MEG X570 ACE レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

MEG X570 ACE

  • AMD X570チップセット搭載ATXマザーボード(ソケットAM4)。ハイエンドVGAとの組み合わせを想定したオーバークロッカー向けモデル。
  • 第3・2世代AMD Ryzenに対応。カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション、USB3.1 Type-C、PCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロットを3基搭載している。
  • Realtek 2.5GbE、Intel Gigabit有線LAN、Wi-Fi 6(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5(intel)を装備。
MEG X570 ACE 製品画像

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥45,696

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥45,696

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥45,696¥62,004 (31店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥45,800 〜 ¥47,300 (全国16店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 MEG X570 ACEのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MEG X570 ACEの価格比較
  • MEG X570 ACEの店頭購入
  • MEG X570 ACEのスペック・仕様
  • MEG X570 ACEのレビュー
  • MEG X570 ACEのクチコミ
  • MEG X570 ACEの画像・動画
  • MEG X570 ACEのピックアップリスト
  • MEG X570 ACEのオークション

MEG X570 ACEMSI

最安価格(税込):¥45,696 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • MEG X570 ACEの価格比較
  • MEG X570 ACEの店頭購入
  • MEG X570 ACEのスペック・仕様
  • MEG X570 ACEのレビュー
  • MEG X570 ACEのクチコミ
  • MEG X570 ACEの画像・動画
  • MEG X570 ACEのピックアップリスト
  • MEG X570 ACEのオークション

MEG X570 ACE のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.39
レビュー投稿数:14人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.93 4.51 17位
互換性 パーツとの相性など 4.93 4.40 9位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.54 4.10 27位
機能性 付加機能は十分か 4.93 4.24 3位
設定項目 設定項目は豊富か 4.86 4.20 9位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.34 3.77 14位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 ACEのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:自作経験豊富」で絞込んだ結果 (絞込み解除

terumhさん

  • レビュー投稿数:78件
  • 累計支持数:77人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
7件
0件
キーボード
6件
0件
マウス
6件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト3
   

DoragonCenterでOC

   

【安定性】
RYZEN9 3950xで安定して動作してます。

【互換性】
自分の構成では問題なく起動しました。

【拡張性】
必要十分です。

【機能性】
問題ありません、マザボにハードウェアオーバークロックのつまみがあるのには驚きました。
m2ssdのヒートシンクが個別に外せるのがいいです。

【設定項目】
自分的には十分ですね。

【付属ソフト】
あれば便利くらいです。
LIVE UPDATEはよく使います。


【総評】
うまくまとまったマザボだと思います。
ただ気になったのは、ネットの表示速度がワンテンポ遅れるような気がします。
以前がZ390 taichi だったのでメーカー的な差なのか、クリーンインストールしてないからなのかは不明ですが、
記しておきます。
今後、m2をgen4にして遊んでみる予定です。
追記
Dragon Center を使ってゲームモードOCしてみました。
ただし、RyzenMasterとの競合なのかRyzenMaserが起動しなくなり再インストールすることになります。

比較製品
ASRock > Z390 Taichi
レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0人(再レビュー後:0人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

SOA1001さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

MSIのMEG X570 ACEは評判も上々、マザーボードの価格としてはちょっと高くて腰が引けるが性能は優れているとよく言われているようですが実際のところ私自身が特に気に入っている点を紹介します。

■Ryzen3700XのOCとその安定性
あっさりと全コア4.2GHzで回りました。もちろん電圧耐性は石にもよりますが、私の場合1.275V以下での動作を実現できたのは一つにはACEの安定性があったためと思います。
ストレステストにOCCTのデータセット小AVX2を用い室温27度で1時間ほど回してもVRM温度は59度未満。CPUそのもののは並のクーラーや簡易水冷では冷却が追いつかず93度まで上がってしまいましたが、土台の堅牢さは折り紙付きです。

■メモリーOCの安定性
G.SKILL Trident Z Neo『F4-3600C16D-32GTZNC』を選びました。同社の16GB*2のOC3600MHzメモリとしてはGTZN(Cがない)はSamsung B-dieの高級品、私のものはC付きでHynix C-dieのお手頃価格です。
こちらもまずは定格(2133MHz)起動は当たり前、BIOSに入ってXMPのボタンを押して再起動すると3600MHzにてあっさりと起動しました。もちろんそのままでも使えますが、メーカー自動設定よりも手動で数値を調整した方がより性能が上がります。細かい説明は割愛しますが、結果的にはif1:1同期の3800MHzで普通に動作し、その後の調整でもBSODやBIOS起動不可などの甚大なエラーは一度もなく3800MHz CL16-20-20-36で非常に快速な動作を実現しました。

■BIOS更新の簡易さ
Ryzenの場合BIOSの影響するところが非常に大きいためなるべく積極的に情報を集め新BIOSを安全に使うのが得策ですが、MEG X570 ACEではBIOS Flashボタンを実装しているため、最悪マザーボードと電源とUSBメモリ一本あればBIOSの更新・復旧が簡単に行えます。私も購入直後に当時の最新版であるABBを入れ、つい数日前に出たばかりのABBAを入れ、その両方をBIOS Flashボタンで行いましたがあまりにも簡単に完了したので軽く感動しております。
またいざという時に便利なCMOSクリアボタンも隣についておりまさにイタレリツクセリです。

■ストレージ周り
M.2 SSDが3ポート標準搭載。PCIeスロットの空きをうまく使えば+3枚いけると思います(x8に2枚、x4に1枚)。
CPU側のM.2_1はNVMe専用ですがチップ側_2と_3はM.2 sataも使えて大変便利。ただし標準搭載のヒートシンクの取り付けには注意が必要です。メーカーによってじゃっかん厚みなどが違うため、ネジを強く締めすぎるとM.2カードやチップが割れる恐れがあります(これはこの製品に限った話ではありませんが)。
SATAポートが4つしかない点は拡張性に劣るかもしれませんが、昨今はケーブルレスのM.2が値段も落ち着いてきたため私もなるべく2.5インチ-3.5インチドライブは減らしているため問題ありません。Gen4 NVMe(OS)、Gen3 NVMe(ゲームやアプリ)、M.2 SATA(大容量データ)等に使い分け、バックアップ用に超大容量SATA HDD1〜2本あれば充分と考えております。

■チップセットファン
明らか否定派の多いこれですが、ACEの場合PCの電源をONにした瞬間以外はほぼ回ることはありませんwそもそもチップセット自体アイドル48度〜BIOS中53度〜MAX56度くらいなのでケースや環境にもよるでしょうが意識するほどのものではないかと。
一応BIOSにてファン速度調整できますが、たとえゆるゆる回し続けたところで温度変化はほぼありません。70%とかで回すとすごい音がしますが。

■総評
総合的に大満足のマザーボードです。自作歴ぼちぼちでマザーも4〜5枚使ってきましたがその中でもダントツのトップ性能、お気に入りの一枚になりました。
あくまで私のようにそこそこ〜ガッツリOCもして満足したい人向けであって、CPUも定格メモリもネイティヴ定格という方には驚異の安定性といった実感は得られないと思いますが、OCといっても最近はOCメモリの方が普通に多く売られているのでその安定動作にも関係しますからね。
価格はちょっと尻込みしますがポイント還元などをうまく使えば実質3万円代も狙えるでしょうから、もしも迷っている方がいましたら是非おすすめします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ガジェット大好き2525さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PCモニター・液晶ディスプレイ
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

【安定性】
3900XとメモリそれぞれOCしていますが、特に不安定になったりノイズやコイル鳴き等有りません。

【互換性】
QVLリストに載っていないメモリですが、8GB*4枚で3800MHzで動作しています。
正直ここまで回るとは思っていなかったのでZEN2環境でOCしたい人にはベストな板だと思います。

【拡張性】
M.2 NVMeが3本刺せてそれぞれにヒートシンクが付いてるのでSATA接続するものが少なくなります。
もともとSATAは4ポートしかないので節約にもなりますね。

【機能性】
CMOSクリアボタンがバックパネルについているのでとても楽です。
A社X570の板も所有しておりますが、それに比べても押しやすいので便利です。

【設定項目】
BIOSのバージョンによって設定できたり出来なかったりする項目がありますが、まだ発売したばかりなので今後に期待ですね。
FANコントロールが少し難しいのが唯一の難点でしょうか。

【付属ソフト】
Dragon Centerが不安定なことがあります。
OC設定をしたあと開くとWindowsが勝手に落ちたりします。
最近UIが変わってよりグラフィカルになりました。

【総評】
初めてのAMD環境構築&初MSIマザーボードでしたが、想像以上に使い勝手が良いです。
出始め・新チップセットということでお値段は少し高いですが、その分作りの良さを感じます。
何よりOC対して強い印象を受けるので、定格運用ではなく少し弄りたい方におすすめです。
もちろん定格では抜群の安定性だと思います。
一部で問題になっているチップセットのファンを塞いでしまう問題も、ACEではファンの位置が他社よりも下の方にレイアウトされているので心配ありません。
A社X570の板と比較しても10℃以上低いです、しかもファンが動作していない状態で。

構成
CPU:Ryzen 9 3900X
MB:MSI MEG X570 ACE
memory:Ballistix ELITE DDR4-3600 (W4U3600BME-8G )×4
GPU:GIGABYTE GeForce RTX™ 2080 GAMING OC 8G
PSU:Seasonic FOCUS Plus 750W
OS :Windows 10 Pro

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Beginner's unluckさん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:37人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
45件
CPU
2件
15件
マザーボード
5件
3件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

運用環境
OS:Win10/64

CPU::Ryxen9 3900X

RAM:CorsairDDR4-3200

GB:RTX2080ti Gaming X TRIO

SSD:WD Black SN750 500GB

組み上がったばかりでまだ高負荷をかけたりしていないので、詳細は不明な点が多いのは、最初にお詫びいたします。

【安定性】

BIOSも買ったときのままですが、今の所不具合はありません。。BIOS設定も初期値のままです。


【互換性】

マザーとグラボを同一メーカーにしたのは初ですが、「Dragon Center」なる統合管理ソフトは便利です

【拡張性】

今まではAsrok製マザーを多く使用してきたので、(SATAが8本とか)HDDを多く搭載出来ていたのですが、今回の利用用途ではこのマザーで不満はありません。

【機能性】

内蔵Wi-Fiが必須の条件だったので満足。いざというときのFlash BIOSもあるので安心

【設定項目】

まだ初期値なのでこれから少し弄って見たいと思います

【付属ソフト】

Dragon Center はよく出来ていると思います。 Asrok製Z390 Taichi Ultimate の付属ソフトよりは使いやすいかな

【総評】

現行では、E-ATX規格のモンスターマザボを除けば最上位と言っても良いマザーボードです。予算に少し余裕があるのであれば是非お勧めします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たんれいさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
247件
CPU
0件
170件
ノートパソコン
0件
86件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

   

   

使用環境
CPU:Ryzen9 3900X
M/B:MSI MEG X570ACE 
Mem:Corsair CMK16GX4M2Z3200C16 (Samsung B-Die) 8GB×4
GPU:GeForce RTX 2060
SSD:SANDISK EXTREME PRO M.2 NVME 500GB 他
OS:Windows10 Pro 64bit
クーラー:Corsair H100i PRO RGB
LAN:ASUS XG-C100C 10GBase-T

【安定性】
組んですぐ最新のBIOSにアップデートしました。
ファーストインプレッションは、とにかく非常に安定している。
CPUは定格運用ですが、メモリは、8GBの4枚挿しでオーバークロックしています。
設定は、3600-CL16-16-16-38-1T @1.35V
この設定で各種ベンチ、MemtestをPassしたため運用しています。
4枚挿しでこのクロック 二世代目までのRyzenでは、考えられないことです。
CPUのメモリコントローラが優秀なことと このマザーボードのメモリ互換性の高さだと思っています。

【互換性】
使いまわしたパーツ等ありますが、認識しない等のトラブルは、皆無です。

【拡張性】
SATAが4ポートしかありませんが、個人的には、OKです。ストレージは、M.2のNVMEが主流になりこれが
3スロットあり、しかもGen4に対応しているため特に困ってはいません

USB 3.2 GEN2 Type-Cのフロントコネクターがあるのは、これからの拡張を考えたときにGoodだと思います。
あとx16サイズのPCI-Eスロットが3つあるのも購入したポイントです。
一番下のPCI-Eスロットは、x4動作ですがここに10GBase-TのLANカードを挿しています。
(2.5GのLANポートが付いてますが、既に自宅は、10G環境になっているので)

個人的には、使いませんが、Wi-Fi 6 & 2.5G LANに対応しているのもこれからの拡張性という意味では
ネットワークの選択肢が広がると思っています。

【機能性】
上記にも記載しましたが、盛りだくさんです。
特にネットワークは、有線 2.5G LAN,1G LANの2つに加えて最新のWi-Fi 6を搭載
USB 3.2 GEN2 Type-CのフロントコネクターがあるのでPCケース前面に配置できます。

X570は、チップセットにファンを設置していますが、ファンの位置もグラボに被ることなく
よく考えられた設計になっています。
チップセット温度も高負荷をかけても50度台でファンの回転数も1000rpm程度なので音は、気になりません

あとは、FLASH BIOSが搭載されています。
BIOS更新にCPUは、不要ですので 将来、ZEN3のCPUを購入してBIOSの更新が必要になったとしてもZEN2の
CPUを入手して更新する必要は、ありません

【設定項目】
MSIのBIOS画面は、よく整理されていてわかりやすい ちょっとオーバークロックしてみることも簡単にできるので
初めて自作する人にもお勧めできます。

【総評】
とにかく基板の設計がX570チップセット搭載中、一番いいのでは、と思ってしまいます。
サーバーグレードのプリント基板を採用し電源回路には、12+ 2+1 IRデジタル電源を搭載したため
3950X以上のCPUが出てきたとしても十分対応できると思います。

チップセットファンの配置や冷却もよく考えられているのグラボとの干渉は、なし
難点は、価格が高いことがあげられますが、使ってみての安定性、メモリの互換性の高さ
は、素晴らしいものがあります。

最速を求める人にも、安定して長く使い続ける人にも お勧めできる1枚です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 ACEのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MEG X570 ACE
MSI

MEG X570 ACE

最安価格(税込):¥45,696発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

MEG X570 ACEをお気に入り製品に追加する <110

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意