『転送速度早いです!温度もそこまで高くなりません!』 Corsair Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600 かすみ★もこさんのレビュー・評価

2019年 7月上旬 発売

Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600

  • NVMe規格のPCI Express Gen4×4に対応したM.2 2280 SSD(1TB)。高密度3D TLC NAND メモリーを採用。
  • 高さのあるアルミニウム ヒートシンクを備え、高負荷時においてもパフォーマンスを維持する。
  • AMD X570 チップセットベースのマザーボードに直接、簡単に取り付けられる。
Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

部門別ランキング

最安価格(税込):

¥25,045

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥25,045

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥25,045〜¥30,529 (9店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国15店舗)最寄りのショップ一覧

容量:1000GB 規格サイズ:M.2 (Type2280) インターフェイス:PCI-Express タイプ:3D TLC NAND Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600の価格比較
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600の店頭購入
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のスペック・仕様
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のレビュー
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のクチコミ
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600の画像・動画
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のピックアップリスト
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のオークション

Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600Corsair

最安価格(税込):¥25,045 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月上旬

  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600の価格比較
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600の店頭購入
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のスペック・仕様
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のレビュー
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のクチコミ
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600の画像・動画
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のピックアップリスト
  • Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > SSD > Corsair > Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600

『転送速度早いです!温度もそこまで高くなりません!』 かすみ★もこさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

SSD
1件
0件
もっと見る
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力5
耐久性無評価
転送速度早いです!温度もそこまで高くなりません!
 

Crystal Disk Infoの情報

Crystal Disk Markの情報

 

環境は下記の通り書いておきます。
M.2も初めてなんですけど、すごく熱くなる(70度以上)と知り合いから聞いて躊躇してましたが
PCIe4.0でどうしても我慢できなくなって買ってみました。

すごくいい買い物をしたと思ってます!
1TBで、PCIe4.0対応で考えると、こちらの製品か、CFDさんから出している製品か二択になっちゃったのですけど・・・。
CFDはヒートシンクがついてなくて、マザーボードのヒートシンクはあまり期待できないような感じだったので、CFDをかっても高温になっちゃう可能性もあったので、今回はこちらを選びました。


【環境】
・AMD Ryzen7 3700X
・メモリ DDR4-3200 32GB
・マザーボード: ASUS X570-PLUS TUF GAMING
・電源装置: Antec 750W Gold
・グラボ: MSI RadeOn RX 570 (8GB)


【CFDとCorsairの比較】

・コントローラ :  CFDとCorsairも同じコントローラを使用。
・NANDメモリ : CFDは、東芝3D NAND TLC(BiCS4 Flash) Corsairについては、ノーブランドでメーカー名の記載がなし。
・最大転送速度: シーケンシャルリードが4950MB/s、シーケンシャルライトが4250MB/sのCorsairに対してCFDは50MB/sずつ転送速度がはやくて互角。
・MAXランダム読み込み速度: CFDは600K IOPSですけど、Corsairは、680K IOPSとCorsairの方が上。
・MAXランダム書き込み速度: CFDは500K IOPSですけど、Corsairは、600K IOPSと同じくCorsairの方が上。
・TBW : 両方ともに1800と変わりなし。
・ヒートシンク : CFDは標準でついていないけど、Corsairは結構厚みのあるがっちりしたアルミヒートシンク標準装備。
・保証 : 両方5年保証。


一番の比較していた中での悩みは、
・シーケンシャルリードが50MB/sの違いは誤差。だけど、ランダムアクセスについてはCorsairのほうが上。
・NANDメモリがCorsairはメーカーが不明。ロットによって変わるからかけないのかな?
・マザーボード高いのを持っててきちんとしたヒートシンクや水冷などついているのならCFD。ついてないのならCorsair選ぶ?

など、色々悩みました。


実際のところの、転送速度と、温度は画像に添付しておきますが、どれだけ温度があがっても50度を超えることはありませんでした。
ケースファンを6個つけた環境で、エアーフローを真剣に考え、設置場所もグラボの上につけるという形で、冷えやすい環境というのもありますけど、やっぱりヒートシンクの効果は大きいと思いました。
転送速度は、リードが5000MB/s超えてるので、表記以上の性能が出ています。大変満足しています!

M.2の温度で躊躇されていた方、結構おすすめです!

比較製品
CFD > PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった7人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力5
耐久性無評価
転送速度早いです!温度もそこまで高くなりません!
 

Crystal Disk Infoの情報

Crystal Disk Markの情報

 

環境は下記の通り書いておきます。
M.2も初めてなんですけど、すごく熱くなる(70度以上)と知り合いから聞いて躊躇してましたが
PCIe4.0でどうしても我慢できなくなって買ってみました。

すごくいい買い物をしたと思ってます!
1TBで、PCIe4.0対応で考えると、こちらの製品か、CFDさんから出している製品か二択になっちゃったのですけど・・・。
CFDにしようか、こちらかにしようかと悩んだんですけど、CFDはヒートシンクがついてなくて、マザーボードのヒートシンクはあまり期待できないような感じだったので、CFDをかっても高温になっちゃう可能性もあったので、今回はこちらを選びました。

かなり悩んだので、これが正しいというのはなかったのですけど、すごくいい買い物をしたと思ってます。


【環境】
・AMD Ryzen7 3700X
・メモリ DDR4-3200 32GB
・マザーボード: ASUS X570-PLUS TUF GAMING
・電源装置: Antec 750W Gold
・グラボ: MSI RadeOn RX 570 (8GB)


【CFDとCorsairの比較】

・コントローラ :  CFDとCorsairも同じコントローラを使用。
・NANDメモリ : CFDは、東芝3D NAND TLC(BiCS4 Flash) Corsairについては、ノーブランドでメーカー名の記載がなし。
・最大転送速度: シーケンシャルリードが4950MB/s、シーケンシャルライトが4250MB/sのCorsairに対してCFDは50MB/sずつ転送速度がはやくて互角。
・MAXランダム読み込み速度: CFDは600K IOPSですけど、Corsairは、680K IOPSとCorsairの方が上。
・MAXランダム書き込み速度: CFDは500K IOPSですけど、Corsairは、600K IOPSと同じくCorsairの方が上。
・TBW : 両方ともに1800と変わりなし。
・ヒートシンク : CFDは標準でついていないけど、Corsairは結構厚みのあるがっちりしたアルミヒートシンク標準装備。
・保証 : 両方5年保証。


一番の比較していた中での悩みは、
・シーケンシャルリードが50MB/sの違いは誤差。だけど、ランダムアクセスについてはCorsairのほうが上。
・NANDメモリがCorsairはメーカーが不明。ロッドによって変わるからかけないのかな?
・マザーボード高いのを持っててきちんとしたヒートシンクや水冷などついているのならCFD。ついてないのならCorsair選ぶ?

など、色々悩みがありましたが、Corsairにしました。


実際のところの、転送速度と、温度は画像に添付しておきますが、どれだけ温度があがっても50度を超えることはありませんでした。
ケースファンを6個つけた環境で、エアーフローを真剣に考え、設置場所もグラボの上につけるという形で、冷えやすい環境というのもありますけど、やっぱりヒートシンクの効果は大きいと思いました。
転送速度は、リードが5000MB/s超えてるので、表記以上の性能が出ています。大変満足しています!

M.2の温度で躊躇されていた方、結構おすすめです!

比較製品
CFD > PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

満足度5
読込速度5
書込速度5
消費電力5
耐久性5
転送速度早いです!温度もそこまで高くなりません!
 

Crystal Disk Infoの情報

Crystal Disk Markの情報

 

環境は下記の通り書いておきます。
M.2も初めてなんですけど、すごく熱くなる(70度以上)と知り合いから聞いて躊躇してましたが
PCIe4.0でどうしても我慢できなくなって買ってみました。

すごくいい買い物をしたと思ってます!
1TBで、PCIe4.0対応で考えると、こちらの製品か、CFDさんから出している製品か二択になっちゃったのですけど・・・。
CFDにしようか、こちらかにしようかと悩んだんですけど、CFDはヒートシンクがついてなくて、マザーボードのヒートシンクはあまり期待できないような感じだったので、CFDをかっても高温になっちゃう可能性もあったので、今回はこちらを選びました。

かなり悩んだので、これが正しいというのはなかったのですけど、すごくいい買い物をしたと思ってます。


【環境】
・AMD Ryzen7 3700X
・メモリ DDR4-3200 32GB
・マザーボード: ASUS X570-PLUS TUF GAMING
・電源装置: Antec 750W Gold
・グラボ: MSI RadeOn RX 570 (8GB)


【CFDとCorsairの比較】

・コントローラ :  CFDとCorsairも同じコントローラを使用。
・NANDメモリ : CFDは、東芝3D NAND TLC(BiCS4 Flash) Corsairについては、ノーブランドでメーカー名の記載がなし。
・最大転送速度: シーケンシャルリードが4950MB/s、シーケンシャルライトが4250MB/sのCorsairに対してCFDは50MB/sずつ転送速度がはやくて互角。
・MAXランダム読み込み速度: CFDは600K IOPSですけど、Corsairは、680K IOPSとCorsairの方が上。
・MAXランダム書き込み速度: CFDは500K IOPSですけど、Corsairは、600K IOPSと同じくCorsairの方が上。
・TBW : 両方ともに1800と変わりなし。
・ヒートシンク : CFDは標準でついていないけど、Corsairは結構厚みのあるがっちりしたアルミヒートシンク標準装備。
・保証 : 両方5年保証。


一番の比較していた中での悩みは、
・シーケンシャルリードが50MB/sの違いは誤差。だけど、ランダムアクセスについてはCorsairのほうが上。
・NANDメモリがCorsairはメーカーが不明。ロッドによって変わるからかけないのかな?
・マザーボード高いのを持っててきちんとしたヒートシンクや水冷などついているのならCFD。ついてないのならCorsair選ぶ?

など、色々悩みがありましたが、Corsairにしました。


実際のところの、転送速度と、温度は画像に添付しておきますが、どれだけ温度があがっても50度を超えることはありませんでした。
ケースファンを6個つけた環境で、エアーフローを真剣に考え、設置場所もグラボの上につけるという形で、冷えやすい環境というのもありますけど、やっぱりヒートシンクの効果は大きいと思いました。
転送速度は、リードが5000MB/s超えてるので、表記以上の性能が出ています。大変満足しています!

M.2の温度で躊躇されていた方、結構おすすめです!

比較製品
CFD > PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF
レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600
Corsair

Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600

最安価格(税込):¥25,045発売日:2019年 7月上旬 価格.comの安さの理由は?

Force Series MP600 CSSD-F1000GBMP600をお気に入り製品に追加する <131

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[SSD]

SSDの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(SSD)

ご注意