おうちクラウドディーガ DMR-4W200 レビュー・評価

2019年 7月19日 発売

おうちクラウドディーガ DMR-4W200

  • 新4K衛星放送の2番組同時録画に対応したブルーレイレコーダー。4K長時間録画モード対応で高精細な新4K衛星放送の番組をより多く残せる。
  • 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる「おうちクラウド機能」を搭載。
  • 写真・動画にメッセージを付けられ、ブルーレイディスクを本体にセットし設定すれば、写真・動画を手間なくブルーレイディスクに自動で保存できる。
おうちクラウドディーガ DMR-4W200 製品画像
最安価格(税込):

¥55,312

(前週比:-1,032円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥55,312¥102,080 (45店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥55,313 〜 ¥78,900 (全国8店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:ブルーレイレコーダー 同時録画可能番組数:3番組 HDD容量:2TB おうちクラウドディーガ DMR-4W200のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

 
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の価格比較
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の店頭購入
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のスペック・仕様
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のレビュー
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のクチコミ
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の画像・動画
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のピックアップリスト
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のオークション

おうちクラウドディーガ DMR-4W200パナソニック

最安価格(税込):¥55,312 (前週比:-1,032円↓) 発売日:2019年 7月19日

  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の価格比較
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の店頭購入
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のスペック・仕様
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のレビュー
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のクチコミ
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200の画像・動画
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のピックアップリスト
  • おうちクラウドディーガ DMR-4W200のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > ブルーレイ・DVDレコーダー > パナソニック > おうちクラウドディーガ DMR-4W200

おうちクラウドディーガ DMR-4W200 のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:3.40
(カテゴリ平均:4.00
レビュー投稿数:30人 
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 3.62 4.13 52位
操作性 リモコンや本体の操作のしやすさ 3.04 3.61 55位
録画画質 映像の鮮明さなど 4.15 4.33 50位
音質 音質の良さ 3.54 4.09 54位
録画機能 録画しやすく、機能が充実しているか 3.29 4.00 60位
編集機能 編集機能は充実しているか 3.13 3.68 51位
入出力端子 端子の数 3.25 3.83 55位
サイズ 省スペース性・コンパクトさ 3.55 4.21 61位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

おうちクラウドディーガ DMR-4W200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

さん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:376人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

ハードディスク ケース
5件
0件
SSD
4件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
4件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
操作性3
録画画質5
音質5
録画機能5
編集機能5
入出力端子2
サイズ3

4K放送録画機はSCZ2060を既に所有している。
4WはSCZの後継機種としていろいろな機能が付加されている。
4Kチューナー数以外の仕様についてSCZと比較してみた。

●4K長時間録画モード で「使える」のは2倍まで
4Kの解像度のまま容量を小さく圧縮するモードが搭載された。
動きの少ない画面であれば、オリジナルを知らなければ画質劣化は感じられないほどで、思ったよりも良いなと思った。
NHKのBS4Kは動きが少ない放送が多いので、このモードはそこそこ使える。
スカパー4KのF1放送を長時間モードに変換してみたが、ブロックノイズが目立った。
2倍ではノイズは少ないが、3倍では盛大に出て、とても見れたものではない。

なお、「2倍」モードは、容量が半分に圧縮されるという意味ではない。
元の放送容量とは無関係で、1倍速=約14GB/60分換算であることに注意。
NHKのBS4Kでは、2倍モードで録画すると、ファイル容量は半分ではなく60%程度に小さくなる。

●TS方式への変換機能
現行のPanasonicとSHARPは再生時にMMT/TLVとTSの両方に対応しているが、SONYはTSのみである。
4Wでは、他社機との互換性のためにMMT/TLVからTSへの変換機能が搭載された。
TSにするとマルチチャンネル音声が記録されない、字幕が出ないなどの弊害があるので、この機能はできるだけ使わないほうがよい。

なお、TSに変換すると情報が削除されるせいか、容量が5%ほど小さくなった。
また、長時間モードへの変換はHDD内でできるが、TSへの変換はBDへのダビング時のみ可能である。

●スマホ連携
「どこでもDIGA」を使えば外出先での録画予約や番組リモート視聴ができる。
しかもアプリ利用料は無料である。
SCZでは4K番組はリモート視聴できなかったが、4Wではできるようになった。

●音声の光出力の削除
SCZでは光出力が付いていたが、4Wでは無くなった。

<欠点>
SCZを使っていて不便だと思った点がいくつかあるが、どれも変わっておらず、改善されていない。

■ディスクトレイのEJECTと電源ボタンが上部右に隣接している
 しかもボタンの色形がまったく同じ。
 トレイを閉めようとして間違えて電源ボタンを押してしまいがちである。
 仕方がないので、私は電源ボタンの上から板を貼って押せないようにしている。 

■副音声や字幕ON/OFFの切り替え操作が非常に面倒
 複数個のボタン操作やカーソル上下合わせが必要である。
 単一のボタンを数回押せば済むようにしてほしい。
 私は通常BDの再生はPS4を使っている。PS4では操作ボタンは1つであり、非常に楽だ。
(PS4では4K UHD-BDの再生はできない)

■ミニ番組が番組表に出てこない
 30分以下の番組は一覧表示に出てこないことが多く、カーソルをそこに合わせないと出てこない。
 拡大表示しても一覧に出ない。

■ダビングのとりやめは不具合の原因になる
 新品BD-REへのダビングを始めてから途中でキャンセル操作をして中止させると、そのBDは高確率でダビングできないBDになる。
 BDを再フォーマットすれば正常に戻るものの、キャンセル機能があまり正常に動作しないようだ。

■黄色ボタンに注意
 リモコンの黄色ボタンは「チャプター打ち」に割り当てられているが、操作断面によっては「番組消去」に割り当てられている。
 番組の誤消去を招くかなり危うい仕様だ。
 リモコンには「消去」ボタンがある。このボタン以外では消去できないようにするべきだ。

■番組結合はDRモード同士、長時間モード同士のみ
 2つの番組を結合して1つにする機能があるが、DRモードの番組に結合できるのはDRモードの番組のみ。
 DRモードと長時間モードの番組を結合することはできない。
 どうしても結合したければ、DRモードの方を長時間モードに変換する必要がある。

接続テレビ
有機EL

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

すかいまんたさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:53人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
3件
14件
デジタルカメラ
1件
6件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
5件
もっと見る
満足度1
デザイン3
操作性2
録画画質3
音質1
録画機能1
編集機能1
入出力端子3
サイズ3

【デザイン】
特筆すべき点はなし。電源・OPENボタンが上面にあるのは使いにくい。普通はラックなどに収めて使うので、SONYのように正面にボタンがあった方が断然使いやすいと思いますが。

【操作性】
テレビと共用しようと思っていたが、リモコンが縦長すぎて音量ボタンが片手持ちの場合届かない。リモコン使い勝手は、SONY>PANA>SHARPの順か。
メインメニューも何だかよく分からないメニューが並んでいて使いずらい。

【録画画質】
特に気になる点はなし。

【音質】
本機のせいなのか、新調したシアターバーのせいなのか分かりませんが、ARC経由でシアターバーから音が出なくなってしまいました。

【録画機能】
お好みキーワードを5〜6つ登録してみたが、2〜3日経過後も1つも録画された番組はなかった。
以前使っていた機種では、いくつも録画されていたのですが。

【編集機能】
「詳細ダビング」モードが使いにくい。ダビング対象のファイルを選択するのに、1回1回青ボタンを押さなければならず面倒。一括選択などできないものか。また、取り込んだ写真をスライドショーに変換して動画化する機能が欲しかった(昔のSONY機には機能があった)

【入出力端子】
テレビとの相性が悪いのか、BDモードや詳細ダビングを実行すると、画面が1分くらい真っ黒になってしまう。「おまちください」などの表示も出ないので、フリーズしているのか待機しているのかわからない。非常にストレスが溜まります。HDMIケーブルは4K対応のものを使っているのに。

【サイズ】
今時の大きさかと。

【総評】
とにかく動作が不安定で、何かコマンドを実行すると画面が真っ黒になって待たされる。そのままフリーズしてしまうことも多く、とても使い物になりません。まともに動いても、メニュー回りの動きはもっさりしていてイライラする。買わなきゃよかった。

<2020/9/2追加>
・ビデオカメラなどで4K動画を撮影・本機で管理することを想定される方は気を付けた方がいいです。取り込み自体はできますが、AVCHDと異なり「録画リスト」に表示されず、「写真」メニューからしか動画を確認できません。しかも、UIが「録画リスト」と異なり、アルバム形式となっており、且つ写真と動画が混在しているため非常に見難い。また、「録画リスト」で表示される動画リストはサムネイルがありますが、「写真」メニューで表示される動画リストはサムネイルも表示されずどれがどの動画なのかさっぱりわかりません。
・SQVに移管したデータも同様で、「録画リスト」に表示されず、なんと「HDD管理メニュー」からフォルダ階層を追いかけていく仕様になっています。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった1人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

人間椅子さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:58人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

カーナビ
1件
16件
ベアボーン
0件
4件
NAS(ネットワークHDD)
0件
3件
もっと見る
満足度1
デザイン3
操作性3
録画画質5
音質無評価
録画機能1
編集機能3
入出力端子無評価
サイズ2

とりあえずタイトルの理由だけ。
今までDIGAの安定性が素晴らしく愛用していたのですが、
4K放送のエヴァンゲリヲン劇場版を録画しようと「ンゲリ」の単語登録でおまかせ録画を設定していたらハング状態になり、録画一時停止状態のまま全く録画できていませんでした。当然ハング中の他の録画も履行されず。
コンセントの抜き差しで復帰はしましたが、今までこんなことはなかったので凄くショック。
4K録画できる機種がこれしかなかったので買いましたが、まだまだ安定するまで待った方が良さそうな雰囲気です。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった20人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ライト外野指定席さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:195人
  • ファン数:30人

よく投稿するカテゴリ

プラズマテレビ
0件
203件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
27件
ブルーレイプレーヤー
2件
20件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性3
録画画質5
音質5
録画機能4
編集機能3
入出力端子5
サイズ3

 4k録画番組もお部屋ジャンプリンクで飛ばせるようになり、より魅力的な製品となりました。
 地デジ録画は既存のレコーダーを使用し、本機は4k放送をDRモード録画でのみ使用するライトユーザーです。4k録画には1TB_HDDだと流石に心許ないので本機を選択しました。
【デザイン】
インシュレーターが付いているので、それなりに堂々としています。
【操作性】
これまでのDIGAと特段変化はありません。
録画予約は全て"どこでもDIGA"アプリから行っています。
【画質】
録画に関してはDRモードのみ使用するので特に無し。
再生画質は優秀だと思います。Dolby visionやHDR10+には対応していません。UHD BD市場が極めて小さいので仕方ないというか、そういう扱いで十分だということなんでしょう。
【音質】
音声専用HDMI出力があるので配慮はされています。当たり前ですがDP-UB9000とは勝負になりません。
【録画機能】
そんなに凝った使い方はしないので満足です。録画の仕方によっては最後の1分が録画されない事があるので注意が必要です。
【編集機能】
部分編集さえ出来れば十分です。番組によってはチャプターがデタラメでイライラするのはお約束です。
【入出力端子】
出力端子はHDMIのみと随分割り切っています。お部屋ジャンプリンクを使用する方でしたら初期設定さえ行えば後はHDMIすら不要な場合もありますね。
プレーヤーのUB9000でも同様ですが、4k放送録画のMPEG4-AACマルチch音声は最大5.1chのPCMで出力されビットストリームで出力することは不可能です。将来性を考えるとビットストリーム出力は欲しいところです。
【サイズ】
高さ66mmとレギュラーDIGAと比較すると厚みはあります。ラック収納部の高さによってはディスクの出し入れがやりにくい場合があるかもしれません。
【総評】
ディスクに残したい時やプレーヤーDP-UB9000を使用して高画質再生したい時があるので本機を購入しましたが、ほとんどの人はテレビ+HDDで十分でしょう。
ディスク時代の終焉を感じる今、私にとっては最後のBDレコーダーになる可能性もあると思っています。

接続テレビ
有機EL

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

かずじいじいさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:3人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
録画画質5
音質3
録画機能4
編集機能3
入出力端子5
サイズ4

DIGAの発売当初からの買い替えです機能がテレビの同じメーカーなので取り回しがよく大変満足しています。
特に4kBC、4KCSチューナーが内臓しており録画再生時も4Kテレビで見れば大変きれいにみることができました

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

koobrewopさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:89人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
2件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
1件
0件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン3
操作性4
録画画質5
音質5
録画機能4
編集機能無評価
入出力端子3
サイズ5

 DIGAはBW800以来になります。その後東芝RD-X10(画質音質◎,操作性は超モッサリ×)を使い続けてきました。 
 テレビはAQUOSのクアトロン(疑似4K/30pまで)を使用中で,4Kチューナー兼録画機として使い始めました。本当は8Kレコーダー(第2世代くらい)登場まで待とうと思っていて,それまでの「つなぎ」のつもりで購入しました。のですが,最近は地上波も含めて録画するようになり,そろそろ外部HDDを用意しようかな,という気持ちになっています。
【デザイン】
 前面を覆う蓋はトレイが開くたび落ちてきて正直邪魔です…。ホコリ対策ならトレイの周辺だけで十分かと。
【操作性】
 マニアックなことは得意ではないけど,日常使いには十分という印象。久しぶりではあってもDIGAはDIGAでした。
 現在困っているのは4K録画の1.3倍速再生で音声が出力されないことで,これはアップデートで対応していただきたいです。
 リモコンは,十数年前からあんまり変わっていないような…
【録画画質】
 4K放送はやっぱりきれいです。今のところDR中心ですが少なくとも1.5倍録ではDRと見分けがつきません。
【音質】
 一番の驚きがBS4K放送の音質の良さでした。地上波やBS2Kと比べると,MPEG4-AAC 48khz 24bit の音はとても豊かです。
(外部DACに入力して聞いています。)民放BSでも音楽番組なら4Kの方を選んで録画してしまいます。 
【録画機能】
 他の方のレビューを拝見し,連続録画の際の欠点がわかり,参考になりました。X10では毎回,最初にチューナーを選択させられていますので,私にとっては大した手間ではありませんが,できれば自動で切り替わるようになってほしいです。
 なお,NHK BS4Kの22.2ch音声を記録できるのはいいですね。現在我が家はサラウンドを断念してフロント2Ch環境にしていますが,将来に夢を託す意味で,記録できるに越したことはないと思います。一方,ロスレス音声ALSには対応していない(今はそもそも番組がないのですが)ようで,これは残念です。
 それと「どこでもディーガ」での予約録画,番組再生は便利ですね。BS4Kの現在放送視聴ができるともっと嬉しいです。
【編集機能】
 まだ本格的に編集を行っていないので評価できません。
【入出力端子】
 寂しいほどに省略されていますが,だからこそ安くても一定のクオリティを保っているのでしょうね。
【サイズ】
 奥行きが浅くて裏の配線に手が届きやすいのはメリットです。
【総評】
 価格.comさんで紹介されているお店で購入し(1月中),キャッシュバックに応募すれば,特別なことをしなくても6万円代で手に入リます。バブル期のS-VHSや発売当初のBDレコーダーが軒並み20万円ほどしたことを考えると,4K放送が2番組同時録画できるレコーダーがこんな価格で手に入る,これだけでも凄いことです。NHKのBS4Kは頑張ってますし,4K対応テレビをお持ちの方で,特に音楽番組が好きな方は迷わず導入してほしいです。
 最後に,これはPANASONICさんだけのことではありませんが,SeeQVaultの4K8K対応,4K放送録画BDの互換性問題を各メーカー間で早く対策して,消費者が安心して導入できる環境を実現してほしいと思います。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった9

このレビューは参考になりましたか?参考になった

刺鹿さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
録画画質4
音質4
録画機能5
編集機能4
入出力端子5
サイズ5

DIGAの4kチューナー内蔵タイプに更新です。
DMR-BWT1000を使用していましたが、今回は機能アップが著しくメニューの多さに面食らいました。しかしDIGAに慣れていれば全く問題ありません。ただし、引っ越しダビングはBWT1000からは出来ません。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

月柊さん

  • レビュー投稿数:7件
  • 累計支持数:331人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

カードリーダー
1件
0件
セキュリティソフト
1件
0件
SSD
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン2
操作性4
録画画質4
音質3
録画機能1
編集機能4
入出力端子3
サイズ4

【デザイン】
個性を感じられないデザイン。
フタを開けないとBDやUSBが使えないのはマイナス。


【操作性】
使い慣れたDIGAの操作性。ただ動作は10年前ほどのDIGAの遅さ。
録画一覧を出すだけでも”モッサリ”です。


【録画画質】
4K長時間録画にも対応していますが、4K番組のリアルタイムエンコードは
できないので電源を切ってから内部で長時間モードに変換されます。

4K対応テレビ(z700x)を使ってますが、BS4K民放は最初は眠たい絵で映ります。
HDMIの設定で「HDR」をオートからオフへ切り替えると映像が明るくなりました。


【音質】
YAMAHAのシアターバーで聴いているので十分。


【録画機能】
この4Kチューナー2基搭載モデルには欠陥といっていいほどの問題点があり
(DMR-4CW400、DMR-4CW200、DMR-4W400、DMR-4W200)
2K番組(地上波、BS、CS)を19:00〜20:00、20:00〜21:00と
続けて2つ録画する場合、最初に2K専用のチューナーが使用され
次の番組には4K2Kチューナーではなく同じ2K専用チューナーが使用されるため
最初の番組が19:00〜19:59までしか録画されず1分は尻切れになります。

ですのでこの場合に2K番組を尻切れさせず録画したい場合は
予約確認から20:00から始まる番組のほうのチューナーを手動で
2K専用チューナーから4K2Kチューナーに一つ一つ切り替える必要があります。

民放放送の場合はCMが多いので尻切れはあまり問題はないですが
NHKやCS放送では実際に尻切れして番組最後まで見れないことが多々ありました。


【編集機能】
モッサリしていますがいつものDIGAです。


【入出力端子】
光デジタル出力も省かれてますがそのぶんHDMIがあるので問題はありません。


【サイズ】
場所を取らないコンパクトサイズです。


【総評】
録画機能のところでも説明しましたが4K番組専用に使われるならお勧めします。
でも実際のところBS4K番組は再放送やアップコンバート放送が多く
録りたいと思うコンテンツは現在少ないと思いますので
うっかり2K番組を多数録画していたら尻切れになることがあります。

あと4K番組のチャンネル切り替えの時間は5秒ほどと、とても遅く
SONY BDZ-FBT2000を店頭で試したところ3秒ほどでスムーズでした。

良くも悪くも本格的な4Kレコーダーの繋ぎ的な役割の機種になると思います。

DIGAを買うなら2020年の春モデルまで待ったほうがいいかもしれません。

参考になった38

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Risa@Hさん

  • レビュー投稿数:25件
  • 累計支持数:1042人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

薄型テレビ・液晶テレビ
8件
16件
エアコン・クーラー
3件
9件
空気清浄機
6件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
録画画質5
音質5
録画機能5
編集機能5
入出力端子5
サイズ4

4K非対応のパナソニック、ソニーのレコーダー1台ずつ所有からの買い増し。
所有TVはソニーの9500G、9000F、シャープの2K亀山モデル液晶とパナソニックのTH-55GZ2000有機EL。

この機種が「DMR-4CW200」と流通経路が異なるだけでデザインも含め全く同性能なのに他のレビューでは酷評されていますが、私の用途目的では最優秀でベストバイでした。
現在世に出ている4Kチューナー2基搭載、同時3番組録画レコーダーでは最高のスペックと実力。
SONY(VOD機能なし等)シャープ(3番組同時録画できないパターンがある)、東芝映像ソリューションズ(出たばかりで不明)で、実質本機とSONYの「BDZ-FBT2000」との一騎打ちとなりましたが、店頭で視聴して次の点でパナソニック「DMR-4W200」に軍配となりました。

決め手になった性能を結論から言うと、長時間録画モード(例えば15倍モード)で録画した映像や、4K機能非搭載のレコーダーで録画したどのモードの映像もBD映像も本機で再生すると映像の画質と音の音質がほぼ4K映像と同等にアップコンバートされ(BD映像は4KUltra HD Blu-ray映像にアップコンバートされ)、音質もハイレゾにアップコンバートがとても優秀で感動した事。
過去にソニーのレコーダーが酷使しているパナソニックのレコーダーより早く故障した事。
加え、あくまで性能重視ですが、両社4Kチューナー2基搭載、同時3番組録画、HDD2TBの同スペックでソニーの方が約3割割高であり、パナソニックの方がコスパが良い事も決め手になりました。仮に逆の価格でパナソニックの方が割高でも本機に決めたでしょう。
それだけ、パナソニックの方が性能、機能が魅力的です。

その他細かい点は下記記載の通りです。

@4K放送の録画中に別の4Kチャンネルに選局した際のスピード低下がなかった。
A4K放送から番組表を開くまでのレスポンス、番組表の上下左右操作のレスポンス、録画ボタンでできる予約登録が高速。
B2019年12月時点で4K長時間録画はパナソニックとソニーの2社。両社の対応録画モードはソニーは7モード、対しパナソニックは17モード。
Cパナソニックの録画一覧は番組名が見やすくタブ形式で切り替えて最新録画、未視聴、新番組などよく使う絞り込みに対応で使いやすい。
D4K長時間録画の録画画質もモードの選択肢も豊富。また、再生設定のHDR調整からダイナミックレンジ調整を使うと、暗く見える4K放送を明るく補正できる。音質も同様にダイナミックレンジに変換され良い音にしてくれる。

EVOD機能付きでネット動画視聴可能。
(これは大きな決め手になりました。パナのVODアプリのOSはFirefoxで安定。ソニーもAndroidOS実装のメーカでは最も安定していますが、TVにはVOD動画視聴機能は付いていますがレコーダーに付いておらず、動画視聴不可能。アップデートで仮に付いてもAndroidはいつバージョンアップできなくなるかの可能性がFirefoxより高い)

F4K4倍モードでもDRモード画質でBDにダビングができる。

Gスマートスピーカー連携。

H過去に他機種でBDに保存した15倍モードでも4K画質(Ultra HD Blu-ray)とHDR音質(ハイレゾ)にアップコンバートできる。(これが最も感動で大きな決め手)

ICD楽曲、写真、動画を本機HDDにためて、いつでもスマホで楽しめ、「おうちクラウド機能」で録画番組も写真/動画、音楽もスマホで楽しめる。


■パナソニック機のマイナス点:相変わらず安っぽいリモコン。本機購入前のパナ機用リモコンも同様でボタンを押しても反応せず、2回リモコンを購入していますが、本機のリモコンも同様になりそう。
ソニーは壊れにくくボタンの配列が工夫されスタイリッシュ。

比較製品
SONY > BDZ-FBT2000
接続テレビ
有機EL

参考になった19人(再レビュー後:14人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

KEY さんさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
42件
レコードプレーヤー
0件
3件
ブルーレイ・DVDレコーダー
1件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン3
操作性2
録画画質3
音質3
録画機能1
編集機能3
入出力端子3
サイズ3

パナ55インチ有機TVを使用、番組表が画面いっぱいで使いやすく、DIGAも同じと考え検討もせずに購入した。

なぜかDIGAの番組表が小さく左右と上面に大きな空白があり、番組表はTV画面の7割程度の大きしかない。

客サポートセンターに相談してもどうもならないとのこと、購入は失敗でした。
なぜこのような設定にしているのか、どう考えても理解できない。

全く不要な画面空間を作り、番組表を小さくして見にくくしている。
他の方のレビューでしょせん中国製だとあり、中国開発製品にムリくり日本仕様をドッキングしたせい、としか考えられない。

バージョンUPを願いたい。

接続テレビ
有機EL

参考になった24

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

kim411さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:42人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

スピーカー
2件
6件
マザーボード
0件
2件
テレビ
2件
0件
もっと見る
満足度1
デザイン5
操作性4
録画画質5
音質3
録画機能1
編集機能3
入出力端子4
サイズ3

【デザイン】
スッキリしたデザイン。
可もなく不可もなく。

【操作性】
軽快な動作。
サクサク動きます。

【録画画質】
4K画質で3倍録画でも十分綺麗。

【音質】
ハイレゾでも良い音です。
アップコンバートはかかり過ぎな感があります。

【録画機能】
不可。
この機種の機能であるシリーズおまかせ録画を行うと番組を取り逃すことが多々あるため、
シリーズ番組の録画をするならこの機種は止めたほうが良いです。
また、番組名での録画ができません。

毎週決められた時間にある放送番組を録画するなら問題はありませんが、
2kと4kのチューナーの選択を手動で行う必要があるため、
標準設定が2kチューナー*1なので重複してしまい取り逃す可能性も大いにあります。
自動で振り分けてくれれば多少は録画機能も使えるのですが、、、。


【編集機能】
録画機能が酷く、編集までたどり着けていません。

【入出力端子】
標準仕様。
HDMI出力*2はプロジェクターを繋ぐ際に便利です。

【サイズ】
標準的な寸法。

【総評】
良い所もあるが、録画機能の酷さが目立ってしまっています。
アップデートで改善されない限り、録画メインで使おうとするのは
止めたほうがいいと思います。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

エゴラドさん

  • レビュー投稿数:83件
  • 累計支持数:110人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

ブルーレイ・DVDレコーダー
5件
74件
スマートフォン
1件
67件
デジタル一眼カメラ
1件
34件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性5
録画画質5
音質4
録画機能5
編集機能5
入出力端子5
サイズ5

4K録画用として購入。
取り扱いも簡単で、リモコンも簡単に使えます。
画質、音質ともこの価格帯であれば、充分満足です。

接続テレビ
液晶テレビ

参考になった5

このレビューは参考になりましたか?参考になった

使者誤入さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:491人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
421件
レンズ
2件
132件
ブルーレイ・DVDレコーダー
6件
80件
もっと見る
満足度1
デザイン5
操作性1
録画画質2
音質2
録画機能1
編集機能1
入出力端子1
サイズ3

まず、DMR−SUZ2060との比較
1.4K録画時、2Kの2〜15倍へのダウンコンバート録画ができたのが、
  この機種では何の断りもなしにダウンコンバートを省略している。
  つまり、4K放送は4K画質でしか録画できない。
  その為、4K放送される番組を2Kで録画したいと思っても、
  一旦4KDRで録画して、倍数指定のダウンコンバートしなければならず、
  従来の3倍程度の手間と時間がかかる。
2.おまけに2Kの録画モードが更に手を抜いて3倍、5倍と15倍のみになった。
従来のモードは5.5,6,7,8,9,10,11,12,15倍録画が「隠しモード」になっていて、
  いちいちサブメニューで切り替えないと使えない仕様になっている。
3.4K画質の長時間モードは1.5,1.6,1.8,2,2.3,2.5,3,3.5,4倍のみ。
  4K放送のソースの大半がSDか2Kどまりの現状で、この手抜きは最悪である。
4.スロー再生時、バックスローがほとんど動かなくなった。しばしば完全に停止する。
  編集が事実上不可能に。
そして、2060と同様、
5.リモコンからワープ機能がなくなった。
  その為、編集時は録画冒頭からエンドまで、早送りするしかない。
6.しかも、ほんのわずかな時間、電源コードを外すだけで
  時刻設定がデフォルトに戻り、バックアップ機能がない。
  従来のDMRにはなかったお粗末さである。
7.2060は中国製で、わずか8ヶ月の間に2度も致命的な故障を発生した。
  この機種も中国製。

接続テレビ
有機EL

参考になった76人(再レビュー後:58人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

おうちクラウドディーガ DMR-4W200のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

おうちクラウドディーガ DMR-4W200
パナソニック

おうちクラウドディーガ DMR-4W200

最安価格(税込):¥55,312発売日:2019年 7月19日 価格.comの安さの理由は?

おうちクラウドディーガ DMR-4W200をお気に入り製品に追加する <1650

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(ブルーレイ・DVDレコーダー)

ご注意