『12コア! 使い道が…。』 AMD Ryzen 9 3900X BOX アスロン馬鹿さんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 9 3900X BOX

  • 12コア24スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.8GHzで、最大ブーストクロックは4.6GHz、TDPは105W。
  • 前世代キャッシュの最大2倍に当たるGameCacheは、メモリーのレイテンシーを低下するように設計されているため、ゲームの加速化を実現する。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされる。色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載。
Ryzen 9 3900X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥65,749

(前週比:-31円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥65,750

PC-IDEA Plus

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥65,749〜¥78,800 (19店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥65,780 〜 ¥65,780 (全国66店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 9 3900X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:6MB Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション

Ryzen 9 3900X BOXAMD

最安価格(税込):¥65,749 (前週比:-31円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 9 3900X BOX

『12コア! 使い道が…。』 アスロン馬鹿さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:13人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
0件
34件
CPU
2件
16件
SSD
0件
7件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
12コア! 使い道が…。

先週末に、運良く店頭で購入することが出来ました。

よほど浮かれていたのか、マザーボードを箱に固定するリングと間違えて
チップセット用ファンの配線を切断してしまうという大失敗をやらかしてしまったので、ヒートシンクに薄型の6cmファンを張り付けて使用しています。

初代RYZEN(1700)の8コア16スレッドを見たときほどの感動はないけれど、やはり24分割されたタスクマネージャーは圧巻です。

CINEBENCH R20マルチの結果は7100〜7180、シングルは500前後でした。

当初CPUクーラーは無限Xをデュアルファンにして取り付けていましたが、HandBrakeでx265コーデックを使用してmp4に動画をエンコードしたところ
全コア使用率85〜95%(動作クロックは4.05GHz)で、90℃〜100℃に達してしまい、
自作人生初の簡易水冷=Corsair H100i PRO RGBに変更したところ、75℃程度に下がりました。
(もしかしたら、無限Xでもグリスの塗り方や取り付け状態をうまくやればもう少し低い温度だったかもしれません。)

Aviutlでx265のエンコードをすると数コアしか使われず、CPU使用率も10%前後しか上がりません。うーん、宝の持ち腐れ。

ちなみに、チップセットの温度は6cmファン(2000回転)を取り付けた状態で60℃〜70℃なのでこのまま使用するつもりです。

PCの構成は以下の通りです。

マザーボード   ASRock X570 Steel Legend
メモリ     G.Skill F4 3200C-8GSXKB 8㎇×2
電源 アンテック650W(型番忘れた)
クーラー     Corsair H100i PRO RGB  
グラフィックボード Palit GeForce GTX 970 JetStream(4GB)
ストレージ     サムスン960 EVO M.2(250GB、OS用)+2.5インチSSD(500GB×2、データ用)

追記です。
結局、x265のエンコードを行うとCPUの温度が85℃〜90℃に達してしまうので、液体金属グリスを使ってみましたがあまり変化がありませんでした。
UEFIを色々いじって見たところ、CPUVcore Load-Line Calibrationの設定をLEVEL3(Auto)からLevel5に変更したら
HandBrakeでのエンコードが80℃以下に収まるようになりました。
CINEBENCH R20マルチの結果は7300前後にスコアアップしたので
設定変更したためにパフォーマンスが下がったということはないようです。
※メモリをG.Skll F4-3600C19D-16GSXWBに変更しているのですが、3600ではまともに動作しなかっつたので3533で使用しています。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった11人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
12コア! 使い道が…。

先週末に、運良く店頭で購入することが出来ました。

よほど浮かれていたのか、マザーボードを箱に固定するリングと間違えて
チップセット用ファンの配線を切断してしまうという大失敗をやらかしてしまったので、ヒートシンクに薄型の6cmファンを張り付けて使用しています。

初代RYZEN(1700)の8コア16スレッドを見たときほどの感動はないけれど、やはり24分割されたタスクマネージャーは圧巻です。

CINEBENCH R20マルチの結果は7100〜7180、シングルは500前後でした。

当初CPUクーラーは無限Xをデュアルファンにして取り付けていましたが、HandBrakeでx265コーデックを使用してmp4に動画をエンコードしたところ
全コア使用率85〜95%(動作クロックは4.05GHz)で、90℃〜100℃に達してしまい、
自作人生初の簡易水冷=Corsair H100i PRO RGBに変更したところ、75℃程度に下がりました。
(もしかしたら、無限Xでもグリスの塗り方や取り付け状態をうまくやればもう少し低い温度だったかもしれません。)

Aviutlでx265のエンコードをすると数コアしか使われず、CPU使用率も10%前後しか上がりません。うーん、宝の持ち腐れ。

ちなみに、チップセットの温度は6cmファン(2000回転)を取り付けた状態で60℃〜70℃なのでこのまま使用するつもりです。

PCの構成は以下の通りです。

マザーボード   ASRock X570 Steel Legend
メモリ     G.Skill F4 3200C-8GSXKB 8㎇×2
電源 アンテック650W(型番忘れた)
クーラー     Corsair H100i PRO RGB  
グラフィックボード Palit GeForce GTX 970 JetStream(4GB)
ストレージ     サムスン960 EVO M.2(250GB、OS用)+2.5インチSSD(500GB×2、データ用)

追記です。
もう少しCPUの温度を下げたくて、液体金属グリスを使ってみましたがあまり変化がありませんでした。
UEFIを色々いじって見たところ、CPUVcore Load-Line Calibrationの設定をLEVEL3(Auto)からLevel5に変更したら
HandBrakeでのエンコードが80℃以下に収まるようになりました。
CINEBENCH R20マルチの結果は7300前後にスコアアップしたので
設定変更したためにパフォーマンスが下がったということはないようです。
※メモリをG.Skll F4-3600C19D-16GSXWBに変更しているのですが、3600ではまともに動作しなかっつたので3533で使用しています。

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった0

満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
12コア! 使い道が…。

先週末に、運良く店頭で購入することが出来ました。

よほど浮かれていたのか、マザーボードを箱に固定するリングと間違えて
チップセット用ファンの配線を切断してしまうという大失敗をやらかしてしまったので、ヒートシンクに薄型の6cmファンを張り付けて使用しています。

初代RYZEN(1700)の8コア16スレッドを見たときほどの感動はないけれど、やはり24分割されたタスクマネージャーは圧巻です。

CINEBENCH R20マルチの結果は7100〜7180、シングルは500前後でした。

当初CPUクーラーは無限Xをデュアルファンにして取り付けていましたが、HandBrakeでx265コーデックを使用してmp4に動画をエンコードしたところ
全コア使用率85〜95%(動作クロックは4.05GHz)で、90℃〜100℃に達してしまい、
自作人生初の簡易水冷=Corsair H100i PRO RGBに変更したところ、75℃程度に下がりました。
(もしかしたら、無限Xでもグリスの塗り方や取り付け状態をうまくやればもう少し低い温度だったかもしれません。)

Aviutlでx265のエンコードをすると数コアしか使われず、CPU使用率も10%前後しか上がりません。うーん、宝の持ち腐れ。

ちなみに、チップセットの温度は6cmファン(2000回転)を取り付けた状態で60℃〜70℃なのでこのまま使用するつもりです。

PCの構成は以下の通りです。

マザーボード   ASRock X570 Steel Legend
メモリ     G.Skill F4 3200C-8GSXKB 8㎇×2
電源 アンテック650W(型番忘れた)
クーラー     Corsair H100i PRO RGB  
グラフィックボード Palit GeForce GTX 970 JetStream(4GB)
ストレージ     サムスン960 EVO M.2(250GB、OS用)+2.5インチSSD(500GB×2、データ用)

レベル
自作経験豊富
重視項目
その他

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 9 3900X BOX」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 9 3900X BOX
AMD

Ryzen 9 3900X BOX

最安価格(税込):¥65,749発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 9 3900X BOXをお気に入り製品に追加する <786

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意