『コスパは微妙ながら後悔は無し』 AMD Ryzen 3 3200G BOX しこでーさんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 3 3200G BOX

  • 4コア4スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHzで、最大ブーストクロックは4GHz、TDPは65W。
  • 高い冷却性能を備え、無音に近い動作を実現するCPUクーラー「AMD Wraith Stealth Cooler」が付属。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 3 3200G BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥12,544

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥12,780

PC-IDEA Plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥12,544〜¥14,996 (30店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥12,980 〜 ¥12,980 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 3 3200G クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:2MB Ryzen 3 3200G BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 3 3200G BOXの価格比較
  • Ryzen 3 3200G BOXの店頭購入
  • Ryzen 3 3200G BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 3 3200G BOXのレビュー
  • Ryzen 3 3200G BOXのクチコミ
  • Ryzen 3 3200G BOXの画像・動画
  • Ryzen 3 3200G BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 3 3200G BOXのオークション

Ryzen 3 3200G BOXAMD

最安価格(税込):¥12,544 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 3 3200G BOXの価格比較
  • Ryzen 3 3200G BOXの店頭購入
  • Ryzen 3 3200G BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 3 3200G BOXのレビュー
  • Ryzen 3 3200G BOXのクチコミ
  • Ryzen 3 3200G BOXの画像・動画
  • Ryzen 3 3200G BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 3 3200G BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 3 3200G BOX

『コスパは微妙ながら後悔は無し』 しこでーさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 3 3200G BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:51件
  • 累計支持数:219人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ケースファン
4件
0件
SSD
3件
0件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性無評価
互換性5
コスパは微妙ながら後悔は無し

長らく余ったノートPCにUSB HDDを繋げてファイルサーバーとして使用してきたが、性能的に厳しくなったので一台組むことにした。
当初はIntelのi3-8100を予定していたが、Intelの世代ごとの互換性のなさに嫌気がさしていた。
そこで世代間の互換性が抜群のAM4ソケットを持ち、巷で話題のRyzenで作ろうと思い立った。
現在所有のi5-8400では物足りなくなったときRyzen3700X辺りに乗り換えて8400をサーバーにするという先を見据えての自作。

スペックは以下の通り
CPU Ryzen3 3200G
M/B B450 AORUS ELITE[Rev.1.0](ショップでBIOSを最新版にしてもらった)
MEM crucial CT2K8G4DFS8266 (8GBx2)
SSD crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP(500GB)
HDD メーカーと容量が色々の余り物x7台
OS Windows10 Pro 64bit DSP

【処理速度】
家庭用ファイルサーバー用途なので完全にオーバースペック。
ゲームをしないのでディスプレイどころかキーボードもマウスも繋いでおらずリモートデスクトップ経由で操作している。
もちろんリモートデスクトップはサクサクで違和感がないためメインとサーバーのどちらを操作しているのか判らないほど。
ウィンドウの色をサーバーはRyzenオレンジ、メインPCやノートPC等はIntelブルーにして区別している。
今後は寝ている間にエンコードやレンダリングなどを行う予定だが多少能力不足でも寝ている間なので気にならないと思う。
ベンチマーク結果も載せておくがサーバーとして使う環境を整えた状態での計測なのであまり参考にならないかも。

FF14 FHD 高品質 2741(やや快適)
CINEBENCH R15 シングル:136pts マルチ:534pts
CINEBENCH R20 シングル:348ts マルチ:1362pts

【安定性】
DDR4-2666定格で動かしてるので全く問題ない。
オーバークロックしたらどうなるかは判らないがオーバークロックには興味がない。
不思議なことに色々インストールした後の定格動作のベンチマークがネット上のOCメモリーで計測されたベンチマークを上回っている。
オーバークロックしても良くて微増、悪けりゃ速度低下で安定もしないでは意味ない。

【省電力性】
どれくらい電力を食っているかはさっぱりなので無評価。
HWINFOのキャプチャを貼っておくのでそちらを参照のこと。
室温25℃でアイドル時37℃、FF14ベンチを動かしてMAX66℃、OCCTを動かしてもCPU温度はMAX78℃。
上記の通りSSDとHDDを計6台も内蔵した熱源たっぷりで環境の良くないケース内なので高いか低いかよく判らない。

【互換性】
チップセット3世代に渡って動くなら立派なもんじゃないかと。
ほぼ1世代ごとにマザボ買い換えさせる所と比べれば雲泥の差。

【総評】
コスパが求められるクラスのCPUだと思うが発売時点のコスパはRyzenAPUの中では微妙かも。
2200Gと2400Gが入手困難にならない限り、ゲーム性能が一番高い3400Gはともかく、3200Gはハミ子っぽい。
今年の4月頃に出回った3200G殻割り写真のソルダリングが本当ならいいなぁとは思うが、あれはES品だったのかもしれない。

とはいえ「新しいってことはなんか良いとこあるんだろうから、お先に楽しませてもらいます」という浅い考えなので全く後悔なし。
i3-8100とは比べるまでもなく3200Gの方がはるかにコスパがいい。
i5-8400の時はメモリーとSSDが一番高い時期に購入して15000円くらいは損してるから2000円差くらいでガタガタ言わない。
8400も3200Gも十分に楽しませてもらってるし、相場に気を揉むくらいなら価格差の分を先に楽しんだほうがいい。
日本だと2000円下がるのに何ヶ月かかるか判らないし、その間にメモリーやSSDが急騰したら目も当てられない。
十分安いんだから、今買っちまえってことでメモリー48GBとSSD3台2TB分も一緒に買ってしまった。
お金を減らさないことに汲々とするより、お金を増やす努力をして使うことを考える方が有意義。

【追記】
動画のエンコードをやってみたのでざっくり追記。
寝てる間のエンコードは以前のノートPCでは出来なかったことなのでやってみたかった。
試したのはHandBrakeでIFullHD(1080)からHD(720)へ22分の動画のコンバート。
本当はTMPGEncでやってみたかったけどPC2台に入れるとBANされるっぽい。

エンコーダーのハードウェアは以下の通り。
QSV(i5-8400)
NVENC(GTX1060 3GB)
VCE(Ryzen 3200G)
ソフトウェアエンコードは参考程度にやってみた、1パスでエンコード。

・変換にかかった時間
QSV・・・3分57秒
NVENC・・・3分40秒
VCE・・・7分16秒
Intel Software・・・8分31秒
Ryzen Software・・・12分9秒

VCE遅い。NVENCのほぼ倍の時間がかかってる。
ハードウェアエンコードが効いてないのかと思ったがソフトエンコードより5分は速いから一応効いてる。
RyzenのGPUがどの程度の性能でHandBrakeがどの程度VCEに最適化されてるのか不明だけど遅い。
ソフトウェアエンコードは8400の1.42倍と3200Gも意外に健闘
8400のコア数が1.5倍なので1.5倍以上の差が付くかと思ってた。

・変換後の容量
オリジナル・・・758MB
QSV・・・422MB
NVENC・・・492MB
VCE・・・502MB
Intel Software・・・405MB
Ryzen Software・・・404MB

VCEデカい。QSVに比べて約19%もデカい。元ファイルからVCEが約34%減、QSVが45%減。

・画質(完全に主観)
NVENCが一番オリジナルに近い?
とはいえ静止画にしてじっくり見なければどこが違うか判らないレベル。
気になるならCPUで2パスエンコードしなさいよって感じ。

・総評
変換後の容量と画質はともかくVCEのエンコードの遅さは少し気になる。
NVENCは速いけどQSVに比べると17秒ほど早いだけで70MBサイズがでかい。
メインPCで編集してからエンコードって考えると動画が短ければQSV、長ければVCEで寝てる間にエンコードが良さそう。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった14人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性無評価
互換性5
コスパは微妙ながら後悔は無し
 

FF14ベンチ中

OCCT10分

 

長らく余ったノートPCにUSB HDDを繋げてファイルサーバーとして使用してきたが、性能的に厳しくなったので一台組むことにした。
当初はIntelのi3-8100を予定していたが、Intelの世代ごとの互換性のなさに嫌気がさしていた。
そこで世代間の互換性が抜群のAM4ソケットを持ち、巷で話題のRyzenで作ろうと思い立った。
現在所有のi5-8400では物足りなくなったときRyzen3700X辺りに乗り換えて8400をサーバーにするという先を見据えての自作。

スペックは以下の通り
CPU Ryzen3 3200G
M/B B450 AORUS ELITE[Rev.1.0](ショップでBIOSを最新版にしてもらった)
MEM crucial CT2K8G4DFS8266 (8GBx2)
SSD crucial MX500 CT1000MX500SSD1/JP(500GB)
HDD メーカーと容量が色々の余り物x7台
OS Windows10 Pro 64bit DSP

【処理速度】
家庭用ファイルサーバー用途なので完全にオーバースペック。
ゲームをしないのでディスプレイどころかキーボードもマウスも繋いでおらずリモートデスクトップ経由で操作している。
もちろんリモートデスクトップはサクサクで違和感がないためメインとサーバーのどちらを操作しているのか判らないほど。
ウィンドウの色をサーバーはRyzenオレンジ、メインPCやノートPC等はIntelブルーにして区別している。
今後は寝ている間にエンコードやレンダリングなどを行う予定だが多少能力不足でも寝ている間なので気にならないと思う。
ベンチマーク結果も載せておくがサーバーとして使う環境を整えた状態での計測なのであまり参考にならないかも。

FF14 FHD 高品質 2741(やや快適)
CINEBENCH R15 シングル:136pts マルチ:534pts
CINEBENCH R20 シングル:348ts マルチ:1362pts


【安定性】
DDR4-2666定格で動かしてるので全く問題ない。
オーバークロックしたらどうなるかは判らないがオーバークロックには興味がない。
不思議なことに色々インストールした後の定格動作のベンチマークがネット上のOCメモリーで計測されたベンチマークを上回っている。
オーバークロックしても良くて微増、悪けりゃ速度低下で安定もしないでは意味ない。


【省電力性】
どれくらい電力を食っているかはさっぱりなので無評価。
HWINFOのキャプチャを貼っておくのでそちらを参照のこと。
室温25℃でアイドル時37℃、FF14ベンチを動かしてMAX66℃、OCCTを動かしてもCPU温度はMAX78℃。
上記の通りSSDとHDDを計6台も内蔵した熱源たっぷりで環境の良くないケース内なので高いか低いかよく判らない。


【互換性】
チップセット3世代に渡って動くなら立派なもんじゃないかと。
ほぼ1世代ごとにマザボ買い換えさせる所と比べれば雲泥の差。


【総評】
コスパが求められるクラスのCPUだと思うが発売時点のコスパはRyzenAPUの中では微妙かも。
2200Gと2400Gが入手困難にならない限り、ゲーム性能が一番高い3400Gはともかく、3200Gはハミ子っぽい。
今年の4月頃に出回った3200G殻割り写真のソルダリングが本当ならいいなぁとは思うが、あれはES品だったのかもしれない。

とはいえ「新しいってことはなんか良いとこあるんだろうから、お先に楽しませてもらいます」という浅い考えなので全く後悔なし。
i3-8100とは比べるまでもなく3200Gの方がはるかにコスパがいい。
i5-8400の時はメモリーとSSDが一番高い時期に購入して15000円くらいは損してるから2000円差くらいでガタガタ言わない。
8400も3200Gも十分に楽しませてもらってるし、相場に気を揉むくらいなら価格差の分を先に楽しんだほうがいい。
日本だと2000円下がるのに何ヶ月かかるか判らないし、その間にメモリーやSSDが急騰したら目も当てられない。
十分安いんだから、今買っちまえってことでメモリー48GBとSSD3台2TB分も一緒に買ってしまった。
お金を減らさないことに汲々とするより、お金を増やす努力をして使うことを考える方が有意義。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった7

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 3 3200G BOX」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 3 3200G BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 3 3200G BOX
AMD

Ryzen 3 3200G BOX

最安価格(税込):¥12,544発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 3 3200G BOXをお気に入り製品に追加する <329

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意