Ryzen 9 3900X BOX レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 9 3900X BOX

  • 12コア24スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.8GHzで、最大ブーストクロックは4.6GHz、TDPは105W。
  • 前世代キャッシュの最大2倍に当たるGameCacheは、メモリーのレイテンシーを低下するように設計されているため、ゲームの加速化を実現する。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされる。色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載。
Ryzen 9 3900X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥57,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥57,980

PC-IDEA Plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥57,980¥73,100 (33店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥65,780 〜 ¥65,780 (全国71店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 9 3900X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:6MB Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション

Ryzen 9 3900X BOXAMD

最安価格(税込):¥57,980 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 9 3900X BOX

Ryzen 9 3900X BOX のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.91
(カテゴリ平均:4.67
レビュー投稿数:75人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
処理速度 処理速度は速いか 4.93 4.51 8位
安定性 安定して動作するか 4.78 4.72 24位
省電力性 発熱は少ないか、バッテリを消耗しないか 4.15 4.28 31位
互換性 対応マザーボードは豊富か 4.70 4.36 10位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

Joumouさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:5人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5
 

 

 オンラインゲームを中心にPCを運用しておりましたが、cpuの力不足を感じていたため Ryzen 7 1700 からRyzen 9 3900Xへと乗り換えました。
 主にプレイするものはFPSが多く、特にRainbow 6 siegeをプレイしておりましたので1700よりも処理速度が上がれば正直どれでもよかったのですが、上のゲームはグラフィックカードの性能よりもCPUパワーが必要であると聞いたため上位ランクの9シリーズから選びました。まだ購入して日が浅いですが、現状大変満足しています。


【処理速度】5
どうしても以前のCPUとの比較はゲームの話になってしまいますが、R6Sのフレームレートは約2.5倍になりました。これだけで当初の目的は達成されました。 
 具体的には、1700では総合品質が中程度で平均FPSが130前後であったのに対し、3900xはグラフィック設定で総合品質を最高にし、ゲーム内ベンチマークを回すと平均FPSが285にまりました。
(CPU以外は無交換・システム情報は上添付画像にて)
購入する前と後でゲーム内ベンチマークシステムが少々変わってしまったのですが、最高設定が平均で240以上出るので満足です。


【安定性】5
定格運用なので何とも言えませんが、様々なベンチマークを動かしてもサクサクと数字を稼いでく入れています。ただ、最大周波数で一定時間張り付くとかなり発熱するようで、同梱のクーラーだと力不足を感じることもありました。

【省電力性】3
CPUの中でも高電力高パフォーマンスのモノなので、当たり前ですが数ある他の製品と比べると省電力性は低いかなと。
ただ、アイドル時の消費電力が1,2つ下のクラスと同程度ということは長時間電源をつけている者にとってはかなり助かります。


【互換性】4
そろそろzen3にも対応してくる新しいMBも出てくるころですが、1700で使用していたMBであるmsiのX370 gaming proをBIOS更新でそのまま利用することができたので☆4としました。


【総評】
付属のリテールクーラーは十分な冷却性能を持っているとは思いますが、ハイパフォーマンスでブン回していると発熱・騒音を感じるので、重めの設定で回す予定であれば、簡易水冷クーラー以上が欲しいところです。
上記のベンチマーク結果は他アプリ・ブラウザを開きながらでもあったので、これから色々と詰めていけばまだまだ伸びしろがあると感じました。せっかくの高性能CPUなのでこれから色々とゲームをプレイ
していきたいと思います。
 

比較製品
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった3人(再レビュー後:3人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

NANAO・Aさん

  • レビュー投稿数:17件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPUクーラー
2件
4件
ビデオキャプチャ
2件
3件
NAS(ネットワークHDD)
1件
4件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
   

シルバーグリスをバツの字に塗りました。

   

Asus X470-F Gamingにて使用。
BIOSバージョン:5406
CPUクーラー:Contac Silent 12

【処理速度】
普段遊んでいるVRゲームのフレームレートが
2700X→40fps
3900X→50fpsに向上しました。
シングルスレッド性能はかなり向上しているようです。

【安定性】
エンコード、VRゲーム等高負荷時まったく問題ありません。

【省電力性】
エアコン25℃設定での計測です。

2700Xと3900X、TDPはどちらも同じ105Wですが、
普段遊んでいるVRゲームでは、CPU使用率が
2700X→75%なのに対し
3900X→35%ほどになり
ゲーム中のCPU温度が70℃→55℃に下がりました。

またエンコ時の温度が
2700X→84℃
3900X→65℃
と大幅に下がりました。

CPUクーラーは両方とも同じで、2500円のContac Silent 12を使いました。
8コア→12コアに増えたにもかかわらず、安いクーラーでここまで冷えるのは驚きです。
しかしエアコンを使わずに使用する方は、虎徹2などの
もっと良い空冷ファンを使った方が良いと思います。

【互換性】
Asus X470-F Gamingマザーで不具合無く動いています。
Biosバージョンは5406です。

【総評】
5000ポイントのキャッシュバックキャンペーンを利用したので、実質55000円で購入しました。
2700Xの時の発熱が嘘のように無くなり、エンコードもゲームも処理速度が向上。
少々高かったですが、エンコードをしながらソフトをたくさん起動して動画配信をしたりする方には価値があるCPUだと思います。
Zen+→Zen2でこれなら、Zen3はどうなってしまうんでしょうね。

比較製品
AMD > Ryzen 7 2700X BOX
レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった6

このレビューは参考になりましたか?参考になった

noroZYXさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:28人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
2件
イヤホン・ヘッドホン
0件
2件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
1件
0件
もっと見る
満足度4
処理速度5
安定性5
省電力性3
互換性5

PCケースに3900Xを取り付けて動かしている

Ryzen 9 3900の箱を開けたところ

お約束のタスクマネージャーでのCPU論理プロセッサ表示

   

CINEbench R15の実行結果

   

これまでRyzen 7 1700を不満なく使っていたのですが、ある処理でCPUパワー不足を感じてしまいました。

廉価もしくはコスパが良くCPUをアップグレードできないかと考え、Ryzen 7 1700よりもシングル能力が高くて、手持ちのB350マザーボードでも動く、Ryzen 3000シリーズの幾つかを検討していました。
検討の途中で、日本AMDがRyzen 9 3900X購入者に対して5,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っていることを知り、これに背中を押されてRyzen 9 3900Xの購入に至りました。
古い廉価モデルのB350のマザーボードで、ハイエンドで新しいRyzen 9 3900Xを動かすことにロマンも感じていたので…。

CPU:AMD Ryzen 9 3900X(これ)
M/B:MSI B350 TOMAHAWK
MEM:Corsair CMK16GX4M2A2666C16 8GB×2枚
グラボ:MSI Radeon RX 580 ARMOR 8G OC
SSD:crucial P1 CT1000P1SSD8JP 1TB
HDD:SEAGATE ST8000DM004 8TB
電源:オウルテック Seasonic FOCUS+ SSR-750FX(80 PLUS GOLD)
ケース:Fractal Design Define R5 Black Pearl


【処理速度】
素晴らしく速いです。
CPU交換のキッカケとなった処理はもちろん、ファイラーでのイメージファイルのサムネイル表示やMicrosoft OfficeやGoogle Chromeの起動などの常用アプリで体感できるレベルで処理速度が向上しました。
心持ちですが、Windows 10の起動も早くなった気が…。

また、以前にAMDのキャンペーンでもらった推奨環境がRyzen 9 3900X以上、Radeon RX 5700XT以上という重たいGameを持っているのですが、このGameが途中で落ちてしまう現象も解消されました。おそらく、Ryzen 7 1700では処理速度が足りなかったのでしょう。

このことと関係しているかは不明ですが、グラフィックボードを交換していないのに、CINEBENCH R15においてOpen GLのスコアーが倍増したことには驚きました。
昔のようにCPUがグラフィック処理も担当していた時代ならともかく、最近はグラフィックチップの性能が良ければCPUはソコソコのもので構わないという風潮があったので…。

また、某サイトで掲載されていたRyzen 9 3900X、X570マザーボード、DDR4-3200の環境下でのCINEBENCH 15や20のベンチマーク結果と、B350など古くて推奨環境でない当方の環境での比較で、スコアー差が-3%程で済んだことも良かったです。

とはいえ、Ryzen 7 1700でも十分問題のなかったアプリも多く、当方のPC利用では重たいゲームのプレイや動画編集などはほとんど行わないため、処理速度の向上(基本クロック数3.0→3.8GHz)や、スレッド数の増加(16→24)による恩恵を体感できる機会は少ないかもしれません。


【安定性】
安定性も高評価です。
B350のマザーボードなど推奨環境ではないため、電源を入れる時はドキドキものでしたが、あっさりとBIOSもWindowsも起動できました。
導入以降に不安定な動作になったこともありません。
まだ購入1週間なので、今後はわかりませんが…。

また、組立途中にRyzen 9 3900Xの付属以外のCPUクーラーを取り付けて遊んでいたのですが、この際に高温となりサマールスロットリングが発生しました。
しかし、処理速度は落ちたものの、PCシャットダウンやブルースクリーンになることなく普通に使えました。
このことから熱暴走の可能性も少なそうです。


【省電力性】
ここは、ややマイナスです。
直前まで使っていたRyzen 7 1700のTDP 65Wと比べると、Ryzen 9 3900XはTDP 105Wとなっており、CPUID HWMonitorでの測定値の比較でも、全体的に15〜20度ぐらい温度が上昇している感じです。なお、両者ともにリテールクーラーでの比較です。
ECOモードを使っても温度が大きく下がったとは感じませんでした。
まぁ、TDP 105Wという時点で省電力性は諦めていましたが…。

余談ですが、3900XのECOモードは65Wだと聞いていたのですが、当方の環境だとBIOSから45W、65W、95Wを選べるのですが…。
単に自分の情報不足なのか、B350 Tomahawk特有のものなのか…。


【互換性】
2017年に発売されたB350のマザーボードでもBIOSをアップデートするだけで使えることで、もう満点評価です。
これまで自作PCを何台か作りましたが、「最新のCPUへの交換 = M/Bやメモリーも交換」という状況がほとんどで、出費も激しくなりがちだったので…。

当然ですが、他のパーツとの互換性問題も発生していません。

直接関係ないけど、Ryzenが出てから数年経ち、仮想化機能を持つアプリがSVM MODEに対応していたのも地味に嬉しいです。

【総評】
処理速度や互換性においては、素晴らしいの一言です。
リテールクーラーの冷却力についても、交換前のRyzen 7 1700 65Wと比較すると減点ではありますが、Ryzen 3900XのTDPが105Wということを考えれば、アイドル時・負荷時を合わせても43〜83度で動いてるため許容範囲内です。

ただし、リテールクーラーのファンの騒音がアイドル状態でも耳障りなレベルのため、☆ひとつ減点しました。
Ryzen 7 1700+リテールクーラーの環境では、冷却力だけでなく静音の観点でも素晴らしかったので、Ryzen 9 3900Xのリテールクーラーもそれなりに静音性が良く、リテールクーラー付属ゆえにコストパフォーマンスも良いだろうと期待していたのですが...。
ただ、エアコンの音よりも小さく、ヘッドホンで音楽を聴いていれば気にならない騒音レベルです。
別の例えだと、Macbook Pro 2019やDELL製のWindowノートPCのInspiron 13などでCPU温度が上がったときに排熱するときのファンの音と比べれば、若干3900Xのリテールクーラーの方が静かかなぁ〜。逆にわかりづらい例えかな...。

なにはともあれ、自作PCでは静音性も重視しています。
リテールクーラーの騒音は残念でしたが、これを機に、冷却力が高くて静音と評価の高い空冷クーラーのnoctua NH-D15を購入する予定です。

最後にマイナス点を書きましたが、Ryzen 9 3900XにCPU交換したことに悔いはありません。
素晴らしいCPUだと思うし、マイナス点を克服するのも自作PCの楽しみなので…。

比較製品
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

tien3さん

  • レビュー投稿数:50件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
6件
0件
レンズフィルター
6件
0件
イヤホン・ヘッドホン
5件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性3
省電力性5
互換性5

【処理速度】
処理性能はRYZEN7 1700より明らかにいいです。
【安定性】
常用は4.00GHzくらいが安定で4.7GHz固定は無理でした。
【省電力性】
いいですね
【互換性】
X370のマザーボードで使っていますが不通に使えてます。
【総評】
買ってよかったと思います。
4.7GHzで固定できなかったのが少し心残りですね。

比較製品
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

空好きさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
7件
マザーボード
0件
5件
CPUクーラー
0件
4件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5

初期設定時CinebenchR15計測結果

初期設定時CinebenchR20計測結果

設定後時CinebenchR15計測結果

エンコード中のRyzenMasterの状況

FHD解像度H265エンコード中HWiNFOの状況1

FHD解像度H265エンコード中HWiNFOの状況2

【構成】
CPU :Ryzen9 3900X (本商品)
CPUクーラー:Corsair H110i
メモリ:G.SKILL F4-3600C16D-16GVK(8GBx4)
M/B:ASUS ROG STRIX X370-F GAMING BIOSバージョン:5220 (AGESA:1.0.0.3ABBA)
SSD: PLEXTOR M8Pe PX-1TM8PeG
電源:Seasonic G Series 750W SSR-750RMS

12月06日にドスパラ通販で65610円で購入。もともとRyzen7 1700をAllcore3.8GhzにOCして使用していたのですがRyzen 9 3900Xに交換することでシングルスレット性能が向上して、マルチスレッド性能がほぼ倍になると思われたので今回奮発して交換してみました。マザーボードはX370チップセット搭載のASUS ROG STRIX X370-Fを引き続き使用しています。

【処理速度】
取り付け直後の定格状態でCinebenchR15でシングルは206・マルチ3113(画像あり)で、シングルは必要十分、マルチは一般用途ではやや過剰とも言える素晴らしい性能です。下記安定性の項目に書いてある設定値で計測したところ、シングル209・マルチ3241(画像あり)まで上げられました。H265エンコード中はCPU使用率70%前後で動作周波数はRyzenMaster読み(画像あり)で大体どのコアも4.15Ghz前後でした。CinebenchR15でシングルスレッドの計測をしたときは4.55Ghzまで上がったことを確認できました。それとコア数が増えたせいか、動作周波数が上がったせいか、L3キャッシュ容量が初期XPを起動できそうなくらいあるせいかはわかりませんが、Chromeの反応速度が早くなった気がします、なんというか本当にサーバーの通信処理以外はミリ秒単位の時間で処理が終わる感じになったというか・・・もう回線速度以外には縛られていない感覚というか。1700の時点でも8コア/16スレッド3.8Ghzだったのでそこからさらにブラウザの反応速度が上がるとは思いませんでした。

【安定性】
前に使用していたRyzen7 1700はメモリーの相性やその他不安定要因が割と多いCPUでしたが、今回のRyzen9 3900Xはそれと比べると信じられないほど安定しています。軽く確認しただけですが、1700はメモリークロック3200Mhzがやっとという感じでしたが、CPU以外は同じ構成で3900Xでは3866Mhzまで回ることを確認しました。現在はメモリークロック3600Mhz(アクセスタイミング16-16-16-36)、PBO有効PTT180W、TDC120A、EDC135Aで安定して使用出来ています。EDCはなぜか上げすぎると逆にターボが効きにくくなる謎現象あり。TDC+15Aくらいが私の環境では一番性能が出ました。

【省電力性】
性能の割にはおとなしめと言えますが、PBOを有効にしてCinebenchR15マルチを実行するとHWiNFO読みでCPU Package Powerが190W〜200Wと割と大食いでアイドリング時消費電力も40W〜50Wとわりと高めです。この辺はPBOを無効にしたりエコモードを有効にしたりするとかなりおとなしくなるらしいです。(未確認)

【互換性】
二世代前のチップセットであるX370を搭載しているマザーボードでもなんの問題も無く使用できています。PBOの発動や全体的な安定性にも全く問題はなし。

【総評】
全体的な製品の出来が素晴らしいです。私にとってこれ以上ないほど良いCPUですが一般用途には性能がやや過剰かもしれません。ほとんどのソフトが12コア/24スレッドの環境に最適化されていないので、いまいちCPU性能を使い切ってくれない傾向にあります。性能を使い切ってくれるのは私が普段行うことでは今の所ベンチマークの実行中と、録画&ブラウザ数十タブ起動しながらのバトルフィールド5のロード中の一瞬と、エンコードを2つ並列で行っているときくらいです。機械学習や大量の動画ファイルのエンコードなどかなり重い処理を日常的に行っているか、かなりマルチタスク気味の人(ゲームを2つ同時起動しながら録画や通話をしつつブラウジング、裏でテレビ録画が4つくらい動いてる)などでなければ、コスパおばけのRyzen5 3600の方を買って浮いた分の予算で良いSSDかメモリー容量を増設した構成のほうが日常作業では使い勝手が良いかもです。

比較製品
AMD > Ryzen 5 3600 BOX
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった7人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

すぽたんさん

  • レビュー投稿数:60件
  • 累計支持数:393人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
24件
マザーボード
7件
1件
CPU
3件
4件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性4

再生する

製品紹介・使用例
3900X CineBench R20 結果

   

DIFFUSED IN TAIWAの文字が

   

CPU以外の構成

M/B:X570 AORUS ELITE
クーラー:SilverArrow T8
メモリー:DDR4-3000 8GBx2
ビデオ:RX570 4GB OC
ODD:BDR-208BK
SSD :960EVO 250GB(M.2)
SSD :840EVO 500GB(SATA)
HDD :WD60EZAZ-RT
電源:750W Gold
ケース :CM694 TG
*Ryzen 7 2700Xはマザーボード以外共通

【処理速度】
文句無しの速さ。

Ryzen 7 2700Xとの比較
HandBrake 1.2.2を使用してエンコードで比較

*ファイルサイズ 20GB 64分のAVCHD
*設定はFHD Fast
*最大消費電力も測定

*** Ryzen 7 2700X ***
H.264 13分53秒 239W
H.265 30分59秒 223W

*** Ryzen 9 3900X ***
H.264 9分 6秒 240W
H.265 17分42秒 225W

【安定性】
メモリにさえ気をつければ問題なし。
自分はこれで躓きました。

【省電力性】
けして省電力ではありませんが2700Xとほぼ同じです。
同じTDP105Wなので当たり前ですが、ワットパフォーマンスは驚異的です。

【互換性】
AM4なので良いはずですが、いろいろ問題もあるようです。
自分は結局X570マザー購入に至りました。

【総評】
12コアのCPUというだけで物欲を刺激され、発表時から購入を決めていました。
少々手こずりましたが動いてさえしまえば安定性も良く、発熱もTDP105Wが守られているようで普通に使えます。
今回は運良く入手できましたが、ここまでの性能を個人が必要としているのか?とも思います。
それでもメニーコアの魅力には購えず、タスクマネージャーを開くだけでニヤニヤしてしまいます。

比較製品
AMD > Ryzen 7 2700X BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
その他

参考になった13人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 9 3900X BOX
AMD

Ryzen 9 3900X BOX

最安価格(税込):¥57,980発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 9 3900X BOXをお気に入り製品に追加する <1365

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意