おうちクラウドディーガ DMR-4W200 レビュー・評価

2019年 7月19日 発売

おうちクラウドディーガ DMR-4W200

  • 新4K衛星放送の2番組同時録画に対応したブルーレイレコーダー。4K長時間録画モード対応で高精細な新4K衛星放送の番組をより多く残せる。
  • 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる「おうちクラウド機能」を搭載。
  • 写真・動画にメッセージを付けられ、ブルーレイディスクを本体にセットし設定すれば、写真・動画を手間なくブルーレイディスクに自動で保存できる。
おうちクラウドディーガ DMR-4W200 製品画像
最安価格(税込):

¥59,138

(前週比:-2,562円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,138¥102,080 (63店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥59,139 〜 ¥78,900 (全国11店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:3番組 HDD容量:2TB おうちクラウドディーガ DMR-4W200のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

 
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の価格比較
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の店頭購入
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のスペック・仕様
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のレビュー
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のクチコミ
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の画像・動画
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のピックアップリスト
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のオークション

おうちクラウドディーガ DMR-4W200パナソニック

最安価格(税込):¥59,138 (前週比:-2,562円↓) 発売日:2019年 7月19日

  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の価格比較
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の店頭購入
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のスペック・仕様
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のレビュー
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のクチコミ
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の画像・動画
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のピックアップリスト
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > ブルーレイ・DVDレコーダー > パナソニック > おうちクラウドディーガ DMR-4W200

おうちクラウドディーガ DMR-4W200 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.51
(カテゴリ平均:4.00
レビュー投稿数:28人 
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.67 4.13 52位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 3.11 3.61 56位
録画画質 映像の鮮明さなど 4.21 4.33 49位
音質 音質の良さ 3.70 4.09 52位
録画機能 録画しやすく、機能が充実しているか 3.40 4.00 62位
編集機能 編集機能は充実しているか 3.23 3.68 52位
入出力端子 端子の数 3.31 3.84 52位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.60 4.21 63位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

おうちクラウドディーガ DMR-4W200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「接続テレビ:有機EL」で絞込んだ結果 (絞込み解除

ライト外野指定席さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:183人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

プラズマテレビ
0件
203件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
27件
ブルーレイプレーヤー
2件
20件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
録画画質5
音質5
録画機能4
編集機能3
入出力端子5
サイズ3

 4k録画番組もお部屋ジャンプリンクで飛ばせるようになり、より魅力的な製品となりました。
 地デジ録画は既存のレコーダーを使用し、本機は4k放送をDRモード録画でのみ使用するライトユーザーです。4k録画には1TB_HDDだと流石に心許ないので本機を選択しました。
【デザイン】
インシュレーターが付いているので、それなりに堂々としています。
【操作性】
これまでのDIGAと特段変化はありません。
録画予約は全て"どこでもDIGA"アプリから行っています。
【画質】
録画に関してはDRモードのみ使用するので特に無し。
再生画質は優秀だと思います。Dolby visionやHDR10+には対応していません。UHD BD市場が極めて小さいので仕方ないというか、そういう扱いで十分だということなんでしょう。
【音質】
音声専用HDMI出力があるので配慮はされています。当たり前ですがDP-UB9000とは勝負になりません。
【録画機能】
そんなに凝った使い方はしないので満足です。録画の仕方によっては最後の1分が録画されない事があるので注意が必要です。
【編集機能】
部分編集さえ出来れば十分です。番組によってはチャプターがデタラメでイライラするのはお約束です。
【入出力端子】
出力端子はHDMIのみと随分割り切っています。お部屋ジャンプリンクを使用する方でしたら初期設定さえ行えば後はHDMIすら不要な場合もありますね。
プレーヤーのUB9000でも同様ですが、4k放送録画のMPEG4-AACマルチch音声は最大5.1chのPCMで出力されビットストリームで出力することは不可能です。将来性を考えるとビットストリーム出力は欲しいところです。
【サイズ】
高さ66mmとレギュラーDIGAと比較すると厚みはあります。ラック収納部の高さによってはディスクの出し入れがやりにくい場合があるかもしれません。
【総評】
ディスクに残したい時やプレーヤーDP-UB9000を使用して高画質再生したい時があるので本機を購入しましたが、ほとんどの人はテレビ+HDDで十分でしょう。
ディスク時代の終焉を感じる今、私にとっては最後のBDレコーダーになる可能性もあると思っています。

接続テレビ
有機EL

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

おじ2さん

  • レビュー投稿数:64件
  • 累計支持数:500人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
2件
71件
プリンタ
2件
36件
無線LANルーター(Wi-Fiルーター)
2件
32件
もっと見る
満足度3
デザイン3
操作性4
録画画質5
音質無評価
録画機能4
編集機能3
入出力端子3
サイズ3

一足先に購入したTH-55GZ1000と一緒に使用するために昨年末に購入しました。AVアンプにDMR-BRZ2000と本機を並列でぶら下げています。今年12月のWOWOW 4K開始まで待ってから新型を購入するつもりだった4K DIGAを当初の方針を変更してこの時点で購入するに至った経緯はクチコミで詳述しましたので割愛しますが、やはりDIGAの録画機能はTH-55GZ1000の外付けHDD録画よりも便利なので購入して正解でした。具体的には、

・録画済み番組リストのラベルをカスタマイズできるので再生時の番組選択が容易
・繰り返し録画予約の一時的な実行停止が可能
・繰り返し録画予約の自動更新(上書き保存)が可能
・録画番組を編集出来る(特に先頭部分のトリムが有難い)
・他室からお部屋ジャンプ視聴する際に時系列一覧ではなく録画リスト表示で番組を選択できる
・4K番組も圧縮録画モードでHDD容量の節約が可能(一旦DRモードで録画してからモード変換)
・4K録画番組をBDに焼いて保存出来る
・スマホの”どこでもDIGA”アプリで2Kに加え4K番組も録画予約・宅外視聴できる

残念な点としては、

・4K録画番組はお部屋ジャンプリンク(DLNA)視聴の対象外
・同じく4K録画番組はネットワークダビングやムーブも不可
 *これらはLAN経由視聴の統一規格が出来た時点で後追いでアップデートしてくれると大変有り難いのですが。

尚、スマホでの宅外視聴用アプリはしばらく前からVIERA&DIGAを対象とした「media access」とDIGAのみ対象の「どこでもDIGA」が併存しているため、DIGAはどちらを使うのが正解なのかよく判りませんでしたが、本機4W200は「どこでもDIGA」にしか機器登録出来ませんでしたので、今後はVIERA&旧型DIGAは「media access」、新型4K DIGAは「どこでもDIGA」という棲み分けが進むのかもしれません。

その場合、現在は「media access」による録画予約・宅外視聴が出来ないTH-55GZ1000の4K番組はどういう扱いになるのかにも注目しています。ユーザーにとっては4K VIERAと4K DIGAを区別する意味は無く、両方まとめて一つのアプリで録画予約・宅外視聴出来るようになれば一番使い易いのですが。

VIERA+DIGAで4K放送を3番組同時録画出来る態勢が整ったので、このまま年末のWOWOW 4K開始を迎える予定です。但し、もし今後の新モデルが魅力的で且つ一定水準以下の実質負担で購入出来るような機会があれば、本機を処分して入れ替えることも検討したいと思います。

<2020/3/19追記>
3/11付けのアップデートで4K録画番組のお部屋ジャンプリンク機能が追加されました。(我が家は3/13夜にアップデートされました)
詳細はパナの下記商品紹介ページに追加された「新4K衛星放送の録画転送」の説明をご覧下さい。
「新4K衛星放送」の録画転送 
https://panasonic.jp/diga/products/4w400_200/jumplink.html

接続テレビ
有機EL

参考になった10人(再レビュー後:7人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Risa@Hさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:936人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
8件
16件
エアコン・クーラー
3件
9件
空気清浄機
6件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
録画画質5
音質5
録画機能5
編集機能5
入出力端子5
サイズ4

4K非対応のパナソニック、ソニーのレコーダー1台ずつ所有からの買い増し。
所有TVはソニーの9500G、9000F、シャープの2K亀山モデル液晶とパナソニックのTH-55GZ2000有機EL。

この機種が「DMR-4CW200」と流通経路が異なるだけでデザインも含め全く同性能なのに他のレビューでは酷評されていますが、私の用途目的では最優秀でベストバイでした。
現在世に出ている4Kチューナー2基搭載、同時3番組録画レコーダーでは最高のスペックと実力。
SONY(VOD機能なし等)シャープ(3番組同時録画できないパターンがある)、東芝映像ソリューションズ(出たばかりで不明)で、実質本機とSONYの「BDZ-FBT2000」との一騎打ちとなりましたが、店頭で視聴して次の点でパナソニック「DMR-4W200」に軍配となりました。

決め手になった性能を結論から言うと、長時間録画モード(例えば15倍モード)で録画した映像や、4K機能非搭載のレコーダーで録画したどのモードの映像もBD映像も本機で再生すると映像の画質と音の音質がほぼ4K映像と同等にアップコンバートされ(BD映像は4KUltra HD Blu-ray映像にアップコンバートされ)、音質もハイレゾにアップコンバートがとても優秀で感動した事。
過去にソニーのレコーダーが酷使しているパナソニックのレコーダーより早く故障した事。
加え、あくまで性能重視ですが、両社4Kチューナー2基搭載、同時3番組録画、HDD2TBの同スペックでソニーの方が約3割割高であり、パナソニックの方がコスパが良い事も決め手になりました。仮に逆の価格でパナソニックの方が割高でも本機に決めたでしょう。
それだけ、パナソニックの方が性能、機能が魅力的です。

その他細かい点は下記記載の通りです。

@4K放送の録画中に別の4Kチャンネルに選局した際のスピード低下がなかった。
A4K放送から番組表を開くまでのレスポンス、番組表の上下左右操作のレスポンス、録画ボタンでできる予約登録が高速。
B2019年12月時点で4K長時間録画はパナソニックとソニーの2社。両社の対応録画モードはソニーは7モード、対しパナソニックは17モード。
Cパナソニックの録画一覧は番組名が見やすくタブ形式で切り替えて最新録画、未視聴、新番組などよく使う絞り込みに対応で使いやすい。
D4K長時間録画の録画画質もモードの選択肢も豊富。また、再生設定のHDR調整からダイナミックレンジ調整を使うと、暗く見える4K放送を明るく補正できる。音質も同様にダイナミックレンジに変換され良い音にしてくれる。

EVOD機能付きでネット動画視聴可能。
(これは大きな決め手になりました。パナのVODアプリのOSはFirefoxで安定。ソニーもAndroidOS実装のメーカでは最も安定していますが、TVにはVOD動画視聴機能は付いていますがレコーダーに付いておらず、動画視聴不可能。アップデートで仮に付いてもAndroidはいつバージョンアップできなくなるかの可能性がFirefoxより高い)

F4K4倍モードでもDRモード画質でBDにダビングができる。

Gスマートスピーカー連携。

H過去に他機種でBDに保存した15倍モードでも4K画質(Ultra HD Blu-ray)とHDR音質(ハイレゾ)にアップコンバートできる。(これが最も感動で大きな決め手)

ICD楽曲、写真、動画を本機HDDにためて、いつでもスマホで楽しめ、「おうちクラウド機能」で録画番組も写真/動画、音楽もスマホで楽しめる。


■パナソニック機のマイナス点:相変わらず安っぽいリモコン。本機購入前のパナ機用リモコンも同様でボタンを押しても反応せず、2回リモコンを購入していますが、本機のリモコンも同様になりそう。
ソニーは壊れにくくボタンの配列が工夫されスタイリッシュ。

比較製品
SONY > BDZ-FBT2000
接続テレビ
有機EL

参考になった19人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

premium2さん

  • レビュー投稿数:87件
  • 累計支持数:325人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
13件
1件
ブルーレイプレーヤー
2件
2件
スピーカー
4件
0件
もっと見る
満足度3
デザイン3
操作性3
録画画質4
音質4
録画機能3
編集機能3
入出力端子4
サイズ3

4K放送を録画できるよう、3年前に購入したDMR-BRZ1010に買い足しました。

【デザイン】
特に良くも悪くもなし。

【操作性】
パナソニックを買いつないでいるので、迷いなく使えます。ただしホーム画面のメニューなどあまり便利でないまま変化がない。またリモコンの一番使いやすいところに「新番組」「写真」などメーカー側が売りにしたい機能を割り当て、「予約確認」ボタンを端に追いやるなどユーザー目線でなく、やめてほしい。

【録画画質】
4K放送の録画は、2K放送より確かに向上しています。録画も2倍できれいでした。

【音質】
HDMI経由で外部DACにアウトプットして聴く分には良い音です。

【録画機能】
これまでと変わりません。

【編集機能】
これまでと変わりません。

【入出力端子】
音声専用のHDMI出力端子が付いたので、これまでよりも私としては使いやすくなりました。

【サイズ】
少し高さが高くなったので置き場を変更せざるを得なくなりました。

【総評】
ソニーのメニュー構成やチャプターの入れ方の方が好きなのですが、4Kチューナー付きではパナの方が安かったので、こちらにしました。4K放送を見て録画するという用途にはひとまず十分です。画質などの基本的な部分は大きな不満はありませんが、メニューの作りなど、従来機種でも出来の良くなかったのがそのままになっているのはあまり感心しません。

接続テレビ
有機EL

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KEY さんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:50人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
42件
レコードプレーヤー
0件
3件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン3
操作性2
録画画質3
音質3
録画機能1
編集機能3
入出力端子3
サイズ3

パナ55インチ有機TVを使用、番組表が画面いっぱいで使いやすく、DIGAも同じと考え検討もせずに購入した。

なぜかDIGAの番組表が小さく左右と上面に大きな空白があり、番組表はTV画面の7割程度の大きしかない。

客サポートセンターに相談してもどうもならないとのこと、購入は失敗でした。
なぜこのような設定にしているのか、どう考えても理解できない。

全く不要な画面空間を作り、番組表を小さくして見にくくしている。
他の方のレビューでしょせん中国製だとあり、中国開発製品にムリくり日本仕様をドッキングしたせい、としか考えられない。

バージョンUPを願いたい。

接続テレビ
有機EL

参考になった22

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

使者誤入さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:482人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
421件
レンズ
2件
132件
ブルーレイ・DVDレコーダー
6件
80件
もっと見る
満足度1
デザイン5
操作性1
録画画質2
音質2
録画機能1
編集機能1
入出力端子1
サイズ3

まず、DMR−SUZ2060との比較
1.4K録画時、2Kの2〜15倍へのダウンコンバート録画ができたのが、
  この機種では何の断りもなしにダウンコンバートを省略している。
  つまり、4K放送は4K画質でしか録画できない。
  その為、4K放送される番組を2Kで録画したいと思っても、
  一旦4KDRで録画して、倍数指定のダウンコンバートしなければならず、
  従来の3倍程度の手間と時間がかかる。
2.おまけに2Kの録画モードが更に手を抜いて3倍、5倍と15倍のみになった。
従来のモードは5.5,6,7,8,9,10,11,12,15倍録画が「隠しモード」になっていて、
  いちいちサブメニューで切り替えないと使えない仕様になっている。
3.4K画質の長時間モードは1.5,1.6,1.8,2,2.3,2.5,3,3.5,4倍のみ。
  4K放送のソースの大半がSDか2Kどまりの現状で、この手抜きは最悪である。
4.スロー再生時、バックスローがほとんど動かなくなった。しばしば完全に停止する。
  編集が事実上不可能に。
そして、2060と同様、
5.リモコンからワープ機能がなくなった。
  その為、編集時は録画冒頭からエンドまで、早送りするしかない。
6.しかも、ほんのわずかな時間、電源コードを外すだけで
  時刻設定がデフォルトに戻り、バックアップ機能がない。
  従来のDMRにはなかったお粗末さである。
7.2060は中国製で、わずか8ヶ月の間に2度も致命的な故障を発生した。
  この機種も中国製。

接続テレビ
有機EL

参考になった73人(再レビュー後:55人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

後期中年車さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン1
操作性4
録画画質4
音質3
録画機能4
編集機能4
入出力端子4
サイズ4

質感、デザインはいまいちですが、TVと違い、あまり目につかない位置に置くので、気になりません。
機能面では最新なので文句なしです。

接続テレビ
有機EL

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

おうちクラウドディーガ DMR-4W200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

おうちクラウドディーガ DMR-4W200
パナソニック

おうちクラウドディーガ DMR-4W200

最安価格(税込):¥59,138発売日:2019年 7月19日 価格.comの安さの理由は?

おうちクラウドディーガ DMR-4W200をお気に入り製品に追加する <1487

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイ・DVDレコーダー)

ご注意