『プロのドラマーやベーシスト向けのイヤモニ』 ゼンハイザー IE 400 PRO [CLEAR] 藤本健さんのレビュー・評価

2019年 7月11日 発売

IE 400 PRO [CLEAR]

  • プロ向けのインイヤー型モニタリングイヤホン。TrueResponseテクノロジーが周波数帯域全体をカバーし、クロスオーバー調整や位相差を発生させない。
  • ひずみがないため音響のストレス要因を低減し、高い音圧レベルや騒がしい環境でも、自然なまま聞き分けられる。
  • 改良を加えた7mmドライバーにより、クリアで低歪な再現を実現。取り外し可能なケーブルを採用している。
IE 400 PRO [CLEAR] 製品画像

画像提供:Amazon.co.jp

画像一覧を見る

最安価格(税込):

¥41,290

(前週比:-290円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥41,290〜¥49,500 (11店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥44,550 〜 ¥49,500 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:6Hz〜19kHz IE 400 PRO [CLEAR]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • IE 400 PRO [CLEAR]の価格比較
  • IE 400 PRO [CLEAR]の店頭購入
  • IE 400 PRO [CLEAR]のスペック・仕様
  • IE 400 PRO [CLEAR]のレビュー
  • IE 400 PRO [CLEAR]のクチコミ
  • IE 400 PRO [CLEAR]の画像・動画
  • IE 400 PRO [CLEAR]のピックアップリスト
  • IE 400 PRO [CLEAR]のオークション

IE 400 PRO [CLEAR]ゼンハイザー

最安価格(税込):¥41,290 (前週比:-290円↓) 発売日:2019年 7月11日

  • IE 400 PRO [CLEAR]の価格比較
  • IE 400 PRO [CLEAR]の店頭購入
  • IE 400 PRO [CLEAR]のスペック・仕様
  • IE 400 PRO [CLEAR]のレビュー
  • IE 400 PRO [CLEAR]のクチコミ
  • IE 400 PRO [CLEAR]の画像・動画
  • IE 400 PRO [CLEAR]のピックアップリスト
  • IE 400 PRO [CLEAR]のオークション

『プロのドラマーやベーシスト向けのイヤモニ』 藤本健さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

IE 400 PRO [CLEAR]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:81件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールDTM、デジタルレコーディング、デジタルオーディオといった分野を中心に書いているライター。高校・大学在学中よりシンセサイザ、シーケンサなどの開発、製品化を行っていたが、1989年にリクルートに入社して編集者に。2002年に早期定年退職をす…続きを読む

満足度5
デザイン5
高音の音質5
低音の音質5
フィット感5
外音遮断性5
音漏れ防止5
携帯性5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

プロのドラマーやベーシスト向けのイヤモニ

プロのドラマーやベーシスト向けのイヤモニ

持ち運びに便利な専用ケースが付属している

2種のイヤーチップがそれぞれS/M/Lの6タイプ付いてくる

プロユーザー向けに開発されたイヤモニ、SENNHEISER IE 400 PRO。そのサウンドは、パワフルな出音で中低域に特徴があり、ドラマーやベーシスト向けの出音をしている。低域がしっかり出ているのに、高域もきらびやかなので、全体的にはバランスよく仕上がっている。グルーブをしっかりモニタリングできる優秀なイヤモニだ。

そもそもSENNHEISERは、長年レコーディング業界で愛用されているダイナミックマイクのMD 421や定番のガンマイクのMKH 416、先日創業75周年を記念してアニバーサリーモデルが発売されたHD 25……など、プロの音楽制作現場で使用され続けている名機たちを世に送り出しているわけだが、これまでプロユーザー向けに開発されたイヤモニは存在しなかった。

そんなSENNHEISERが、コンシューマー向けのインイヤーでの経験やプロ用のヘッドホンやマイクでの技術力を結集させてリリースしたのが、このIE 400 PRO。ラインナップとしては、IE 400 PROとIE 500 PROが存在するが、上位・下位という関係性ではなく、あくまでサウンドキャラクターで分けられている。

特徴は、新開発したシングル・ダイナミック・ドライバによる、高解像度・超低歪み率。幅広い再生帯域範囲を実現しており、ステージの上でも歪みが少ない分、大音量でなくてもモニタリングが容易。これにより耳への負担が従来のイヤモニに比べて、かなり軽減され、ボーカリストやミュージシャンの耳を守ることができる。

イヤモニで定番のドライバ、バランスド・アーマチュア・ドライバではなく、シングル・ダイナミック・ドライバを採用しているのが、このイヤモニのポイント。バランスド・アーマチュア型は、補聴器用ドライバの発展形であり、高域の繊細な音作りが可能で、入力に対して高感度なドライバユニットである一方、低域の再現性が不得意とされてる。

それに対し、ダイナミック型は、再生帯域の広さや中低域の再生能力、音の元気さなどを自然に得ることができるとされている。ただ、複数の帯域に分けてドライバユニットを配置するバランスド・アーマチュア型と比べて、1つのドライバユニットで全帯域をチューニングするので、技術力が試される機構でもある。

そもそもSENNHEISERがダイナミック型を採用した理由として、次のようなことを挙げている。
「PAシステムでも、自宅ステレオシステムでも、IEMシステムでも、複数のドライバを使用することは、異なるドライバ間の干渉やクロスオーバー効果という望ましくない副作用をもたらします。そのようなシステムは、決していいものではなく、単一(シングル)のオーディオソースにはかないません。マルチドライバソリューションでは、シングルドライバで全周波数帯域をカバーできず、かつ適切な品質が提供できないことにあります。バランスド・アーマチュア・ドライバを搭載したIEMシステムも同様です。補聴器から派生したこれらのドライバは、どれも全周波数帯域をカバーすることができないため、メーカーはパッシブクロスオーバーを用いたお馴染みのマルチドライバソリューションを開発しなければなりませんでした。それに、市場をよく観察していると、「ドライバは多ければ多いほど良い」という主張に何度も出くわしました。ダイナミック・ドライバの設計をしていた私たちは、この主張に違和感を覚え、「もしも、複数のバランスド・アーマチュア・ドライバの欠点を解消して、強力なダイナミック・ドライバを1台だけ使ったらどうだろうか?」と思ったのがキッカケでした。」

実際に試聴していただきたいところだが、ダイナミック型のIE 400 PROの方が、バランスド・アーマチュア型のイヤモニに比べて、非常にナチュラルな出音をしている。これが、ドライバ同士が干渉し合わないことによるメリットなのだろう。

ちなみに付属としては、専用のケース、耳の形に変形するフォームタイプとシリコンタイプのイヤーチップがそれぞれS・M・Lと計6つのタイプ付いてくる。またカラーバリエーションは、CLEARとSMOKY BLACKの2色展開。

私が運営しているDTMステーションでは、IE 400 PROについて、IE 500 PROとともにもっと詳細に紹介しているので、そちらも参照していただきたい。
「新開発の7mmダイナミック・ドライバ搭載。耳へのダメージを軽減する、0.08%という超低歪み率を実現したイヤモニ SENNHEISER IE 400 PRO/IE 500 PRO」

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

IE 400 PRO [CLEAR]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

IE 400 PRO [CLEAR]
ゼンハイザー

IE 400 PRO [CLEAR]

最安価格(税込):¥41,290発売日:2019年 7月11日 価格.comの安さの理由は?

IE 400 PRO [CLEAR]をお気に入り製品に追加する <29

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意