『もうすぐ1年。いい車です。試乗すれば分かります。』 マツダ CX-30 2019年モデル あるサイクリストさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > CX-30 2019年モデル

『もうすぐ1年。いい車です。試乗すれば分かります。』 あるサイクリストさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-30 2019年モデルのレビューを書く

あるサイクリストさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:236人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
2件
12件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
もうすぐ1年。いい車です。試乗すれば分かります。

 納車されて、もうすぐ1年になります。満足感は衰えません。

【レーダークルーズコントロール(MRCC)】
 とてもいいです。8月に往復800km高速道路を走りましたが、安心してドライブできました。
 走るときの設定は、車間距離は渋滞時以外はいちばん広く、設定速度は車のだいたいの流れよりも少し速くするようにしています。そうすれば、加速も減速もスムーズに行ってくれます。
 強めの減速が行われる時があります。割り込まれた時です。車間距離の設定を広くして、混み合っていても割り込みウェルカムで走りますので、追い越し車線を走行中も割り込んでくる車が多いです。その時は強めのブレーキが働きます。MRCCに任せて走っていると予期せぬ強めのブレーキとなり「ガッツンブレーキ」と感じる方もおられると思います。しかし、この時に穏やかなブレーキしかかからないと、車間距離の狭い危険な状態が何秒か続くことになります。割り込まれた時に強めのブレーキがかかる設定は正しいと思います。自分でブレーキを踏むのではないので少し不快ではありますが、安心できる設定です。
 それ以外は、前走車に追いつく時には、設定速度を低めにしていれば、距離があるうちから ゆるやかにブレーキがかかり、実にスムーズです。
 逆に、前走車が急にいなくなったときは、設定を流れよりも少し速くしていれば、ゆるやかに加速していきます。上り坂の時は、トルクを得るためにオートマがギヤを落としますのでエンジンはうるさくなりますが、加速はゆるやかです。
 設定速度を車の流れよりもかなり速くしていれば、前走車がいなくなったらかなり急な加速となります。これは道理ではないでしょうか。
 設定速度は、ハンドルのスイッチによって右手親指一本で1km毎にでも10km毎にでも自由に変更できますので、車の流れがおそくなった時にはすぐに下げればいいのです。設定速度は、アクティブドライビングディスプレイで、現在速度と並んで窓にも映し出されます。
 高速で40分間の渋滞にもあいましたが、MRCC、楽ですねえ。前走車が止まっても1秒くらいなら何もしなくても再発進してくれますし、それ以上の時間止まった状態が続いたら、右手親指で速度設定のボタンをチョンと押すだけで再発進してくれます。

【乗り心地・インテリアデザイン・ナビ】
 乗り心地も、いいです。
 「ごつごつしている」と書いている方もおられますが、よほどの高級車を乗り継いでこられたのでしょうか。私には不満な点はありません。
 特にシートは、特筆に値します。腰をしっかりと支えてくれます。窮屈なところはひとつもなく、電動ランバーサポートも標準装備です。前の車は、少し長距離を走るとすぐに腰が痛くなり、休憩をしては腰を伸ばさなければなりませんでした。CX-30は、400kmを走ってもまったく痛くなりません。
 静かで運転席周りが広いこともあって、ゆったりとした気持ちで走ることができます。これは、インテリアデザインが上質で、落ち着いた気持ちにしてくれることも大きいと思います。黒とダークブルーのツートーンも、開放感を高めてくれます。
 運転ポジションも、マツダのうたい文句の通り、まさに正面を向いて運転できます。これも、ゆったりとした運転につながっていると思います。
 ナビも、インテリアデザインに溶け込んでいて出しゃばらず、目からの距離が遠いめで視線移動が少ないので、気に入っています。そもそも、アクティブドライビングディスプレイで 窓に 後何kmの何という地点でどちらに曲がるかが映し出されますし、音声案内も的確なので、ナビを注視する必要がありません。ナビ画面は長方形ですが、フレームは左右非対称です。大好きなデザインです。

【エクステリアデザイン】
 個性的ですっきりとしていて、1年たっても大好きです。
 ボディーカラーはマシーングレーを選びましたが、街で見かけるCX-30を見ると、ソウルレッドもポリメタルグレーもいいと思います。ダーク系の色の方が「移ろい」の映し込みが映えます。樹脂部分との相性もいいです。デイライトが標準装備されていますので、ダーク系でも被視認性の心配はないです。

【その他】
 シートヒーターとハンドルヒーターが標準装備されています。冬はとても快適でした。スイッチを入れるとすぐに温まります。短い距離だとエアコンをつける気がしませんでした。冬、以前の車だと、エアコンが効き出すまで、背中をシートに密着させないようにして、片手をお尻の下に突っ込んで運転していましたが、この車はハンドルから両手を、シートから背中を離したくなくなります。
 360°ビューモニーターもいいです。車のどこの部分が障害物とどの程度接近しているかを色と音で示してくれますし、このモニターのおかげで狭い駐車場にもスムーズに入れられます。
 エアコンの操作は、AUTOボタンを押すと通常モードに変わりますし、もう一度押すとAUTOモードに戻ります。
 ボタン類の操作性も抜群です。
 i-Stop(アイドリングストップ)とAUTO HOLD(オートホールド)については、誤解を招きやすいので、詳しく書きます。パーキングブレーキ解除ボタンの隣にオートホールドボタンがあります。ONにしておくと、停車した後、強めにブレーキを踏むとオートホールドが働き、ブレーキペダルから足を離しても停車したままになります。アクセルを踏むと解除されて発進します。この機能のおかげで、信号の多い市街地でもイライラせずに運転することができます。i-Stopは、バッテリーが十分に充電されているときは働いて、停車したらエンジンも停止します。しかし、充電レベルが下がってくると、充電するために、停車してもアイドリングは止まりません。停車してi-Stopが働いているときでも、充電レベルが規定値よりも下がると、自動的にアイドリングが始まります。でも、オートホールドは機能し続け、アクセルを踏むまで発車しません。
 警告音の多さには慣れ、今では心強く思っています。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
奈良県

新車価格
273万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった172人(再レビュー後:45人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
トヨタ3車種と比較し、購入しました。ベタ惚れです。

 納車されて9か月が経ちました。先日 往復800km高速道路を走ってきたこともあり、レーダークルーズコントロール(MRCC)を中心に再レビューします。

【再レビュー@ MRCC】
 とてもいいと思います。高速道路を安心してドライブできます。
 私は、走るときの設定は、車間距離は渋滞時以外はいちばん広く、設定速度は車のだいたいの流れよりも少し速くするようにしています。そのようにすれば、加速も減速もスムーズに行ってくれます。
 強めの減速が行われる時があります。それは、割り込まれた時です。車間距離の設定を広くして、高速道路が混み合っていても割り込みウェルカムで走りますので、追い越し車線を走行中も割り込んでくる車が多いです。その時は、強めのブレーキが働きます。MRCCに任せて走っていると予期せぬ強めのブレーキとなり「ガッツンブレーキ」と感じる方もおられるのではないかと思います。しかし、この時に穏やかなブレーキしかかからないと、車間距離の狭い危険な状態が何秒か続くことになると思います。割り込まれた時に強めのブレーキがかかるメーカーの設定は正しいと思います。自分でブレーキを踏むのではないので少し不快ではありますが、安心できる設定です。
 割り込まれた時以外は、前走車に追いつく時には、設定速度を低めにしていれば、距離があるうちから ゆるやかにブレーキがかかり、実にスムーズです。
 逆に、前走車が急にいなくなったときは、設定速度を流れよりも少し速くしていれば、ゆるやかに加速していきます。上り坂の時は、トルクを得るためにオートマがギヤを落としますのでエンジンはうるさくなりますが、加速はゆるやかです。
 設定速度を車の流れよりもかなり速くしていれば、前走車がいなくなったらかなり急な加速となります。これは道理ではないでしょうか。
 設定速度は、ハンドルのスイッチによって右手の親指一本で1km毎にでも10km毎にでも自由に変更できますので、車の流れがおそくなった時にはすぐに下げてやればいいのです。設定速度は、アクティブドライビングディスプレイで、現在速度と並んで窓にも映し出されます。
 高速で40分間の渋滞にもあいましたが、MRCC、楽ですねえ。前走車が止まっても1秒くらいなら何もしなくても再発進してくれますし、それ以上の時間止まった状態が続いたら、右手親指で速度設定のボタンをチョンと押すだけで再発進してくれます。 

【再レビューA その他】
 シートヒーターとハンドルヒーターが標準装備されています。冬はとても快適でした。スイッチを入れるとすぐに温まります。短い距離だとエアコンをつける気がしませんでした。冬、前の車だと、エアコンが効き出すまで、背中をシートに密着させないようにして、片手をお尻の下に突っ込んで運転していましたが、この車はハンドルから両手を、シートから背中を離したくなくなります。
 オプションでボディーコーティングのMG-5をしてもらいましたが、機械洗車の水洗いコースで後の拭き上げをするだけで、ピカピカになります。車のデザインが個性的ですっきりしているので、洗車が楽しみです。
 360°ビューモニーターも重宝しています。車のどこの部分が障害物とどの程度接近しているかを色と音で示してくれますし、このモニターのおかげで我が家の狭い駐車場にもスムーズに入れられます。ポールが立っていても認識してくれます。
 ナビも、インテリアデザインに溶け込んでいて出しゃばらず、ドライバーの目からの距離が遠いめで視線移動が少ないので、気に入っています。そもそも、アクティブドライビングディスプレイで 窓に 後何kmの何という地点でどちらに曲がるかが映し出されますし、音声案内も的確なので、ナビを注視する必要がありません。


[元のレビュー (再レビューの字数が多いため、一部省略)]
 発表されたCX-30を見に行って一目惚れ! 同じシャシーとエンジンを使っているマツダ3に試乗した上で契約しました。納車後1ヶ月近くたった今でもベタ惚れです。
【エクステリア】
 すっきりとしたデザインで、とても気に入っています。色は、マシーングレープレミアムメタリックです。
【インテリア】
 上品で、使い勝手も抜群で、大満足です。シートもゆったりとしていて、電動で、ランバーサポートもつき、腰をしっかりと支えてくれます。高速道路を300q、2往復しましたが、腰が痛くなることはありませんでした。
【エンジン性能】【走行性能】【乗り心地】
 静かです。乗り心地も、不満はありません。
【燃費】
 ガソリン車としては、いいのではないでしょうか。
【価格】
 CX-30は、標準装備が充実しています。カローラツーリングも見積もりを取りましたが、CX-30の方が装備がずっと充実しているのに価格は同じくらいでした。
【総評】
 安全装備も充実していてトヨタ車に負けず、マツダコネクトできめ細かく調整ができます。もちろん、デフォルトのままでも問題はありません。いい車です。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
奈良県

新車価格
273万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった24

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
トヨタ3車種と比較し、購入しました。ベタ惚れです。

 12年乗った2代目プリウスからの乗り換えです。現在のプリウスは、マイナーチェンジまで待ったのですが、安全性能の向上がほとんどなく、クルーズコントロールも速度制限がある(110q程度?)のでやめました。C-HRは、スタイルは素敵なのですが、後席の閉塞感と荷室の狭さでやめました。それならカローラのフルモデルチェンジまで待とうと、11年目の車検を受け、9月のカローラツーリングの発表まで待ちに待ったのですが、試乗してみてがっかりしました。カローラツーリングは、スタイルはフィルダーよりもずっとかっこよくなったのですが、幅も長さも2台目プリウスよりも大きくなったのに、スタイル優先のせいか室内も荷室も狭かったです。シートも幅が狭く、腰のサポートがまるでなくて、長距離を走るのは苦痛だと思いました。何のために11年目の車検を受けたんだろうと落胆しました。
 でも、10日後に発表されたCX-30を見に行って一目惚れ! めちゃかっこいいし、室内も広い! 同じシャシーとエンジンを使っているマツダ3に試乗した上で契約しました。納車後1ヶ月近くたった今でもベタ惚れです。
【エクステリア】
 めちゃかっこいいです。ショッピングモールの駐車場でずらっと並んだ車を見ても、「俺の車がいちばんかっこいい!」と思ってにんまりしてしまいます。C−HRにも負けません。色は、マシーングレープレミアムメタリックです。私の家の駐車場はマンションの機械式立体駐車場なので155pの高さまでしか入れられません。154pのCX-30はぎりぎりです。
【インテリア】
 上品で、使い勝手も抜群で、大満足です。シートもゆったりとしていて、電動で、ランバーサポートもつき、腰をしっかりと支えてくれます。高速道路を300q、2往復しましたが、腰が痛くなることはありませんでした。レーダークルーズコントロールも秀逸で、あまり疲れずに長距離運転ができます。
【エンジン性能】【走行性能】【乗り心地】
 「ガンガンとばしたい」という方には不向きでしょうが、ゆったりとした気分で走るには十分です。レーダークルーズコントロールの速度設定を速い目にしておけば、混み合っている高速道路でも、追い越し車線を車の流れに合わせてアクセル操作不要で走ることができます。
 プリウスは大変静かな車でしたが、CX-30も静かです。
 乗り心地も、不満はありません。
【燃費】
 ガソリン車としては、いいのではないでしょうか。
【価格】
 CX-30は、標準装備も現行プリウスの最上級グレード以上です。カローラツーリングも見積もりを取りましたが、CX-30の方が装備がずっと充実しているのに価格は同じくらいでした。
【総評】
 安全装備も充実していてトヨタ車に負けず、マツダコネクトできめ細かく調整ができます。もちろん、デフォルトのままでも問題はありません。いい車です。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
奈良県

新車価格
273万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった49

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地5
燃費4
価格5
トヨタ3車種と比較し、購入しました。ベタ惚れです。

 12年乗った2代目プリウスからの乗り換えです。現在のプリウスは、マイナーチェンジまで待ったのですが、安全性能の向上がほとんどなく、クルーズコントロールも速度制限がある(110q程度?)のでやめました。C-HRは、スタイルは素敵なのですが、後席の閉塞感と荷室の狭さでやめました。それならカローラのフルモデルチェンジまで待とうと、11年目の車検を受け、9月のカローラツーリングの発表まで待ちに待ったのですが、試乗してみてがっかりしました。カローラツーリングは、スタイルはフィルダーよりもずっとかっこよくなったのですが、幅も長さも2台目プリウスよりも大きくなったのに、スタイル優先のせいか室内も荷室も狭かったです。シートも幅が狭く、腰のサポートがまるでなくて、長距離を走るのは苦痛だと思いました。何のために11年目の車検を受けたんだろうと落胆しました。
 でも、10日後に発表されたCX-30を見に行って一目惚れ! めちゃかっこいいし、室内も広い! 同じシャシーとエンジンを使っているマツダ3に試乗した上で契約しました。納車後1ヶ月近くたった今でもベタ惚れです。
【エクステリア】
 めちゃかっこいいです。ショッピングモールの駐車場でずらっと並んだ車を見ても、「俺の車がいちばんかっこいい!」と思ってにんまりしてしまいます。C−HRにも負けません。色は、マシーングレープレミアムメタリックです。私の家の駐車場はマンションの機械式立体駐車場なので155pの高さまでしか入れられません。154pのCX-30はぎりぎりです。
【インテリア】
 上品で、使い勝手も抜群で、大満足です。シートもゆったりとしていて、電動で、ランバーサポートもつき、腰をしっかりと支えてくれます。高速道路を300q、2往復しましたが、腰が痛くなることはありませんでした。レーダークルーズコントロールも秀逸で、あまり疲れずに長距離運転ができます。
【エンジン性能】【走行性能】【乗り心地】
 「ガンガンとばしたい」という方には不向きでしょうが、ゆったりとした気分で走るには十分です。高速道路の追い越し車線を、車の流れに乗って120q/h位でクルージングできます。
 プリウスは大変静かな車でしたが、CX-30も静かです。
 乗り心地も、不満はありません。
【燃費】
 ガソリン車としては、いいのではないでしょうか。
【価格】
 CX-30は、標準装備も現行プリウスの最上級グレード以上です。カローラツーリングも見積もりを取りましたが、CX-30の方が装備がずっと充実しているのに価格は同じくらいでした。
【総評】
 安全装備も充実していてトヨタ車に負けず、マツダコネクトできめ細かく調整ができます。もちろん、デフォルトのままでも問題はありません。いい車です。

乗車人数
2人
使用目的
買い物
レジャー
その他
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
快適性
価格
レビュー対象車
新車
購入時期
2019年11月
購入地域
奈良県

新車価格
273万円
本体値引き額
5万円
オプション値引き額
5万円

CX-30の値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった54

 
 
 
 
 
 

「CX-30 2019年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
100周年WCOTY・AWD・MT  5 2022年4月27日 15:21
スタイリッシュでSUVの高いドライビングポジションを確保  5 2022年4月19日 09:20
見た目◎中身も合格圏  4 2022年4月18日 11:52
初期型KF CX-5 → CX-30 乗り換えました  5 2022年4月9日 13:18
納車前は試乗なんだって。  5 2022年3月17日 23:44
燃費を気にするなら他車へ  5 2022年3月16日 14:12
いいサイズ感!だけども…  3 2022年3月13日 18:04
美しく輝くCX−30  4 2022年3月12日 18:07
研ぎ澄まされたSUV  5 2022年3月1日 16:17
都市型SUVですが、雪の小山もOK!  5 2022年2月27日 15:59

CX-30 2019年モデルのレビューを見る(レビュアー数:165人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

CX-30 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

CX-30 2019年モデル
マツダ

CX-30 2019年モデル

新車価格:239〜371万円

中古車価格:172〜358万円

CX-30 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <436

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

CX-30の中古車 (441物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意