『X付は自動で使い、無印は手動で使う』 AMD Ryzen 5 3600 BOX masterkskさんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 5 3600 BOX

  • 6コア12スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHzで、最大ブーストクロックは4.2GHz、TDPは65W。
  • 高い冷却性能を備え、無音に近い動作を実現するCPUクーラー「AMD Wraith Stealth Cooler」が付属。
  • ユーザーの好みとアプリケーションに合わせて性能をカスタマイズする一連の学習および適応機能「SenseMIテクノロジー」を採用している。
Ryzen 5 3600 BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥24,367

(前週比:-1円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥24,367

BESTDO! 通販部

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥24,367〜¥29,310 (31店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥26,378 〜 ¥26,378 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 5 3600 クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:3MB Ryzen 5 3600 BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 5 3600 BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3600 BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3600 BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3600 BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3600 BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3600 BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3600 BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3600 BOXのオークション

Ryzen 5 3600 BOXAMD

最安価格(税込):¥24,367 (前週比:-1円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 5 3600 BOXの価格比較
  • Ryzen 5 3600 BOXの店頭購入
  • Ryzen 5 3600 BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 5 3600 BOXのレビュー
  • Ryzen 5 3600 BOXのクチコミ
  • Ryzen 5 3600 BOXの画像・動画
  • Ryzen 5 3600 BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 5 3600 BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 5 3600 BOX

『X付は自動で使い、無印は手動で使う』 masterkskさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 3600 BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:514人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

CPU
18件
1件
マザーボード
16件
0件
CPUクーラー
13件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性3
X付は自動で使い、無印は手動で使う
   

CINEBENCH R15 全コアOC4.2GHz MEM3733CL16

   

半日ほどいじって、現状最強の設定を行った。
AMDがチップセットドライバとRyzen Masterを更新しているので、それをインストールして使用した。
(以降全て OC4.2GHz ALLでの内容となります。)

【構成】
CPU:Ryzen5 3600 OC 4.2GHz ALL
クーラ:Le GRAND MACHO RT
M/B:ROG STRIX X470-I GAMING
グラボ:GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX
メモリ:F4-3600C16D-16GTZ (3733Mhz)
SSD: M.2 SAMSUNG MZVPW256HEGL
ケース:Core P1

【処理速度】
前世代2600と比べるととんでもない性能向上を果たしているが、同期の他が化け物なのでどうしても霞んでしまう。

【安定性】
UEFIからメモリOCを詰めようとすると安定しないので、Ryzen Masterを使うことである程度簡単に設定が可能となった。CPU OCは全コア4.2GHzでの安定動作が可能となった。

【省電力性】
CINEBENCH R15実行時の消費電力は125Wで、全コアOCの割にはおとなしい印象だった。しかし、アイドル時が60W程度と少し高いので、アイドル状態が長い使用用途には向かないと思う。また、最高温度は、OC ALL4.2GHzでも73℃となっており、十分に常用可能範囲といえる。

【互換性】
X470でも動きましたが、未だUEFIがこなれているとは言えない。そのため、設定の多くはRyzen Masterを使って行った。また、ROG STRIX X470-I GAMINGの最新BIOSでは、何故か電源を切ると全てのLEDが強制的に赤で光るバグがある・・・正直これが一番辛い。

【OC】
全コア4.2GHz、コア電圧1.35Vで安定動作が可能なことは判ったが、それ以上では安定動作させることが不可能だった。いつものAMDよろしくOCはあまり振るわず、今回は4.2GHz辺りに限界があるのかもしれない。ただ、ブーストクロックが4.2GHzのこのCPUであれば、全コア4.2GHzを常用可能というだけで十分だと思う。
Ryzenはブーストクロック=シングル性能とも言えるので、シングルを求めるなら、更に上位のブーストクロックが高いCPUを購入し、定格で使うことをお勧めする。

【メモリOC】
CPU Complex DieとI/O Dieという構造となった為か、UEFIの設定値が上手く反映されない気がしている。特に、メモリはXMP自動設定で、電圧が上手く反映されていないと思われ、メモリ性能を大幅に低下させていた要因であったことが判った。その為、今回メモリOCにはUEFIは使用せず、Ryzen Masterから設定を行うことにした。
結果、前評判通り非常に高いメモリ安定性を持っていることが分かった。今回、3600CL16とそれなりに厳しい動作クロックのメモリであったが、3600をさらにOCして推奨周波数である3733CL16に設定することが可能であった。

【総評】
2700Xで安定動作していたシステムからZEN2システムに移行したのだが、未だUEFIがこなれていない印象を受ける。Ryzen Masterを使用することで、メモリのOCを行うことが可能なことが判り、一応現状最強の設定を行うことが可能となった。以下、備忘録として設定を記載しておく。(尚、同設定を使って起こったトラブルについては自己責任となります。)

↓UEFIより
コア電圧1.35V(本当のコア電圧には反映されていない?Ryzen Master上のコア電圧は1.1V)
倍率 42倍
XMP読み込み後、安定動作する周波数3200に変更(XMPメモリ電圧が反映されていないっぽい)
↓Ryzen Masterよりメモリ電圧・周波数周りの設定
MEM VDDIO 1.296V
MEM VTT 0.648V
VDDCR SOC 1.2V
Clock 1867

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった51人(再レビュー後:40人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性3
X付は自動で使い、無印は手動で使う
   

CINEBENCH R15 全コアOC4.2GHz MEM3733CL16

   

半日ほどいじって、現状最強の設定を行った。
AMDがチップセットドライバとRyzen Masterを更新しているので、それをインストールして使用した。
(以降全て OC4.2GHz ALLでの内容となります。)

【構成】
CPU:Ryzen5 3600 OC 4.2GHz ALL
クーラ:Le GRAND MACHO RT
M/B:ROG STRIX X470-I GAMING
グラボ:GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX
メモリ:F4-3600C16D-16GTZ (3733Mhz)
SSD: M.2 SAMSUNG MZVPW256HEGL
ケース:Core P1

【処理速度】
前世代2600と比べるととんでもない性能向上を果たしているが、同期の他が化け物なのでどうしても霞んでしまう。

【安定性】
UEFIからメモリOCを詰めようとすると安定しないので、Ryzen Masterを使うことである程度簡単に設定が可能となった。CPU OCは全コア4.2GHzでの安定動作が可能となった。

【省電力性】
CINEBENCH R15実行時の消費電力は125Wで、全コアOCの割にはおとなしい印象だった。しかし、アイドル時が60W程度と少し高いので、アイドル状態が長い使用用途には向かないと思う。また、最高温度は、OC ALL4.2GHzでも73℃となっており、十分に常用可能範囲といえる。

【互換性】
X470でも動きましたが、未だUEFIがこなれているとは言えない。そのため、設定の多くはRyzen Masterを使って行った。また、ROG STRIX X470-I GAMINGの最新BIOSでは、何故か電源を切ると全てのLEDが強制的に赤で光るバグがある・・・正直これが一番辛い。

【OC】
全コア4.2GHz、コア電圧1.35Vで安定動作が可能なことは判ったが、それ以上では安定動作させることが不可能だった。いつものAMDよろしくOCはあまり振るわず、今回は4.2GHz辺りに限界があるのかもしれない。ただ、ブーストクロックが4.2GHzのこのCPUであれば、全コア4.2GHzを常用可能というだけで十分だと思う。
Ryzenはブーストクロック=シングル性能とも言えるので、シングルを求めるなら、更に上位のブーストクロックが高いCPUを購入し、定格で使うことをお勧めする。

【メモリOC】
CPU Complex DieとI/O Dieという構造となった為か、UEFIの設定値が上手く反映されない気がしている。特に、メモリはXMP自動設定で、電圧が上手く反映されていないと思われ、メモリ性能を大幅に低下させていた要因であったことが判った。その為、今回メモリOCにはUEFIは使用せず、Ryzen Masterから設定を行うことにした。
結果、前評判通り非常に高いメモリ安定性を持っていることが分かった。今回、3600CL16とそれなりに厳しい動作クロックのメモリであったが、3600をさらにOCして推奨周波数である3733CL16に設定することが可能であった。

【総評】
2700Xで安定動作していたシステムからZEN2システムに移行したのだが、未だUEFIがこなれていない印象を受ける。Ryzen Masterを使用することで、メモリのOCを行うことが可能なことが判り、一応現状最強の設定を行うことが可能となった。以下、備忘録として設定を記載しておく。(尚、同設定を使って起こったトラブルについては自己責任となります。)

↓UEFIより
コア電圧1.35V(本当のコア電圧には反映されていない?Ryzen Master上のコア電圧は1.1V)
倍率 42倍
XMP読み込み後、安定動作する周波数3200に変更(XMPメモリ電圧が反映されていないっぽい)
↓Ryzen Masterよりメモリ電圧・周波数周りの設定
MEM VDDIO 2.96V
MEM VTT 0.648V
VDDCR SOC 1.2V
Clock 1867

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

満足度4
処理速度4
安定性3
省電力性4
互換性4
とりあえずファーストレビュー
   

CINEBENCH R15 全コアOC4.2GHz

   

3900Xが無かったので、つなぎで3600を購入、OC性能を試してみた。

【構成】
CPU:Ryzen5 3600
クーラ:Le GRAND MACHO RT
M/B:ROG STRIX X470-I GAMING
グラボ:GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX
メモリ:F4-3600C16D-16GTZ (3200Mhz)
SSD: M.2 SAMSUNG MZVPW256HEGL
ケース:Core P1

【処理速度】
シングル性能は少し上がっているが、体感速度は殆ど変わりはしない。

【安定性】
OCを詰めようとすると安定しない、メモリの動作を含め安定動作させるのにはもう少し時間が必要だと感じる。定格はもちろん安定している。

【省電力性】
TDP65Wなので、消費電力は低いでしょう。発熱もほとんど気にならない。

【互換性】
X470でも動きましたが、未だUEFIがこなれているとは言えない。

【OC】
全コア4.2GHz、コア電圧1.35Vでとりあえず動作可能となった。正直もう少し性能向上できることを期待していたのだが、結果は伴わなかった。いつものAMDよろしくOCはあまり振るわないといった印象である。OCによるシングル性能アップを期待して購入したのだが、正直残念な結果となってしまった。
シングル性能が欲しいのであれば、ブーストクロックが高いCPUを購入し、定格で使うことが良いと思う。

【総評】
2700Xで安定動作していたシステムから移行したのだが、未だUEFIがこなれていない印象を受ける。メモリは3600→3200でしか動作しなくなり、OCは全コア4.2GHzが限度だった。そのため、思ったよりシングル性能が伸びない結果となっている。現状下手に設定をいじくるとUEFIがフリーズするので、とりあえず安定動作する設定にてしばらく運用してみようと思う。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった11

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 5 3600 BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
同じRyzen5の1500Xから換装  5 2019年11月11日 07:56
Ivyおじさんからの卒業  5 2019年11月7日 02:37
1600xからの変更  5 2019年11月2日 23:28
戦略商品  5 2019年10月30日 18:39
性能も体感速度も爆上げ  5 2019年10月7日 21:17
5年ぶりに‥  5 2019年10月5日 20:54
2008年の Core 2 Duo以来の自作  5 2019年10月2日 22:31
その後、変更によりとても快適になりました  5 2019年9月27日 00:07
ぶっちぎり高性能  5 2019年8月25日 11:52
Sandyおじさん5年目から脱却  5 2019年8月22日 15:00

Ryzen 5 3600 BOXのレビューを見る(レビュアー数:24人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 5 3600 BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 5 3600 BOX
AMD

Ryzen 5 3600 BOX

最安価格(税込):¥24,367発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 5 3600 BOXをお気に入り製品に追加する <931

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意