『インテリアだけは許せません』 トヨタ カローラ 2019年モデル ヒラミーさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > トヨタ > カローラ 2019年モデル

『インテリアだけは許せません』 ヒラミーさん のレビュー・評価

rss

カローラ

カローラ

トヨタ公式サイト

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ 2019年モデルのレビューを書く

ヒラミーさん

  • レビュー投稿数:32件
  • 累計支持数:751人
  • ファン数:3人
満足度3
エクステリア4
インテリア3
エンジン性能4
走行性能4
乗り心地4
燃費無評価
価格3
インテリアだけは許せません

デビューから3年ほど経った現行カローラセダンですが、最近になってようやく僕の目にも馴染んできました。数で言えば旧型アクシオほど走ってはいませんが、僕たちが買うなら乗用車的な現行という選択になると思います。
最近、短時間ながら乗る機会が出来たので、アクシオからどこがどう変わったか、その中身を見てみることにしました。選ばれて半世紀以上の実績、その実力やいかに。

【エクステリア】
フロントマスクだが、これは旧型アクシオとはえらい違いだ。カローラじゃないみたいだが、どこかヨーロッパ車的な感じが新鮮で決して悪くはない。
しかし、リヤマスクはフロントに対して随時しょぼくれた感じ。華がなく、フロントとリヤでデザイナーが違うのかと思ったほどだ。
3ナンバーになっているが、パッと見た感じでそんなに大きさは感じない。これぐらいのサイズなら狭い道でもそこまで困らなさそうかな?

【インテリア】
…外見で盛り上げといてインテリアで一気に落とすなんてアリ?
そこは、見渡す限りの黒とプラスチック。今回乗ったクルマが廉価グレードだったということもあるのだろうが、何だこれは。
変な話だが、この落とされ方は寿司を食べに行って、最後にデザートでパフェを食べてごちそうさまと思ったら実はいわしが1皿残ってたなんてオチより遥かに酷い。
シートは同じファブリックでも硬く、旧型の柔らかいシートの方が全然良かった。ウレタンステアリングのザラザラ感は格下のヤリスなどと変わらないし、他社ならフィットやノートクラスに負けてる。
ただ、それ以上に許せないのが、3ナンバーになったくせに旧型より狭くなった後席空間だ。車高が下がったことで頭をぶつけそうになりながら乗り込んだかと思えば、深く沈んだシートと狭い足元にゲンナリという…。クルマは前だけ快適ならいいってもんじゃないぞ!特にこの手のファミリーカーは。
もしかしてさっき3ナンバーの割にさほど大きさを感じないと言ったのはこういうことだったのか…?

【エンジン性能】
1.8L4気筒で140馬力は決してある方ではないが、必要十分ではある。最近流行りの3気筒にある安っぽい音や振動もなく、上質に仕上がっていると思う。
ただ、あまりに滑らか過ぎて盛り上がるトルク感みたいなものが全くないのは残念。この辺りが改善されればもっと良くなると思う。

【走行性能】
全体としては、非常に質が高くなったと思う。
まず、旧型でフニャフニャだったボディだが、新しいTNGAプラットフォームによって旧型とは比べものにならない高いボディ剛性になったと思う。
サスペンションだが、セッティングは結構カタめになっている。リヤに高剛性なダブルウィッシュボーンサスを奢ってもらったことと低重心もあり、直進安定性も良く、タイヤの接地感が非常に掴みやすくなった。
ところがこれが、カーブなどではツッパったような動きになってしまい、しなやかさが足りない。これは、取り付けの剛性が足りないのと入力を減衰するショックアブソーバーの質が低いことが考えられる。また、スタビライザーの効きが弱いことや高扁平タイヤのたわみもあり、それなりにロールはするようだ。
もう1つ気になったのがCVTだ。Dレンジで走っている分には滑らかでいいのだが、いかんせんマニュアルモードがCVTあるあるな「なんちゃってシーケンシャル」を地でいったかのような酷いもの。ギア比は街乗りの巡行回転数に合わないし、シフトアップ/ダウンもピッタリ所定の車速にならないと受け付けないのだ。これならライズについてるダイハツ製の方がまだ良かったな。

【乗り心地】
195/65R15という高扁平タイヤなので、ちょっとした凹凸ぐらいは全然吸収してしまう。これは街乗りには非常に快適だ。機会があれば、もっと違った道でも試してみたい。

【燃費】
今回の短時間のドライブの中ではちゃんとした値は出せなかったので、また今度しっかり測ってみたいと思う。

【価格】
最近の自動車価格は高過ぎるのが続いて慣れつつある。その点でこのカローラは、インテリアさえ何とかすれば、現在の水準で考えてそんなに悪くない価格だと思う。

【総評】
選ばれて半世紀にもなるカローラだが、この現行セダンのどこか洗練されたいような感じや若返りのコンセプトは何となく分かった。だけど、それにはちょっと物足りないかな。
ともかく何とかして欲しいのは、今回僕が一番気になった、インテリアの壊滅さとCVTのマニュアルモードだ。逆にこれらさえ良くなれば、日本に数少ないセダンの選択肢として十分アリだと思う。
これは僕が個人的に思うことだが、カローラはやっぱり日本の大衆車だから、日本の道路事情に合った5ナンバーがいいなと思う。世界広しと言えど、それに合わせてクルマを広げる必要はない。かつて、レビンが3ナンバーのAE101からAE111で5ナンバーに戻った時のようなストーリーをもう一度辿ってみても面白いと思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった10

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「カローラ 2019年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

カローラ 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

カローラ 2019年モデル
トヨタ

カローラ 2019年モデル

新車価格:199〜299万円

中古車価格:139〜295万円

カローラ 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <79

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

カローラの中古車 (全10モデル/384物件)

この車種とよく比較される車種の中古車

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意