『圧倒的なパフォーマンスなのに発熱と消費電力は抑えめ素晴らしい』 AMD Ryzen 9 3900X BOX sakki-noさんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 9 3900X BOX

  • 12コア24スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.8GHzで、最大ブーストクロックは4.6GHz、TDPは105W。
  • 前世代キャッシュの最大2倍に当たるGameCacheは、メモリーのレイテンシーを低下するように設計されているため、ゲームの加速化を実現する。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされる。色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載。
Ryzen 9 3900X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥64,980

(前週比:-769円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥64,980

PC-IDEA Plus

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥64,980〜¥75,670 (27店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥65,780 〜 ¥65,780 (全国74店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 9 3900X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:6MB Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション

Ryzen 9 3900X BOXAMD

最安価格(税込):¥64,980 (前週比:-769円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 9 3900X BOX

『圧倒的なパフォーマンスなのに発熱と消費電力は抑えめ素晴らしい』 sakki-noさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:48件
  • 累計支持数:467人
  • ファン数:31人

よく投稿するカテゴリ

CPU
5件
1083件
マザーボード
2件
634件
グラフィックボード・ビデオカード
7件
576件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性5
互換性5
圧倒的なパフォーマンスなのに発熱と消費電力は抑えめ素晴らしい

CBR Offset -0,1V

BlenderBenchmark Offset -0.1V

FireStrike&TimeSpy

FF-XV

FF-XIV

Blender実行中 Offse -0.1125 LLC Lvel.1 室温30℃

前世代から比べ飛躍的な性能向上を果たしたRyzen3000シリーズの中にあって、8月現在では最上位に君臨し、3000シリーズでは1・2を争うバランスの良さで大人気の3900Xが無事購入できましたので、先に入手していた3800Xとの比較をまじえてレビューしていきたいと思います。

【構成】
Ryzen 7 3900X
ASUS ROG STRIX X570-F GAMING(BIOS Ver.1005)
G.Skill F4-3733C17D-16GTZA(3600MHz 16-16-16-36で動作)
ASUS ROG-STRIX-RTX2080
crucial P1 CT1000P1SSD8JP
Corsair H110i
Thermalright TF8 Thermal Paste(熱伝導率:13.8W/m-k)
Thermaltake Toughpower Grand RGB 850W Gold
LIAN LI LANCOOL ONE

◆◇パフォーマンスチェック◇◆

まずはじめに主にマルチスレッド性能のチェックになります。

【CINEBENCH R15】
       Multi / Single
3900X 3166cb / 209cb
3800K 2219cb / 208cb
9900K 2073cb / 220cb ※参考

【CINEBENCH R20】
       Multi / Single
3900X 7173pts/ 514pts
3800X 5057pts/ 514pts
9900K 4931pts/ 506pts ※参考

【BlenderBenchmark】
3900X 10:50:51
3800X 15:36:11
9900K 15:21:56 ※参考

【HandBrakeによるエンコード】1080p Preset=Fast
      H.264 / H.265
3900X 152FPS / 50FPS
3800X 114FPS / 50FPS
9900K 105FPS / 55FPS ※参考

3800Xに対してコア数が1.5倍の3900Xですが、CBR15では42.6%、CBR20では41.8%、BlenderBenchでは44%と概ね40%以上3800Xを上回るパフォーマンスで、フルロード時の周波数が3900Xの方が若干低いことを考慮すれば妥当な結果と言えると思います。

H.264エンコードでは3800Xに対して33%のアップにとどまっているのは、恐らくHandBrakeが12コアに対応していないからだと思います。また、H.265においては3800Xと同じ結果になった原因は残念ながら私にはわかりません。

続いてゲーム性能のチェックです。

【FireStrike】
      Total /Graphics/Physics/Combined
3900X 23325 / 26007 / 29646 / 11145
3800X 23916 / 27326 / 24908 / 11985
9900K 23930 / 27510 / 26400 / 11309 ※参考

【TimeSpy】
      Total /Graphics/ CPU
3900X 11348 / 11242 / 11991
3800X 11068 / 11250 / 10139
9900K 11346 / 11228 / 12072 ※参考

【Final Fantasy XV】
      1080p / 1440p
3900X 11014 / 8211
3800X 10822 / 8244
9900K 11101 / 8380 ※参考

【Final Fantasy XIV】
      1080p / 1440p
3900X 18976 / 16731
3800X 19685 / 16882
9900K 22019 / 17980※参考

FireStrikeのGraphicsスコアが若干3800Xを下回っている以外では、TimeSpyにおいてもFF-XVにおいてもほぼ3800Xと同等の結果になりました。

個人的に一番気になるFF-XIVの1080pのスコアでは3800Xよりも約4%ほど下回まわったので、この辺が一番3800Xと3900Xのゲーム性能の差が強調されているところだと思います。

◆◇発熱や挙動について◇◆

【発熱や電圧や消費電力など】
Autoでのフルロード時の周波数/電圧/消費電力は概ね4.05GHz/1.304V/145W位で、CPU温度は室温26℃でMax70℃となっており、発熱に関しては3800Xとほぼ同じくらいです。

ただし、電圧調整に伴う挙動は3800Xと異なっていました。
3800Xでは電圧を下げるとフルロード時の動作周波数が下がってしまいパフォーマンスも低下しますが、結果温度や消費電力や発熱が下がると言った挙動を見せていました。

ところが3900Xで試しに電圧をマイナスOffsetに設定してみたところ、逆にAuto時よりも動作周波数がほんの僅かですが上昇し、その結果ベンチのスコアがAuto時よりも上がりそれでいて電圧や消費電力及び発熱が若干下がるといった結果になりました。

          周波数 / 電圧 / 消費電力 / 温度
Auto      4.05GHz / 1.304V / 145W /70℃
Offset -0.1V 4.08GHz / 1.264V / 135W /68℃

ベンチマークスコア
         CBR15 / CBR20 / BlenderBench
Auto      3166cb / 7173pts / 10:50:51
Offset -0.1V 3187cb / 7271pts / 10:46:54

まあ、誤差の範囲と言えなくもない差ではありますが、少なくとも3800Xでは電圧を下げると明らかにパフォーマンスが落ちたのに対し、3900Xではそれが起きないことははっきり言えると思います。
これについてはRyzenMaster(ソフトじゃないよ)の揚げないかつパンさんより以下のコメントをいただいております。

「オフセット電圧の件ですが、TDPを下げてるわけでは無いので電圧を下げた結果、TDPに余裕が出来て逆に周波数が上がったと考えます。シングルに比べて落ち込みが少ないのか1チプレット辺りのコア数が少ないのでTDPに余裕が出やすいのか、どちらにしても検証悔過としては自分のもほぼ近い結果となっています。」

-電圧設定追記-

最終的に以下のように電圧設定をしました

Offset = -0.1V → -0.1125V
LLC = Auto → Level.1

BlenderBenchmarkを回したときの周波数は概ね4.08GHzでVcoreは1.24Vに下がり、CPU Package Powerは131WほどでCPU温度は室温30℃で70℃位でした。CPU温度が室温+40℃であれば夏場でも安心して使えますね。

◆◇まとめ◇◆

Zen2の大本命のこの3900Xは当たり前のことですが3800Xに比べマルチスレッド性能は大幅に上回っており、フルロード時の消費電力は3800Xの120Wに比べ調整次第では約130Wと僅かに高いだけとワットパフォーマンスも素晴らしく高いのに加え、ゲーム性
能でもそれほど3800Xと遜色がないので(FF-XIVではちょっと差が出ましたが)、どのような用途においても高い次元で対応できるCPUだと思います。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった31

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Ryzen 9 3900X BOX」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 9 3900X BOX
AMD

Ryzen 9 3900X BOX

最安価格(税込):¥64,980発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 9 3900X BOXをお気に入り製品に追加する <796

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意