『思い悩んだ末に』 AMD Ryzen 7 3700X BOX TDSK2さんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 7 3700X BOX

  • 8コア16スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.6GHzで、最大ブーストクロックは4.4GHz、TDPは65W。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされ、ボタンを押すだけの「ワンクリック・オーバークロック」に対応。
  • 色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載している。
Ryzen 7 3700X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥39,798

(前週比:-1円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥40,480

PC-IDEA Plus

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥39,798〜¥48,650 (30店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥43,780 〜 ¥43,780 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 7 3700X クロック周波数:3.6GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:4MB Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 7 3700X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 3700X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 3700X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 3700X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 3700X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 3700X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 3700X BOXのオークション

Ryzen 7 3700X BOXAMD

最安価格(税込):¥39,798 (前週比:-1円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 7 3700X BOXの価格比較
  • Ryzen 7 3700X BOXの店頭購入
  • Ryzen 7 3700X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 7 3700X BOXのレビュー
  • Ryzen 7 3700X BOXのクチコミ
  • Ryzen 7 3700X BOXの画像・動画
  • Ryzen 7 3700X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 7 3700X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 7 3700X BOX

『思い悩んだ末に』 TDSK2さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 3700X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
エフェクター
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
思い悩んだ末に

 商品自体があまり出回ってなかったり色々な事情から購入を躊躇って
いましたが、CPUパワー不足を感じ始めた為、思い切って先日購入に踏
み切りました。

 正直大して変わらないのではと言う不安もありましたが、PC Pass 
Mark通りの性能差になりましたね。Cubase10Proを使用しているのですが、
CPU負荷が4790Kと比べておよそ半分程度まで下がりました。

 Cubaseは毎年マイナーアップデートをするのですがハードウェアの性能
向上と同時に徐々に機能が強化され、重くなっている印象を受けます。
つまり、旧型CPUでは段々辛くなっていくのです。 

 色々な不安やストレスを拭い去るには結局買い換える事が一番だと言う
結論に至るまで多少時間は掛かりましたが、購入して良かったと思います。
正直満足です。
 
 3700Xを選んだ点はTDPが他の半分程度と省電力な事、他の候補3800X、
3900Xの在庫が豊富で無かった事が挙げられます。

 しかしながらX570チップセットのファン付きなので意外と煩いですね。マザー
温度は38℃チップセットは60℃前後CPUは上がって40℃前後と比較的快適な
範囲です。X570が爆熱だという噂もありましたが、それほどまでは上がらない
感じですね。ゲームをしたり強力な負荷を掛けているわけではないのでこの
程度で済んでいるのでしょうが。エンコードとかすれば一気に上がるでしょうね。

 CPUFANは1700RPM CPUFAN2 607RPM Chasisi FAN3 692 SB_FAN1 
2896とアイドル状態に関わらず案外ファンが回りまくっております。Standard
Modeでこれです。これだけ回れば煩いのは当然でしょうかね。ほぼ弄らずデフ
ォルトの状態でこれなので下げれば多少ましにはなるでしょうがチップセット温
度がかなり高いので下げるのは夏場では恐ろしい気もします。

 Rayzen3000系はX570ならば比較的不具合が少ないと言う意見もちらほら
ありますのである程度情報が出きった後に買うと良いかもしれません。旧型
マザーではBIOSアップデートをすると言う結構リスキーな行為が必要です。
初心者及び安全に使い方は旧型マザーに安易に手を出さない方がいいかも
しれません。幾ら安くてもトラブルの元になりますので。

 不具合はBIOSの影響をもろ受けますし、最悪マザーそのものが壊れる危
険性もあります。BIOS書き換えで不具合が直ることも多々ありますが、基本
弄らない方がいいに決まってます。

 Ryzen3700XはTDPが低い割には相当な勢いでCPUクーラーが回るので
X570チップセットとの組み合わせでは更に煩くなります。それどどう考える
かですよね。価格は安いが多少リスキーな旧型マザーを選ぶか、それとも
同時に出た比較的いい塩梅のX570でリスクを抑えるかと言うところでしょう。

 自分はThanderboltAIC端子が欲しかったのでX570を選ぶ他ありません
でしたし、万が一トラブルが起きて憂鬱な気分になるのも嫌でしたので
迷わず9900kと同じPhantomGamingシリーズを選びました。Z390よりいい
値段なので詳細は清水貴裕氏の動画を見ればどう言う作りをしているのか
分かりやすく説明してくれています。

 それで音はどんな物かというと9900kPCと並べた感じではAMD純正
クーラーはノクチュアのクーラーと良い勝負をするくらいには煩いです。
最強クラスノクチュアが性能の割には静かだからというのもありますが、
室内クーラーやBGMを止めたりすればその爆音は際立ちます。二台並
んでいるので二倍の音がします。

 ただし、通常クーラーを掛けていたり、BGMや音楽を鳴らしているので
それほどまで気にならない範囲ではありますが。恐らくは40〜50db程度
の音は出ているのかと思われます。

 但し、この時期は蝉やクーラーの方がよほど煩いでしょうね。 

 3枚ディスプレイ差しをする為に臨時で退役したHD5870を挿していますが、
DP→DVI変換コードが来れば用無しなのでで外します。

 構成は
CPU : AMD Ryzen 7 3700X 
マザー:Asrock X570 Phantom gaming4 
メモリー:Crucial(Micron製) PC4-25600(DDR4-3200)
光学ストレージ : Paioneer BD-RW-209  
SSD1:CFD CSSD-S6B240CG3VX 
SSD2:トランセンド TS1SSD370 
SSD3:DIERYA DIERYA SSD1T
グラボ1:玄人志向 GTX1080
グラボ2:SAPPHIRE HD5870
 
 DAWとしてはやや重く今まで多少もたついていたCubase PRO10もそれなりに
快適に使えるようになりました。


レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
思い悩んだ末に

 商品自体があまり出回ってなかったり色々な事情から購入を躊躇って
いましたが、CPUパワー不足を感じ始めた為、思い切って先日購入に踏
み切りました。

 正直大して変わらないのではと言う不安もありましたが、PC Pass 
Mark通りの性能差になりましたね。Cubase10Proを使用しているのですが、
CPU負荷が4790Kと比べておよそ半分程度まで下がりました。

 Cubaseは毎年マイナーアップデートをするのですがハードウェアの性能
向上と同時に徐々に機能が強化され、重くなっている印象を受けます。
つまり、旧型CPUでは段々辛くなっていくのです。 

 色々な不安やストレスを拭い去るには結局買い換える事が一番だと言う
結論に至るまで多少時間は掛かりましたが、購入して良かったと思います。
正直満足です。
 
 3700Xを選んだ点はTDPが他の半分程度と省電力な事、他の候補3800X、
3900Xの在庫が豊富で無かった事が挙げられます。

 しかしながらX570チップセットのファン付きなので意外と煩いですね。マザー
温度は38℃チップセットは60℃前後CPUは上がって40℃前後と比較的快適な
範囲です。X570が爆熱だという噂もありましたが、それほどまでは上がらない
感じですね。ゲームをしたり強力な負荷を掛けているわけではないのでこの
程度で済んでいるのでしょうが。エンコードとかすれば一気に上がるでしょうね。

 CPUFANは1700RPM CPUFAN2 607RPM Chasisi FAN3 692 SB_FAN1 
2896とスタンバイ状態に関わらず案外ファンが回りまくっております。Standard
Modeでこれです。これだけ回れば煩いのは当然でしょうかね。ほぼ弄らずデフ
ォルトの状態でこれなので下げれば多少ましにはなるでしょうがチップセット温
度がかなり高いので下げるのは夏場では恐ろしい気もします。

 Rayzen3000系はX570ならば比較的不具合が少ないと言う意見もちらほら
ありますのである程度情報が出きった後に買うと良いかもしれません。旧型
マザーではBIOSアップデートをすると言う結構リスキーな行為が必要です。
初心者及び安全に使い方は旧型マザーに安易に手を出さない方がいいかも
しれません。幾ら安くてもトラブルの元になりますので。

 不具合はBIOSの影響をもろ受けますし、最悪マザーそのものが壊れる危
険性もあります。BIOS書き換えで不具合が直ることも多々ありますが、基本
弄らない方がいいに決まってます。

 Ryzen3700XはTDPが低い割には相当な勢いでCPUクーラーが回るので
X570チップセットとの組み合わせでは更に煩くなります。それどどう考える
かですよね。価格は安いが多少リスキーな旧型マザーを選ぶか、それとも
同時に出た比較的いい塩梅のX570でリスクを抑えるかと言うところでしょう。

 自分はThanderboltAIC端子が欲しかったのでX570を選ぶ他ありません
でしたし、万が一トラブルが起きて憂鬱な気分になるのも嫌でしたので
迷わず9900kと同じPhantomGamingシリーズを選びました。Z390よりいい
値段なので詳細は清水貴裕氏の動画を見ればどう言う作りをしているのか
分かりやすく説明してくれています。

 それで音はどんな物かというと9900kPCと並べた感じではAMD純正
クーラーはノクチュアのクーラーと良い勝負をするくらいには煩いです。
最強クラスノクチュアが性能の割には静かだからというのもありますが、
室内クーラーやBGMを止めたりすればその爆音は際立ちます。二台並
んでいるので二倍の音がします。

 ただし、通常クーラーを掛けていたり、BGMや音楽を鳴らしているので
それほどまで気にならない範囲ではありますが。恐らくは40〜50db程度
の音は出ているのかと思われます。

 但し、この時期は蝉やクーラーの方がよほど煩いでしょうね。 

 3枚ディスプレイ差しをする為に臨時で退役したHD5870を挿していますが、
DP→DVI変換コードが来れば用無しなのでで外します。

 構成は
CPU : AMD Ryzen 7 3700X 
マザー:Asrock X570 Phantom gaming4 
メモリー:Crucial(Micron製) PC4-25600(DDR4-3200)
光学ストレージ : Paioneer BD-RW-209  
SSD1:CFD CSSD-S6B240CG3VX 
SSD2:トランセンド TS1SSD370 
SSD3:DIERYA DIERYA SSD1T
グラボ1:玄人志向 GTX1080
グラボ2:SAPPHIRE HD5870
 
 DAWとしてはやや重く今まで多少もたついていたCubase PRO10もそれなりに
快適に使えるようになりました。


レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
思い悩んだ末に

 商品自体があまり出回ってなかったり色々な事情から購入を躊躇って
いましたが、CPUパワー不足を感じ始めた為、思い切って先日購入に踏
み切りました。

 正直大して変わらないのではと言う不安もありましたが、PC Pass 
Mark通りの性能差になりましたね。Cubase10Proを使用しているのですが、
CPU負荷が4790Kと比べておよそ半分程度まで下がりました。

 Cubaseは毎年マイナーアップデートをするのですがハードウェアの性能
向上と同時に徐々に機能が強化され、重くなっている印象を受けます。
つまり、旧型CPUでは段々辛くなっていくのです。 

 色々な不安やストレスを拭い去るには結局買い換える事が一番だと言う
結論に至るまで多少時間は掛かりましたが、購入して良かったと思います。
正直満足です。
 
 3700Xを選んだ点はTDPが他の半分程度と省電力な事、他の候補3800X、
3900Xの在庫が豊富で無かった事が挙げられます。

 しかしながらX570チップセットのファン付きなので意外と煩いですね。マザー
温度は60℃前後CPUは上がって40℃前後と比較的快適な範囲です。X570
が爆熱だという噂もありましたが、それほどまでは上がらない感じですね。
ゲームをしたり強力な負荷を掛けているわけではないのでこの程度で済ん
でいるのでしょうが。エンコードとかすれば一気に上がるでしょうね。

 9900kPCと並んでいるのですがAMD純正クーラーはノクチュアのファンと
良い勝負をするくらいには煩いです。最強クラスノクチュアが性能の割には
静かだからというのもありますが、室内クーラーやBGMを止めたりすれば
その爆音は際立ちます。二台並んでいるので二倍の音がします。

 ただし、通常クーラーを掛けていたり、BGMや音楽を鳴らしているので
それほどまで気にならない範囲ではありますが。 

 3枚ディスプレイ差しをする為に臨時で退役したHD5870を挿していますが、
DP→DVI変換コードが来れば用無しなのでで外します。

 構成は
CPU : AMD Ryzen 7 3700X 
マザー:Asrock X570 Phantom gaming4 
メモリー:Crucial(Micron製) PC4-25600(DDR4-3200)
光学ストレージ : Paioneer BD-RW-209  
SSD1:CFD CSSD-S6B240CG3VX 
SSD2:トランセンド TS1SSD370 
SSD3:DIERYA DIERYA SSD1T
グラボ1:玄人志向 GTX1080
グラボ2:SAPPHIRE HD5870
 
 DAWとしてはやや重く今まで多少もたついていたCubase PRO10もそれなりに
快適に使えるようになりました。


レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
思い悩んだ末に

 商品自体があまり出回ってなかったり色々な事情から購入を躊躇って
いましたが、CPUパワー不足を感じ始めた為、思い切って先日購入に踏
み切りました。

 正直大して変わらないのではと言う不安もありましたが、PC Pass 
Mark通りの性能差になりましたね。Cubase10Proを使用しているのですが、
CPU負荷が4790Kと比べておよそ半分程度まで下がりました。

 Cubaseは毎年マイナーアップデートをするのですがハードウェアの性能
向上と同時に徐々に機能が強化され、重くなっている印象を受けます。
つまり、旧型CPUでは段々辛くなっていくのです。 

 色々な不安やストレスを拭い去るには結局買い換える事が一番だと言う
結論に至るまで多少時間は掛かりましたが、購入して良かったと思います。
正直満足です。
 
 3700Xを選んだ点はTDPが他の半分程度と省電力な事、他の候補3800X、
3900Xの在庫が豊富で無かった事が挙げられます。

 しかしながらX570チップセットのファン付きなので意外と煩いですね。マザー
温度は60℃前後CPUは上がって40℃前後と比較的快適な範囲です。X570
が爆熱だという噂もありましたが、それほどまでは上がらない感じですね。
ゲームをしたり強力な負荷を掛けているわけではないのでこの程度で済ん
でいるのでしょうが。エンコードとかすれば一気に上がるでしょうね。

 9900kPCと並んでいるのですがAMD純正クーラーはノクチュアのファンと
良い勝負をするくらいには煩いです。最強クラスノクチュアが性能の割には
静かだからというのもありますが、室内クーラーやBGMを止めたりすれば
その爆音は際立ちます。二台並んでいるので二倍の音がします。

 ただし、通常クーラーを掛けていたり、BGMや音楽を鳴らしているので
それほどまで気にならない範囲ではありますが。 

 3枚ディスプレイ差しをする為に臨時で退役したHD5870を挿していますが、
DP→DVI変換コードが来れば用無しなのでで外します。

 構成は
CPU Ryzen3700X 
マザー  Asrock  X570 Phantom gaming4 
メモリー  Crucial(Micron製) PC4-25600(DDR4-3200)
光学ストレージ Paionia BD-RW-209  
SSD システム CFD       CSSD-S6B240CG3VX 
           トランセンド TS1SSD370 
           DIERYA DIERYA SSD1T
グラボ 玄人志向 GTX1080
SAPPHIRE HD5870
 
 DAWとしてはやや重く今まで多少もたついていたCubase PRO10もそれなりに
快適に使えるようになりました。


レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 7 3700X BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
すごく快適!ストレスフリー!  5 2020年2月15日 15:53
性能の向上幅がすごくいい  4 2020年2月12日 14:18
性能で選択できるAMD製CPU  5 2020年2月5日 03:16
8年ぶりの買い替えで十分すぎる性能に  5 2020年1月27日 20:08
久しぶりの自作PC  5 2020年1月25日 09:49
hand-brakeで  5 2020年1月25日 06:17
動画編集用のパソコンに。。  4 2020年1月24日 17:14
新しく組んでみた。  5 2020年1月19日 18:58
コスパバランス  5 2020年1月9日 16:45
最悪です  1 2020年1月7日 10:54

Ryzen 7 3700X BOXのレビューを見る(レビュアー数:43人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 7 3700X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 7 3700X BOX
AMD

Ryzen 7 3700X BOX

最安価格(税込):¥39,798発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 7 3700X BOXをお気に入り製品に追加する <1668

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意