『X370搭載マザーで使用中、安定していて良い感じです。』 AMD Ryzen 9 3900X BOX 空好きさんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 9 3900X BOX

  • 12コア24スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.8GHzで、最大ブーストクロックは4.6GHz、TDPは105W。
  • 前世代キャッシュの最大2倍に当たるGameCacheは、メモリーのレイテンシーを低下するように設計されているため、ゲームの加速化を実現する。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされる。色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載。
Ryzen 9 3900X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥59,986

(前週比:+986円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥60,800

PC-IDEA Plus

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,986〜¥73,090 (33店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥65,780 〜 ¥65,780 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 9 3900X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:6MB Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション

Ryzen 9 3900X BOXAMD

最安価格(税込):¥59,986 (前週比:+986円↑) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 9 3900X BOX

『X370搭載マザーで使用中、安定していて良い感じです。』 空好きさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:4人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
7件
マザーボード
0件
5件
CPUクーラー
0件
4件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
X370搭載マザーで使用中、安定していて良い感じです。

初期設定時CinebenchR15計測結果

初期設定時CinebenchR20計測結果

設定後時CinebenchR15計測結果

エンコード中のRyzenMasterの状況

FHD解像度H265エンコード中HWiNFOの状況1

FHD解像度H265エンコード中HWiNFOの状況2

【構成】
CPU :Ryzen9 3900X (本商品)
CPUクーラー:Corsair H110i
メモリ:G.SKILL F4-3600C16D-16GVK(8GBx4)
M/B:ASUS ROG STRIX X370-F GAMING BIOSバージョン:5220 (AGESA:1.0.0.3ABBA)
SSD: PLEXTOR M8Pe PX-1TM8PeG
電源:Seasonic G Series 750W SSR-750RMS

12月06日にドスパラ通販で65610円で購入。もともとRyzen7 1700をAllcore3.8GhzにOCして使用していたのですがRyzen 9 3900Xに交換することでシングルスレット性能が向上して、マルチスレッド性能がほぼ倍になると思われたので今回奮発して交換してみました。マザーボードはX370チップセット搭載のASUS ROG STRIX X370-Fを引き続き使用しています。

【処理速度】
取り付け直後の定格状態でCinebenchR15でシングルは206・マルチ3113(画像あり)で、シングルは必要十分、マルチは一般用途ではやや過剰とも言える素晴らしい性能です。下記安定性の項目に書いてある設定値で計測したところ、シングル209・マルチ3241(画像あり)まで上げられました。H265エンコード中はCPU使用率70%前後で動作周波数はRyzenMaster読み(画像あり)で大体どのコアも4.15Ghz前後でした。CinebenchR15でシングルスレッドの計測をしたときは4.55Ghzまで上がったことを確認できました。それとコア数が増えたせいか、動作周波数が上がったせいか、L3キャッシュ容量が初期XPを起動できそうなくらいあるせいかはわかりませんが、Chromeの反応速度が早くなった気がします、なんというか本当にサーバーの通信処理以外はミリ秒単位の時間で処理が終わる感じになったというか・・・もう回線速度以外には縛られていない感覚というか。1700の時点でも8コア/16スレッド3.8Ghzだったのでそこからさらにブラウザの反応速度が上がるとは思いませんでした。

【安定性】
前に使用していたRyzen7 1700はメモリーの相性やその他不安定要因が割と多いCPUでしたが、今回のRyzen9 3900Xはそれと比べると信じられないほど安定しています。軽く確認しただけですが、1700はメモリークロック3200Mhzがやっとという感じでしたが、CPU以外は同じ構成で3900Xでは3866Mhzまで回ることを確認しました。現在はメモリークロック3600Mhz(アクセスタイミング16-16-16-36)、PBO有効PTT180W、TDC120A、EDC135Aで安定して使用出来ています。EDCはなぜか上げすぎると逆にターボが効きにくくなる謎現象あり。TDC+15Aくらいが私の環境では一番性能が出ました。

【省電力性】
性能の割にはおとなしめと言えますが、PBOを有効にしてCinebenchR15マルチを実行するとHWiNFO読みでCPU Package Powerが190W〜200Wと割と大食いでアイドリング時消費電力も40W〜50Wとわりと高めです。この辺はPBOを無効にしたりエコモードを有効にしたりするとかなりおとなしくなるらしいです。(未確認)

【互換性】
二世代前のチップセットであるX370を搭載しているマザーボードでもなんの問題も無く使用できています。PBOの発動や全体的な安定性にも全く問題はなし。

【総評】
全体的な製品の出来が素晴らしいです。私にとってこれ以上ないほど良いCPUですが一般用途には性能がやや過剰かもしれません。ほとんどのソフトが12コア/24スレッドの環境に最適化されていないので、いまいちCPU性能を使い切ってくれない傾向にあります。性能を使い切ってくれるのは私が普段行うことでは今の所ベンチマークの実行中と、録画&ブラウザ数十タブ起動しながらのバトルフィールド5のロード中の一瞬と、エンコードを2つ並列で行っているときくらいです。機械学習や大量の動画ファイルのエンコードなどかなり重い処理を日常的に行っているか、かなりマルチタスク気味の人(ゲームを2つ同時起動しながら録画や通話をしつつブラウジング、裏でテレビ録画が4つくらい動いてる)などでなければ、コスパおばけのRyzen5 3600の方を買って浮いた分の予算で良いSSDかメモリー容量を増設した構成のほうが日常作業では使い勝手が良いかもです。

比較製品
AMD > Ryzen 5 3600 BOX
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった4人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
X370搭載マザーで使用中、安定していて良い感じです。

【構成】
CPU :Ryzen9 3900X (本品)
CPUクーラー:Corsair H110i
メモリ:G.SKILL F4-3600C16D-16GVK(8GBx4)
マザーボード:ASUS ROG STRIX X370-F GAMING :BIOSバージョン:5220 (AGESA 1.0.0.3ABBA)
SSD1: PLEXTOR M8Pe PX-1TM8PeG (起動ドライブ)
電源:Seasonic G Series 750W SSR-750RMS


12月06日にドスパラ通販で65610円で購入。もともとRyzen7 1700をAllcore3.8GhzにOCして使用していたのですがRyzen 9 3900Xに交換することでシングルスレット性能が向上して、マルチスレッド性能がほぼ倍になると思われたので今回奮発して交換してみました。マザーボードはX370チップセット搭載のASUS ROG STRIX X370-Fを引き続き使用しています。


【処理速度】
取り付け直後の定格状態でCinebenchR15でシングルは206・マルチ3113(画像あり)で、シングルは必要十分、マルチは一般用途ではやや過剰とも言える素晴らしい性能です。下記安定性の項目に書いてある設定値で計測したところ、シングル209・マルチ3241(画像あり)まで上げられました。H265エンコード中はCPU使用率70%前後で動作周波数はRyzenMaster読み(画像あり)で大体どのコアも4.15Ghz前後でした。CinebenchR15でシングルスレッドの計測をしたときは4.55Ghzまで上がったことを確認できました。それとコア数が増えたせいか、動作周波数が上がったせいか、L3キャッシュ容量が初期XPを起動できそうなくらいあるせいかはわかりませんが、Chromeの反応速度が早くなった気がします、なんというか本当にサーバーの通信処理以外はミリ秒単位の時間で処理が終わる感じになったというか・・・もう回線速度以外には縛られていない感覚というか。1700の時点でも8コア/16スレッド3.8Ghzだったのでそこからさらにブラウザの反応速度が上がるとは思いませんでした。

【安定性】
前に使用していたRyzen7 1700はメモリーの相性やその他不安定要因が割と多いCPUでしたが、今回のRyzen9 3900Xはそれと比べると信じられないほど安定しています。軽く確認しただけですが、1700はメモリークロック3200Mhzがやっとという感じでしたが、CPU以外は同じ構成で3900Xでは3866Mhzまで回ることを確認しました。現在はメモリークロック3600Mhz(アクセスタイミング16-16-16-36)、PBO有効PTT180W、TDC120A、EDC135Aで安定して使用出来ています。EDCはなぜか上げすぎると逆にターボが効きにくくなる謎現象あり。TDC+15Aくらいが私の環境では一番性能が出ました。

【省電力性】
性能の割にはおとなしめと言えますが、PBOを有効にしてCinebenchR15マルチを実行するとHWiNFO読みでCPU Package Powerが190W〜200Wと割と大食いでアイドリング時消費電力も40W〜50Wとわりと高めです。この辺はPBOを無効にしたりエコモードを有効にしたりするとかなりおとなしくなるらしいです。(未検証)

【互換性】
二世代前のチップセットであるX370を搭載しているマザーボードでもなんの問題も無く使用できています。PBOの発動や全体的な安定性にも全く問題はなし。


【総評】
全体的な製品の出来が素晴らしいです。私にとってこれ以上ないほど良いCPUですが一般用途には性能がやや過剰かもしれません。ほとんどのソフトが12コア/24スレッドの環境に最適化されていないので、いまいちCPU性能を使い切ってくれない傾向にあります。性能を使い切ってくれるのは私が普段行うことでは今の所ベンチマークの実行中と、録画&ブラウザ数十タブ起動しながらのバトルフィールド5のロード中の一瞬と、エンコードを2つ並列で行っているときくらいです。機械学習や大量の動画ファイルのエンコードなどかなり重い処理を日常的に行っているか、かなりマルチタスク気味の人(ゲームを2つ同時起動しながら録画や通話をしつつブラウジング、裏でテレビ録画が4つくらい動いてる)などでなければ、コスパおばけのRyzen5 3600の方を買って浮いた分の予算で良いSSDかメモリー容量を増設した構成のほうが日常作業では使い勝手が良いかもです。

比較製品
AMD > Ryzen 5 3600 BOX
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
X370搭載マザーで使用中、安定していて良い感じです。

初期設定時CinebenchR15計測結果

初期設定時CinebenchR20計測結果

設定後時CinebenchR15計測結果

エンコード中のRyzenMasterの状況

FHD解像度H265エンコード中HWiNFOの状況1

FHD解像度H265エンコード中HWiNFOの状況2

【構成】
CPU :Ryzen9 3900X (本品)
CPUクーラー:Corsair H110i
メモリ:G.SKILL F4-3600C16D-16GVK(8GBx4)
マザーボード:ASUS ROG STRIX X370-F GAMING :BIOSバージョン:5220 (AGESA 1.0.0.3ABBA)
SSD1: PLEXTOR M8Pe PX-1TM8PeG (起動ドライブ)
電源:Seasonic G Series 750W SSR-750RMS

12月06日にドスパラ通販で65610円で購入。もともとRyzen7 1700をAllcore3.8GhzにOCして使用していたのですがRyzen 9 3900Xに交換することでシングルスレット性能が向上して、マルチスレッド性能がほぼ倍になると思われたので今回奮発して交換してみました。マザーボードはX370チップセット搭載のASUS ROG STRIX X370-Fを引き続き使用しています。


【処理速度】
取り付け直後の定格状態でCinebenchR15でシングルは206・マルチ3113で、シングルは必要十分、マルチは一般用途ではやや過剰とも言える素晴らしい性能です。下記安定性の項目に書いてある設定値で計測したところ、シングル209、マルチ3241まで上げられました。H265エンコード中はCPU使用率70%前後で動作周波数はRyzenMaster読みで大体どのコアも4.15Ghz前後でした。CinebenchR15でシングルスレッド処理をしたときは4.55Ghzまで上がったことを確認できました。

【安定性】
前に使用していたRyzen7 1700はメモリーの相性やその他不安定要因が割と多いCPUでしたが、今回のRyzen9 3900Xはそれと比べると信じられないほど安定しています。軽く確認しただけですが、1700はメモリークロック3200Mhzがやっとという感じでしたが、CPU以外は同じ構成で3900Xでは3866Mhzまで回ることを確認しました。現在はメモリークロック3600Mhz(アクセスタイミング16-16-16-36)、PBO有効PTT180W、TDC120A、EDC135Aで安定して使用出来ています。EDCはなぜか上げすぎると逆にターボが効きにくくなる謎現象あり。TDC+15Aくらいが私の環境では一番性能が出ました。

【省電力性】
性能の割にはおとなしめと言えますが、PBOを有効にしてCinebenchR15マルチを実行するとHWiNFO読みでCPU Package Powerが190W〜200Wと割と大食いでアイドリング時消費電力も40W〜50Wとわりと高めです。この辺はPBOを無効にしたりエコモードを有効にしたりするとかなりおとなしくなるらしいです。(未検証)

【互換性】
二世代前のチップセットであるX370を搭載しているマザーボードでもなんの問題も無く使用できています。PBOの発動や全体的な安定性にも全く問題はなし。


【総評】
全体的な製品の出来が素晴らしいです。私にとってこれ以上ないほど良いCPUですが一般用途には性能がやや過剰かもしれません。ほとんどのソフトが12コア/24スレッドの環境に最適化されていないので、いまいちCPU性能を使い切ってくれない傾向にあります。性能を使い切ってくれるのは私が普段行うことでは今の所ベンチマークの実行中と、録画&ブラウザ数十タブ起動しながらのバトルフィールド5のロード中の一瞬と、エンコードを2つ並列で行っているときくらいです。機械学習や大量の動画ファイルのエンコードなどかなり重い処理を日常的に行っているか、かなりマルチタスク気味の人(ゲームを2つ同時起動しながら録画や通話をしつつブラウジング、裏でテレビ録画が4つくらい動いてる)などでなければ、コスパおばけのRyzen5 3600の方を買って浮いた分の予算で良いSSDかメモリー容量を増設した構成のほうが日常作業では使い勝手が良いかもです。

比較製品
AMD > Ryzen 5 3600 BOX
AMD > Ryzen 7 1700 BOX
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 9 3900X BOX」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
Ryzenはすごいですね  5 2020年4月1日 21:36
AMD意地のハイエンド  5 2020年2月13日 18:56
控えめに言って最高です♪  5 2020年2月12日 21:41
RYZEN1700 からのアップグレード  5 2020年2月3日 23:44
素晴らしいとしか言い様なし  5 2020年1月14日 12:29
マザーのレビューのついで  5 2019年12月31日 10:52
ECOモードでも全然使えます  5 2019年12月20日 00:24
プレミア価格が落ち着いたので  5 2019年12月14日 20:56
X370搭載マザーで使用中、安定していて良い感じです。  5 2019年12月14日 06:58
今までintelばかり使用していましたが。  5 2019年12月11日 14:56

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを見る(レビュアー数:29人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 9 3900X BOX
AMD

Ryzen 9 3900X BOX

最安価格(税込):¥59,986発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 9 3900X BOXをお気に入り製品に追加する <969

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意