MEG X570 ACE レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

MEG X570 ACE

  • AMD X570チップセット搭載ATXマザーボード(ソケットAM4)。ハイエンドVGAとの組み合わせを想定したオーバークロッカー向けモデル。
  • 第3・2世代AMD Ryzenに対応。カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション、USB3.1 Type-C、PCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロットを3基搭載している。
  • Realtek 2.5GbE、Intel Gigabit有線LAN、Wi-Fi 6(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5(intel)を装備。
MEG X570 ACE 製品画像

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥45,696

(前週比:-4円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥45,696

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥45,696¥62,004 (30店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥45,800 〜 ¥47,300 (全国16店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 MEG X570 ACEのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MEG X570 ACEの価格比較
  • MEG X570 ACEの店頭購入
  • MEG X570 ACEのスペック・仕様
  • MEG X570 ACEのレビュー
  • MEG X570 ACEのクチコミ
  • MEG X570 ACEの画像・動画
  • MEG X570 ACEのピックアップリスト
  • MEG X570 ACEのオークション

MEG X570 ACEMSI

最安価格(税込):¥45,696 (前週比:-4円↓) 発売日:2019年 7月 7日

  • MEG X570 ACEの価格比較
  • MEG X570 ACEの店頭購入
  • MEG X570 ACEのスペック・仕様
  • MEG X570 ACEのレビュー
  • MEG X570 ACEのクチコミ
  • MEG X570 ACEの画像・動画
  • MEG X570 ACEのピックアップリスト
  • MEG X570 ACEのオークション

MEG X570 ACE のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.39
レビュー投稿数:14人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.93 4.51 16位
互換性 パーツとの相性など 4.93 4.40 9位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.54 4.10 28位
機能性 付加機能は十分か 4.93 4.24 3位
設定項目 設定項目は豊富か 4.86 4.20 9位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.34 3.77 14位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 ACEのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「重視項目:スペック重視」で絞込んだ結果 (絞込み解除

terumhさん

  • レビュー投稿数:78件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
7件
0件
キーボード
6件
0件
マウス
6件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3
   

DoragonCenterでOC

   

【安定性】
RYZEN9 3950xで安定して動作してます。

【互換性】
自分の構成では問題なく起動しました。

【拡張性】
必要十分です。

【機能性】
問題ありません、マザボにハードウェアオーバークロックのつまみがあるのには驚きました。
m2ssdのヒートシンクが個別に外せるのがいいです。

【設定項目】
自分的には十分ですね。

【付属ソフト】
あれば便利くらいです。
LIVE UPDATEはよく使います。


【総評】
うまくまとまったマザボだと思います。
ただ気になったのは、ネットの表示速度がワンテンポ遅れるような気がします。
以前がZ390 taichi だったのでメーカー的な差なのか、クリーンインストールしてないからなのかは不明ですが、
記しておきます。
今後、m2をgen4にして遊んでみる予定です。
追記
Dragon Center を使ってゲームモードOCしてみました。
ただし、RyzenMasterとの競合なのかRyzenMaserが起動しなくなり再インストールすることになります。

比較製品
ASRock > Z390 Taichi
レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Thixさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト5
   

完成したパソコン

   

PC構成

Ryzen7 3700X
Radeon Vega 64
Corsair Vengeance LPX 16GB (2 x 8GB) 3600MHz C18
CFD PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF

【安定性】
非常にいいです
9月から使用していますが特に大きな問題は起きていません
最初に組んだときも簡単に起動してくれました
少し無理なオーバークロックをしても安定して動いてくれます
強制終了やブルースクリーンになることがほとんどないです

【互換性】
自分の使ったパーツでは特に問題ありませんでした

【拡張性】
m.2スロットが3つあり、どれに繋いでも同じ速度なのがいいです
sataポートは少ないですが自分はあまり使用していないため問題ありません
msiのマザーボードはバックパネルにUSB2.0を必ず搭載してくれているのがいいです
USB2.0を搭載していないマザーボードは買いたくないのでこれからも続けて欲しいです
しかし、X570 ACEはUSB2.0とUSB3.0の距離が近すぎるためノイズが入らないか心配です
あまり影響はないと思いますが少しだけ距離を離して欲しいです

【機能性】
PCIe4.0や2.5GbE、Wifi6などの最新規格に対応しています
PCIe4.0のSSDを使用しましたがread 5000MB/sの圧倒的なスピードに感動しました
CMOSクリアボタンがついているためオーバークロックに失敗したときの復旧が楽です
マザーボード本体に電源スイッチとリセットスイッチが付いているのも便利です
また、電源スイッチやCMOSクリアボタンは光るので暗い状態でも押しやすいです
BIOS更新にCPUが必要ないため新型のCPUが出た時も安心です
マザーボードの光り方がとても綺麗です
光る場所は1箇所しかありませんがIN WINのケースのような奥行きを感じる光り方をします

【設定項目】
昔からMSIのマザーボードを愛用しているため使いやすいと感じました
以前のX470と比べても劇的に変わったところはありません

【付属ソフト】
MSIのソフトが全てDragon Centerというソフトに集約されて使いやすくなりました
Mystic Lightは画面にマザーボードの画像が表示され、どこが光っているのか分かりやすく使いやすいと思います
たまにCorsairのライティングソフトとケンカすることがありますがしょうがないですね
モニタリング機能は使いやすいと感じました
CPUやチップセット、メモリの温度やクロックを表示できます
よそのソフトを使うよりもメーカー純正のソフトを使った方が信用できるので使用しています

【メモリOC】
上記の構成に記したメモリを使用していますが3466MHz CL14 1.4Vで常用しています
3600MHz以上でも動きますがCL14で動かしたいことと安定性を求めて3466MHzにしています
以前X470 Gaming Pro Carbonを使用していた時は3200MHzCL14で動かしていためメモリはまわりやすくなっていると感じます

【CPU OC】
マザーボード本体にツマミを回すだけで簡単にオーバークロックできる機能があります
自分は詳細な設定がしたいため使いませんが、オーバークロックを試してみたい初心者の方には最適だと思います
OC耐性は高いと思います
CPUのクロックを上げ高負荷をかけて、CPU温度が90℃後半になってもきちんと動いていました
CPUをOCする人も満足できると思います
自分はRyzen7 3700Xの定格でも十分なスペックだと感じているためCPU温度が50?60℃で運用できるように調整しています

【チップセットファン】
大きなグラボを搭載しても干渉しないデザインは非常にいいです
チップセットは思っているよりも高温になるため(50℃?60℃)必要だと感じました
チップセットに近いm.2も冷却できるためいいと思います
チップセットファンの音は起動時には少し気になりますが、普段はほとんど気になりません
本格水冷をしているため普通のパソコンよりは静かですが、チップセットファンの音が気になることはないので気にする必要はないと思います

【総評】
初めて4万円以上の高額なマザーボードを購入しましたが非常に満足しています
機能性や拡張性はもちろん、安定性が高いと感じました
チップセットファンの設計やOC耐性の高さが安定性に繋がっていると感じます
初心者の方が使っても簡単に組めますし、上級者の方でも十分に遊べる機能があります
E-ATXではもっといいマザーボードもたくさんありますがATXでこれだけの機能と安定性を兼ね備えたマザーボードは他にないと思います
これから長く使っていけそうだと思えるマザーボードです

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

SOA1001さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

MSIのMEG X570 ACEは評判も上々、マザーボードの価格としてはちょっと高くて腰が引けるが性能は優れているとよく言われているようですが実際のところ私自身が特に気に入っている点を紹介します。

■Ryzen3700XのOCとその安定性
あっさりと全コア4.2GHzで回りました。もちろん電圧耐性は石にもよりますが、私の場合1.275V以下での動作を実現できたのは一つにはACEの安定性があったためと思います。
ストレステストにOCCTのデータセット小AVX2を用い室温27度で1時間ほど回してもVRM温度は59度未満。CPUそのもののは並のクーラーや簡易水冷では冷却が追いつかず93度まで上がってしまいましたが、土台の堅牢さは折り紙付きです。

■メモリーOCの安定性
G.SKILL Trident Z Neo『F4-3600C16D-32GTZNC』を選びました。同社の16GB*2のOC3600MHzメモリとしてはGTZN(Cがない)はSamsung B-dieの高級品、私のものはC付きでHynix C-dieのお手頃価格です。
こちらもまずは定格(2133MHz)起動は当たり前、BIOSに入ってXMPのボタンを押して再起動すると3600MHzにてあっさりと起動しました。もちろんそのままでも使えますが、メーカー自動設定よりも手動で数値を調整した方がより性能が上がります。細かい説明は割愛しますが、結果的にはif1:1同期の3800MHzで普通に動作し、その後の調整でもBSODやBIOS起動不可などの甚大なエラーは一度もなく3800MHz CL16-20-20-36で非常に快速な動作を実現しました。

■BIOS更新の簡易さ
Ryzenの場合BIOSの影響するところが非常に大きいためなるべく積極的に情報を集め新BIOSを安全に使うのが得策ですが、MEG X570 ACEではBIOS Flashボタンを実装しているため、最悪マザーボードと電源とUSBメモリ一本あればBIOSの更新・復旧が簡単に行えます。私も購入直後に当時の最新版であるABBを入れ、つい数日前に出たばかりのABBAを入れ、その両方をBIOS Flashボタンで行いましたがあまりにも簡単に完了したので軽く感動しております。
またいざという時に便利なCMOSクリアボタンも隣についておりまさにイタレリツクセリです。

■ストレージ周り
M.2 SSDが3ポート標準搭載。PCIeスロットの空きをうまく使えば+3枚いけると思います(x8に2枚、x4に1枚)。
CPU側のM.2_1はNVMe専用ですがチップ側_2と_3はM.2 sataも使えて大変便利。ただし標準搭載のヒートシンクの取り付けには注意が必要です。メーカーによってじゃっかん厚みなどが違うため、ネジを強く締めすぎるとM.2カードやチップが割れる恐れがあります(これはこの製品に限った話ではありませんが)。
SATAポートが4つしかない点は拡張性に劣るかもしれませんが、昨今はケーブルレスのM.2が値段も落ち着いてきたため私もなるべく2.5インチ-3.5インチドライブは減らしているため問題ありません。Gen4 NVMe(OS)、Gen3 NVMe(ゲームやアプリ)、M.2 SATA(大容量データ)等に使い分け、バックアップ用に超大容量SATA HDD1〜2本あれば充分と考えております。

■チップセットファン
明らか否定派の多いこれですが、ACEの場合PCの電源をONにした瞬間以外はほぼ回ることはありませんwそもそもチップセット自体アイドル48度〜BIOS中53度〜MAX56度くらいなのでケースや環境にもよるでしょうが意識するほどのものではないかと。
一応BIOSにてファン速度調整できますが、たとえゆるゆる回し続けたところで温度変化はほぼありません。70%とかで回すとすごい音がしますが。

■総評
総合的に大満足のマザーボードです。自作歴ぼちぼちでマザーも4〜5枚使ってきましたがその中でもダントツのトップ性能、お気に入りの一枚になりました。
あくまで私のようにそこそこ〜ガッツリOCもして満足したい人向けであって、CPUも定格メモリもネイティヴ定格という方には驚異の安定性といった実感は得られないと思いますが、OCといっても最近はOCメモリの方が普通に多く売られているのでその安定動作にも関係しますからね。
価格はちょっと尻込みしますがポイント還元などをうまく使えば実質3万円代も狙えるでしょうから、もしも迷っている方がいましたら是非おすすめします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

統志朗さん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:34人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
13件
スマートフォン
1件
8件
Mac デスクトップ
0件
8件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

そもそもMacerだったのですが、まったく私にとって魅力がなくなってしまったので
思い切って今回初めて自作しました。

構成は
CPU:Ryzen9 3900x
MB:MSI MEG X570 ACE
Cooler:Corsair H150i PRO RGB
PU:Corsair HX850i 80PLUS PLATINUM 850W
Memory:CorsairCMK32GX4M2A2666C16R×2=64GB
VC:Palit GeForce RTX2080 SUPER GRP
M.2:CFD CSSD-M2B1TPG3VNF 1TB
SSD:crusial CT500MX500SSD1×2(RAID0)
HDD:WesternDigital WD40EZRZ-RT2 (4TB)
CASE:Fractal Design Define R6 BlackOut TG
Monitor:LG 27UL650-W

で、ゲームは一切しません。
主な用途は、AfterEffects、PhotoShopのadobe系と
Cinema4DやBlenderの3D統合ソフト
その他VS、Pythonでのプログラミングです。

せっかくの自作なので予算内で、
できるだけ高いクオリティーと安定性をと思いました。
特に基幹であるマザボは、定評のあるものをと考えていました。

当初、Thunderboltも積めるASRock TAICHIを候補筆頭にしていたのですが
諸々調べているうちに、こちらのマザボの評価も高く
MSI自体自分の中では評価が高かったので採用を決定しました。

正直レビューするほどの知識もないのですが
CPU、メモリ、M.2、ケーブル類すべて無事装着も出来ました。
マニュアルとYoutubeで解説動画もありますのでそれは非常に助かりました。
かなりゆっくりと慎重に組み立てていた積もりですがそれでも半日は掛かりませんでした。

まだ使用し始めて1ヶ月足らずのところですが
上記のアプリも全く問題なくプラグインも含めて稼働しています。
RAIDを組む時に何やら失敗しまして2度ほどBIOS RESETのお世話になりましたが
これが非常に助かりました。
RAIDが無事組めてからは抜群に安定しており
触っていて不安に感じることは一切ありません。所感ですが
この感覚って結構大事だと思っています。

Ryzen3000シリーズにX570チップセット、
残念ながら他のマザボは知りませんが、MEG X570 ACEは
クリエイター向けとしても採用候補にあげても全く不満はないと思います。

ただ、やはり残念なのはSATAが4ポートなところでしょうか。
私はcrusial CT500MX500SSD1×2(RAID0)をしていますので
バックアップ用のHDDを入れてすでに残り1ポート。。。
ま、M.2も詰めますし、じゅうぶんですかね。

とは言え、採用して満足しています。初の自作でこれだけ満足感が味わえるのは
歳甲斐もなくはしゃいでしまいますね。

以上です。ありがとうございました。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった4

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドアガチャさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

スペック
AMD Ryzen7 3700X
G.SKILL F4-3200C16Q-32GTZN
MSI MEG X570 ACE
Corsair H150i Pro RGB
MSI Geforce RTX 2080 Super Gaming X Trio
Corsair RM750x
Samsung 970 Evo Plus、WD WDS100T2B0B

上記の組み合わせで不安定になることなく稼働している。

上のモデルのGODLIKEがあるがこちらは10万円弱と手が出る金額ではなく、またイベントに参加したところMSIの方にこれをおすすめされたので購入。黒をベースにし金色のアクセントがあるデザイン、15フェーズのVRM、一体型のI/Oパネル、Wi-Fi6対応、2.5Gbイーサネットなど価格(50000円弱)とは思えない良いデザイン、多彩な機能があり満足している。

SATAポートが4つしかないところには注意。
Z390マザーボードの時にMSIのマザーボードを買いかなり気に入ったのでMSIの方におすすめされたこれを買ったがかなり良いマザーボードだと思う。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

ガジェット大好き2525さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

【安定性】
3900XとメモリそれぞれOCしていますが、特に不安定になったりノイズやコイル鳴き等有りません。

【互換性】
QVLリストに載っていないメモリですが、8GB*4枚で3800MHzで動作しています。
正直ここまで回るとは思っていなかったのでZEN2環境でOCしたい人にはベストな板だと思います。

【拡張性】
M.2 NVMeが3本刺せてそれぞれにヒートシンクが付いてるのでSATA接続するものが少なくなります。
もともとSATAは4ポートしかないので節約にもなりますね。

【機能性】
CMOSクリアボタンがバックパネルについているのでとても楽です。
A社X570の板も所有しておりますが、それに比べても押しやすいので便利です。

【設定項目】
BIOSのバージョンによって設定できたり出来なかったりする項目がありますが、まだ発売したばかりなので今後に期待ですね。
FANコントロールが少し難しいのが唯一の難点でしょうか。

【付属ソフト】
Dragon Centerが不安定なことがあります。
OC設定をしたあと開くとWindowsが勝手に落ちたりします。
最近UIが変わってよりグラフィカルになりました。

【総評】
初めてのAMD環境構築&初MSIマザーボードでしたが、想像以上に使い勝手が良いです。
出始め・新チップセットということでお値段は少し高いですが、その分作りの良さを感じます。
何よりOC対して強い印象を受けるので、定格運用ではなく少し弄りたい方におすすめです。
もちろん定格では抜群の安定性だと思います。
一部で問題になっているチップセットのファンを塞いでしまう問題も、ACEではファンの位置が他社よりも下の方にレイアウトされているので心配ありません。
A社X570の板と比較しても10℃以上低いです、しかもファンが動作していない状態で。

構成
CPU:Ryzen 9 3900X
MB:MSI MEG X570 ACE
memory:Ballistix ELITE DDR4-3600 (W4U3600BME-8G )×4
GPU:GIGABYTE GeForce RTX™ 2080 GAMING OC 8G
PSU:Seasonic FOCUS Plus 750W
OS :Windows 10 Pro

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぷれあすたーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
15件
CPU
0件
7件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

【安定性】
3900XをOCしても安定動作します。メモリも比較的まわりやすいです。前世代を考えると驚きです。

【互換性】
チップセットファンの位置が優秀なので分厚いグラボでも干渉しにくいです。上記でも記述しましたが、メモリは比較的安定するため、相性の心配はほとんどないです。どうしても心配であればQVLでサポートされているものを選ぶといいですね。

【拡張性】
SATA4本は人によって少ないですね。

【機能性】
チップセットファンの位置が優秀なせいもありますが、チップセットの温度が上昇しにくいのでファンは止まってることが多いです。PCIe4.0のSSDは試していませんが、冷却性能も問題ありません。一部の窒息レイアウトなマザーボードと違い、冷却性能に申し分はありません。
FlashBIOS機能やCMOSクリアボタンも便利でいいと思います。

【設定項目】
BIOSが少し見ずらいです。好みではないですがそこまで気にはなりません。

【付属ソフト】
Dragon Centerというアプリがありますが意外と便利です

【総評】
IR3555とIR3599を使用した電源周りで値段もそれなりにしますが同価格帯と比べても優れている点が多いのでオススメです。MOSFETの温度も低めで十分冷却出来ている感じでした。冷却性能は他社と比べても頭一つ抜けているのでチップセット温度を低い状態で保ったり、チップセットのセミファンレス運用をしたい場合は特におすすめできます。


候補にASRockのPGXがあったのですがIR電源は使われておらず、廉価帯のマザーボードでよく使用されるsic634でした。(IRはcreater以上)
他社がこの価格帯でIR電源で固めてる中creater以上じゃないとIRのDr.MOSが採用されないのはさすがに驚きました。4万円代前半のTaichiならまだしもPGXはCreaterよりの電源周りにてほしかったです。

構成
CPU:Ryzen 9 3900X
MB:MSI MEG X570 ACE
memory:Ballistix ELITE DDR4-3600 (W4U3600BME-8G )×4
GPU:ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 AMP
PSU:Seasonic FOCUS Plus 850W
OS :Windows 10 home

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Beginner's unluckさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:36人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
42件
CPU
2件
15件
マザーボード
5件
3件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

運用環境
OS:Win10/64

CPU::Ryxen9 3900X

RAM:CorsairDDR4-3200

GB:RTX2080ti Gaming X TRIO

SSD:WD Black SN750 500GB

組み上がったばかりでまだ高負荷をかけたりしていないので、詳細は不明な点が多いのは、最初にお詫びいたします。

【安定性】

BIOSも買ったときのままですが、今の所不具合はありません。。BIOS設定も初期値のままです。


【互換性】

マザーとグラボを同一メーカーにしたのは初ですが、「Dragon Center」なる統合管理ソフトは便利です

【拡張性】

今まではAsrok製マザーを多く使用してきたので、(SATAが8本とか)HDDを多く搭載出来ていたのですが、今回の利用用途ではこのマザーで不満はありません。

【機能性】

内蔵Wi-Fiが必須の条件だったので満足。いざというときのFlash BIOSもあるので安心

【設定項目】

まだ初期値なのでこれから少し弄って見たいと思います

【付属ソフト】

Dragon Center はよく出来ていると思います。 Asrok製Z390 Taichi Ultimate の付属ソフトよりは使いやすいかな

【総評】

現行では、E-ATX規格のモンスターマザボを除けば最上位と言っても良いマザーボードです。予算に少し余裕があるのであれば是非お勧めします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オム・ライスさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト無評価

【安定性】定格で動かしています。特に問題はありません。
VRM電源周りが非常に堅牢なので、今後はCPUのオーバークロック等もやっていこうと思っています。
尚、このマザーボードはCPUのオーバークロックに対応すべくEPS電源端子が2つ必要となります。
EPS電源端子が1つしかないものは対応していないので、電源を購入する際は注意してください。

【互換性】マザーボード備え付けのM.2スロット用ヒートシンクはチップセットファンのフレームと一体型にはなっておらず、部分的に取り外せます。
元々ヒートシンクが備わっているようなM.2を使用する際はそのまま使用することができます。

【拡張性】M.2スロットが3基あるのですが、そのかわりSATA端子が4基にとどまっています。
現在の構成では、内蔵HDDを2台と内蔵光学ドライブを1台設置しているため、なんとか足りている状態です。
SATA端子4基では物足りないと感じています。

【機能性】当初から無線LANで運用するつもりでしたので次世代規格「WiFi6」に対応しているのは非常に魅力的でした。
WiFi6であれば最大通信速度2400Mbpsまで対応します。
また、有線LANはIntel純正のLANコントローラーが採用されており、Realtek製2.5Gbイーサが実装されています。

【設定項目】 BIOSの設定画面が見やすく、また操作しやすいと感じています。
キーボードではなく主にマウスを使って操作するのが私の肌に合うようです。

【総評】値段が高いだけに機能性が充実、また他のマザーボードのワンランク上をいく作りになっていると感じています。
堅牢なVRM電源回路、マザーボード全体の冷却構造、WiFi6に対応した無線LAN、Realtek製2.5Gbイーサを実装した有線LAN等
ユーザーが欲しい機能を全て網羅しつつバランスのとれたすばらしいマザーボードだと思います。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MisoNoAjiさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:18人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価
 

チップセットファンと最大級グラフィックボードファン

M.2スロット中段と下段の使い分け

 

【安定性】CPU: 3800X@全コアOC 4.5GHz動作, メモリDDR-4 3200 32GB(Intel XMP品), 2080 Ti GAMING X TRIOにてVR用途のために使用しています。
全コアOCしていますが問題なく動作できており、特に負荷が大きいVRゲームFO4中のVRMの温度は47度、チップセット温度は60度(ファン回転数1254RPM)といった具合でした。

8コアのCPUであれば全コアOCしてもVRMの出力は完全に余裕な様子です。
Zen3発売時にはより多コアのCPUを選び乗せ換えるかもしれません。

また添付した写真のように、大型高発熱のグラフィックボードを使用していてもチップセットファンがマザーボードの下部にレイアウトされ、ケース前面から吸気された空気をグラボファンとチップセットファンできちんと分けて吸い込めるため、グラボが高発熱状態であってもチップセットに影響を与えないようでした。

【互換性】このマザーボードのM.2用ヒートシンクは一つずつ独立して外せるようになっています。
全体のヒートシンクを丸ごと外すタイプと違い、ヒートシンク付きM.2を使いまわす場合も問題なく利用できた点に良さを感じました。
リアIOパネル面でもPS/2ポートが維持され、またリアUSBポートも問題なくVR環境で使用できています。

【拡張性】MEG X570 ACEを選んだ理由の一つが、PCIe4.0x16, x8, x4拡張スロット各1本,とNVMe M.2拡張スロットが3本ある点でした。
そのためPCIe3.0の拡張ボードやNVMeのインストールに制限を感じることなくハードの拡張を行え、NVMeが3枚とPCIe x16のグラフィックボード, PCIe x4のインターフェイスボードをエアフローを保ちつつ取り付けられています。

【機能性】可能な限り下側に取り付けられ冷たい外気を吸い込めるチップセットファンの配置とヒートパイプの採用が、X470までと比べ発熱の多いX570には良い感じです。
NVMe M.2拡張スロットも上段中段下段と3本分散しているため、発熱の多いNVMeは下段、発熱が少ないNVMeは中段などと調整できます。
(なおマザー上で認識しているM.2拡張スロットの順番は上段→下段→中段の順となります。)

【設定項目】 MSIのUEFIを使いやすく感じているため、設定は全てUEFI上にて行っています。
各種OCを行うための項目に対して丁寧に説明文を表示してくれるため、特に説明書を見なくても設定項目の内容を把握して調整を行えています。
ブート順やファンコントロール、チップセットの機能設定やBIOS更新などの一般項目についても同様です。

【付属ソフト】 Windows上で動作するユーティリティは使わない方針のため無評価とします。

【総評】全コアOC動作による実行、PCIe3.0動作ボード増設、NVMe増設・冷却、チップセット冷却どの点を取っても十分満足できる仕上がりでした。
Zen2発売直後の現在、OC中にBIOSの未成熟さを感じる時もありましたので、BIOSアップデートが行われることでより高OC下における安定動作にも期待します。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

たんれいさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
247件
CPU
0件
170件
ノートパソコン
0件
86件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

   

   

使用環境
CPU:Ryzen9 3900X
M/B:MSI MEG X570ACE 
Mem:Corsair CMK16GX4M2Z3200C16 (Samsung B-Die) 8GB×4
GPU:GeForce RTX 2060
SSD:SANDISK EXTREME PRO M.2 NVME 500GB 他
OS:Windows10 Pro 64bit
クーラー:Corsair H100i PRO RGB
LAN:ASUS XG-C100C 10GBase-T

【安定性】
組んですぐ最新のBIOSにアップデートしました。
ファーストインプレッションは、とにかく非常に安定している。
CPUは定格運用ですが、メモリは、8GBの4枚挿しでオーバークロックしています。
設定は、3600-CL16-16-16-38-1T @1.35V
この設定で各種ベンチ、MemtestをPassしたため運用しています。
4枚挿しでこのクロック 二世代目までのRyzenでは、考えられないことです。
CPUのメモリコントローラが優秀なことと このマザーボードのメモリ互換性の高さだと思っています。

【互換性】
使いまわしたパーツ等ありますが、認識しない等のトラブルは、皆無です。

【拡張性】
SATAが4ポートしかありませんが、個人的には、OKです。ストレージは、M.2のNVMEが主流になりこれが
3スロットあり、しかもGen4に対応しているため特に困ってはいません

USB 3.2 GEN2 Type-Cのフロントコネクターがあるのは、これからの拡張を考えたときにGoodだと思います。
あとx16サイズのPCI-Eスロットが3つあるのも購入したポイントです。
一番下のPCI-Eスロットは、x4動作ですがここに10GBase-TのLANカードを挿しています。
(2.5GのLANポートが付いてますが、既に自宅は、10G環境になっているので)

個人的には、使いませんが、Wi-Fi 6 & 2.5G LANに対応しているのもこれからの拡張性という意味では
ネットワークの選択肢が広がると思っています。

【機能性】
上記にも記載しましたが、盛りだくさんです。
特にネットワークは、有線 2.5G LAN,1G LANの2つに加えて最新のWi-Fi 6を搭載
USB 3.2 GEN2 Type-CのフロントコネクターがあるのでPCケース前面に配置できます。

X570は、チップセットにファンを設置していますが、ファンの位置もグラボに被ることなく
よく考えられた設計になっています。
チップセット温度も高負荷をかけても50度台でファンの回転数も1000rpm程度なので音は、気になりません

あとは、FLASH BIOSが搭載されています。
BIOS更新にCPUは、不要ですので 将来、ZEN3のCPUを購入してBIOSの更新が必要になったとしてもZEN2の
CPUを入手して更新する必要は、ありません

【設定項目】
MSIのBIOS画面は、よく整理されていてわかりやすい ちょっとオーバークロックしてみることも簡単にできるので
初めて自作する人にもお勧めできます。

【総評】
とにかく基板の設計がX570チップセット搭載中、一番いいのでは、と思ってしまいます。
サーバーグレードのプリント基板を採用し電源回路には、12+ 2+1 IRデジタル電源を搭載したため
3950X以上のCPUが出てきたとしても十分対応できると思います。

チップセットファンの配置や冷却もよく考えられているのグラボとの干渉は、なし
難点は、価格が高いことがあげられますが、使ってみての安定性、メモリの互換性の高さ
は、素晴らしいものがあります。

最速を求める人にも、安定して長く使い続ける人にも お勧めできる1枚です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 ACEのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MEG X570 ACE
MSI

MEG X570 ACE

最安価格(税込):¥45,696発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

MEG X570 ACEをお気に入り製品に追加する <111

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
ViiBee
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意