Ryzen 5 3400G BOX レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 5 3400G BOX

  • 4コア8スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.7GHzで、最大ブーストクロックは4.2GHz、TDPは65W。
  • 高い冷却性能を備え、無音に近い動作を実現するCPUクーラー「AMD Wraith Spire Cooler」が付属。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 5 3400G BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥19,479

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥19,479

BESTDO! 通販部

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥19,479¥22,980 (25店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥20,680 〜 ¥20,680 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 5 3400G クロック周波数:3.7GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:2MB Ryzen 5 3400G BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 5 3400G BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3400G BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3400G BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3400G BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3400G BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3400G BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3400G BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3400G BOXのオークション

Ryzen 5 3400G BOXAMD

最安価格(税込):¥19,479 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 5 3400G BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3400G BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3400G BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3400G BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3400G BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3400G BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3400G BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3400G BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 5 3400G BOX

Ryzen 5 3400G BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.78
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:10人 
  1. 4 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.42 4.51 38位
安定性 安定して動作するか 4.53 4.72 30位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.31 4.29 24位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.77 4.35 4位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 3400G BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:スペック重視」で絞込んだ結果 (絞込み解除

sun77777さん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:55人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
38件
スマートフォン
3件
32件
タブレットPC
2件
13件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性5

FSPICEとPT2、win7proで運用していましたが
この度の7問題で10に変えることにしました
これまで使っていたマザーボードは10に正式対応していなかったため
新たなマザーを探しましたが
PCIが使えるものがこのX470GTAくらいしかないことを知り、
マザーは一択でした。

CPUはグラフィック内臓を探し、ちょうどよい価格、性能の、これを選択。
組み上げたばかりですが順調です。

また後日追記します

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

チャイルドタイガーさん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
4件
0件
メモリー
4件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
4件
0件
もっと見る
満足度3
処理速度4
安定性4
省電力性3
互換性5

本体サイズは◎… 外付け電源が…うう、3400Gの実力を求めて…

上がメモリ2666Mhz 下が3200Mhzによる計測データ

   

   

このCPUの存在価値「最強APU」…そこにはロマンしかない。
だがしかし、道のりは遠くたどり着けない真の実力…
思考ロジック…↓
せっかくの最強APUなのでグラボ無し構成以外考えられない
なので「超小型ケース」
高性能なのでTDP65Wでも爆熱問題を想定→あきらめる→終了
で、終わっていたところになんと
新型のグラフェンコーティング採用小型CPUクーラー
CRYORIG C7 G 発売!
小さいのになんとTDP125W対応を謳っている!
これがきっかけで3400Gを購入した。
イバラの道が始まる…
道半ばであるが現在の構成
●CPU
RYZEN5 3400G
●CPUクーラー
CRYORIG C7 G
●マザー
B450 I AORUS PRO WIFI
●メモリー
CMK16GX4M2B3200C16
●システムストレージ
(M.2 SSD NVMe)P1 CT1000P1SSD8JP
●ケース(電源問題で保留中のRGEEK 80mmアルミケース穴開き黒)
現在仕方なく代役でシルバーストーンSST-ML06B-E
●電源(起動失敗したpico zmart DC-ATX-160W+ACアダプター120W)
現在仕方なく代役でシルバーストーンSST-ST30SF V2(300W)
上記で構築結果、デカイ、これじゃない(再レビュー時に小型化成功)
しかしOCするなら電源が…ということで現在は妥協の末このように…
ベンチマーク検証画像はCPUのOCは無し、メモリ速度2666Mhz(上)と
3200Mhz(下)で掲載した。
ベンチマーク中の温度はザックリになるが室温26〜28℃
●DQ・69℃●FF14・71℃●FS・71℃●TS・77℃●R15・70℃●R20・88℃
よくあるであろう組み合わせのDeskMini A300+3400Gを確実に上回る結果が
示されたので、あとはOCでどこまでいけるか?であるが…大きな期待はせず、
着実にまずはDeskMiniに迫る小型化を考えている途中である。
そこには電源問題と爆熱爆音問題が大きくのしかかっているが… たぶんつづく…

■再レビュー追加記事■
まず、電源問題を妥協解決とし、120WのACアダプターを
「CURE 安定化電源 AC DC コンバーター 12V 15A 180W」に交換
(アマにて安価で入手できるが配線がなくポン付けでは使えない品)
picoで使える最大パワー160Wを目指した。
結果、不安定な立ち上がりもなく順調に動いたので、当初の予定であった
RGEEKケースに積みかえ小型化は成功したのだが…外付け電源部が前の
ACアダプタよりも少し大型化してしまった。(画像1参照)
で、ビルドインした3400Gのアイドリングは室温27℃で38〜48℃と
やや高温で振れ幅が大きい。(その後37℃で落ち着いている。
温度のブレはOSインスト直後であった影響の可能性がある。)
同室温にてOCCT(負荷大)をかけてみたが
3分直前で90℃を超え7分過ぎに限界設定の95℃になり終了…
エラーこそなかったが、80℃台で10分完走させたかったので厳しい結果である。
まだ追加FANや高性能グリスを試していない段階だが、
すでにアイドリング時2000RPMを超える状態にあるため、
そのままCRYORIG C7 Gを原型を変えず使いたいが、
CPUクーラーのFANを大型化するしかないようだ。
最小限の拡張にとどめているため、ケースにはまだ空間の余裕がある。
計測すると最大140mmFANが入るので冷却と静音化を目指していこうと思う。
メモリーの速度もベンチマークにかなり影響が出るので3200Mhz以上を
試していきたいが、3600Mhzメモリーで動くだろうか…
ちなみにBIOSやCPU-Zなどで認識される実際のメモリー容量から
2.1GBを内蔵GPU用に割いているためデバイスの仕様やタスクマネージャーで
差し引かれた数値が表示されるので、知らなかった私はかなり焦った。
いろいろ振り回されるが、3400G、まだまだ遊び甲斐のある面白いCPUである。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった9人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

masterkskさん

  • レビュー投稿数:75件
  • 累計支持数:564人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

CPU
18件
1件
マザーボード
17件
0件
CPUクーラー
13件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性5
互換性5

CINEBENCH R15 デフォルト

CINEBENCH R15 全コアOC4.1GHz

FFベンチ ALL4.1GHz OC GPUデフォルト

4個目のRyzen3000シリーズ
ケースファン冷却PCで定格使用とする予定だが、コア性能を確かめるべくOCにも挑戦した。


【構成】
CPU:Ryzen5 3400G 1.425V ALL4.1GHz OC
クーラ:大手裏剣 参 SCBSK-3000 ファンなし
M/B:B450I GAMING PLUS AC
メモリ:F4-3400C16D-16GSXW (3200Mhz CL16)
SSD:ADATA 256GB 
ケース:PC-Q02Lite

【処理速度】
i7-4790Kと同性能なので、通常処理速度に困ることは無い。

【安定性】
グラフィック関係でブルスクになることがあった。ドライバの問題とも考えづらいのでOCメモリが悪いのかもしれない。

【省電力性】
アイドル26W 36℃、CINEBENCH R15時 106W 77℃、FFベンチ時 104W 61℃。アイドルも低く十分に省エネと思う。

【互換性】
BIOS UPは必須だが、ほぼすべてのAM4マザーで使用できると思われる。

【CPU OC】
コア電圧1.425V ALL4.1GHz OC可能だった。ソルダリングの為、OC状態でも比較的冷却は容易と思う。

【総評】
前世代より、多少シングル性能が上がり、ますますバランスが良くなったと思う。ソルダリングとなったことで、冷却も容易でOCも余裕でこなせるものとなっている。OC性能は、ALL4.1GHzぐらいが限度の為、ブーストクロック4.2Ghzには届かないが、ベンチ上シングル性能はほとんど変わらないので、OCでの使用でも良いと考える。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 3400G BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 5 3400G BOX
AMD

Ryzen 5 3400G BOX

最安価格(税込):¥19,479発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 5 3400G BOXをお気に入り製品に追加する <344

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意