『現状最高のバランス』 AMD Ryzen 7 3700X BOX ディ・ステファノさんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 7 3700X BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHzで、最大ブーストクロックは4.4GHz、TDPは65W。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされ、ボタンを押すだけの「ワンクリック・オーバークロック」に対応。
  • 色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載している。
Ryzen 7 3700X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥39,797

(前週比:-1円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥40,480

PC-IDEA Plus

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,797〜¥48,650 (30店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥43,780 〜 ¥43,780 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 3700X クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 7 3700X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 3700X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 3700X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 3700X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 3700X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 3700X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 3700X BOXのオークション

Ryzen 7 3700X BOXAMD

最安価格(税込):¥39,797 (前週比:-1円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 7 3700X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 3700X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 3700X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 3700X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 3700X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 3700X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 3700X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 7 3700X BOX

『現状最高のバランス』 ディ・ステファノさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 3700X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:167人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
0件
6件
有線ブロードバンドルーター
1件
4件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
5件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性5
現状最高のバランス

上新電機の株主優待券が20枚余っていたので、発注当時価格.com最安値ショップだったこともあり、勢いで購入しました。
先にRyzen 5 3600Xを購入し、既存PCのCPUと換装して、Zen2の素性の良さはわかっていましたが、やはり素晴らしいです。

〜構成〜
【CPU】AMD Ryzen 7 3700X(当製品)
【CPUクーラー】DEEPCOOL GAMMAXX GT
【マザーボード】GIGABYTE X570 AORUS PRO
【メモリ】G.Skill F4-3000C16D-32GSXWB(流用)換装予定
【グラフィックボード】Palit Microsystems NE6166TS18J9-161F (GeForce GTX1660Ti STORMX OC 6GB)
【SSD】CFD CSSD-M2B1TPG3VNF
【電源】Cooler Master V750 Gold MPY-7501-AFAAGV-JP
【ケース】Cooler Master MasterBox CM694 TG
【OS】Windows 10 Pro

【処理速度】
メモリが旧PCからの流用で、1500MHzのデュアルチャネルであり、まだポテンシャルを発揮できていない部分があると思いますが、
Cinebench R20にてマルチ4682pts シングル486ptsを記録しました。
CPU温度はCinebench実行時、HWiNFOだと71.0℃がMAXです。
SSDも初物ですがPCI-E 4.0対応の製品にしたので、CPUのパワーにそれも加味されて若干アプリの立ち上げ等の体感スピードが上がったように感じます。

【安定性】
安定していますが、まだマザーのBIOSがこなれてないようです。これから熟成が進んでいくと思います。
発熱はそれなりにあるので、できれば別途優秀なCPUクーラーを用意したほうが良いかと思います。安定動作に寄与してくれることでしょう。

【省電力性】
Cinebench実行時にHWiNFOでCPU Package Power MAX 90.014Wです。
コアが多いのでマックスロード時にはそれなりに電力を喰いますが、アイドル時は35W前後ですので、十分省電力と言えると思います。

【互換性】
旧世代のマザーでも特に問題なく動いてしまうのが素晴らしいです。PCI-E 4.0も旧世代のチップで動くみたいですし互換性は文句のつけようがないですね。ここがAMDのストロングポイントだと思います。
メモリは、前世代のZEN+と比べて、メモリーコントローラーが改良され、守備範囲が広くなっています。

【総評】
このCPUがあれば、ゲームもビジネスもクリエイティヴも、あらゆる用途をそつなくこなせてしまうのではないかと感じられます。
バランスに優れ、素晴らしいポテンシャルをもったCPUだと思います。
迷ったらこれにしとけ、というようなド定番のCPUになっていくのではないでしょうか。
それなりに値は張りましたが、大満足です。

参考にPerformanceTest 9.0の結果のスクリーンショットを貼っておきます。


その後メモリをG.SkillのF4-3600C16D-32GTZNCに換装しました。第3世代Ryzenに最適化されたメモリでCPUとの好相性によるパフォーマンスアップが期待できます。

Cinebench R20の結果は、マルチ4682→4742 シングル486→499にアップしました。
BIOS設定はXMPプロファイルを入れた以外はデフォルトです。

第3世代Ryzenを使うなら、メモリも選んだほうがいいようです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった6人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性5
互換性5
現状最高のバランス
   

PerformanceTest 9.0 CPU MARK結果

   

上新電機の株主優待券が20枚余っていたので、発注当時価格.com最安値ショップだったこともあり、勢いで購入しました。
先にRyzen 5 3600Xを購入し、既存PCのCPUと換装して、Zen2の素性の良さはわかっていましたが、やはり素晴らしいです。

〜構成〜
【CPU】AMD Ryzen 7 3700X(当製品)
【CPUクーラー】DEEPCOOL GAMMAXX GT
【マザーボード】GIGABYTE X570 AORUS PRO
【メモリ】G.Skill F4-3000C16D-32GSXWB(流用)換装予定
【グラフィックボード】Palit Microsystems NE6166TS18J9-161F (GeForce GTX1660Ti STORMX OC 6GB)
【SSD】CFD CSSD-M2B1TPG3VNF
【電源】Cooler Master V750 Gold MPY-7501-AFAAGV-JP
【ケース】Cooler Master MasterBox CM694 TG
【OS】Windows 10 Pro

【処理速度】
メモリが旧PCからの流用で、1500MHzのデュアルチャネルであり、まだポテンシャルを発揮できていない部分があると思いますが、
Cinebench R20にてマルチ4782pts シングル486ptsを記録しました。
CPU温度はCinebench実行時、HWiNFOだと71.0℃がMAXです。
SSDも初物ですがPCI-E 4.0対応の製品にしたので、CPUのパワーにそれも加味されて若干アプリの立ち上げ等の体感スピードが上がったように感じます。

【安定性】
安定していますが、まだマザーのBIOSがこなれてないようです。これから熟成が進んでいくと思います。
発熱はそれなりにあるので、できれば別途優秀なCPUクーラーを用意したほうが良いかと思います。安定動作に寄与してくれることでしょう。

【省電力性】
Cinebench実行時にHWiNFOでCPU Package Power MAX 90.014Wです。
コアが多いのでマックスロード時にはそれなりに電力を喰いますが、アイドル時は35W前後ですので、十分省電力と言えると思います。

【互換性】
旧世代のマザーでも特に問題なく動いてしまうのが素晴らしいです。PCI-E 4.0も旧世代のチップで動くみたいですし互換性は文句のつけようがないですね。ここがAMDのストロングポイントだと思います。
メモリは、前世代のZEN+と比べて、メモリーコントローラーが改良され、守備範囲が広くなっています。

【総評】
このCPUがあれば、ゲームもビジネスもクリエイティヴも、あらゆる用途をそつなくこなせてしまうのではないかと感じられます。
バランスに優れ、素晴らしいポテンシャルをもったCPUだと思います。
迷ったらこれにしとけ、というようなド定番のCPUになっていくのではないでしょうか。
それなりに値は張りましたが、大満足です。

参考にPerformanceTest 9.0の結果のスクリーンショットを貼っておきます。

レベル
自作経験豊富
重視項目
コスト重視

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 7 3700X BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
すごく快適!ストレスフリー!  5 2020年2月15日 15:53
性能の向上幅がすごくいい  4 2020年2月12日 14:18
性能で選択できるAMD製CPU  5 2020年2月5日 03:16
8年ぶりの買い替えで十分すぎる性能に  5 2020年1月27日 20:08
久しぶりの自作PC  5 2020年1月25日 09:49
hand-brakeで  5 2020年1月25日 06:17
動画編集用のパソコンに。。  4 2020年1月24日 17:14
新しく組んでみた。  5 2020年1月19日 18:58
コスパバランス  5 2020年1月9日 16:45
最悪です  1 2020年1月7日 10:54

Ryzen 7 3700X BOXのレビューを見る(レビュアー数:43人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 3700X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 3700X BOX
AMD

Ryzen 7 3700X BOX

最安価格(税込):¥39,797発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 3700X BOXをお気に入り製品に追加する <1680

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意