『Bluetooth5.0で音切れがなくなりました』 MOTOROLA moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ] あきるのこじまさんのレビュー・評価

moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]

アスペクト比19:9の6.24型フルHD+液晶(2270×1080ドット)を装備したスマ−トフォン

最安価格(税込): ¥24,000〜 登録価格一覧(18店舗)
発売日:2019年 6月 7日

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 9.0 販売時期:2019年夏モデル 画面サイズ:6.24インチ 内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB バッテリー容量:3000mAh moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]のスペック・仕様

※ランキング順位・レビュー点数・クチコミ件数は機種単位の情報です

ご利用の前にお読みください

 
ユーザーレビュー > スマートフォン・携帯電話 > スマートフォン > MOTOROLA > moto g7 plus SIMフリー > moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]

『Bluetooth5.0で音切れがなくなりました』 あきるのこじまさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:26件
  • 累計支持数:346人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
6件
4件
ノートパソコン
3件
1件
掃除機
3件
1件
もっと見る
満足度4
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー4
カメラ3
Bluetooth5.0で音切れがなくなりました

前に所有していたHuawei P20 liteはコストパフォーマンスに優れた、とてもすばらしいスマホでした。
ただ、車のナビ(パナソニックのストラーダ)とBluetoothで接続すると、Apple musicなどのストリーミング音楽がプチプチと音切れしてしまいました。でも妻のiPhone Xと接続すると音切れなし。やはりBluetoothのバージョンが、P20 liteは4.2、iPhone Xが5.0というあたりが原因なのかと思い、Bluetooth5.0対応のAndroid機種を探したところ、moto G7 plusに行き着きました。
よくG7とG7 plusの違いがカメラ程度と紹介している情報サイトもありますが、Bluetoothのバージョンも違いますよ。
G7 plus購入後、ナビと接続したところ、見事、音切れはなくなりました!CPUの性能が上がったためかもしれませんが、とりあえず、Bluetoothのバージョン・アップのおかげと思いたいです。

【デザイン】
背面のMotoloraのマークが、PowerPCを搭載していたPowerBook時代のMacを知っていた人間(50代)の心をくすぐります。ただ、胸ボケットに入れると、レンズの○が目立つため、相手にちょっと圧迫感を与えるかも?!

【携帯性】
P20 liteと比べて、あまり大きさに違いを感じません。少し重くなりましたが、文字の見やすさのメリットのほうがはるかに大きいです。

【レスポンス】
前のP20 liteよりも、CPUの性能が上がったので、当然速く感じます。全てのアプリの動作が機敏になりました。
P20 liteはGoolgeニュースなど様々なアプリでよく落ちました。同じRAM 4GBですけど、こちらは一度も落ちたことがありません。とても安定しています。

【画面表示】
ホーム画面にある時間・天気などを表示すMoto独特の大きな円のウィジェットが画面をかなり占有します。時間、天気(アニメーション付)、バッテリーを一緒に表示してくれるのでありがたいのですが、限られた下の部分にどのアプリのアイコンを置くかちょっと悩みます。
他のウィジェットも検討してみましたが、motoのアイデンティティなので、これはこれで良しとします。
アイコンは○よりも、□のほうがやはり好みかな。

【バッテリー】
前のP20 liteと同じく、バッテリー容量は3,000mAhですが、P20 liteよりも早く減っていきます。バッテリー管理の面では、Huaweiの機種はすばらしかったのだと痛感。
ですが、メールやスケジュールのチェック程度なら、十分1日持ちます。動画やゲームをバリバリするとなると、きついかもしれません。

【カメラ】
日中撮影する分にはとても綺麗です。でもデジタル・ズームとなるとそれなり。暗いところになると、かなり苦しいです。期待しないほうが良いと思います。
QRコードの読み取り機能が標準で付いていない(だぶん...)ので、外のアプリをインストールしました。

【総評】
AndroidでBluetooth5.0対応の3万円程度のミドルレンジの機種となると、moto G7 plusか、OPPOのReno Aのどちらかになります。Reno A のほうがCPUなどのスペックでは圧倒していますが、独自のcolor OS(≒Android)のアップデート頻度が少ないとも聞き、セキュリティのことも考えて、moto G7 plusにしました。
前機種と比べて、Huaweiほどの洗練度はありませんが、価格相応にそつなくできていて、安定しています。
個人的には、おサイフケータイは必要ないのですが、できれば、防滴だけでなく、防水まで対応してもらえるとさらに良かったかなと思います。

参考になった10人(再レビュー後:10人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ3
Bluetooth5.0で音切れがなくなりました

前に所有していたHuawei P20 liteはコストパフォーマンスに優れた、とてもすばらしいスマホでした。
ただ、車のナビ(パナソニックのストラーダ)とBluetoothで接続すると、Apple musicなどのストリーミング音楽がプチプチと音切れしてしまいました。でも妻のiPhone Xと接続すると音切れなし。やはりBluetoothのバージョンが、P20 liteは4.2、iPhone Xが5.0というあたりが原因なのかと思い、Bluetooth5.0対応のAndroid機種を探したところ、moto G7 plusに行き着きました。
よくG7とG7 plusの違いがカメラ程度と紹介している情報サイトもありますが、Bluetoothのバージョンも違いますよ。
G7 plus購入後、ナビと接続したところ、見事、音切れはなくなりました!CPUの性能が上がったためかもしれませんが、とりあえず、Bluetoothのバージョン・アップのおかげと思いたいです。

【デザイン】
背面のMotoloraのマークが、PowerPCを搭載していたPowerBook時代のMacを知っていた人間(50代)の心をくすぐります。ただ、胸ボケットに入れると、レンズの○が目立つため、相手にちょっと圧迫感を与えるかも?!

【携帯性】
P20 liteと比べて、あまり大きさに違いを感じません。少し重くなりましたが、文字の見やすさのメリットのほうがはるかに大きいです。

【レスポンス】
前のP20 liteよりも、CPUの性能が上がったので、当然速く感じます。全てのアプリの動作が機敏になりました。
P20 liteはGoolgeニュースなど様々なアプリでよく落ちました。同じRAM 4GBですけど、こちらは一度も落ちたことがありません。とても安定しています。

【画面表示】
ホーム画面にある時間・天気などを表示すMoto独特の大きな円のウィジェットが画面をかなり占有します。時間、天気(アニメーション付)、バッテリーを一緒に表示してくれるのでありがたいのですが、限られた下の部分にどのアプリのアイコンを置くかちょっと悩みます。
他のウィジェットも検討してみましたが、motoのアイデンティティなので、これはこれで良しとします。
アイコンは○よりも、□のほうがやはり好みかな。

【バッテリー】
前のP20 liteと同じく、バッテリー容量は3,000mAhですが、P20 liteよりも早く減っていきます。バッテリー管理の面では、Huaweiの機種はすばらしかったのだと痛感。
ですが、メールやスケジュールのチェック程度なら、十分1日持ちます。動画やゲームをバリバリするとなると、きついかもしれません。

【カメラ】
日中撮影する分にはとても綺麗です。でもデジタル・ズームとなるとそれなり。暗いところになると、かなり苦しいです。期待しないほうが良いと思います。
QRコードの読み取り機能が標準で付いていない(だぶん...)ので、外のアプリをインストールしました。

【総評】
AndroidでBluetooth5.0対応の3万円程度のミドルレンジの機種となると、moto G7 plusか、OPPOのReno Aのどちらかになります。Reno A のほうがCPUなどのスペックでは圧倒していますが、独自のcolor OS(≒Android)のアップデート頻度が少ないとも聞き、セキュリティのことも考えて、moto G7 plusにしました。
前機種と比べて、Huaweiほどの洗練度はありませんが、価格相応にそつなくできていて、安定しています。
個人的には、おサイフケータイは必要ないのですが、できれば、防滴だけでなく、防水まで対応してもらえるとさらに良かったかなと思います。

参考になった0

満足度4
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ3
Bluetooth5.0で音切れがなくなりました

前に所有していたHuawei P20 liteはコストパフォーマンスに優れた、とてもすばらしいスマホでした。
ただ、車のナビ(パナソニックのストラーダ)とBluetoothで接続すると、Apple musicなどのストリーミング音楽がプチプチと音切れしてしまいました。でも妻のiPhone Xと接続すると音切れなし。やはりBluetoothのバージョンが、P20 liteは4.2、iPhone Xが5.0というあたりが原因なのかと思い、Bluetooth5.0対応のAndroid機種を探したところ、moto G7 plusに行き着きました。
よくG7とG7 plusの違いがカメラ程度と紹介している情報サイトもありますが、Bluetoothのバージョンも違いますよ。
G7 plus購入後、ナビと接続したところ、見事、音切れはなくなりました!CPUの性能が上がったためかもしれませんが、とりあえず、Bluetoothのバージョン・アップのおかげと思いたいです。

【デザイン】
背面のMotoloraのマークが、PowerPCを搭載していたPowerBook時代のMacを知っていた人間(50代)の心をくすぐります。ただ、胸ボケットに入れると、レンズの○が目立つため、相手にちょっと圧迫感を与えるかも?!

【携帯性】
P20 liteと比べて、あまり大きさに違いを感じません。少し重くなりましたが、文字の見やすさのメリットのほうがはるかに大きいです。

【レスポンス】
前のP20 liteよりも、CPUの性能が上がったので、当然速く感じます。全てのアプリの動作が機敏になりました。

【画面表示】
ホーム画面にある時間・天気などを表示すMoto独特の大きな円のウィジェットが画面をかなり占有します。時間、天気(アニメーション付)、バッテリーを一緒に表示してくれるのでありがたいのですが、限られた下の部分にどのアプリのアイコンを置くかちょっと悩みます。
他のウィジェットも検討してみましたが、motoのアイデンティティなので、これはこれで良しとします。
アイコンは○よりも、□のほうがやはり好みかな。

【バッテリー】
前のP20 liteと同じく、バッテリー容量は3,000mAhですが、P20 liteよりも早く減っていきます。バッテリー管理の面でも、Huaweiの機種はすばらしかったのだと痛感。
ですが、メールやスケジュールのチェック程度なら、十分1日持ちます。動画やゲームをバリバリするとなると、きついかもしれません。

【カメラ】
日中撮影する分にはとても綺麗です。でもデジタル・ズームとなるとそれなり。暗いところになると、かなり苦しいです。期待しないほうが良いと思います。
QRコードの読み取り機能が標準で付いていない(だぶん...)ので、外のアプリをインストールしました。

【総評】
AndroidでBluetooth5.0対応の3万円程度のミドルレンジの機種となると、moto G7 plusか、OPPOのReno Aのどちらかになります。Reno A のほうがCPUなどのスペックでは圧倒していますが、独自のcolor OS(≒Android)のアップデート頻度が少ないとも聞き、セキュリティのことも考えて、moto G7 plusにしました。
前機種と比べて、Huaweiほどの洗練度はありませんが、価格相応にそつなくできていると思いました。
個人的には、おサイフケータイは必要ないのですが、できれば、防滴だけでなく、防水まで対応してもらえると良かったかなと思います。

参考になった0

満足度4
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ4
Bluetooth5.0で音切れがなくなりました

前に所有していたHuawei P20 liteはコストパフォーマンスに優れた、とてもすばらしいスマホでした。
ただ、車のナビ(パナソニックのストラーダ)とBluetoothで接続すると、Apple musicなどのストリーミング音楽がプチプチと音切れしてしまいました。でも妻のiPhone Xと接続すると音切れなし。やはりBluetoothのバージョンが、P20 liteは4.2、iPhone Xが5.0というあたりが原因なのかと思い、Bluetooth5.0対応のAndroid機種を探したところ、moto G7 plusに行き着きました。
よくG7とG7 plusの違いがカメラ程度と紹介している情報サイトもありますが、Bluetoothのバージョンも違いますよ。
G7 plus購入後、ナビと接続したところ、見事、音切れはなくなりました!CPUの性能が上がったためかもしれませんが、とりあえず、Bluetoothのバージョン・アップのおかげと思いたいです。

【デザイン】
背面のMotoloraのマークが、PowerPCを搭載していたPowerBook時代のMacを知っていた人間(50代)の心をくすぐります。ただ、胸ボケットに入れると、レンズの○が目立つため、相手にちょっと圧迫感を与えるかも?!

【携帯性】
P20 liteと比べて、あまり大きさに違いを感じません。少し重くなりましたが、文字の見やすさのメリットのほうがはるかに大きいです。

【レスポンス】
前のP20 liteよりも、CPUの性能が上がったので、当然速く感じます。全てのアプリの動作が機敏になりました。

【画面表示】
ホーム画面にある時間・天気などを表示すMoto独特の大きな円のウィジェットが画面をかなり占有します。時間、天気(アニメーション付)、バッテリーを一緒に表示してくれるのでありがたいのですが、限られた下の部分にどのアプリのアイコンを置くかちょっと悩みます。
他のウィジェットも検討してみましたが、motoのアイデンティティなので、これはこれで良しとします。
アイコンは○よりも、□のほうがやはり好みかな。

【バッテリー】
前のP20 liteと同じく、バッテリー容量は3,000mAhですが、P20 liteよりも早く減っていきます。バッテリー管理の面でも、Huaweiの機種はすばらしかったのだと痛感。
ですが、メールやスケジュールのチェック程度なら、十分1日持ちます。動画やゲームをバリバリするとなると、きついかもしれません。

【カメラ】
日中撮影する分にはとても綺麗です。暗いところになると、ややノイズが見られます。
QRコードの読み取り機能が標準で付いていない(だぶん...)ので、外のアプリをインストールしました。

【総評】
AndroidでBluetooth5.0対応の3万円程度のミドルレンジの機種となると、moto G7 plusか、OPPOのReno Aのどちらかになります。Reno A のほうがCPUなどのスペックでは圧倒していますが、独自のcolor OS(≒Android)のアップデート頻度が少ないとも聞き、セキュリティのことも考えて、moto G7 plusにしました。
前機種と比べて、Huaweiほどの洗練度はありませんが、価格相応にそつなくできていると思いました。
個人的には、おサイフケータイは必要ないのですが、できれば、防滴だけでなく、防水まで対応してもらえると良かったかなと思います。

参考になった0

満足度4
デザイン5
携帯性4
レスポンス4
画面表示4
バッテリー3
カメラ4
Bluetooth5.0で音切れがなくなりました

前に所有していたHuawei P20 liteはコストパフォーマンスに優れた、とてもすばらしいスマホでした。
ただ、車のナビ(パナソニックのストラーダ)とBluetoothで接続すると、Apple musicなどのストリーミング音楽がプチプチと音切れしてしまいました。でも妻のiPhone Xと接続すると音切れなし。やはりBluetoothのバージョンが、P20 liteは4.2、iPhone Xが5.0というあたりが原因なのかと思い、Bluetooth5.0対応のAndroid機種を探したところ、moto G7 plusに行き着きました。
よくG7とG7 plusの違いがカメラ程度と紹介している情報サイトもありますが、Bluetoothのバージョンも違いますよ。
G7 plus購入後、ナビと接続したところ、見事、音切れはなくなりました!CPUの性能が上がったためかもしれませんが、とりあえず、Bluetoothのバージョン・アップのおかげと思いたいです。

【デザイン】
背面のMotoloraのマークが、PowerPCを搭載していたPowerBook時代のMacを知っていた人間(50代)の心をくすぐります。ただ、胸ボケットに入れると、レンズの○が目立つため、相手にちょっと圧迫感を与えるかも?!

【携帯性】
P20 liteと比べて、あまり大きさに違いを感じません。少し重くなりましたが、文字の見やすさのメリットのほうがはるかに大きいです。

【レスポンス】
前のP20 liteよりも、CPUの性能が上がったので、当然速く感じます。全てのアプリの動作が機敏になりました。

【画面表示】
ホーム画面にある時間・天気などを表示すMoto独特の大きな円のウィジェットが画面をかなり占有します。時間、天気(アニメーション付)、バッテリーを一緒に表示してくれるのでありがたいのですが、限られた下の部分にどのアプリのアイコンを置くかちょっと悩みます。
他のウィジェットも検討してみましたが、monoのアイデンティティなので、これはこれで良しとします。

【バッテリー】
前のP20 liteと同じく、バッテリー容量は3,000mAhですが、P20 liteよりも早く減っていきます。バッテリー管理の面でも、Huaweiの機種はすばらしかったのだと痛感。
ですが、メールやスケジュールのチェック程度なら、十分1日持ちます。動画やゲームをバリバリするとなると、きついかもしれません。

【カメラ】
日中撮影する分にはとても綺麗です。暗いところになると、ややノイズが見られます。
QRコードの読み取り機能が標準で付いていない(だぶん...)ので、外のアプリをインストールしました。

【総評】
AndroidでBluetooth5.0対応の3万円程度のミドルレンジの機種となると、moto G7 plusか、OPPOのReno Aのどちらかになります。Reno A のほうがCPUなどのスペックでは圧倒していますが、独自のcolor OS(≒Android)のアップデート頻度が少ないとも聞き、セキュリティのことも考えて、moto G7 plusにしました。
前機種と比べて、Huaweiほどの洗練度はありませんが、価格相応に無難によくできていると思いました。
個人的には、おサイフケータイは必要ないのですが、できれば、防滴だけでなく、防水まで対応してもらえると良かったかなと思います。

参考になった0

「moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
充電ストレスがゼロになった  4 2020年7月11日 20:41
Android 10にアップデートすると不具合が…  3 2020年6月19日 12:38
残念な対応です!((私個人の感想です))  1 2020年5月29日 11:31
概ね満足  4 2020年5月25日 12:10
絶妙かつ致命的な失敗作(私個人の感想です)  1 2020年3月18日 01:07
使い勝手よく満足  4 2020年3月13日 21:07
普通に良い。  5 2020年3月1日 18:48
使いやすいです  5 2020年2月11日 10:31
コスパが良いミドルスペックスマホ  4 2020年2月3日 08:59
通話できない  1 2020年1月25日 16:10

moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]のレビューを見る(レビュアー数:31人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]
MOTOROLA

moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]

発売日:2019年 6月 7日

moto g7 plus SIMフリー [ディープインディゴ]をお気に入り製品に追加する <131

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

qoo10
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意