Ryzen 9 3900X BOX レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 9 3900X BOX

  • 12コア24スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.8GHzで、最大ブーストクロックは4.6GHz、TDPは105W。
  • 前世代キャッシュの最大2倍に当たるGameCacheは、メモリーのレイテンシーを低下するように設計されているため、ゲームの加速化を実現する。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされる。色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載。
Ryzen 9 3900X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥57,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥57,980

PC-IDEA Plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥57,980¥73,100 (33店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥65,780 〜 ¥65,780 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 9 3900X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:6MB Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション

Ryzen 9 3900X BOXAMD

最安価格(税込):¥57,980 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 9 3900X BOX

Ryzen 9 3900X BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.91
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:75人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.93 4.51 8位
安定性 安定して動作するか 4.78 4.72 24位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.15 4.28 31位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.70 4.36 10位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:その他」で絞込んだ結果 (絞込み解除

いるふぁすさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性5

【構成】
CPU:Ryzen9 3900X
クーラー:CORSAIR H100i RGB PLATINUM SE
M/B:ASRock X570 Taichi
RAM:G.Skill F4-3600C18Q-32GTRS
GPU:SAPPHIRE NITRO+ RX 5700 XT 8G GDDR6
PSU:CORSAIR RM1000x

【処理速度】
Intel i7 5820K→Ryzen5 3600→Ryzen9 3900Xへ紆余曲折ありつつ交換。
R9 3900X換装以前はHTC Viveで内部解像度をある一定以上にすると妙なチラつきが発生していました。
本来、RX5700XTはFF14ベンチで17000ぐらいの数値が出るぐらいのグラボなのに14000程度の数値しか出ていなかったので、3600でもCPUボトルネックがある程度発生していたんだろうなと気づきました。
思い切ってR9 3900Xへ換装すると内部解像度を最大にしてもチラつきが発生しなくなりました。

CINEBENCH R15:3024
FF14ベンチ:17443 1920x1080 最高品質 DX11

【安定性】
Windows10の各電源プランのCPU温度を記載してます。
あくまで自分の環境での事なので参考程度にお願いします。
クーラーの制御はiCUEの静音プリセットです。
そのうちマザボ制御できるようにします。

室温27℃
・AMD Ryzen High Performance
  →アイドル時:50〜60℃
  →CINEBENCH R15実行時:最大85℃
・AMD Ryzen Balanced
  →High Performanceとほぼ同じ
・省電力
  →アイドル時:40℃台前半
  →CINEBENCH R15実行時:最大85℃

【省電力性】
比較できるような物が今は手元にないので分かりません。

【互換性】
前世代のマザーでも動作する物が色々あるので選択の幅はかなり広いです。
今後発売されるであろうX670やB650にも対応してくると思うので非常に楽しみです。

【総評】
非常に優秀なCPUです。
12コアCPUが6万円はコスパ的にも優れていると思います。
しっかり冷やしきらないとスペックを出しきれないから280mm以上の簡易水冷を
云々と言われてる方もいらっしゃいますが、出しきれなくても爆速なので個人的には240mm簡易水冷で必要十分だと思っています。
ただし1万円台前半で買えるような格安簡易水冷は空冷より冷えないという話も聞くのである程度メーカーは拘った方がいいかもしれないです。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

フリーダム2世さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
12件
8件
薄型テレビ・液晶テレビ
2件
5件
デジタル一眼カメラ
3件
1件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
   

光物で、組んでみました。

   

pen4時代からIntel使っていましたが、7〜8年前に組んだcore i7 4770k+gtx770のpcが、マザーボードの故障により逝ってしまいました。

その為、急ぎ新調しなければならず浦島太郎状態でしたが色々調べた所、AMDのcpuが何やら熱いらしかったので組むことに。

【処理速度】

まず、12コア24スレッドのタスクマネージャーに感動しつつ、動画のエンコやベンチマークをやって見ましたが、7年前のcpuとは比べるまでもなく爆速で、時代の流れを感じました(笑)。

【安定性】

msiの簡単オーバークロック機能等使ってみましたが、いたって安定して動作しています。

【省電力性】

ソフトウェア読みですが、当然4コア8スレッドのcpuよりは電力食いますが、12コア24スレッドと考えると、省電力な方でしょう。

アイドル時の温度は35〜45度位、エンコ時には最大75度位なのでi7 4770kに比べてもかなり大人しいですね。

【互換性】

AMDは初な為、余り語る事はないかなと。ただIntelはソケットよく変更していた気がしますね。

【総評】

購入比較対象として、core i9 9900番台や新型の10900kとスペックや、各種ベンチ記事を見てゲーム特化に近いIntelより、自分にはこちらが合っているかなと思い決めましたが、正解だった様です。

非常に快適で、全く不満がありません。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オリエントブルーさん

  • レビュー投稿数:1128件
  • 累計支持数:6952人
  • ファン数:211人

よく投稿するカテゴリ

CPU
41件
3262件
SSD
28件
2778件
グラフィックボード・ビデオカード
22件
2644件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5

再生する

製品紹介・使用例
やっと落ち着きました

いや〜今回はハード面で大苦戦
ケースをぶっ壊し状態でやっと組み込み完成です。

という事で
RyZenもBIOS関係は充分に把握出来てませんが
今日からやっとお触り開始であります。

まずは
さっき〜ねえさんご指導の Offsetマイナス設定をば
Offset=1125vを実行した。

BlenderBenchマークの実行で
周波数に温度に消費電力は画像1のとおり。

挙動不審なしGood!
今日からまた詰めてみましょうか。

各bench数値も確かにAUTO設定よりアップしていました。
インテルに特化されたFFベンチ以外は9900Kと同等数値でしょうか。

*********************************************

■CPU: これ3900X
■マザーボード: MSI PEG X570 Gaming Plus
■メモリー: GSkill Trident RGB 3600 8GB x2
■VGA:ZOTAC: RTX2060 AMP
■電源: Thermaltake Grand RGB 850W GOLD
■ストレージ: nvMe SSD x2 SATA SSD x1

**********************************************

【処理速度】
すべてが速い文句なし

【安定性】
挙動不審なく超安定です。

【省電力性】
このクラスにしては電力喰わない。

【互換性】
メモリーもXMP設定4133がバッチリOKでありました。

**********************************************

今回は組み上げに何故かてこずりましたね。
すべてきっちり組み上げたのでこれからOC等も
テストがんばります。

これも永く付き合えたら幸いです (^_^)

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった28人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

noroZYXさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
2件
イヤホン・ヘッドホン
0件
2件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

PCケースに3900Xを取り付けて動かしている

Ryzen 9 3900の箱を開けたところ

お約束のタスクマネージャーでのCPU論理プロセッサ表示

   

CINEbench R15の実行結果

   

これまでRyzen 7 1700を不満なく使っていたのですが、ある処理でCPUパワー不足を感じてしまいました。

廉価もしくはコスパが良くCPUをアップグレードできないかと考え、Ryzen 7 1700よりもシングル能力が高くて、手持ちのB350マザーボードでも動く、Ryzen 3000シリーズの幾つかを検討していました。
検討の途中で、日本AMDがRyzen 9 3900X購入者に対して5,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っていることを知り、これに背中を押されてRyzen 9 3900Xの購入に至りました。
古い廉価モデルのB350のマザーボードで、ハイエンドで新しいRyzen 9 3900Xを動かすことにロマンも感じていたので…。

CPU:AMD Ryzen 9 3900X(これ)
M/B:MSI B350 TOMAHAWK
MEM:Corsair CMK16GX4M2A2666C16 8GB×2枚
グラボ:MSI Radeon RX 580 ARMOR 8G OC
SSD:crucial P1 CT1000P1SSD8JP 1TB
HDD:SEAGATE ST8000DM004 8TB
電源:オウルテック Seasonic FOCUS+ SSR-750FX(80 PLUS GOLD)
ケース:Fractal Design Define R5 Black Pearl


【処理速度】
素晴らしく速いです。
CPU交換のキッカケとなった処理はもちろん、ファイラーでのイメージファイルのサムネイル表示やMicrosoft OfficeやGoogle Chromeの起動などの常用アプリで体感できるレベルで処理速度が向上しました。
心持ちですが、Windows 10の起動も早くなった気が…。

また、以前にAMDのキャンペーンでもらった推奨環境がRyzen 9 3900X以上、Radeon RX 5700XT以上という重たいGameを持っているのですが、このGameが途中で落ちてしまう現象も解消されました。おそらく、Ryzen 7 1700では処理速度が足りなかったのでしょう。

このことと関係しているかは不明ですが、グラフィックボードを交換していないのに、CINEBENCH R15においてOpen GLのスコアーが倍増したことには驚きました。
昔のようにCPUがグラフィック処理も担当していた時代ならともかく、最近はグラフィックチップの性能が良ければCPUはソコソコのもので構わないという風潮があったので…。

また、某サイトで掲載されていたRyzen 9 3900X、X570マザーボード、DDR4-3200の環境下でのCINEBENCH 15や20のベンチマーク結果と、B350など古くて推奨環境でない当方の環境での比較で、スコアー差が-3%程で済んだことも良かったです。

とはいえ、Ryzen 7 1700でも十分問題のなかったアプリも多く、当方のPC利用では重たいゲームのプレイや動画編集などはほとんど行わないため、処理速度の向上(基本クロック数3.0→3.8GHz)や、スレッド数の増加(16→24)による恩恵を体感できる機会は少ないかもしれません。


【安定性】
安定性も高評価です。
B350のマザーボードなど推奨環境ではないため、電源を入れる時はドキドキものでしたが、あっさりとBIOSもWindowsも起動できました。
導入以降に不安定な動作になったこともありません。
まだ購入1週間なので、今後はわかりませんが…。

また、組立途中にRyzen 9 3900Xの付属以外のCPUクーラーを取り付けて遊んでいたのですが、この際に高温となりサマールスロットリングが発生しました。
しかし、処理速度は落ちたものの、PCシャットダウンやブルースクリーンになることなく普通に使えました。
このことから熱暴走の可能性も少なそうです。


【省電力性】
ここは、ややマイナスです。
直前まで使っていたRyzen 7 1700のTDP 65Wと比べると、Ryzen 9 3900XはTDP 105Wとなっており、CPUID HWMonitorでの測定値の比較でも、全体的に15〜20度ぐらい温度が上昇している感じです。なお、両者ともにリテールクーラーでの比較です。
ECOモードを使っても温度が大きく下がったとは感じませんでした。
まぁ、TDP 105Wという時点で省電力性は諦めていましたが…。

余談ですが、3900XのECOモードは65Wだと聞いていたのですが、当方の環境だとBIOSから45W、65W、95Wを選べるのですが…。
単に自分の情報不足なのか、B350 Tomahawk特有のものなのか…。


【互換性】
2017年に発売されたB350のマザーボードでもBIOSをアップデートするだけで使えることで、もう満点評価です。
これまで自作PCを何台か作りましたが、「最新のCPUへの交換 = M/Bやメモリーも交換」という状況がほとんどで、出費も激しくなりがちだったので…。

当然ですが、他のパーツとの互換性問題も発生していません。

直接関係ないけど、Ryzenが出てから数年経ち、仮想化機能を持つアプリがSVM MODEに対応していたのも地味に嬉しいです。

【総評】
処理速度や互換性においては、素晴らしいの一言です。
リテールクーラーの冷却力についても、交換前のRyzen 7 1700 65Wと比較すると減点ではありますが、Ryzen 3900XのTDPが105Wということを考えれば、アイドル時・負荷時を合わせても43〜83度で動いてるため許容範囲内です。

ただし、リテールクーラーのファンの騒音がアイドル状態でも耳障りなレベルのため、☆ひとつ減点しました。
Ryzen 7 1700+リテールクーラーの環境では、冷却力だけでなく静音の観点でも素晴らしかったので、Ryzen 9 3900Xのリテールクーラーもそれなりに静音性が良く、リテールクーラー付属ゆえにコストパフォーマンスも良いだろうと期待していたのですが...。
ただ、エアコンの音よりも小さく、ヘッドホンで音楽を聴いていれば気にならない騒音レベルです。
別の例えだと、Macbook Pro 2019やDELL製のWindowノートPCのInspiron 13などでCPU温度が上がったときに排熱するときのファンの音と比べれば、若干3900Xのリテールクーラーの方が静かかなぁ〜。逆にわかりづらい例えかな...。

なにはともあれ、自作PCでは静音性も重視しています。
リテールクーラーの騒音は残念でしたが、これを機に、冷却力が高くて静音と評価の高い空冷クーラーのnoctua NH-D15を購入する予定です。

最後にマイナス点を書きましたが、Ryzen 9 3900XにCPU交換したことに悔いはありません。
素晴らしいCPUだと思うし、マイナス点を克服するのも自作PCの楽しみなので…。

比較製品
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

shivanoaiさん

  • レビュー投稿数:45件
  • 累計支持数:95人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

プリメインアンプ
3件
10件
SSD
3件
7件
PCモニター・液晶ディスプレイ
2件
7件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性無評価
互換性無評価

Corei7 2600K →Corei7 6700K →Corei7 8700K
からのレビューです (自作は「K6」の頃からです)

【処理速度】

普通に使う分には「Corei7 8700K」と変わりませんが
(TMPGEnc Video Mastering Works7 や Authoring
Works 6 )で動画編集・エンコード・DVD作成などを
する際には、体感できるほど速くなりました。 とても
気持ちがいいです。そういう意味で、シングルスレッド
・マルチスレッド共に文句なしの処理速度です。

【安定性】

今年の1月に組んで 今のところ問題なし。この機に
今までの撮影ファイルを「Video Mastering Works7」
で「h265」に8時間連続エンコードしましたが 問題
なく終了しました。一例にすぎませんが、充分安定し
ているかと思います。

【省電力性】

 性能から考えれば問題なし(気にしない)

【互換性】

 この自作パーツの組み合わせでは問題なし

【総評】

この性能でこの価格は最高のコストパフォーマンス
ですね。久々にいいCPUだと思いました。

-------------
[システム構成]

OS Windows10 Pro 64bit

CPU Ryzen 9 3900X
CPUクーラー
ASSASSIN III DP-GS-MCH7-ASN-3
M/B MSI MPG X570 GAMING PLUS
Mem CFD DDR4 2666 16GB×2枚

VGA MSI Radeon RX 5700XT
SSD ADATA XPG SX8200 Pro (1TB)
HDD WD80EFZX [8TB 5400]
DVD HLDS BH14NS58 BL

PCCASE Define R5 (Fractal Design)
電源 V750 Semi-Modular RS750-AMAAG1-JP

キーボード Wireless Keyboard K360
マウス   M590 Multi-Device Silemt

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

アスロン馬鹿さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
34件
CPU
2件
16件
SSD
0件
7件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

先週末に、運良く店頭で購入することが出来ました。

よほど浮かれていたのか、マザーボードを箱に固定するリングと間違えて
チップセット用ファンの配線を切断してしまうという大失敗をやらかしてしまったので、ヒートシンクに薄型の6cmファンを張り付けて使用しています。

初代RYZEN(1700)の8コア16スレッドを見たときほどの感動はないけれど、やはり24分割されたタスクマネージャーは圧巻です。

CINEBENCH R20マルチの結果は7100〜7180、シングルは500前後でした。

当初CPUクーラーは無限Xをデュアルファンにして取り付けていましたが、HandBrakeでx265コーデックを使用してmp4に動画をエンコードしたところ
全コア使用率85〜95%(動作クロックは4.05GHz)で、90℃〜100℃に達してしまい、
自作人生初の簡易水冷=Corsair H100i PRO RGBに変更したところ、75℃程度に下がりました。
(もしかしたら、無限Xでもグリスの塗り方や取り付け状態をうまくやればもう少し低い温度だったかもしれません。)

Aviutlでx265のエンコードをすると数コアしか使われず、CPU使用率も10%前後しか上がりません。うーん、宝の持ち腐れ。

ちなみに、チップセットの温度は6cmファン(2000回転)を取り付けた状態で60℃〜70℃なのでこのまま使用するつもりです。

PCの構成は以下の通りです。

マザーボード   ASRock X570 Steel Legend
メモリ     G.Skill F4 3200C-8GSXKB 8㎇×2
電源 アンテック650W(型番忘れた)
クーラー     Corsair H100i PRO RGB  
グラフィックボード Palit GeForce GTX 970 JetStream(4GB)
ストレージ     サムスン960 EVO M.2(250GB、OS用)+2.5インチSSD(500GB×2、データ用)

追記です。
結局、x265のエンコードを行うとCPUの温度が85℃〜90℃に達してしまうので、液体金属グリスを使ってみましたがあまり変化がありませんでした。
UEFIを色々いじって見たところ、CPUVcore Load-Line Calibrationの設定をLEVEL3(Auto)からLevel5に変更したら
HandBrakeでのエンコードが80℃以下に収まるようになりました。
CINEBENCH R20マルチの結果は7300前後にスコアアップしたので
設定変更したためにパフォーマンスが下がったということはないようです。
※メモリをG.Skll F4-3600C19D-16GSXWBに変更しているのですが、3600ではまともに動作しなかっつたので3533で使用しています。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった13人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

すぽたんさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:393人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
24件
マザーボード
7件
1件
CPU
3件
4件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性4

再生する

製品紹介・使用例
3900X CineBench R20 結果

   

DIFFUSED IN TAIWAの文字が

   

CPU以外の構成

M/B:X570 AORUS ELITE
クーラー:SilverArrow T8
メモリー:DDR4-3000 8GBx2
ビデオ:RX570 4GB OC
ODD:BDR-208BK
SSD :960EVO 250GB(M.2)
SSD :840EVO 500GB(SATA)
HDD :WD60EZAZ-RT
電源:750W Gold
ケース :CM694 TG
*Ryzen 7 2700Xはマザーボード以外共通

【処理速度】
文句無しの速さ。

Ryzen 7 2700Xとの比較
HandBrake 1.2.2を使用してエンコードで比較

*ファイルサイズ 20GB 64分のAVCHD
*設定はFHD Fast
*最大消費電力も測定

*** Ryzen 7 2700X ***
H.264 13分53秒 239W
H.265 30分59秒 223W

*** Ryzen 9 3900X ***
H.264 9分 6秒 240W
H.265 17分42秒 225W

【安定性】
メモリにさえ気をつければ問題なし。
自分はこれで躓きました。

【省電力性】
けして省電力ではありませんが2700Xとほぼ同じです。
同じTDP105Wなので当たり前ですが、ワットパフォーマンスは驚異的です。

【互換性】
AM4なので良いはずですが、いろいろ問題もあるようです。
自分は結局X570マザー購入に至りました。

【総評】
12コアのCPUというだけで物欲を刺激され、発表時から購入を決めていました。
少々手こずりましたが動いてさえしまえば安定性も良く、発熱もTDP105Wが守られているようで普通に使えます。
今回は運良く入手できましたが、ここまでの性能を個人が必要としているのか?とも思います。
それでもメニーコアの魅力には購えず、タスクマネージャーを開くだけでニヤニヤしてしまいます。

比較製品
AMD > Ryzen 7 2700X BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった13人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

揚げないかつパンさん 殿堂入り 金メダル

  • レビュー投稿数:22件
  • 累計支持数:177人
  • ファン数:25人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
6件
4927件
CPU
2件
2183件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
1405件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

GEEK BENCH

CINEBENCH R15

CINEBENCH R20

   

メモリー速度

   

自分も3900Xを購入できたので一応結果です。

CPU:Ryzen7 2700X → Ryzen9 3900X どちらもPBO 切り
マザー:GIGABYTE AORUS X470 GAMING7 WIFI
メモリー:ark ARD4-U16G48MB-32AA-D 3533 18-18-18 1.2V → 3733 20-20-20
グラボ:MSI RX VEGA56 OC × 2(電力設定 -25%)
CPUクーラー:CRYORIG R1 Universal
その他割愛

グラフィックのベンチはFireStrike TIME SPY FF14の3種類としました。

FF14 漆黒の反逆者(FHD 最高品質) 16465 → 17564
FIRE STRIKE:添付画像の通り
TIME SPY:添付画像の通り

内容としてはFF14ベンチの内容通り同一のグラボ構成で1000ちょっと上がってます。こちらはFHDにしたのはCPUの処理を増やしたいためで、解像度をあまり上げてしまうとCPUの影響が少ないくなるのでこの辺りでやりましたが2700Xに比べてもフレームレートは上がっています。(誤差の範囲とは言い難いです)
FIRE STRIKE TIME SPYはグラフィックスコアは純然なグラフィック性能を測ってるので変わりなし、フィジカルスコアはコア数が増えてる為、速度はかなり上がります。FireStrikeのConbined TESTがCPUとグラフィックの混合テストなのでまあ、7%程度上がってますかね?

続いてCPUベンチですが
CPU-Z SINGLE 476.8 → 542.2 MULTI 4935.7 → 8196.6
GEEKBENCH SINGLE 5029 → 5655 MULTI 28894 → 44543
CINEBENCH R15 SINGLE 172CB → 200CB MULTI 1773CB → 2976CB
CINEBENCH R20 SINGLE 428pts → 497pts MULTI 4016pts → 6736pts
です。IPCに関しては周波数が良く分かってるMULTI側で計算するとR20で6736/4016=1.6773/1.5=1.118
マルチ周波数が3.95GHzと4.075GHzと計測後に確認してるので係数が1.0316になるのでこの数値で割ると8.3%程度改善されています。AMDの発表は周波数込みなのかな?15%は第1世代との比較なので第2世代との比較でこの程度出てるのでIPCはやはりかなり改善されてます。

最後にBLENDERのSTRAY SHEEPを掛けてみましたが、2700Xで35分程度でしたが21分20秒程度までは改善しました。コア数が多いので当たり前ですが、プレ処理に2分くらいかかるのでIPCも改善され連続運用にも問題ないレベルで動作します。
上記のテスト中でのCPUの温度は最大67.4℃でしたからPBO切りの状態では重量級クーラーを使用した際には温度は気にしなくて良いのかな?と思います。
また、定格でのパッケージパワーは110W前後でPBOオフではTDP105W程度で動作しているようです。

ゲームに関してはフレームレートは改善してるので、3800Xはもう少し良い感じに数値が出そうな気がします。

自分としては得手、不得手は有りますが(Infinity Fabricの仕様が第3世代から変わった感じで、どうも、バス幅を増やして周波数をメモリーの速度の半分にしたみたいな感じなので、メモリーの速度を上げないとレイテンシが気になりそうです)
メモリーの上限はまだ、分かりませんが第2世代では3600くらいでちょっと不安定な感がありましたが3733に上げても余裕な感じなので高周波メモリーを使ってレイテンシを下げる方がお勧めな感じはします。

一応、メモリーは3866 20-20-20 1.25Vでも動作したので、もう少し詰めてみたいと思います。

追記:

メモリーを4000 22-21-21 1.25Vまで上げてみました。
GEEK BENCH MULTI 46222
CINEBENCH R20 MULTI 7274
CINEBENCH R15 MULTI 3169
FF14 漆黒の反逆者 17616(上がったのかどうなのかさっぱりと言えばさっぱり。。。多分変わってない)
CPU-Z MULTI 8300前後

まで上がります。シングルは変わらないかちょっと落ちるのかな?ただ、完全なシングル状態と言うのはWIndowsでは無いので状態によるのでだいたいで良いとすれば殆ど変わらないですが、MULTI は完全に上がります。
マルチスレッドを多く活用したい人はメモリーの速度を上げると良いみたいです。

自分のメモリーではこの辺までしかテストできなかったです。

レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった28人(再レビュー後:26人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 9 3900X BOX
AMD

Ryzen 9 3900X BOX

最安価格(税込):¥57,980発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 9 3900X BOXをお気に入り製品に追加する <1365

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意