『ちょっと不安な中国メーカー製だけど出来映えは合格点!』 カイン N6ii DAP/A01 [64GB] nBanjoさんのレビュー・評価

2019年 6月 6日 発売

N6ii DAP/A01 [64GB]

  • DACに「AK4497EQ」、4.4mmバランス端子を搭載。オーディオマザーボードの交換が可能なデジタルオーディオプレーヤー。
  • 4.2型IPS液晶は静電容量式マルチポイント・タッチスクリーンで直感的な操作が可能。再生コントロール機能付きの物理音量ノブも装備。
  • 複数の高音質Bluetoothコーデックに対応。さまざまなデバイスと最大96kHzのHi-Resオーディオをワイヤレスで楽しめる。
N6ii DAP/A01 [64GB] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥100,827

(前週比:+2,007円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥100,827

Amazon.co.jp

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥100,827¥124,850 (3店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥124,850 〜 ¥124,850 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:内蔵メモリ/microSDカード 記憶容量:64GB 再生時間:14時間 インターフェイス:USB2.0 Type-C N6ii DAP/A01 [64GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • N6ii DAP/A01 [64GB]の価格比較
  • N6ii DAP/A01 [64GB]の店頭購入
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のスペック・仕様
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のレビュー
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のクチコミ
  • N6ii DAP/A01 [64GB]の画像・動画
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のピックアップリスト
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のオークション

N6ii DAP/A01 [64GB]カイン

最安価格(税込):¥100,827 (前週比:+2,007円↑) 発売日:2019年 6月 6日

  • N6ii DAP/A01 [64GB]の価格比較
  • N6ii DAP/A01 [64GB]の店頭購入
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のスペック・仕様
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のレビュー
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のクチコミ
  • N6ii DAP/A01 [64GB]の画像・動画
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のピックアップリスト
  • N6ii DAP/A01 [64GB]のオークション

『ちょっと不安な中国メーカー製だけど出来映えは合格点!』 nBanjoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

N6ii DAP/A01 [64GB]のレビューを書く

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:73件
  • 累計支持数:731人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
24件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
8件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価
ちょっと不安な中国メーカー製だけど出来映えは合格点!
   

デジタルフィルター設定がひとつ余分?

   

■再生音に関して
本製品の音質は、AK4497の特長をうまく再現した旭化成DACファンを裏切らない音だという気がします。
もう少し付け加えると、全体の音調はSONY WALKMAN NW-WM1Aに近く透明感のある(S/Nの良い)感じですが、WALKMANがフルデジタルアンプで音のフォーカスを正確に合わせ輪郭を際立たせたややタイトでクールな傾向の音であるのに対して、本製品の方はアナログアンプを活かして全体的にふくよかさを出し音場の広がり表現を重視したウォーム傾向で、そこにAK4497らしい透明感ある艶やかな味わいを加えた音に仕上がっていると感じます。
そして、こうしたアナログ的な要素を充分に引き出しながら、デジタルらしい解像感も味わえるよう上手く調整し、非常にバランスがとれていると感じました。
iBassoのDX220と比較すると、DX220はややアクの強い個性的な音作りで楽曲によっては善し悪しが分かれそうなところがありますが、本製品の方はどの楽曲を聴いても気持ちよく不満を感じさせない、常にハイエンドらしい良質な音を提供してくれる上品/気品さがあるような気がします。
簡単に言うと、DX220と本製品はほぼ対照的な音作りをしていて、購入者によって好みが分かれる同価格帯のライバルと言えるでしょう。
長時間ゆったり気分で聴くときは、PCMのデジタルフィルター設定を「Super Slow Roll-off」か「Low Dispersion Short Delay」にするのがオススメです。
本製品は、カスタマイズされたAndroid-OSを採用しており、以下の2種類のミュージックプレーヤー・アプリがインストールされています。
・Cayin Music
・Hiby Music
この2つのアプリによる再生音を比較すると少し違いがあるのがわかります。
Hiby Musicの方は、再生音に若干デジタル臭さみたいなものが滲み出てきて全体的にモヤモヤした付帯音(違和感)を感じます。
また、再生音データのサンプルレートをユーザー設定で固定にする機能(サンプルレート変換)が備わっています。
Cayin Musicの方は、そう言った違和感は一切無くスッキリとしていて音源の音がストレートに伝わるような感じなので、私はこちらを常用しています。
ちなみに、Hiby Musicの音の違和感はWALKMANの「ソースダイレクト」をOFFにしたときの違和感に似ています。
さらに、過去にCOWONのプレーヤーを使用したときにも同じような違和感を感じました。
おそらく、これは昨今のプレーヤー機能がデジタル技術に頼りすぎていることによる弊害みたいなものだと思っています。
それ故に、本製品が2つのアプリを選択できることと、WALKMANの「ソースダイレクト」をON/OFFできることは、私にとって有意義なことだと思っています。
COWONのプレーヤーでは、そう言った切替ができなかったので違和感に耐えきれずすぐに手放した経緯があります。
もし本製品がHiby Musicだけだったら同じくすぐに手放す運命になっていたかもしれません。

■良い点
iBasso(DX220)をはじめ中国メーカーのプレーヤーは、楽曲選択メニューにおける日本語の漢字を含むアーティスト名などのリストの並び順がまったくバラバラ(英語名のものと日本語名のものとがゴチャ混ぜ)で使い勝手が悪いものが多いのですが、本製品はけっこう規則正しく(英語名のものと日本語名のものとが完璧に分かれるようにまとまって)リスト表示されます。
さすがに、SONYのWALKMANみたいなレベルにはいきませんが、日本向けローカライズとしてこの点は高く評価できると思います。
DX220に比べて、バッテリー容量は大きく長持ちで不満は感じられません。(その分サイズは少し大きいようですが)

■気になった点
購入後すぐにPCMデータ用デジタルフィルターの設定に間違いがあることに気づきました。(添付画像参照)
AK4497のフィルター設定は計6種類の仕様だが、プレーヤーの設定はなぜか計7種類あること。
具体的には、「Super Sharp Roll-off」というフィルターはAK4497には存在しないにもかかわらず、プレーヤー上の設定には誤って余分に存在するということです。
これは完全に設計ミスであり、すぐにこのことを販売代理店のサポートに連絡しました。
iBasso(DX220)の不具合対応とは大きく異なり、こちら(代理店)はすごく丁寧な対応ですぐにメーカーへ取り次いでいただいた結果、メーカーも素直に認めた上でファーム修正対応(既にリリースのバージョン1.17のあと近々リリース予定)に至りました。

■まとめ
私は旭化成のDACが好みで目当ての本製品を購入したわけですが、音質はその期待を裏切ることなく良かったと思っています。

★追記★
T01マザーボードをゲット!
搭載DACチップはTI社(バーブラウン)のPCM1792A(x2個)ですが一昔前の古いものになります。
最近主流のDACチップのようなデジタルを駆使して高解像度な音質やさらなるオーディオ性能を追求したものとは対照的に、デジタルでありながらアナログ的なサウンドを醸しだし、音源にあるボーカルの肉声や生楽器の音のありさまを人工的加工なくストレートに伝えようとする感覚を与えてくれます。
最新のDACに比べれば解像度など劣る性能面などがあろうかと思いますが、アナログオーディオ時代からの古きオーディオファン(私自身を含めたオジサンたち)であれば、おそらく不満無くほぼ納得がいくサウンドを出してくれているように思います。
試聴のつもりが、古き良き「Hi-Fiサウンド」とその代表格であったバーブラウン・サウンドが私の中に蘇ってきて、いつのまにか聴き入ると同時に、自分で言うのもおかしいですが、現役を退いたオジサンたち(私とPCM1792A)が「まだまだ互いに頑張ろう!」と励まし合っているような雰囲気になりました。
PCMのデジタルフィルター設定は、「Slow Roll-off」がオススメです。
T01マザーボードを標準パッケージにしたモデル「N6ii DAP/T01」)もあります。(価格は若干高めですが)

ジャンル
ジャズ
その他

参考になった24人(再レビュー後:19人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
携帯性4
バッテリ5
音質5
操作性3
付属ソフト無評価
拡張性無評価
ちょっと不安な中国メーカー製だけど出来映えは合格点!
   

デジタルフィルター設定がひとつ余分?

   

■まえおき
レビュータイトルがやや偏見じみた表現になっていますがご容赦を!
本製品を購入する少し前に先行してiBasso AudioのDX220も購入しています。
そのレビューも既に投稿していますので興味があればご参照ください。
ただし、やや嫌味で辛口のレビュー(最新よりも過去レビューに注目)になってしまっています。

■再生音に関して
本製品の音質は、AK4497の特長をうまく再現した旭化成DACファンを裏切らない音だという気がします。
もう少し付け加えると、全体の音調はSONY WALKMAN NW-WM1Aに近く透明感のある(S/Nの良い)感じですが、WALKMANがフルデジタルアンプで音のフォーカスを正確に合わせ輪郭を際立たせたややタイトでクールな傾向の音であるのに対して、本製品の方はアナログアンプを活かして全体的にふくよかさを出し音場の広がり表現を重視したウォーム傾向で、そこにAK4497らしい透明感ある艶やかな味わいを加えた音に仕上がっていると感じます。
そして、こうしたアナログ的な要素を充分に引き出しながら、デジタルらしい解像感も味わえるよう上手く調整し、非常にバランスがとれていると感じました。
iBassoのDX220と比較すると、DX220はややアクの強い個性的な音作りで楽曲によっては善し悪しが分かれそうなところがありますが、本製品の方はどの楽曲を聴いても気持ちよく不満を感じさせない、常にハイエンドらしい良質な音を提供してくれる上品/気品さがあるような気がします。
簡単に言うと、DX220と本製品はほぼ対照的な音作りをしていて、購入者によって好みが分かれる同価格帯のライバルと言えるでしょう。
(ただ、私のようにその両方を手に入れる欲張り者がいるかもしれません)
本製品は、カスタマイズされたAndroid-OSを採用しており、以下の2種類のミュージックプレーヤー・アプリがインストールされています。
・Cayin Music
・Hiby Music
この2つのアプリによる再生音を比較すると少し違いがあるのがわかります。
Hiby Musicの方は、再生音に若干デジタル臭さみたいなものが滲み出てきて全体的にモヤモヤした付帯音(違和感)を感じます。
また、再生音データのサンプルレートをユーザー設定で固定にする機能(サンプルレート変換)が備わっています。
Cayin Musicの方は、そう言った違和感は一切無くスッキリとしていて音源の音がストレートに伝わるような感じなので、私はこちらを常用しています。
ちなみに、Hiby Musicの音の違和感はWALKMANの「ソースダイレクト」をOFFにしたときの違和感に似ています。
さらに、過去にCOWONのプレーヤーを使用したときにも同じような違和感を感じました。
おそらく、これは昨今のプレーヤー機能がデジタル技術に頼りすぎていることによる弊害みたいなものだと思っています。
それ故に、本製品が2つのアプリを選択できることと、WALKMANの「ソースダイレクト」をON/OFFできることは、私にとって有意義なことだと思っています。
COWONのプレーヤーでは、そう言った切替ができなかったので違和感に耐えきれずすぐに手放した経緯があります。
もし本製品がHiby Musicだけだったら同じくすぐに手放す運命になっていたかもしれません。

■良い点
iBasso(DX220)をはじめ中国メーカーのプレーヤーは、楽曲選択メニューにおける日本語の漢字を含むアーティスト名などのリストの並び順がまったくバラバラ(英語名のものと日本語名のものとがゴチャ混ぜ)で使い勝手が悪いものが多いのですが、本製品はけっこう規則正しく(英語名のものと日本語名のものとが完璧に分かれるようにまとまって)リスト表示されます。
さすがに、SONYのWALKMANみたいなレベルにはいきませんが、日本向けローカライズとしてこの点は高く評価できると思います。
DX220に比べて、バッテリー容量は大きく長持ちで不満は感じられません。(その分サイズは少し大きいようですが)

■気になった点
購入後すぐにPCMデータ用デジタルフィルターの設定に間違いがあることに気づきました。(添付画像参照)
AK4497のフィルター設定は計6種類の仕様だが、プレーヤーの設定はなぜか計7種類あること。
具体的には、「Super Sharp Roll-off」というフィルターはAK4497には存在しないにもかかわらず、プレーヤー上の設定には誤って余分に存在するということです。
これは完全に設計ミスであり、すぐにこのことを販売代理店のサポートに連絡しました。
iBasso(DX220)の場合とは大きく異なり、こちら(代理店)はすごく丁寧な対応ですぐにメーカーへ取り次いでいただいた結果、メーカーも素直に認めた上でファーム修正対応に至りました。

■まとめ
私は旭化成のDACが好みで目当ての本製品を購入したわけですが、音質はその期待を裏切ることなく良かったと思っています。
前述の気になった点を見つけたときは、iBasso(DX220)のときのことがよみがえり不吉な予感がしたのですが、今のところおかしな点はそれだけのようです。
本製品のオーディオ回路用マザーボードは交換可能になっており、本製品に組み込まれているのはA01というマザーボードですが、バリエーションとしてTI社(バーブラウン)のDACチップ:PCM1792Aを用いたT01というマザーボードが組み込まれたモデルもリリースされているようですね。
当然、T01マザーボードの単品販売もあり、久しぶりにバーブラウンのDACの音を聴いてみたく興味をそそられるところもありますので、機会があれば購入してみたいと思っています。

ジャンル
ジャズ
その他

参考になった5

 
 
 
 
 
 

「N6ii DAP/A01 [64GB]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

N6ii DAP/A01 [64GB]のレビューを書く

この製品の最安価格を見る

N6ii DAP/A01 [64GB]
カイン

N6ii DAP/A01 [64GB]

最安価格(税込):¥100,827発売日:2019年 6月 6日 価格.comの安さの理由は?

N6ii DAP/A01 [64GB]をお気に入り製品に追加する <42

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意