『公道速度域で感じる走る歓び(zoom-zoom)』 マツダ CX-30 2019年モデル ゴーオフロードさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > CX-30 2019年モデル

『公道速度域で感じる走る歓び(zoom-zoom)』 ゴーオフロードさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-30 2019年モデルのレビューを書く

ゴーオフロードさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:52人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

洗濯機
0件
1件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格4
公道速度域で感じる走る歓び(zoom-zoom)

納車して半年経ちましたので、レビューします。
前車はCX-5、KFのディーゼルプロアクティブ2WDです。
他に所有してるのはヤマハのWR250Rというバイクで、サーキットからオフロード走行までやってますので、足回りには結構うるさいほうだと思います。

CX-5と悩まれているという方に参考になるレビューであると考えています。


【エクステリア】
マツダのスモール商品群で最も好きなデザインです。特にリアのデザインが好みで、CX-5のリアデザインがストンと落ちていたのに対して、くびれのようなフォルムなのがぐっと来ます。
【インテリア】
ここは便宜上使い勝手とデザインに分割させてもらいます。
→【使い勝手、機能性】
正直CX-30に対する評価で最も厳しい部分です。
マツダは骨盤を立てること=歩行時の状態を運転中の人体に適用する、という思想のもとでシートを作り込んでいますが、それは即ちシッティング状態で骨盤を立てる=背筋が伸びる&シートが起きるという事です。
確かにバイクでオフロード走行するときに近い姿勢で、人馬一体という点では素晴らしいシートなのは間違いないですが、肝心のルーフ部分が寝ているCX-30とは些か相性が悪いのです。頭上のスペースが狭い。かといってシート高を下げると、アイポイントが下がり、SUVの利点を殺してしまいます。身長173cmでWRに乗っていて足が付きますので、決して足は短くない方ですがこの有様なので、購入される際はマツダの提唱する乗車姿勢を試した上で、納得することをおすすめします。CX-5もマイナーチェンジでシートが変わっているはずなので、私が苦言を呈した点ではCX-5に分があると思います。
→【デザイン】
かなり良い方です。不満があるとすれば、レザーパッケージだけメッキ加飾が増えますが、ハンドルは交換できないくせしてメッキが無いと寂しいデザインなので、全グレード加飾しろよと思いました。最も目につく部分ですし。ですが、全体的にはCX-5より洗練されていて、上質と感じています。
【エンジン性能】
必要にして十分です。CX-5より車体の剛性が高いのか、加速感は無いですが、しっかりと速度は乗ってきます。他の方も言っている通り、100km/hを超えている状態からの加速はやはり排気量の差か、ターボユニットの数か、CX-5より劣っています。総じて町中に最適化されたエンジンですね。ただ…もう少し過給圧上げても良いのでは?トルクがもう少し欲しいです。大人が大量に乗る機会が多いなら、不満が出るかもしれません。
【乗り心地・足回り】
トーションビームという言葉が先行していますが、このくらいの車重ならこれで良いのでは?まずサーキットに持っていって限界性能を引き出すわけでも、峠を走るような車でもないですし。方式そのものよりも、ブッシュの特性やバネのレートが重要だと思います。

前置きが長くなりましたが、間違いなくコーナリング性能はCX-5よりも良いです。SUVというよりはワゴンに乗っている感覚を覚えます。AWDなのでカーブで制御が入っているからかもしれませんが、ディーゼルでフロントヘビーにも関わらず、とにかく楽しさが違います。高速の出口などでは他の車のコーナリングが遅すぎるように感じるほど、安定しています。
カーブを楽しむか、直線を取るか、まるでミニバイクとビッグバイクのような関係ですね。
乗り込む度に頭上狭えと思いますが、カーブを駆け抜ける度に変えてよかったと思えます。
【燃費】
CX-5は実燃費17前後でしたが、AWDにも関わらず同条件で18前後出ています。2WDなら20近く行くのではないでしょうか?
【価格】
価格はCX-5とそんなに変わらないです。単純な車格という観点からはコスパ悪く感じるかもしれませんが、いざ乗ると、これらは互換の関係だと思っています。CX-5のレビューの時も書いたのですが、そもそもコスパだとか、リセールだとか気にするなら、ハリアーやアルファードに乗るべきだと思います。マツダ車は人馬一体やデザインに惚れ込んだなどのユーザーエクスペリエンスのために買う車なのでは無いかと。
【その他】
・突き上げ感はあまり感じません。ディーゼルでAWDなので、重量に合わせてサスもセッティングを出してる事から、あまり感じないんですかね?
・マツコネは本当に変わりましたね。あのパナが開発したとは思えないレスポンスの良さです。前作がアレすぎたので、要件定義がばっちり的確だったんでしょうね。
・バック連動ミラーは片側しかできないのはなぜ?
・オートハイビームのスイッチが最高です。CX-5でモヤモヤしてた部分が解消されてます。
・メーターパネルはもう少しカスタマイズの幅が欲しいです。燃料計2つはいらないです。かといって無くすとスカスカ。
・なぜか、トランクにいろいろ乗ります。開発陣がIKEAで試行錯誤した結果ですかね。すこし工夫するとあんなものやこんなものが乗ります。
・クルコンはレーンキープアシストが強力になりました。割込車には弱くなりました。
・キャンプ場でオフロードトラクションアシストに助けられました。山奥キャンプ場に行く人にもおすすめです。
(追記)ディーゼルのガラガラ音が消音できてないという人が散見されますが、CX-5も含めて「音楽がない環境では」消音できません。そもそも気密を上げても、ガラガラ音=振動=重低音には無力だからです。なので、マツダはオーディオの質を上げる方向(誤魔化す方向)に舵を切っているのです。
普段オーディオかけてない人でエンジン音に神経質な人はHVか、EVをおすすめします。
【総評】
頭上の狭さ以外は総じて欠点の無い車です。
この事から、私よりも高身長で足が長い人や、大の大人複数乗車が常という人にはCX-5を勧めます。
(公道で普通の速度の中で)カーブを駆ける喜びを味わいたい方や、速いバイクや車に普段乗っているような人(普段サーキットに籠もってるような人も)、またデザインが気に入った方はこちらをおすすめします。
マツダさん、フォレスター位のサイズ感でcx-60を出しませんか?笑

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
千葉県

新車価格
317万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
20万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった52人(再レビュー後:52人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地5
燃費5
価格3
公道速度域で感じる走る歓び(zoom-zoom)

納車して半年経ちましたので、レビューします。
前車はCX-5、KFのディーゼルプロアクティブ2WDです。
他に所有してるのはヤマハのWR250Rというバイクで、サーキットからオフロード走行までやってますので、足回りには結構うるさいほうだと思います。

CX-5と悩まれているという方に参考になるレビューであると考えています。


【エクステリア】
マツダのスモール商品群で最も好きなデザインです。特にリアのデザインが好みで、CX-5のリアデザインがストンと落ちていたのに対して、くびれのようなフォルムなのがぐっと来ます。
【インテリア】
ここは便宜上使い勝手とデザインに分割させてもらいます。
→【使い勝手、機能性】
正直CX-30に対する評価で最も厳しい部分です。
マツダは骨盤を立てること=歩行時の状態を運転中の人体に適用する、という思想のもとでシートを作り込んでいますが、それは即ちシッティング状態で骨盤を立てる=背筋が伸びる&シートが起きるという事です。
確かにバイクでオフロード走行するときに近い姿勢で、人馬一体という点では素晴らしいシートなのは間違いないですが、肝心のルーフ部分が寝ているCX-30とは些か相性が悪いのです。頭上のスペースが狭い。かといってシート高を下げると、アイポイントが下がり、SUVの利点を殺してしまいます。身長173cmでWRに乗っていて足が付きますので、決して足は短くない方ですがこの有様なので、購入される際はマツダの提唱する乗車姿勢を試した上で、納得することをおすすめします。CX-5もマイナーチェンジでシートが変わっているはずなので、私が苦言を呈した点ではCX-5に分があると思います。
→【デザイン】
かなり良い方です。不満があるとすれば、レザーパッケージだけメッキ加飾が増えますが、ハンドルは交換できないくせしてメッキが無いと寂しいデザインなので、全グレード加飾しろよと思いました。最も目につく部分ですし。ですが、全体的にはCX-5より洗練されていて、上質と感じています。
【エンジン性能】
必要にして十分です。CX-5より車体の剛性が高いのか、加速感は無いですが、しっかりと速度は乗ってきます。他の方も言っている通り、100km/hを超えている状態からの加速はやはり排気量の差か、ターボユニットの数か、CX-5より劣っています。総じて町中に最適化されたエンジンですね。ただ…もう少し過給圧上げても良いのでは?トルクがもう少し欲しいです。大人が大量に乗る機会が多いなら、不満が出るかもしれません。
【乗り心地・足回り】
トーションビームという言葉が先行していますが、このくらいの車重ならこれで良いのでは?まずサーキットに持っていって限界性能を引き出すわけでも、峠を走るような車でもないですし。方式そのものよりも、ブッシュの特性やバネのレートが重要だと思います。

前置きが長くなりましたが、間違いなくコーナリング性能はCX-5よりも良いです。SUVというよりはワゴンに乗っている感覚を覚えます。AWDなのでカーブで制御が入っているからかもしれませんが、ディーゼルでフロントヘビーにも関わらず、とにかく楽しさが違います。高速の出口などでは他の車のコーナリングが遅すぎるように感じるほど、安定しています。
カーブを楽しむか、直線を取るか、まるでミニバイクとビッグバイクのような関係ですね。
乗り込む度に頭上狭えと思いますが、カーブを駆け抜ける度に変えてよかったと思えます。
【燃費】
CX-5は実燃費17前後でしたが、AWDにも関わらず同条件で18前後出ています。2WDなら20近く行くのではないでしょうか?
【価格】
価格はCX-5とそんなに変わらないです。単純な車格という観点からはコスパ悪く感じるかもしれませんが、いざ乗ると、これらは互換の関係だと思っています。CX-5のレビューの時も書いたのですが、そもそもコスパだとか、リセールだとか気にするなら、ハリアーやアルファードに乗るべきだと思います。マツダ車は人馬一体やデザインに惚れ込んだなどのユーザーエクスペリエンスのために買う車なのでは無いかと。
【その他】
・突き上げ感はあまり感じません。ディーゼルでAWDなので、重量に合わせてサスもセッティングを出してる事から、あまり感じないんですかね?
・マツコネは本当に変わりましたね。あのパナが開発したとは思えないレスポンスの良さです。前作がアレすぎたので、要件定義がばっちり的確だったんでしょうね。
・バック連動ミラーは片側しかできないのはなぜ?
・オートハイビームのスイッチが最高です。CX-5でモヤモヤしてた部分が解消されてます。
・メーターパネルはもう少しカスタマイズの幅が欲しいです。燃料計2つはいらないです。かといって無くすとスカスカ。
・なぜか、トランクにいろいろ乗ります。開発陣がIKEAで試行錯誤した結果ですかね。すこし工夫するとあんなものやこんなものが乗ります。
・クルコンはレーンキープアシストが強力になりました。割込車には弱くなりました。
・キャンプ場でオフロードトラクションアシストに助けられました。山奥キャンプ場に行く人にもおすすめです。
【総評】
頭上の狭さ以外は総じて欠点の無い車です。
この事から、私よりも高身長で足が長い人や、大の大人複数乗車が常という人にはCX-5を勧めます。
(公道で普通の速度の中で)カーブを駆ける喜びを味わいたい方や、速いバイクや車に普段乗っているような人(普段サーキットに籠もってるような人も)、またデザインが気に入った方はこちらをおすすめします。
マツダさん、フォレスター位のサイズ感でcx-60を出しませんか?笑

乗車人数
3人
使用目的
買い物
レジャー
頻度
週1〜2回
重視項目
スポーティ
ファミリー
快適性
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年2月
購入地域
千葉県

新車価格
317万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
20万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「CX-30 2019年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-30 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

CX-30 2019年モデル
マツダ

CX-30 2019年モデル

新車価格:239〜391万円

中古車価格:160〜369万円

CX-30 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <440

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

CX-30の中古車 (877物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意