Ryzen 7 3700X BOX レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 7 3700X BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHzで、最大ブーストクロックは4.4GHz、TDPは65W。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされ、ボタンを押すだけの「ワンクリック・オーバークロック」に対応。
  • 色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載している。
Ryzen 7 3700X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥39,280

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥39,800

PC-IDEA Plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,280¥48,680 (25店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥43,780 〜 ¥43,780 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 3700X クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 7 3700X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 3700X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 3700X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 3700X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 3700X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 3700X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 3700X BOXのオークション

Ryzen 7 3700X BOXAMD

最安価格(税込):¥39,280 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 7 3700X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 3700X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 3700X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 3700X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 3700X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 3700X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 3700X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 7 3700X BOX

Ryzen 7 3700X BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.83
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:132人 
  1. 2 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.90 4.51 10位
安定性 安定して動作するか 4.76 4.72 26位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.51 4.28 16位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.76 4.36 9位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 3700X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

まったり少将さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:49人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
5件
自動車(本体)
2件
3件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
3件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性3
省電力性5
互換性5

主にマインクラフトをプレイしています
そのほかいろいろな作業を平行してやることから6コア12スレッドでは余裕がなくなったこと、
マインクラフトのFPSを上げるためにCPU交換へと乗り出しました
レビューについては大手レビューサイトが既に詳細にしてありますので感想を書いていきます

まずBIOSを3代目Ryzen対応のものにアップデートして
取り付けはクーラー外してCPU乗せ替えてグリス塗ってクーラーをつけるだけでした
いちおうCMOSクリアしましたが正常に動作しました
BIOSの起動は長くなりましたが前環境そのままで大丈夫でした

交換した結果ですが、まず感じたのが
・マインクラフトのFPSの向上がすごい
・発熱がすごい
ことでした。
マインクラフトは1.14.4forge28.1.56 optifine環境にて平均FPSがおおよそ1.5〜2倍に、nVidiaの「スレッドした最適化」に頼らずに前環境のそれに頼ったFPS並みかそれ以上出るようになりました

発熱に関してですが、室温は25〜33℃くらい、クーラーは虎徹マーク2です
2600でマインクラフト中に51℃程度だったのが3700Xでは62℃程度に、様々なタスクでがしがしつかうと72℃くらいまで上がるようになりました。
そのままの状態でシネベンチR20を連打したところ76℃くらいまで上がりました。
このCPUではPrecision Boost Overdrive(以下PBO)が使えました これのPPTを100以上にして同じことをしたら87℃(気温33℃)まで上がりました。つまり虎徹マーク2では問題ありません
このPBO100オーバーの設定では2600を4000MHz@1.4V(125W)にオーバークロックさせたくらいの発熱をします。
発熱の割にというか、消費電力は異次元なほど低いです
まずはアイドル状態
システム全体で63Wくらいでした
2600環境では70〜80Wだったので少し下がりました
PPT100でのシネベンチR20中の消費電力は105W程度でした
この電力でCore i9 9900Kと同じくらいの性能が出てることを考えるとヤバいと思います
あっちは190Wくらい消費するらしいので、それと比べたらかなり扱いやすい数字ではないでしょうか
気になったこととしては、アイドル時に温度がハンチングします
これはAsRockのマザー固有の問題でしょうか
2600を4000MHzにオーバークロックした時もハンチングがありましたけど
負荷かかってるときは起きないんでまぁ大丈夫でしょう
Wraith prismをスイッチHでファン制御をstandard mode以上にするとハンチングに合わせてファンが回るので耳障りになるかもしれません
その時はマザー側の設定で65℃くらいからファンの回転数が上がるように設定しておきましょう
虎徹マーク2の付属ファンは800-1200rpmと回転数の変化が小さいのでハンチングしてもわかりませんので問題ありません
オーバークロックに関しては非常に限定的とのことで手を出すつもりはありません
とりあえず全コア4400MHz以上で回すのは無理なようです

当時2万円のCPUから4万円のCPUへのグレードアップですが狙った効果が出て満足しています
温度がちょっとだけ気になりますが
通常プレイで不要なほどFPSが向上したので、GPUをRX590に戻そうか悩んだりするかもしれません

比較製品
AMD > Ryzen 5 2600 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

CrossFire5959さん

  • レビュー投稿数:9件
  • 累計支持数:125人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
2件
0件
PCケース
1件
1件
スマートフォン
2件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

CPU-Z(Ryzen 7 3700x)

Cinebench R20(Core i7 7700)

Cinebench R20(Ryzen 7 3700x)

2017年8月に購入した、Intel Core i7 7700からの乗り換えです。消費税が上がってしまうことや、旧パーツの下取りが下落してしまう前に乗り換えることを以前から検討しており、今回組み換えに至りました。パーツは以下のとおりです。

【旧】
CPU : Intel Core i7 7700
メモリ : W4U2400CM 8GB×2
マザーボード : ASUS ROG STRIX H270I GAMING(以前mini-itxケースを使っていたため)

【新】
CPU : AMD Ryzen 7 3700X
メモリ: W4U3200CM 16GB×2
マザーボード : ROG STRIX X570F GAMING

これ以外は共通で以下のとおりです。
SSD : 960 evo 250GB(システム用)
SSD : MX500 1TB(データ用)
HDD : WD Blue 4TB(データ用)
GPU : ZOTAC GeForce RTX 2070 AMP Extreme core
電源 : SSR-850FX
ケース : Fractal Define R5


【処理速度】 ★★★★★
とても4万円で買えるCPUとは思えないコストパフォーマンスの高さです。Cinebech R20の数値を比較していただければおわかりいただけると思いますが、シングルスレッド性能でCore i7 7700の2割増程度、マルチスレッド性能では2.5倍以上になりました。
シングルスレッド性能もCore i7 9700Kと同程度、マルチスレッド性能はCore i9 9900Kを上回っており、優れたリテールクーラーも付いているにもかかわらず4万円という安さに驚かされました。

【安定性】 ★★★★★
昔のRyzenであれば、メモリの相性問題などがIntelに比べると出やすいといったことがありましたが、こちらで組み上げた内容では何ら問題なく認識しました。初回起動時にBIOSに入ったところ、特に設定せずとも3200MHzで稼働していることが確認できました。まだ数日しか使っていませんが、ブルースクリーンなども一度も出ていません。

【省電力性】 ★★★★☆
AMDの公称65WというTDPが本当かは疑わしいところはありますが、現在のところ問題ないと思います。Core i9 9900Kよりも省電力ですし、コストパフォーマンスの面では圧倒的にこちらに軍配が上がりますので。

【互換性】 ★★★★★
Intelのように同じソケットなのにチップセットの仕様を変えてきて、旧世代のCPUを使えなくするといったことをせず、初代Ryzenから使っているSocket AM4のマザーボードであれば、B350以上のチップセットであれば基本的には動くことからして、CPUだけ載せ替えてスペックアップを図る人にも使いやすいCPUだと思います。

【総評】
とても4万円で買えるとは思えない完成度の高さで、非常に満足しています。Intelと違って、とてもおまけとは思えない完成度のCPUクーラーも付いており、今までCore i7 7700に付属していたリテールクーラーよりもずっと静かに使えている上によく冷えてくれています。性能向上を目的としていましたが、静音化も合わせてできたため、こちらの意味でも満足しています。
オーバークロックなどをしない方であれば、Ryzen 7 3700Xで十分だと思いますが、オーバークロックを楽しみたい方は3800Xの方が良いと思います。
2019年のCPUを代表する名機となることが予想されます。非常におすすめできる素晴らしいCPUです。

比較製品
インテル > Core i7 7700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった21

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 3700X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 3700X BOX
AMD

Ryzen 7 3700X BOX

最安価格(税込):¥39,280発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 3700X BOXをお気に入り製品に追加する <2799

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意