『人生初のマツダ車・ディーゼル車購入』 マツダ CX-30 2019年モデル てんきいさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > CX-30 2019年モデル

『人生初のマツダ車・ディーゼル車購入』 てんきいさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-30 2019年モデルのレビューを書く

てんきいさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:30人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
1件
3件
もっと見る
満足度4
エクステリア5
インテリア2
エンジン性能5
走行性能5
乗り心地4
燃費4
価格4
人生初のマツダ車・ディーゼル車購入

マンション駐車場の制約でCX-30を選択。XD Proactive (2WD)
昨年12月半ば納車。

【エクステリア】
フォルムは流麗。なお、グリル下の光りモノはボディーカラーが白やグレーなら気にならないが、ソウルレッドとシルバーメッキの組み合わせは不釣り合い。

【インテリア】
見た目は良いが、使い勝手の面で気になる部分が多い。
ステアリングの触感は良いものの、細過ぎて握りにくい。触れる機会が少ないステアリング上下部分とシフトレバーブーツは内装色か黒の合皮で良いから、浮いたコストでステアリングを太くして欲しい。
縦方向が短いモニターは不満。自車位置を下に設定しても地図が見づらい。
満タン給油後100km以上走行しても、燃料計の針がピクリとも動かない。アナログ式と言えど、大雑把すぎる。
夜間走行時、運転席側ウィンドウにメーターやセンターコンソール照明が広範囲に映り込む。フロントウィンドウにも、ステアリングの隙間からメーターの一部が映り込む。設計があまりにも雑。どうしても映り込み回避不能ならば、オレンジ照明にして目立ちにくくするなど考慮すべき。
以前乗っていたプリメーラワゴン(CX-30比、全幅-30mm)やノート(全幅-100mm)にすら載せられた自転車が、どうやっても入らない。定評通り、積載性は悪い。
窓の位置が高すぎるのも、何かにつけ不便。明らかにデザインの犠牲になっている。
取り外したトノカバーの取り扱いに困る。折り畳み式にするだけで収容しやすくなるのに、不親切極まりない。

【エンジン性能】
出足は、直前に乗っていたノートe-powerに全く歯が立たないが、逆立ちしたってモーターに勝てるはずもなく、これは已むなし。
1速はもたつくが、2速と3速では素直に吹け上がり、ターボの効きも早い。変速ショックを含め、昔乗っていたMTのガソリンターボ車に似た感覚。試乗で落胆したsky-Gとは雲泥の差。ディーゼルにして良かったとつくづく思う。
さすがに5速・6速では瞬発力を得られないが、特別に頑張ってる感なく高速域走行も可能。
アクセルの踏み加減によってほぼ狙い通りのギアに入り、レスポンスも良好。2.2Lエンジン搭載の必要性は特に感じない。平均より速く走るクチではあるが、現状でノーストレス。

【走行性能】
山道も舗装路なら安定感抜群。雪の日は車に乗らず、悪路を走ることもないので、FFで充分。ドライ路面では、タイトなコーナーでなければ、シフトダウンするだけでクリアできる。
ただ、パドルシフトがステアリングと一緒に回転するので、シフトスイッチの在処が分からない、あるいは分かっていても指が届かないことがままある。セレクトレバーのマニュアルシフト方向が気持ち悪くて受け入れられないため、パドルシフトスイッチの位置固定は切実な希望。
MRCCは、片側一車線かつ追い越し不可で、前車に付いて走る以外の選択肢が無い状況に限れば、使える。しかし、先を読んだ運転ができず制御も下手くそ(無駄な加減速が多い)なので、片側二車線以上の高速では使いたくない(結構イライラする)。

【乗り心地】
シートは固いが、サスが柔らかめで、全体としてはマイルド。鈍感なだけかもしれないが、よく言われる突き上げ等はほとんど感じない。
後席は広くはないが窮屈でもない。成人2名を後ろに乗せて高速5時間ほど走行しても、広さについては苦情なし。ただし、運転席の後ろにシートポケットが無いことに、文句を言われた。
加速時の大きめのエンジン音は、音と加速が釣り合っているので違和感なし。定速で流している時は予想以上に静か…と思ったのは、冬窓を閉めていた時。窓を開けて走ると結構うるさいが、まあ想定内。
高速道路での風切り音が大きい。原因はミラーかバイザーか、はたまたフェンダー後端の謎の突起(ドアと連続していない)か?結構気になるレベル。
たまに大きなロードノイズを拾うことがある。トランザと相性の悪い舗装が一部存在する模様。
トータルでは、静粛性が高いとは言い難いが、許せないほどではない。

【燃費】
納車から10か月、約10200km走って満タン法で通算17.3km/L。内訳は推定になるが、高速を約7500km走行[平均17.9km/L]、下道約2700km走行[平均15.9km/L]。アイドリングストップは毎回オフ。エアコンについては、5月までは降雨時に短時間デフロスターを使用しただけだが、6月以降冷房のため使用頻度が上がると、燃費1km/L弱悪化したと思われる。
高速の燃費が良くないのは、6速しか無いギアに見合った運転をせず、タコの針が常時真上近くを指しているから。実行する気は無いが、燃費改善余地があるのは間違いない。なお、3速までで充分な加速が得られるのだから、4速以上はもっとハイギアードで良いと思う。
一方、市内など近距離で車を使うことが少ないうえ、市街地を走る場合も夜間が多めなので、下道の燃費は良好。バイパスや山道といった、信号が少なく燃費を稼げるところで購入直後に試運転したのも、下道燃費向上の一因。

【価格】
今どきの相場からすれば、まあ妥当かなとは思う。値上げ前に買えたのも良かった。
余計な機能を省くため、XDでは一番下のグレードを選択したが、それでもなんとかアシスト/モニター等、自分にとって不要なものがいくつかある。アイドリングストップ以外の大抵はマツコネの設定でキャンセル/機能制限できるのは有難いが、要らない装備に結構金を払わされている気もする。一方で、ほぼ全員付けるんじゃないかと思われる360°モニターがオプションというのは疑問。

【総評】
見た目と走りについては、充分満足。ほぼほぼ、思った通りに動いてくれる。
細かい部分のマイナス点を、プラス点(字数制限のため、レビューに記載していないポイント複数有り)が上回っているので、全体としては良い車と思っている。

レビュー対象車
新車
購入時期
2021年12月
購入地域
岐阜県

新車価格
288万円
本体値引き額
0円
オプション値引き額
0円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった30人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
エクステリア5
インテリア4
エンジン性能1
走行性能3
乗り心地4
燃費無評価
価格無評価
良い車。ただ、ガソリン車はパワー不足。

試乗の感想です。

【エクステリア】
写真や動画で見るより、実物は格好良い。
雨降りで外がやや暗かったこともあり、
試乗車のグレーはぼんやりした雰囲気で今一つだったが、
店内に展示されていたソウルレッドは実に奇麗。

唯一好きになれないのは、グリル下の光り物。
そこへ、ブラックトーンエディションが出ると聞いて、
思いっきり食い付いたものの、「あそこはメッキのままです」。
一気にテンションダウン。ブラックトーンと言っておきながら、
正面を光らせるって、どういうこと?

【インテリア】
良くまとまっている。上品と言って良い。が、

見た目を良くするためか、電源ソケットはコンソール内に
隠されているが、こんなことをされたら、使えない。
ドラレコは、今使っているものを取り外し、購入した車に
取り付けようと思っているが、これではコンソールから
コードがにょろにょろ出てきて、みっともない事この上ない。
しかも、コンソールに物が入らなくなる。
見た目重視のために、機能性を大きく損ねる悪しき例。

ディーラーに八つ当たりしたら、ドラレコの電源は、
ヒューズボックス裏辺りから取ってくれるとのこと。
工事費はいらないが、部品代が少々かかるかも、と。
解決可能とは言え、ディーラーにしわ寄せが行ってる。

【エンジン性能】
このガソリンエンジンでは、車重に対応できていない。パワー不足。
信号待ちからの加速が鈍いので、ちょっと踏み込んでみただけなのに、
キックダウンしてしまい、ガックンと大きなショック。
エンジンが唸っている割りに、全然スピードは乗ってこない。
巡行モードに入れば普通に走るが、登り坂は厳しい。

【走行性能】
ウエット状態で、あまり減速せずにコーナー突っ込んでみたが、
安定感抜群(担当さん、かなりビビッてたけど)。

パドルシフトを使えば問題はないが、シフトレバーMモードの、
シフトアップ/ダウンの向きが、どう考えても逆。
BMWの真似をしたらしいが、クレイジーと言う他ない。
普通はシフトダウンしか使わないのだから、そういう操作は
自分の体のほうへグイっと引き寄せるのが、基本中の基本。

なお、下り坂で3速まで落としても、あまり違いが分からず。
ギアレシオの問題?

【乗り心地】
5月改良前の車だそうで、足回り固いのかと思いきや、
比較的整備状況の良い国道と県道のみ走ったためか、
よく言われる、突き上げやら段差拾いというのは特に感じなかった。
自分が鈍感なだけかもしれないが。

静粛性に関しては、結構な雨降りだったため、雨音が邪魔して、
正確な判断はできなかった。
天井は、あの降り方にしては、それほどうるさくなかった。
小雨くらいなら、ほとんど気にならないかも。
一方、エンジン音は、予想以上に耳に入って来た。
特に、キックダウンした時の音は、かなり大きい。
窓を開けた状態との聞こえ方の違いを確認できなかったのは残念。
総じて、格段に静かとは言えないものの、充分許容範囲であると思う。

後席にも座ってみたが、よほど前席を後ろに下げない限りは、
狭いということはない。圧迫感もほとんど感じず。
もう少し背もたれの傾斜があったほうが良いかな、とは思う。

運転席のシートは、あれくらい固めでも良いと思うが、
それ以外の座席は、もう少し柔らかくても…
そんなことをすると、コストアップになるから難しいだろうけど。

【燃費】

【価格】

【総評】
細かい部分で気になるところはいくつかあるが、
パワートレインさえ適正であれば、総合的には良い車と思う。

レビュー対象車
試乗

参考になった14

 
 
 
 
 
 

「CX-30 2019年モデル」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-30 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

CX-30 2019年モデル
マツダ

CX-30 2019年モデル

新車価格:239〜391万円

中古車価格:129〜369万円

CX-30 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <444

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意