Ryzen 5 3600 BOX レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 5 3600 BOX

  • 6コア12スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHzで、最大ブーストクロックは4.2GHz、TDPは65W。
  • 高い冷却性能を備え、無音に近い動作を実現するCPUクーラー「AMD Wraith Stealth Cooler」が付属。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 5 3600 BOX 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥23,500

(前週比:-480円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥23,980

Joshin

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥23,500¥27,500 (21店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥24,780 〜 ¥26,800 (全国7店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 5 3600 クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:3MB Ryzen 5 3600 BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

※日本国内正規代理店品取扱い販売店以外で購入された場合、メーカー保証が受けられない可能性がございます。保証に関しては購入ショップへお問い合わせください。

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 5 3600 BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3600 BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3600 BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3600 BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3600 BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3600 BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3600 BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3600 BOXのオークション

Ryzen 5 3600 BOXAMD

最安価格(税込):¥23,500 (前週比:-480円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 5 3600 BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3600 BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3600 BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3600 BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3600 BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3600 BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3600 BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3600 BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 5 3600 BOX

Ryzen 5 3600 BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.77
(カテゴリ平均:4.69
レビュー投稿数:234人 (モニタ:1人 試用:2人)
  1. 2 0%
  2. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.65 4.56 31位
安定性 安定して動作するか 4.69 4.72 37位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.19 4.25 30位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.67 4.40 18位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 3600 BOXのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
モニタレビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

そんせきさん

  • レビュー投稿数:28件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
6件
0件
SSD
5件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性5

   

   

4.3Hz 固定(添付ファイルを参考に)
電圧 
VDDcR CPU Voltage
offset
+ 0.1375
 設定後 1.238V
CINEBENCH-23-(Multi Core) 9,365→9,909にup
自分では省エネで、性能UPで出来たような。

構成
 クーラ Kotetsu U  安くて静か oc後アイドル時39℃
 GV-N105TD5-4GD 2019-02-24 18,338円(NTTxstore)
 asus PRIME B450M-A
 16×2 32GB
 os-win-11

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ばんぶ〜さんさん

  • レビュー投稿数:14件
  • 累計支持数:23人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

セキュリティソフト
1件
1件
マザーボード
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
 

CPU Unboxing

Build1

 

昨年のキャッシュレス・ポイント還元終了直前に購入しました。
軽量ゲーム用途として使用していた、Core i7-2600機と交代。

【処理速度】
以前の構成とは、お互いK無し・X無しモデルとなりますがコア数が増えたお陰か、ゲーム中に通話・ブラウジングを行っても、処理落ちすることがなくなりました。
また、ゲームプレイと録画を平行して行うこともありますが、録画データのフレームドロップが減りました。

【安定性】
CPU起因のエラーやUSB切断問題は、現環境下で一度も発生しておりません。(USB切断問題は、どちらかと言えばAGESA側の問題なのかもしれませんが)

【省電力性】
現構成で消費電力を測定した訳ではありませんが、毎月の電気使用量請求金額は上がっていません。(巣ごもりでPC前にいることが増えたので旧構成よりは減ったのかも?)
当初、Ryzen MasterのEco-Modeを使用して省電力化していましたが、今は設定していません。
※Wraith Stealth使用時の発熱を抑える目的だったため、CPUクーラーを替えた現在はEco-Mode未使用。

【互換性】
X470 / B450 / X570 / B550 と対応チップセットも多く〇。

【総評】
性能面での過不足なく、安定性も問題なし。満足度の高いものでした。
若いころであれば何も考えずに上位モデルを購入していたかもしれませんが、消費電力的にもパフォーマンス的にも当モデルを選んで正解だったと思っています。

以下に現構成と旧構成の一覧を記載しておきます。

<現構成>
CPU:AMD Ryzen 5 3600 Box
CPU Cooler:Scythe 超天 [SCCT-1000]
M/B:GIGABYTE B450 AORUS PRO WIFI [Rev.1.0]
Memory:Crucial DDR4-3200 計16GB(8GB×2枚) [CT2K8G4DFS832A]
GPU:ZOTAC GAMING GeForce GTX 1660 SUPER Twin Fan [ZT-T16620F-10L]
SSD 1:WD Blue SN550 NVMe 1TB [WDS100T2B0C]
SSD 2:Transcend MTE452T 512GB [TS512GMTE452T]
PSU:SUPERFLOWER LEADEX III GOLD 650W
Case:Cooler Master MasterBox MB600L
OS:Windows 10 Pro 20H2 64bit

<旧構成>
CPU:Intel Core i7-2600
CPU Cooler:Scythe 兜2 [SCKBT-2000]
M/B:MSI P67A-C43[B3]
Memory:DDR3-1333 計8GB(2GB×4枚)
GPU:MSI GTX 960 4GB
SSD:Intel SSD 545s 256GB [SSDSC2KW256G8X1]
HDD:WD Black 2TB
PSU:玄人志向 650W [KRPW-GK650W/90+]
Case:メーカー不明品の中古
OS:Windows 10 Pro 1909 64bit

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

白川玖羽さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:17人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
3件
0件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
1件
CPU
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性4
互換性5

ASRock B550M STEEL LEGENDにCPUを取り付けた図

ASRock B550M STEEL LEGENDにCPUクーラーを取り付けた図

PCケース Silverstone FT03に組み込み後

 

電源投入時

Ryzen 5 3600、DDR4-2666 16GB×2 32GB、RTX 3070 AORUS MASTERという組み合わせ

 

6コア、12スレッド、3.6〜4.2GHz、TDP 65Wとバランスの取れたCPUで、ASRock B550M STEEL LEGENDと組み合わせて使用しています。

今までCore i9-10980XE(18コア、36スレッド、3.0〜4.6GHz、TDP 165W)を使用してきましたが、使用していたマザーボード(X299X DESIGNARE 10G)の修理のために本CPU「Ryzen 5 3600」を使ったPCを組み立てることにしました。

正直なところ自分は「PCパーツ類は流動性が高く、必要なくなったら即売ってしまうタイプ」のため「価格&性能重視(6C/12T)、今後のために拡張性を考慮(Micro-ATX、2.5Gbps LAN)、PCケースごと保管していても邪魔にならない」をコンセプトに組んでみました。

LGA2066と比べるとSocket AM4のCPUはメモリスロット数(8本→4本)、PCIeレーン数(PCIe 3.0×48レーン→PCIe 4.0×24レーン)と減少したものの、余分にPCIeスロットを使うということが無かったため、この構成で一切の過不足がなく作業類(動画編集、画像編集、PCゲーム等)をこなす事が出来ています。

リテールクーラー(Wraith Stealth)も付属しており、TDP 65Wと発熱も低いため別途CPUクーラーを買わなくても静かに冷やす事が十分可能なCPUです。コスパを求めるのであればCPUクーラーを別途買う必要はなさそうです。

Ryzen 3000番台は古いチップセット系のマザーボード(AMD 300シリーズ、400シリーズ)等でもBIOSさえアップデートすれば動作するため、中古のマザーボードなどを流用しやすく、安価に高性能なPCを組むのに便利なCPUと言えそうです。



 構成一覧

CPU:AMD Ryzen 5 3600 6C/12T 3.6〜4.2GHz
CPU Cooler:Scythe 虎徹 Mark II(SCKTT-2000)
CPU Fan:Scythe 虎徹 Mark II 付属12cmファン
M/B:ASRock B550 STEEL LEGEND
Memory:Team DDR4-2666 計64GB(32GB×2枚)
SSD C:Samsung 950 Pro 512GB(MZ-V5P512B/IT)
SSD H(ゲーム専用):Western Digital SN550 1TB(WDS100T2B0C)
HDD D(データ用):Western Digital WD Gold 8TB(WD8003FRYZ-01JPDB1)
HDD E(バックアップ用):Western Digital Blue 6TB (WD60RZRZ-00GZ5B1)
光学ドライブ:非搭載
GPU:GIGABYTE GeForce RTX 3070 8GB AORUS MASTER 8G Rev1.1
Sound Card:USB接続 YAMAHA AG03 初音ミクエディション
PSU:玄人志向 700W 80PLUS Silver(KRPW-RS700W/88+)
Case:Silver Stone FT03
OS:Windows 10 Pro 20H2 64bit

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Loggerhead2-1さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5
   

MBはASUS ROG STRIX B550-F GAMING(Wi-Fi)、メモリは32GB、GPUはRTX3070です。

   

【処理速度】
書類作業や2Dシミュレーションゲーム程なら問題はないですが、3Dモデルを多用したゲームやRAWの現像といった負荷の大きくかかる作業では多少不満に感じる人はいるかもしれないです。
【安定性】
高い、この一言に尽きます。
今のところ稼働を始めて半年になりますが、CPU由来のシステムエラーに遭遇したことはないです。
【省電力性】
TDPが65Wとあるように上位モデルやX,XTといったモデルに比べて性能では劣る部分があるものの、小型PCや小型クーラーといった冷却性に懸念があるPCへの搭載やコストを安くするなら最適の選択肢の一つだと思います。
【互換性】
B550やX570のみならず、B450といった1世代前のマザーボードにも載せることができるため自作や改造に向いているでしょう。
【総評】
新世代の登場によって価格が下がったことで総合的にコスパが良くなっており、普通に使う分には問題ないことからシステムのアップグレードやコスパを抑えつつGPUにも投資したい人向けのCPUだと感じました。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

らいあにきさん

  • レビュー投稿数:120件
  • 累計支持数:368人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
11件
42件
グラフィックボード・ビデオカード
11件
38件
電源ユニット
18件
23件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性3
互換性4

   

   

5xxx系が発売されややお買い得感が増し我慢しきれず購入しました。
現在所有しているのは4890Kなので3500ではあまり代わり映えがない・・
かと言って5600Xや3700Xまでは手が出せない・・・
そんな中で消去法で最終的に残ったのがこちらでした。

【処理速度】
価格面から考えると素晴らしいパフォーマンスです。
これから価格を抑えつつもゲーミングPCを製作したい方にはマジオススメ!

【安定性】
ちょっとお熱いようです。
純正クーラーだとChineBenchで90℃近くと不安なぐらい温度が上がります。
今回はNZXT様より提供いただいたKRAKEN X63を装着。
同ChineBenchにて最大でも75℃以下と冷え冷え安定です。

【省電力性】
デフォルトの設定ではブーストがサクサク上がるせいかどうも宜しくない。
電圧を下げて諸々の設定で温度も下がり燃費が良くなりそうです。

【互換性】
B450以上のマザーなら搭載出来ないって事はないですよね?

【総評】
スペック至上主義の方は迷わず5900番台に行きましょう。
3600は安価で優秀なCPUです。
大抵のゲームはVGAの性能次第で快適にプレイ出来ると思うので、CPUはこの辺で安く上げてその分をVGAに注ぎ込んだら幸せになれると思いますよ。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Gankunさん

  • レビュー投稿数:284件
  • 累計支持数:625人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

グラフィックボード・ビデオカード
8件
80件
マザーボード
6件
72件
液晶テレビ・有機ELテレビ
11件
60件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
   

   

もうすぐ使用をはじめて、1年になります。

グラフィックボードをRTX3070、電源をRM850に交換しました。

最近やっているFHDのゲーム環境では、パワー不足などの問題は有りません。

もし、中古でRyzen7 3700Xなどが手頃だったら、交換してみたいですね。

<現行のシステム>
OS:Windows10 Home
CPU:Ryzen 5 3600
マザボ:ASUS PRIME X570-P/CSM
CPUファン:HYPER212EVO
DDR4メモリ:F4-3600C19D−16SGXWB [DDR4 PC4-28800 8GB 2枚組]
グラフィックボード:GALAKURO GG-RTX3070-E8GB/TP
M.2 SSD1:WD Blue SN550 NVMe WDS100T2B0C 1TB
M.2 SSD2:BIOSTAR M700-512GB
SATA-SSD1:LITON MU 3 PH6-CE480-L2 480GB
SATA-SSD2:SANDISK 400s 2.5 7mm 128GB
HDD:WD Blue 3TB
電源:CORSAIR RM850
ケース:Fractal Design Define XL R2
モニター:ASUS TUF Gaming VG259Q

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった9人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

uki-tkさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
 

cpuクーラーはwarith prismを使用しています。

power ON!

 

初めての自作PCで購入させて頂きました。
PCの知識はあまり無く購入するまでは「windowsといえばintel」と思ってましたが、色々な方のレビューを拝見し調べ尽くし購入しました。
結果は最高の一言。
処理速度等をレビュー出来るほど専門的な知識はありませんが、gameやadobe、protoolsのソフトも問題なく使用できます。
起動の早さには感動すら覚えました。

コスパ、製品品質は本当にいいと思います。
自作PCを始めるなら間違いなくオススメできる最初のCPUです!

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

てぃーん@PCおじさんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
   

   

i5 4世代から組み換えしたが素晴らしい。

マルチに活躍できる上にゲーミング性能もコスパ高いCPU。あまりゲームは多くやらないが、1660と組み合わせでAPEX LEGENDSにおいて戦闘中、低設定で130~150fpsをほぼキープ。中設定において110~140fpsをキープでき、144hzモニターを1660で余すとこなく使える。

APEXをプレイ中にYouTubeで動画を視聴してもB550、メモリ32GB、GTX1660の環境においてCPU使用率40%前後。配信にも強くかなり気に入ったCPUになった。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

aioioioaioさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性5
   

   

【処理速度】
自分の使用環境では特に問題はない。
【安定性】
これといって悪いところはなく、使用していても大きな不具合もなく安定して動いてくれている。
【省電力性】
電力を細かく見ていないため無評価。
【互換性】
自分はB450チップセットを使用したが、最新のB550にも対応しており、非常に多彩なラインナップから選ぶことができる。
【総評】
コスパもよく、性能もいいので、初めてのCPUにおススメかもしれません。
少し予算に余裕があるなら3700Xや5600Xにしてもいいかも

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった5人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

いまげさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
0件
2件
CPU
1件
0件
液晶テレビ・有機ELテレビ
0件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性5
   

   

【処理速度】
phenom2x4からの買い換えの為、非常に快適です。
6c12thのマルチコア性能を活かせる場面は多いと思います。

【安定性】
vegas pro 18は良く落ちます。
また、win10の電源メニューは高パフォーマンスに設定しておかないと、私の環境ではブルースクリーン連発でした。

【省電力性】
ほかレビュー見る限り、インテルCPUよりは待機電力高めの様子。
誤差の範囲内かとおもう。

【互換性】
B450のMBで使用していますが特に問題はありません。

【総評】
パソコン工房で¥25,080で購入。
PCを一新するにあたり、非常にコスパが良く満足です。
第三世代が予算上、手が出なかったのですが私の使い方では必要十分。

レベル
初めて自作
重視項目
コスト重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

やおなさん

  • レビュー投稿数:49件
  • 累計支持数:56人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
8件
0件
SSD
6件
0件
模型
5件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
 

各cinebench

performance test10.0ver(passmark)

 

【処理速度】
Ryzen5 1600と比較して2割から3割増しの性能

【安定性】
初代Ryzenより安定している気がする

【省電力性】
初代Ryzenよりコア電圧も低く、省電力だと思う

【互換性】
B350のマザーでは、最後の貴重なRyzen世代です。

以下追記
【オーバークロック】
オーバークロックについて、全コア4.3ghzで常用しています。
リテールクーラーは、使っておらずサイドフローのクーラーです。
電圧は、1.25v(標準1.1v)に上げてます。
ベンチマークの画像も追加します。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった6人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

carnivoreさん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:127人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
4件
65件
マザーボード
3件
39件
レンズ
5件
22件
もっと見る
満足度4
処理速度4
安定性5
省電力性5
互換性5
   

CINEBENCH2.0

   

【処理速度】
素晴らしいコストパフォーマンスだと思います。

【安定性】
本格的に利用する前に、Prime95で‘CPU等に負荷を掛けるテストをしましたが
約1時間のテストですが、全く問題ありません。

【省電力性】
Default TDPが65Wとねーかーサイトに書かれています。
このパフォーマンスで65Wというのですから、優れているのではないでしょうか?

【互換性】
当方の使っているソフトウェアでは、今のところ問題はありません。

【総評】
非常にバランスが良く、コストパフォーマンスに優れたCPUだと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2人(再レビュー後:2人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぱぶじー好きさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ペンタブレット
1件
0件
CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度4
安定性4
省電力性5
互換性5
   

   

ちょうど1年の使ってみて感想。

【処理速度】
処理速度は良き。
何ら不満なく、ゲーム(PUBG)や、ライブ配信、MicrosoftOfficeができる。
動画編集に関してはそのソフトにもよると思いますが、僕が使ってるVEGAS Proはちょっと重めの処理をさせるとカクツキます。
動画書き出しに関しては全然問題なくできますし、遅くもないので十分です。

【安定性】
安定性は特に問題なしです。
しかし一つ。
動画編集ソフトVEGAS Proがクラッシュする場合があります。
重くなったりするとたまにクラッシュしちゃうので、ちょっと困ってます。
それ以外に特に問題なしです。

【省電力性】
ワット数とかは測っては無いので無評価です。
発熱に関しては特に不満はないです。
僕は6000円する、CoolerMaster製の空冷クーラーを使ってますが、それで十分ですね。
水冷にしなくてもよさそうです。
配信&PUBGを真夏でやると80℃を超えてクロックダウンして下手するとブルースクリーンを出します。
が、みなさんはそんな環境ではしないと思うので大丈夫かと。
そういう環境にもっていかなければ、クラッシュや、異常な温度にならないということです。

【互換性】
僕はGIGABITEのX470のマザーボードを使ってます。
それで十分ですね。
X570はちょっと高いのでX470を買ったわけですが特に問題なく使えています。
BIOSアップデートはほとんどの製品でされていると思います。
Ryzen3000が出た直後買ったのですが、すでにBIOSアップデートされてたので大丈夫かと。

メモリーに関してはG.Skillのものを使ってます。
特にRyzen対応とか書いてなかったですが全然大丈夫でした。
3200MhzまでOCしてますが、ちゃんと動いてます。

【総評】
とても良い製品だと思います。
ゲームしたいけどお金がそこまで多くない、という方にはとてもおすすめです!

ちなみに僕の構成はこちらです。約12万で買えたと思います。

CPU⇒https://amzn.to/38TWpLb

マザーボード⇒https://amzn.to/2WbUVJJ

CPUクーラー⇒https://amzn.to/2QfLdCc

メモリー(RAM)⇒https://amzn.to/2IKgXeF

グラフィックボード⇒https://amzn.to/2wYF1aR

M.2 SSD⇒https://amzn.to/2TNnkEn

SATA SSD⇒https://amzn.to/2w9Bh6z

電源ユニット⇒https://amzn.to/2U03ftm

PCケース⇒https://amzn.to/3a25e72

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ゆうまんぬさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:10人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
0件
CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性5
 

 

Core i7 2600Kからの入れ替えで購入。


【処理速度】
Core i7 2600Kと比較すると全くの別物です。
ゲームメインで使用しているのですが、カクツキが少なくなりました。

【安定性】
安定して動作しています。
昔のAMDとはかなり違います。

【省電力性】
i7 2600Kの半分くらいでしょうか。
オーバークロックしていたので正確には分かりませんが...
一応消費電力書いておきますが、Core i7 2600Kは95W程、Ryzen 5 3600は40W程です。

【互換性】
購入して1週間ほど経ちますが(2020/9/9時点)ブルスクは発生していません。

【総評】
そこまで重くないゲームであればちょうどいいのではないでしょうか。
あとは予算次第です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

skyliveさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:29人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
0件
2件
マザーボード
0件
1件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

CINEBENCH20 定格と4.3G 1.225V

4.0G 1.10V (PC電力114W)

GTAオンライン 2時間プレイ中のHWinfoステータス

 

OCCT 自動テスト30分 4.3G 1.225V (PC電力146w)

CPU-Z 3600(常用4.0G 1.10V) 3500(常用4.3G 1.225V)

 

表記上では3500と3600は同じTDP65Wです。
アイドルは大差ありませんが、高負荷時に結構大きな差があります。
3600は実質88WクラスのCPUととらえていたほうがしっくりきます。

処理能力には満足だけどすぐに電圧が…、それに引っ張られるように温度も…そんな印象です。
繰り返しますが、処理速度に不満はありません。


※使用CPUクーラーはすべて虎徹Mark2、 手動設定は自己責任で
---------------------------------
例) CINEBENCH20 マルチ実行 最大値

--------- 温度 - CPU package - PC電力(ワットモニタ)
[R5 3600]
定格 ----- - 73.9℃ - 88.0w - 140w

4.3G 1.300V - 82.5℃ - 98.2w
4.3G 1.225V - 76.9℃ - 87.3w - 138w
4.2G 1.200V - 72.3℃ - 81.2w
4.2G 1.175V - 69.8℃ - 77.4w - 127w
4.0G 1.125V - 63.3℃ - 69.0w
4.0G 1.100V - 64.4℃ - 66.7w - 114w

[R5 3500]
定格 ----- - 68.5℃ - 72.8w - 113w

4.4G 1.300V - 66.9℃ - 71.4w
4.3G 1.225V - 62.0℃ - 62.6w - 111w
4.2G 1.175V - 58.0℃ - 57.5w
4.0G 1.175V - 57.0℃ - 55.9w - 92w
---------------------------------
ワットモニタの数値はメモに残っていたもののみ記載



尚、CPU倍率をオートのままで電圧だけを下げていくとパフォーマンスはかなり落ちます。※
パフォーマンスを極力維持したいならば、CPU倍率固定とセットで調整することをお勧めします。
---------------------------------
例) CINEBENCH20 single/multiスコア

ストック(3.6-4.2G) ------- 490/3620
4.0G固定 1.10V固定 ----- 466/3644
VCOREのみ1.10V固定 ---- 392/2991 ← ※
---------------------------------
ちなみに、3500を4.45G 1.325V 設定時のスコアは515/2989



3600は基本的に負荷時の温度が(3500よりも)だいぶ高く、あまり高クロックで使う気が起きませんでした。
マニュアルでクロック高めの設定を探ろうとすると、
(ゲーム程度では落ちませんが)虎徹では温度の高さが先に気になってきます。

当方は負荷時の温度下げ優先ですので、4.0G 1.10Vで使用しています。
この状態だと、CINEBENCHのシングルは3500(4.3G常用、多分もっといける)に負けますが、
例えば、UBIの重量級、watchdogs2など全スレッド高負荷がかかるようなケースでは
12スレッドの恩恵を感じやすいです。


アイドルに関しては電圧オートのまま使ったほうが電力は低いです。
ただしゲームなどでは、オートは平均1.37Vかかってくるので、温度水準が高めです。
加えて、メモリを3200→2666MHz動作に落とせば、アイドルは2wほど下がります。


個人的には、手動設定時の伸びしろ・コスパは3500のほうが上です(自己満足感)
12スレッドを活かせる使い方なら3600で良いでしょう。
ただ、3500が16000円なので、3600の価格をもう少し下げてほしいような気もします。
現在の価格差は8000円? 6000円くらいなら文句なし
私の買値は 3500:16000円 3600:26500円(10500円高)


その他、GTA online プレイ時のHWinfo状況比較(stock・4.0G・4.2G、 各2時間)の画像も置いておきます。
2時間平均値でもざっと10℃は違ってきます、温度の違いなど興味あればご覧ください。

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 3600 BOXのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

Ryzen 5 3600 BOX
AMD

Ryzen 5 3600 BOX

最安価格(税込):¥23,500発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 5 3600 BOXをお気に入り製品に追加する <2597

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意