『どんなシーンも環境も器用にこなす、オールマイティーな有機EL』 東芝 REGZA 55X930 [55インチ] siesta33さんのレビュー・評価

2019年 7月10日 発売

REGZA 55X930 [55インチ]

  • 有機ELパネルと新映像処理エンジン「レグザエンジン Professional」で高画質が特徴の55V型4K有機ELテレビ。鮮やかな色彩と引き締まった黒を実現。
  • 豊かな低音と透明感あるクリアな音質を楽しめる専用オーディオシステムを搭載。ハイスピード18Gbps対応HDMI入力端子×7系統で多数の機器と接続可能。
  • 見逃した番組があとから見られる「タイムシフトマシン」を採用。放送済みの番組が表示される過去番組表から昨日のドラマも見られる。
REGZA 55X930 [55インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥186,000

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥186,400

GBFT Online+

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥186,000¥214,700 (7店舗) メーカー希望小売価格:オープン
画面サイズ

種類 : 有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:4K OLED クリアダイレクトモーション 録画機能:外付けHDD REGZA 55X930 [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

REGZA 55X930 [55インチ] の後に発売された製品REGZA 55X930 [55インチ]とREGZA 55X9400 [55インチ]を比較する

REGZA 55X9400 [55インチ]

REGZA 55X9400 [55インチ]

最安価格(税込): ¥196,800 発売日:2020年 6月19日

画面サイズ:55V型(インチ) 種類:有機ELテレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:4K OLED クリアダイレクトモーション 録画機能:外付けHDD
 
  • REGZA 55X930 [55インチ]の価格比較
  • REGZA 55X930 [55インチ]の店頭購入
  • REGZA 55X930 [55インチ]のスペック・仕様
  • REGZA 55X930 [55インチ]の純正オプション
  • REGZA 55X930 [55インチ]のレビュー
  • REGZA 55X930 [55インチ]のクチコミ
  • REGZA 55X930 [55インチ]の画像・動画
  • REGZA 55X930 [55インチ]のピックアップリスト
  • REGZA 55X930 [55インチ]のオークション

REGZA 55X930 [55インチ]東芝

最安価格(税込):¥186,000 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月10日

  • REGZA 55X930 [55インチ]の価格比較
  • REGZA 55X930 [55インチ]の店頭購入
  • REGZA 55X930 [55インチ]のスペック・仕様
  • REGZA 55X930 [55インチ]の純正オプション
  • REGZA 55X930 [55インチ]のレビュー
  • REGZA 55X930 [55インチ]のクチコミ
  • REGZA 55X930 [55インチ]の画像・動画
  • REGZA 55X930 [55インチ]のピックアップリスト
  • REGZA 55X930 [55インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > 東芝 > REGZA 55X930 [55インチ]

『どんなシーンも環境も器用にこなす、オールマイティーな有機EL』 siesta33さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

REGZA 55X930 [55インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

siesta33さん

  • レビュー投稿数:18件
  • 累計支持数:251人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

スマートフォン
4件
153件
薄型テレビ・液晶テレビ
4件
73件
デジタルカメラ
0件
29件
もっと見る
満足度5
デザイン4
操作性4
画質5
音質2
応答性能3
機能性5
サイズ5
どんなシーンも環境も器用にこなす、オールマイティーな有機EL

メーカー真っ青の地獄の設置環境。夕方になると画面に日が差し込みます。地獄!!

バックのスクリーンが実際のLIVEさながら輝いています。暗い部分の締りは格別!

液晶だと暗くなるか、上が白く靄っぽくなっていたシーンも、表現が出来ていて感動!

DVDもコントラストのお陰か見やすいです。しかし超解像技術をもってしても厳しい…

UHDは流石の一言。色彩も明るさも眩しさを覚えるような煌びやか!

肌色も(写真では伝わらないですが)しっかり同じにならず、血色も良く安心できます!

DIGA[DMR-4CW200]→[RP-CHKX20-K]→[本機]と接続しております。


【デザイン】
2〜3度の傾斜がどこまで影響するか心配でしたが、ほぼ違和感なく観られます。
カーペットが弾いてあるので、下から見上げることもあるのですが、こちらも平気です。
液晶のように色やコントラストが変わらないので前よりいい印象です。


【操作性】
リモコンがワンテンポ遅れるのが気になります。
また角度が悪いのか、反応しないこともしばしば。
Google Homeと接続しているので、声で出来る点はいいです。


【画質】
購入時、BRAVIA KJ-55A9G、VIERA TH-55GZ2000と比較していました。

映画:GZ2000>A9G>X930
LIVE:GZ2000≫A9G≒X930
地デジ:X930≫GZ2000≧A9G

映画:実写アラジン
ホール・ニュー・ワールドの月をバックに飛んでいるシーンで
◎GZ2000は月が煌々ときらめき、水に反射する光も生々しくて脱帽しました。
○A9Gも明るめですが、GZ2000と比較は禁物。しかし色彩も青に転びそうなシーンが多い中、安定していて綺麗でした。
△X930は断トツで暗いです。倍速が失敗しているのか人物の周りに靄が出ているのも気になりました。
  人物の肌色は一番綺麗な色味でした。全体は薄めの印象。

LIVE:Perfume×Technology presents Reframe 2019
◎GZ2000は明らかに明るさが違うので画質調整が1台可笑しいのかと思うほどでした。
 暗闇に白い線や白い衣装が浮かび上がる立体感は格別です。また暗闇に隠れている舞台セットが見えるのも凄いです。
  (NHKのロゴもGZ2000だけとっても明るい!!)
○A9Gも明るめで舞台装置もうっすら見えるのですが、ピークの明るさが伸びないためか比較するとのっぺりした印象でした。
○X930は舞台装置はほぼ黒つぶれしていて、ピークの明るさも一番暗く始めは候補からはずそうかと思いました。
  よく見ると、白い衣装の凹凸や、レーザーやスポットライトの光の立体感が素晴らしく、暗いのに立体感を感じました。

地デジ:ニュースとバラエティ
◎X930は色が若干濃いめですが、コントラスト肌色ともに断トツに美しい!!CMなどはBSかと思えるレベルです。
○GZ2000は明るく見やすいのですが、明るいからこそノイズが少し目立った印象です。肌色が濃い印象。
△A9Gは明るいが、全体にノイズを少し感じました。肌色、色彩も3つの中で薄め。

上記で、個人的感想は
GZ2000:ソースが良ければ無敵。明るさは遙か上。明るく自然。
A9G:映画中心ならGZ2000に迫る。明るくしようとしていて見やすい。
    Androidが不安定な印象で、デモ機も1台フリーズしていました。
X930:家族で色々観ても安定した画質が出るが若干暗め。地デジは断トツで綺麗。
    少し暗めだが自然。白つぶれしそうな所の立体感が凄い。
と言った印象でした。

予算があればGZ2000を推します。


購入後何より驚いたのがリビングAI。
我が家は真横に窓があり、東面〜南面から強い日が差し込みます。夜は読書する家族がいるとクール色で明るく、TVに集中する際は暖色で暗めにと、かなり明るさが前後します。
ですが何もしなくても最適化されるので、下手に設定を弄るよりお任せしていた方が安定した画質を手にい入れられます。


【音質】
下向きの割に聞き取りやすいです。音割れも無いです。
低音は籠もり気味。中音域は聞き取りやすいけど美しくは無い印象です。


【応答性能】
思ったほど上手くなくてびっくりしました。
クリアスムーズは何かの拍子に処理が止まったり(動きがスーっとから突然ガガガガとなる感じ)、人物の周りに靄が出ます。
スムーズは映画のスタッフロールなどが点滅します。(クリアスムーズ、フィルムはならない。)それ以外は自然。
ハイクリア、ハイモーションは若干暗くなってしまうため、我が家の明るいリビングでは光量不足気味。
注意事項のちらつきは、プラズマと比較すると抑えられていて私は気になりませんでした。


【機能性】
タイムシフトは使う予定が無かったのですが、購入特典でTHD-400V3を2台頂けて使っています。
もう無しじゃ生きていけません。仕事柄帰宅時間がハチャメチャなので、録画するほどでは無いがいつも観ていた番組、間に合うと思って録画していなかった番組、気づいたら新放送開始になっていた番組、野球が長引きお風呂に入ったら始まっていた番組…
仕方が無いレベルですが、小さいストレスが全て解消されます。

CMが多すぎてイライラする方は、「始めにジャンプ」でスキップしながら観るなんてことも可能!

みるコレは好きなアーティストを登録すれば、自動で保存用HDDに記録!!これは画期的ですね!!


【サイズ】
薄いです。
しかし耐久性がどうなのか…
設置業者がパネルを持って運んでいたときは心臓が止まるかとお思いました。
箱に絶対持つな!!とか記載しないと業者さんは説明書なんて読まないので持っちゃいますよね。
曲がったり割れずに済んだは幸いでした。


【総評】
家の中でVIERA TH-P42G1、TH-L32ET5、REGZA 42Z8、BRAVIA KJ-43X8500C、AQUOS LC-52UD20
と色々とみてきましたが、断トツで一番綺麗です。
プラズマテレビは画面の劣化によるピンク化で、買い換え時はすでにプラズマテレビ亡き後で、本当に満足するものが見つからずかって後悔することがしばしばありました。
AQUOSはモスアイパネルを家族がクイックルで拭いて即変色(修理不可レベル)、5年たって2度目の基板の故障で買い換え。

満足できず手放したTVは地デジ化出来ていない祖母や祖父に持って行き、今でも活躍しています。
勿論どの機種も素晴らしい点がありましたが、欠点もありました。
当機種も欠点が無いわけではありませんが納得できる一台です。

今回の目標は、家族全員が納得できるTVが欲しかったので、リビングAIは特に満足しています。
父は大河が明るくて綺麗と喜び、母はドラマが見やすいと喜んでいました!

REGZAはアップデートもしっかりしているので、今度こそ末永く生きていきたいです!!

比較製品
SONY > BRAVIA KJ-55A9G [55インチ]
パナソニック > VIERA TH-55GZ2000 [55インチ]
視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
ドキュメンタリー
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった136人(再レビュー後:135人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン4
操作性4
画質5
音質2
応答性能4
機能性5
サイズ5
どんなシーンも環境も器用にこなす、オールマイティーな有機EL

バックのスクリーンが実際のLIVEさながら輝いています。暗い部分の締りは格別!

液晶だと暗くなるか、上が白く靄っぽくなっていたシーンも、表現が出来ていて感動!

DVDもコントラストのお陰か見やすいです。しかし超解像技術をもってしても厳しい…

 

UHDは流石の一言。色彩も明るさも眩しさを覚えるような煌びやか!

肌色も(写真では伝わらないですが)しっかり同じにならず、血色も良く安心できます!

 

DIGA[DMR-4CW200]→18Gbps高速伝送HDMIケーブル[RP-CHKX20-K]→55X930と接続しております。


【デザイン】
2〜3度の傾斜がどこまで影響するか心配でしたが、ほぼ違和感なく観られます。
カーペットが弾いてあるので、下から見上げることもあるのですが、こちらも平気です。
AQUOSのように色やコントラストが変わらないので前よりいい印象です。


【操作性】
リモコンがワンテンポ遅れるのが気になります。
また角度が悪いのか、反応しないこともしばしば。
Google Homeと接続しているので、基本は声で出来る点はいいです。


【画質】
購入時、BRAVIA KJ-55A9G、VIERA TH-55GZ2000と比較していました。

映画:GZ2000≫A9G>X930
LIVE:GZ2000≫A9G≒X930
地デジ:X930≫GZ2000≒A9G

映画:実写アラジン
ホール・ニュー・ワールドの月をバックに飛んでいるシーンで
○GZ2000は月が煌々ときらめき、水に反射する光も生々しくて脱帽しました。
○A9Gも明るめですが、GZ2000と比較は禁物。しかし色彩も青に転びそうなシーンが多い中、安定していて綺麗でした。
△X930は断トツで暗いです。倍速が失敗しているのか人物の周りに靄が出ているのも気になりました。
  人物の肌色は一番綺麗な色味でした。

LIVE:Perfume×Technology presents Reframe 2019
◎GZ2000は明らかに明るさが違うので画質調整が1台可笑しいのかと思うほどでした。
 暗闇に白い線や白い衣装が浮かび上がる立体感は格別です。また暗闇に隠れている舞台セットが見えるのも凄いです。
  (NHKのロゴもGZ2000だけとっても明るい!!)
○A9Gも明るめで舞台装置もうっすら見えるのですが、ピークの明るさが伸びないためかのっぺりした印象でした。
○X930は舞台装置はほぼ黒つぶれしていて、ピークの明るさも一番暗く始めは候補からはずそうかと思いました。
  しかしよく見ると、白い衣装の凹凸や、レーザーやスポットライトの光の立体感が素晴らしく、暗いのに立体感を感じました。

地デジ:ニュースとバラエティ
◎X930は色が若干濃いめですが、コントラスト肌色ともに断トツに美しい!!CMなどはBSかと思えるレベルです。
○GZ2000は明るく見やすいのですが、明るいからこそノイズが少し目立った印象です。肌色がただ濃い印象でした。
△A9Gは明るくしすぎてノイズが目立ち、ジャギー感も感じました。肌色、色彩も3つの中で薄め。

上記で、個人的感想は
GZ2000:ソースが良ければ無敵。明るさは遙か上。明るく自然。
A9G:映画中心ならコスパ最強。明るくしようとしていて見やすい。
    AndroidがAndroidが不安定な印象で、デモ機も1台フリーズしていました。
X930:家族で安定した画質が出るが暗め。地デジは断トツで綺麗。少し暗めだが自然。
と言った印象でした。

何より凄いのはリビングAI。
我が家は真横に窓があり、東面〜南面から強い日が差し込みます。夜は読書する家族がいるとクール色で明るく、TVに集中する際は暖色で暗めにと、かなり明るさが前後します。
ですが何もしなくても最適化されるので、下手に弄るよりお任せしていた方が安定した画質を手にい入れられます。
以前のAQUOSは設定を毎回弄っていたのでかなりストレスフリーになりました!


【音質】
下向きの割に聞き取りやすいです。音割れも無いです。
ですがバランスは悪く、高音はあまり伸びず、低音は籠もり気味。中音域は聞き取りやすいけど美しくは無い印象です。


【応答性能】
思ったほど上手くなくてびっくりしました。
クリアスムーズは何かの拍子に処理が止まったり(動きがスーっとから突然ガガガガとなる感じ)、人物の周りに靄が出ます。
スムーズは映画のスタッフロールなどが点滅します。(クリアスムーズ、フィルムはならない。)
ハイクリア、ハイモーションは若干暗くなってしまうため、明るいリビングでは光量不足気味。
ちらつきはプラズマと比較すると抑えられていて気になりませんでした。


【機能性】
タイムシフトは使う予定が無かったのですが、THD-400V3を2台プレゼントで頂け使っています。
もう無しじゃ生きていけません。仕事柄帰宅時間がハチャメチャなので、録画するほどでは無いがいつも観ていた番組、間に合うと思って録画していなかった番組、気づいたら放送開始になっていた番組、野球が長引きお風呂に入ったら始まっていた番組…
気にならないレベルですが、小さいストレスが全て解消されます。
ドラマやアニメはCMが多すぎてイライラする際は、あえて遅れて「始めにジャンプ」でスキップしながら観るなんてことも可能!

みるコレは好きなアーティストを登録すれば、自動で保存用HDDに記録!!これは画期的ですね!!


【サイズ】
薄いです。
しかし耐久性がどうなのか…
設置業者がパネルを持って運んでいたときは心臓が止まるかとお思いました。
箱に絶対持つな!!とか記載しないと業者さんは説明書なんて読まないので持っちゃいますよね。
曲がったり割れずに済んだは幸いでした。


【総評】
家の中でVIERA TH-P42G1、VIERA TH-L32ET5、REGZA 42Z8、BRAVIA KJ-43X8500C、AQUOS LC-52UD20
と色々とみてきましたが、断トツで一番綺麗です。
プラズマテレビは画面のピンク化で、買い換え時プラズマテレビ亡き後は本当に満足するものが見つからずかって後悔することがしばしばありました。
AQUOSはモスアイパネルを家族がクイックルで吹いて変色、5年たって2度目の基板の故障で買い換え。

満足できず手放したTVは地デジ化出来ていない祖母や祖父に持って行き、今でも活躍しています。
勿論どの機種も素晴らしい点がありましたが、欠点もありました。
当機種も欠点が無いわけではありませんが納得できる一台です。

REGZAはアップデートもしっかりしているので、今度こそ末永く生きていきたいです!!

視聴目的
バラエティ
アニメ
ニュース・報道
映画・ドラマ
ドキュメンタリー
設置場所
リビング
広さ
16〜19畳

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「REGZA 55X930 [55インチ]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

REGZA 55X930 [55インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

REGZA 55X930 [55インチ]
東芝

REGZA 55X930 [55インチ]

最安価格(税込):¥186,000発売日:2019年 7月10日 価格.comの安さの理由は?

REGZA 55X930 [55インチ]をお気に入り製品に追加する <1566

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(薄型テレビ・液晶テレビ)

ご注意