『最新BIOS(AGESA1003ABB以降)で安定性が大きく向上』 AMD Ryzen 9 3900X BOX masterkskさんのレビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

Ryzen 9 3900X BOX

  • 12コア24スレッドで動作する、ソケットAM4対応CPU。基本クロックは3.8GHzで、最大ブーストクロックは4.6GHz、TDPは105W。
  • 前世代キャッシュの最大2倍に当たるGameCacheは、メモリーのレイテンシーを低下するように設計されているため、ゲームの加速化を実現する。
  • 「Precision Boost 2」により必要に応じて自動的に性能がブーストされる。色彩制御されたLED照明付きの照光式クーラー「Wraith Prism」を搭載。
Ryzen 9 3900X BOX 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥65,749

(前週比:-31円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥65,750

PC-IDEA Plus

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥65,749〜¥78,800 (19店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥65,780 〜 ¥65,780 (全国66店舗)最寄りのショップ一覧

プロセッサ名:Ryzen 9 3900X クロック周波数:3.8GHz ソケット形状:Socket AM4 二次キャッシュ:6MB Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション

Ryzen 9 3900X BOXAMD

最安価格(税込):¥65,749 (前週比:-31円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • Ryzen 9 3900X BOXの価格比較
  • Ryzen 9 3900X BOXの店頭購入
  • Ryzen 9 3900X BOXのスペック・仕様
  • Ryzen 9 3900X BOXのレビュー
  • Ryzen 9 3900X BOXのクチコミ
  • Ryzen 9 3900X BOXの画像・動画
  • Ryzen 9 3900X BOXのピックアップリスト
  • Ryzen 9 3900X BOXのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > 
AMD
 >  Ryzen 9 3900X BOX

『最新BIOS(AGESA1003ABB以降)で安定性が大きく向上』 masterkskさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:514人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

CPU
18件
1件
マザーボード
16件
0件
CPUクーラー
13件
0件
もっと見る
満足度5
処理速度5
安定性5
省電力性4
互換性5
最新BIOS(AGESA1003ABB以降)で安定性が大きく向上

最新BIOS(AGESA1003ABB以降)に更新することで、旧チップセットでも容易にメモリOCが可能となった。
また、新BIOSはメモリ安定性も大きく向上している。

【構成】
CPU:Ryzen9 3900X
クーラ:Le GRAND MACHO RT
M/B:ROG STRIX X470-I GAMING
グラボ:GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX
メモリ:F4-3600C16D-16GTZ (3600Mhz)
SSD: M.2 SAMSUNG MZVPW256HEGL
ケース:Core P1

【処理速度】
デフォルトでも十分に早い、シングル性能やシステム安定性の面からもCPU OCの必要性は無い。

【安定性】
最新BIOSに更新することで、UEFIから容易にメモリOCが可能となり、安定性も大きく向上した。

【省電力性】
コンセントタイプの電力計では、アイドル 57W、CINEBENCH R15時 250Wとなった。

【互換性】
BIOSを更新することで、第一世代300系のチップセットでも安定動作が可能となった。

【CPU OC】
全てRyzen Masterを使用して行った。最終的には電圧1.4V ALL4.3GHzで安定動作が可能となった。3600の結果を見ても、第三世代Ryzenの全コア最大周波数は4.2〜4.3GHzの間にあると考えられる。しかしながら空冷では温度が高いので、OCでの使用は避けた方が良い。

【メモリ OC】
AGESA1003ABB以降ではXMPを読み込むことで普通にOCが可能となった。CPU内部のInfinity Fabricと1対1で動作する周波数が、当初の3733MHzから若干緩和された様で、最新BIOSでは3600MHzまでが限度となっていた。今回はメモリが3600MHz CL16なので、XMPで読み込む設定により最高のシステム性能が発揮できることとなった。

【総評】
最新BIOSに更新することで、UEFIからメモリOC設定が可能となり、メモリ安定性も大きく向上することになった。初期BIOSでも動作だけはできるが、安定性を取るという意味では、最新BIOS(AGESA1003ABB以降)に更新することをお勧めする。
また、RyzenはCPUの温度管理機能が優秀なので、OCをしないことで、システムの安定性は大きく向上する。Intel CPUの様にOCマージンも無く、シングル性能に至ってはOCにより性能が低下してしまうことも踏まえると、このCPUでOCをするメリットはないといえる。

3950Xの発売延期により3900Xの需要が増えたのか、市場では相変わらず品薄状態が続いている。しかしながら、12C24Tという有り余るCPUパワーを何に利用するかと言われれば、正直宝の持ち腐れ感は否めないが、写真の現像等でたまにフル稼働してくれたりはしている。まあ、CPUにロマンを求めるという意味では、買って後悔することは無いだろう。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった30人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性4
CPU温度の値に注意

前回、温度値を見誤っており、結構発熱するCPUだということが判った。

【構成】
CPU:Ryzen9 3900X
クーラ:Le GRAND MACHO RT
M/B:ROG STRIX X470-I GAMING
グラボ:GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX
メモリ:F4-3600C16D-16GTZ (3200Mhz)
SSD: M.2 SAMSUNG MZVPW256HEGL
ケース:Core P1

【処理速度】
デフォルト状態でも早いので、UEFIがこなれていない現状はデフォルトでの使用がおすすめ。

【安定性】
デフォルトで安定性を欠くことは無いが、メモリのOCは不安定となるので避けた方が良い。

【省電力性】
コンセントタイプの電力計では、アイドル 57W、CINEBENCH R15時 250Wとなった。

【互換性】
UEFIはこなれていないので、AMD Ryzen Masterをつかって設定をした方が良い。Ryzen Masterを使う分には互換性に困ることはない。

【CPU OC】
全てRyzen Masterを使用して行った。最終的には電圧1.4V ALL4.3GHzで安定動作が可能となった。3600の結果を見ても、第三世代Ryzenの全コア最大周波数は4.2〜4.3GHzの間にあると考えられる。しかしながら空冷では温度が高いので、OCでの使用は避けた方が良い。

【総評】
とりあえずOC耐性を調べてみることにした。3600ではだめだった4.3GHz ALLを達成できたので、多少なりともコア選別が行われている気がする。ALL4.3GHzとすることで、マルチの性能は向上するが、ターボが効かなくなり、シングルの性能が落ちてしまうので、正直苦労してまでOCする必要性が薄い。
また、現状UEFIとソフトウエアがこなれておらず、温度表示が上手く行われていないと考えられる。私の環境では、高負荷時M/B表示の温度値がRyzen Master表示値を10℃ぐらい下回っており、CPUFAN制御が上手く行われていない状況となっていた。環境により状況は異なると思われるが、今は純正ツールのRyzen Masterの温度を信用して、ファンコンの制御を変更した方が良いと思う。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった4

満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性4
OCに挑戦
   

CINEBENCH R15 全コアOC4.3GHz

   

コアの特性を掴みたかったこともありOCに挑戦しました。
結果、ALL4.3GHz 1.4Vでの動作が可能であった。

【構成】
CPU:Ryzen9 3900X ALL4.3GHz 1.4V
クーラ:Le GRAND MACHO RT
M/B:ROG STRIX X470-I GAMING
グラボ:GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX
メモリ:F4-3600C16D-16GTZ (3200Mhz)
SSD: M.2 SAMSUNG MZVPW256HEGL
ケース:Core P1

【処理速度】
全コアOCでマルチ性能は向上するが、ターボブーストが効かなくなりシングル性能は落ちることになる。

【安定性】
ALL4.3 1.4Vであれば安定動作が可能、温度も75℃ぐらいで許容範囲といえる。

【省電力性】
コンセントタイプの電力計では、アイドル 57W、CINEBENCH R15時 250Wとなった。温度は75℃ぐらいで、空冷でも十分に冷やしきれている。

【互換性】
UEFIはこなれていないので、AMD Ryzen Masterをつかって設定をした方が良い。Ryzen Masterを使う分には互換性に困ることはない。

【CPU OC】
全てRyzen Masterを使用して行った。最終的には電圧1.4V ALL4.3GHzで安定動作が可能となった。3600の結果を見ても、第三世代Ryzenの全コア最大周波数は4.2〜4.3GHzの間にあると考えられる。

【総評】
とりあえずOC耐性を調べてみることにした。3600ではだめだった4.3GHz ALLを達成できたので、多少なりともコア選別が行われている気がする。ALL4.3GHzとすることで、マルチの性能は向上するが、ターボが効かなくなり、シングルの性能が落ちてしまうので、正直苦労してまでOCする必要性が薄いのが、RyzenX付の特徴ではないかと思う。(だから自動がオススメ)
また、第三世代Ryzenはコア電圧をかけてもあまり温度が上がらない印象がある。12コアに1.4Vをかければそれなりに発熱もすると思っていたが、結果80℃を超えることもなく、温度的にはかなり扱いやすいCPUであるといえる、2チップレット+I/O構成で放熱面積が広いことや、発熱が少ないI/OチップがCPUチップの熱を拡散しているのかもしれない。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった14

満足度5
処理速度5
安定性4
省電力性4
互換性4
まさか2日後に買えるとは・・・
   

CINEBENCH R15 MEM3200CL16

   

まさかの発売2日後に電撃入荷した3900XをGET出来たので、さっそく3600を換装した。
3600君には申し訳無いが、君で得たZEN2の知識はとても役に立ち、3900Xを迷うことなく使用出来た・・・といってもX付なので自動ですが。

【構成】
CPU:Ryzen9 3900X
クーラ:Le GRAND MACHO RT
M/B:ROG STRIX X470-I GAMING
グラボ:GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX
メモリ:F4-3600C16D-16GTZ (3200Mhz)
SSD: M.2 SAMSUNG MZVPW256HEGL
ケース:Core P1

【処理速度】
圧巻のコア数は流石、シングルも必要十分な性能かと。

【安定性】
自動設定で使っているので、ど安定だが、手動設定が行き届く程、UEFIは安定していない。

【省電力性】
コンセントタイプの電力計では、アイドル 55W、CINEBENCH R15時 230Wとなった。温度は80℃ぐらいなので、空冷でも十分に冷やしきれるCPUと思う。

【互換性】
3600から換装しても問題なく動いている。自動で使っているから気にならないが、UEFIの完成度は未だ低い。

【総評】
まさか、発売2日目にして普通に売っているとは思いませんでした。(店員さんもビックリしたみたい。)あの袋を付けてくれるとのことでしたが、あれは当日でないと恥ずかしいので断りました。だた、Tシャツは貰いましたので、前に貰ったパーカーと合わせて、AMD冥利に尽きるのもありかなと思います。
冗談はさておき、流石の12コアだけあり消費電力色々想定を越えてきている。まあ、自動設定でも普通に空冷で使えるあたり、9900Kよりかは遥かに使いやすいCPUかと思う。BIOSがこなれていない現在、メモリクロックを上げるとベンチ性能が下がるという状況となっているので、UEFI上から設定できる3200MHzのまま利用している。
X付なので、自動で使うことが最も効率が良いと考えており、UEFIが安定するまではしばらくこのまま使っていこうと思う。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「Ryzen 9 3900X BOX」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ryzen 9 3900X BOXのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ryzen 9 3900X BOX
AMD

Ryzen 9 3900X BOX

最安価格(税込):¥65,749発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

Ryzen 9 3900X BOXをお気に入り製品に追加する <786

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[CPU]

CPUの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(CPU)

ご注意