メルセデス・ベンツ EQC 2019年モデルレビュー・評価

このページの先頭へ

EQC 2019年モデル のユーザーレビュー・評価

rss

モデルの絞り込みグレード別にレビューを絞り込めます。モデルの絞り込みを解除すると全てのレビューが表示されます。

選択中のモデル:EQC 2019年モデル 絞り込みを解除する

グレード発売日発売区分レビュー件数
400 4MATIC 2021年4月20日 マイナーチェンジ 1人
400 4MATIC 2019年7月4日 ニューモデル 4人
満足度:4.20
(カテゴリ平均:4.29
レビュー投稿数:5人 (試乗:2人)
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
エクステリア 外観などのデザイン及び機能性 3.80 4.33 -位
インテリア 内装のデザイン及び機能性 3.80 3.92 -位
エンジン性能 トルクやパワー、滑らかさ、技術など 4.80 4.12 -位
走行性能 走りのフィーリング及び操作性 4.40 4.20 -位
乗り心地 乗り心地のフィーリング 4.20 4.04 -位
燃費 燃費の満足度 3.00 3.87 -位
価格 総合的な価格の妥当性 3.20 3.86 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

EQC 2019年モデルのレビューを書く

レビュー表示
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:エコ」で絞込んだ結果 (絞込み解除

UN4さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:96人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
5件
35件
Mac ノート(MacBook)
3件
0件
腕時計
2件
0件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4

レンジローバー ヴォーグ2019モデルからの乗り換えです。
メルセデスには1度乗りましたがインフォテイメント(MBUX)はだいぶ使いやすいですね^_^
だいぶもっさりでエラーの多いランドローバーからなので余計そう感じたのかもしれませんが。。
静かなのはもちろん、乗り心地もエアサスのヴォーグと比べても遜色ありません。
少し残念なのは、価格に対してのサービス(コンシェルジュ等)がCクラスレベルな事、Cクラス同等とはいえ価格はEに相当すると思うのでそこはE同等のサービスはつけて欲しかった。

乗車人数
3人
使用目的
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
高級感
快適性
エコ
レビュー対象車
新車
購入時期
2020年10月
購入地域
群馬県

新車価格
1080万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
10万円

EQCの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Niickさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:15人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア3
インテリア3
エンジン性能5
走行性能4
乗り心地4
燃費3
価格4

ディーラーにて試乗車を1時間ほど借りて乗ってみた素人インプレッションを記入致します。
【エクステリア】
GLCをベースにしているが、ブルーのアクセントが基調のヘッドライト専用ホイールのデザインがシンプルながら特別感を演出している。リアのテールランプはメルセデスベンツでは珍しく左右が繋がったデザインとなっている。
ガラススライディングルーフ・ランニングボードは標準装備との事。
【インテリア】
インテリアはGLCとほとんど変わらないが、エアコンの吹き出し口のデザインと一部インテリアの細かい作りが違う。トランクスペースもGLCとほぼ同等の500Lあるそうだ。
【エンジン性能】
容量80kwh後続可能距離400km最高出力300kw408PS(765Nm)と
馬力換算で行くとガソリンのE43AMGの3000CCターボに匹敵する。
また、ガソリン車から乗り換えた際にEVの独特のエンジンブレーキに戸惑う事が無いように回生ブレーキのレベルをパドルシフトで調整できる。
@エンジンブレーキの利かない惰性走行
A通常のガソリン車感覚
B少し回生ブレーキが利く
Cワンペダル操作可能な回生ブレーキ
【走行性能】
内燃機がなくバッテリーを搭載している為、車重が約2.5tとGLCより400kgほど重いがその重さを感じないトルクフルな走り。またトルク配分は前後別モーターで0-100%の可変式で悪路での走りの良さを感じました。個人的意見だが、加速の良いEVには4輪駆動で足回りをしっかりとコントロールできるシステムは必須と感じます。
【乗り心地】
乗り心地に関しては、EVの為静粛性とメルセデスベンツの遮音性により室内は静か。
リアのサスペンションは自動調整のエアサスでフロントは通常のコイル式サスペンションとの事で、乗った感覚としてはエアサス車両の不快なフワフワ感はないが乗り心地は良かった。コーナリング時は踏ん張りがきき、直進時はスーッとした感覚。
【燃費】
カタログ値は400kmとなっているが私が乗った車両は90%で航続可能距離290kmとなっていた、走行の仕方によって可変するのではないかと考えられるがインフラの整備状況を見る限りバッテリー容量がもう少し多くなるとよいかと感じた。
【価格】
車両本体価格1080万円で基本的にナビや安全性能・サンルーフがついており、
オプションにAMGラインとレザーエクスクルーシブパッケージがある。
国産車EVと比較すると割高感はあるが、安全性能や保証の長さを加味すると妥当なところとも感じ取れる。
【総評】
輸入車EV業界を見ると、ジャガーI-PACE・テスラModelX・アウディe-tronと1000万越えの車両が多いなかで標準的な機能や安全性能で見るとやはり世界のメルセデスベンツかと思います。

レビュー対象車
試乗

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

EQC 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

EQC 2019年モデル
メルセデス・ベンツ

EQC 2019年モデル

新車価格:960万円

中古車価格:818〜969万円

EQC 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <15

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

EQCの中古車 (22物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意