『よく出来たBセグメント車』 トヨタ カローラ 2019年モデル ドーソンシティさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カローラ 2019年モデル

『よく出来たBセグメント車』 ドーソンシティさん のレビュー・評価

rss

カローラ

カローラ

トヨタ公式サイト

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ 2019年モデルのレビューを書く

ドーソンシティさん

  • レビュー投稿数:5件
  • 累計支持数:32人
  • ファン数:0人
満足度4
エクステリア4
インテリア4
エンジン性能3
走行性能3
乗り心地4
燃費5
価格5
よく出来たBセグメント車

【エクステリア】
無難にまとめた。
【インテリア】
無難にまとめた。
【エンジン性能】
3気筒、よって色気は、ない。ECOの極み。
【走行性能】
Bセグメントとして見れば良い
【乗り心地】
Bセグメントとして見れば良い。
【燃費】
Bセグメントの範囲内。
【価格】
Bセグメントの範囲内。
【総評】
全幅、タイヤサイズ、リアサス、パワー、最小回転半径、スペックのどこを見てもポロに寄せてる。違うのは全長。よって肯定的に見れば追突されることに強いポロがカローラと見ることができる。車好きの受け皿はカローラスポーツに託し、実用一辺倒のカローラ。無駄がない。よって、色気が無いは褒め言葉。アクシオの後継車が育たず、もたもたしてたが、ある意味アクシオに寄せることで、実用至上主義者や社用車の購入を考える人達に納得させられるコスト調整。しかし、よくよく考えると4気筒でマニュアルもあって、最低地上高が高く雪国でも使えるアクシオは室内も広く、アクシオにはダブルスコアで負けている。マイノリティがシャシ剛性が、、、とか言っているが、アクシオは累計販売台数が半端ない。ヴィッツのプラットフォームを使って20年近く種を繋いできた生き字引はビジネスモデルの教科書に出てきそうだ。(どんだけ儲けたのよ?)乗りてのサラリーマンがアクシオはちょっと、、、と言うので社長が渋々カローラの注文書に判を押す。シビック、マツダ3、クロストレックはシャシのコストのかけ方がCセグメント。お金がある方はそちらへどうぞ。カローラは世界のBセグメントを支配する気まんまんに見える。ヤリスの後席がやたらにAセグメントなので、やっとトヨタに正統Bセグが来たよ。トヨタは商売が上手すぎて怖いわ。騙されそう。

レビュー対象車
試乗

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「カローラ 2019年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

カローラ 2019年モデル
トヨタ

カローラ 2019年モデル

新車価格:199〜299万円

中古車価格:129〜289万円

カローラ 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <79

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

カローラの中古車 (全10モデル/383物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意