 4.85 4.24 8位
設定項目 設定項目は豊富か 4.50 4.20 26位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.22 3.77 20位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

ROG STRIX X570-E GAMINGのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:自作経験豊富」で絞込んだ結果 (絞込み解除

青赤ストライプさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:21人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
27件
タブレットPC
1件
2件
レンズ
0件
3件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト3

【レビュー時構成】
CPU:Ryzen5 3600
MEM:Patriot Viper Steel DDR4-4000MHz CL19 8GBx2
GPU:Radeon RX570
PSU:750W

 
【安定性・機能性】
安定性は全く問題なし。まあ3600無印で発生するわけもないですが。ただ将来3900Xないしは3950Xへと置き換えることも考えていますので、なるべくVRMもしっかりした製品から選ぼうと決めていました。


【購入理由】
ぶっちゃけVRMだけみたら2万円台のASUS TUFやGigabyte AORUS Eliteあたりでお釣りがくるほど十分なのですが(安いX570ではこの2択だと思います)、個人的には

(1)POSTコード表示セグが欲しい 
(2)状態表示LEDが欲しい 
(3)SATAコネクタは6個欲しい 
(4)近い将来ケースを変更する予定なのでマザー上のFANヘッドコネクタは十分欲しい
(5)個人輸入は、(英語力は十分ありますが)万が一のトラブル時にかかる時間・手間が面倒なので避けたい

この4点はあまり妥協したくなかったため、いろいろと探した中で絞っていくと、ASROCKはTaichi、ASUSはSTRIX F、STRIX E、CrosshairVIII Hero、GigabyteはMASTER、MSIはACE辺りとなりました。

その中から、下のような理由で選択を絞っていきます。
・STRIX Fはそこそこ高いのにTUFと同じVRM、似た基板構成などなので×
・ACEはSATA4本なのが×(あと購入検討時は47kと高かった)
・STRIX E(米で320ドル)、Taichi(米300ドル)、C8HやMaster(米360とか370ドル)はアメリカでの販売価格と比べて高すぎるのが嫌
と、全部切れてしまったので一時は妥協してTUFかAORUS PROにしようと決めていたのですが、STRIX Eが一時的に35k円くらいになっていたため、もろもろの理由(Taichiより安い、国内のC8HやMaster、ACE価格は47kと高い、POSTコードも状態表示LEDもある)から最終的に購入を決定しました。


実はこのStrix E(とF)、価格設定のせいでアメリカではすごく評価が微妙な板だったりします。といいますのも、TUFが200ドルで鉄板仕様で、(ほぼ)最上位のC8Hが370ドルくらいで買えてしまうので、間の機種(300ドルのF、320ドルのE)ってほぼ不要なんですよね・・・。

ただ悲しいかなここは自作PC2流国。量販効果もいまいちで、代理店もぼったk・・・・いや色々とローカライズするのにお金がかかるんで上位機種は初期マージンが大きい日本なのです(ある程度経つと下がってくることもありますが)。それを含めて考えないと難しいですよね。

なんにせよ、並行輸入がNGだったんで、これで十分です。

【設定項目】
上位のC8Hと比べ潰されている項目もありますが、普通にオーバークロックする分には十分です。
なお標準BIOSではspread spectrumが有効で無効化することができないため99.xMHzで動作しちゃうのが悔しいところですが、有志による改造BIOSで潰された項目などが出てきます(spread spectrum無効化で100MHzぴったりで動きます)。ご参考に。(但し、導入による異常やトラブルなどの可能性もあるのでやる場合はすべて自己責任にてお願いします)。


【総評】
上(C8H)と下(TUF)との価格差を見る必要がありますが、価格次第では悪くない板だと思います。
今回のX570ではASUSは全般的にまじめに作ってきた感じがするので、最終的にはTUF以上は何をどんな根拠で選んでも損はしないし、STRIX Eも十分いい板だと思います(ただ5k円以内の差ならC8H選びますがね)。

比較製品
GIGABYTE > X570 AORUS MASTER [Rev.1.0]
ASUS > TUF GAMING X570-PLUS
ASUS > ROG CROSSHAIR VIII HERO (WI-FI)
レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

すごいよまさるさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:47人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
3件
105件
メモリー
3件
24件
マザーボード
3件
22件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

CINEBENCH R15

CINEBENCH R20

Geekbench4

   

Geekbench5

   

X470 Master SLiを使用していましたが乗り換えです。
最初はASROCKを考えていたのですがASUSがやっと本気?出してきたようなので(必死すぎるような)
ROG STRIX X570-E GAMINGは2.5Gbps LAN、SupremeFX S1220Aがついていて3万円台はコストパフォーマンスが素晴らしいと思います。
ASUSはどちらかと言うとINTELの方に力を入れているイメージがありましたが今回はAMDにも力を入れてきた感じがします。
OCの方はROG CROSSHAIR VIIIは尚いいと思いますがこのマザーでもしっかり設定すればそれなりにスコアは出てくるのでそれなりに楽しめるマザーだと思います。
UEFI(BIOS)はマニュアル設定や自動でセッティングする機能もありますので初心者からでも楽しめると思います。
ASUSは過去にP4P800-E DeluxeやP5B Deluxe(いずれもINTELですが)のような素晴らしいマザーを提供しているので今後もこの様なマザーが出てくると期待しております。
OCをしたスコアですがCINEBENCH、R15とCINEBENCH R20、Geekbench4とGeekbench5のスコアを載せておきます。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ym2151_with_PSGさん

  • レビュー投稿数:99件
  • 累計支持数:593人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
13件
34件
スマートフォン
7件
2件
Bluetoothスピーカー
5件
3件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

【安定性】
【機能性】
【付属ソフト】
流石シェアNo1のメーカーだけあって、安定してアプリも使いやすいです。とても簡単に適切なOC設定ができました。OCでも安定して動作できています。

【互換性】
旧CPUにも対応しているらしいです。

【拡張性】
M2・SSDの数はそこまでいらないので細いPCIEスロットが多いのはいいところです。
また、2.5GBEとBluetooth5.0が付いている点からこの製品を選びました。
以前は10GBEの拡張カードを使っていたのですが、光回線が1GでNASもHDDタイプであるなら10Gはいらないので2.5GBEで満足です。
BluetoothはやはりUSBドングルタイプより安定しています。

【設定項目】
必要十分です

【チップセットファン(静音性)】
PCIE4.0カードを持っていない点やフルロード時はほかのファンもうるさいことからあまり存在は気にならないです。
取り外せて部分的に清掃できる点もいいです。

【総評】
前はGIGABYTEでしたが、OCのしやすさと添付アプリはやはりASUSが使い慣れていていいです。
追記しますが、Realtekの2.5GBEチップは、Wolに対応しています。10GBEカードのときは10GBEカードでWolができなかったのですが、このマザーボードであれば、わざわざIntel NICを別に接続しなくても、Wolができて1ギガビット超の速度で通信できるのでありがたいです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

ROG STRIX X570-E GAMINGのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

ROG STRIX X570-E GAMING
ASUS

ROG STRIX X570-E GAMING

最安価格(税込):¥35,448発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

ROG STRIX X570-E GAMINGをお気に入り製品に追加する <166

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意