MEG X570 ACE レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

MEG X570 ACE

  • AMD X570チップセット搭載ATXマザーボード(ソケットAM4)。ハイエンドVGAとの組み合わせを想定したオーバークロッカー向けモデル。
  • 第3・2世代AMD Ryzenに対応。カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション、USB3.1 Type-C、PCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロットを3基搭載している。
  • Realtek 2.5GbE、Intel Gigabit有線LAN、Wi-Fi 6(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5(intel)を装備。
MEG X570 ACE 製品画像

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥45,696

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥45,696

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥45,696¥62,004 (31店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥45,800 〜 ¥47,300 (全国16店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 MEG X570 ACEのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MEG X570 ACEの価格比較
  • MEG X570 ACEの店頭購入
  • MEG X570 ACEのスペック・仕様
  • MEG X570 ACEのレビュー
  • MEG X570 ACEのクチコミ
  • MEG X570 ACEの画像・動画
  • MEG X570 ACEのピックアップリスト
  • MEG X570 ACEのオークション

MEG X570 ACEMSI

最安価格(税込):¥45,696 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 7月 7日

  • MEG X570 ACEの価格比較
  • MEG X570 ACEの店頭購入
  • MEG X570 ACEのスペック・仕様
  • MEG X570 ACEのレビュー
  • MEG X570 ACEのクチコミ
  • MEG X570 ACEの画像・動画
  • MEG X570 ACEのピックアップリスト
  • MEG X570 ACEのオークション

MEG X570 ACE のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:5.00
(カテゴリ平均:4.39
レビュー投稿数:14人 
  1. 4 0%
  2. 3 0%
  3. 2 0%
  4. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.93 4.51 17位
互換性 パーツとの相性など 4.93 4.40 9位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.54 4.10 27位
機能性 付加機能は十分か 4.93 4.24 3位
設定項目 設定項目は豊富か 4.86 4.20 9位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.34 3.77 14位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 ACEのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「レベル:自作経験あり」で絞込んだ結果 (絞込み解除

Thixさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト5
   

完成したパソコン

   

PC構成

Ryzen7 3700X
Radeon Vega 64
Corsair Vengeance LPX 16GB (2 x 8GB) 3600MHz C18
CFD PG3VNF CSSD-M2B1TPG3VNF

【安定性】
非常にいいです
9月から使用していますが特に大きな問題は起きていません
最初に組んだときも簡単に起動してくれました
少し無理なオーバークロックをしても安定して動いてくれます
強制終了やブルースクリーンになることがほとんどないです

【互換性】
自分の使ったパーツでは特に問題ありませんでした

【拡張性】
m.2スロットが3つあり、どれに繋いでも同じ速度なのがいいです
sataポートは少ないですが自分はあまり使用していないため問題ありません
msiのマザーボードはバックパネルにUSB2.0を必ず搭載してくれているのがいいです
USB2.0を搭載していないマザーボードは買いたくないのでこれからも続けて欲しいです
しかし、X570 ACEはUSB2.0とUSB3.0の距離が近すぎるためノイズが入らないか心配です
あまり影響はないと思いますが少しだけ距離を離して欲しいです

【機能性】
PCIe4.0や2.5GbE、Wifi6などの最新規格に対応しています
PCIe4.0のSSDを使用しましたがread 5000MB/sの圧倒的なスピードに感動しました
CMOSクリアボタンがついているためオーバークロックに失敗したときの復旧が楽です
マザーボード本体に電源スイッチとリセットスイッチが付いているのも便利です
また、電源スイッチやCMOSクリアボタンは光るので暗い状態でも押しやすいです
BIOS更新にCPUが必要ないため新型のCPUが出た時も安心です
マザーボードの光り方がとても綺麗です
光る場所は1箇所しかありませんがIN WINのケースのような奥行きを感じる光り方をします

【設定項目】
昔からMSIのマザーボードを愛用しているため使いやすいと感じました
以前のX470と比べても劇的に変わったところはありません

【付属ソフト】
MSIのソフトが全てDragon Centerというソフトに集約されて使いやすくなりました
Mystic Lightは画面にマザーボードの画像が表示され、どこが光っているのか分かりやすく使いやすいと思います
たまにCorsairのライティングソフトとケンカすることがありますがしょうがないですね
モニタリング機能は使いやすいと感じました
CPUやチップセット、メモリの温度やクロックを表示できます
よそのソフトを使うよりもメーカー純正のソフトを使った方が信用できるので使用しています

【メモリOC】
上記の構成に記したメモリを使用していますが3466MHz CL14 1.4Vで常用しています
3600MHz以上でも動きますがCL14で動かしたいことと安定性を求めて3466MHzにしています
以前X470 Gaming Pro Carbonを使用していた時は3200MHzCL14で動かしていためメモリはまわりやすくなっていると感じます

【CPU OC】
マザーボード本体にツマミを回すだけで簡単にオーバークロックできる機能があります
自分は詳細な設定がしたいため使いませんが、オーバークロックを試してみたい初心者の方には最適だと思います
OC耐性は高いと思います
CPUのクロックを上げ高負荷をかけて、CPU温度が90℃後半になってもきちんと動いていました
CPUをOCする人も満足できると思います
自分はRyzen7 3700Xの定格でも十分なスペックだと感じているためCPU温度が50?60℃で運用できるように調整しています

【チップセットファン】
大きなグラボを搭載しても干渉しないデザインは非常にいいです
チップセットは思っているよりも高温になるため(50℃?60℃)必要だと感じました
チップセットに近いm.2も冷却できるためいいと思います
チップセットファンの音は起動時には少し気になりますが、普段はほとんど気になりません
本格水冷をしているため普通のパソコンよりは静かですが、チップセットファンの音が気になることはないので気にする必要はないと思います

【総評】
初めて4万円以上の高額なマザーボードを購入しましたが非常に満足しています
機能性や拡張性はもちろん、安定性が高いと感じました
チップセットファンの設計やOC耐性の高さが安定性に繋がっていると感じます
初心者の方が使っても簡単に組めますし、上級者の方でも十分に遊べる機能があります
E-ATXではもっといいマザーボードもたくさんありますがATXでこれだけの機能と安定性を兼ね備えたマザーボードは他にないと思います
これから長く使っていけそうだと思えるマザーボードです

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

SilverFox98さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目無評価
付属ソフト無評価

【安定性】
自動OC程度しか触っていないというのもありますが、何の問題もなくしっかり動いております。
【互換性】
大きめのグラフィックボードでもチップセットファンには干渉がありませんでした。
メモリもBIOS上でしっかり認識されXMPファイルの設定も問題なく行えました。
【拡張性】
個人的には十分です。個人的にはSATAポートもゲームに利用する程度なら4つで十分かと思います。
【機能性】
基本的に欲しい機能は一通りそろっていました。チップセットファンの制御も優秀で、しっかりと温度に合わせて停止・再始動も行ってくれています。
【設定項目】
OCはほぼ行っていないので未評価にさせていただきますが、パッと見た感じでは十分な機能がそろっているのではないかと思います。
【付属ソフト】
使用していないため未評価です。
【総評】
事前に調べた情報通り、とても優秀で使い勝手の良いマザーボードだと思いました。組み立て自体も簡単に行えましたし、説明書も詳しく書かれていたので困ることはなかったです。
少々値段は高いものですが、それ相応以上の価値があるものであると思います。

<構成>
CPU:Ryzen5 3600
GPU:SAPPHIRE Nitro+ Radeon RX5700XT
メモリ:G.Skill F4-3600C16D-16GTZNC
ストレージ:Corsair Force Series MP510 CSSD-F960GBMP510
PSU:SilverStone ST75F-GS

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

おいどん様さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

安定性:組み立てて一発で問題なく動いた。初めてではなかろうか。
互換性:旧PCの部品流用して組み立てたが、前より回るようになってるのは驚き。
拡張性:M2が3枚つけれて早い企画になってるのはグッド。SATAが4つしかないのはちょっと苦しいかな。
機能性:設定詰めたりBIOS更新したりするのに外部ボタンになっってるのは便利。
設定項目:細かいところまで設定できるのは良い。
付属ソフト:使わなくても良いような気がする。まあとりあえず問題ないくらい。
 
 値段でためらうけどチップセットファンは静かだしUEFIでいじり回せるからそこはいいとおもう。
おすすめのボードだけはあると思いました。

レベル
自作経験あり
重視項目
コスト重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ドアガチャさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:0人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性4
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

スペック
AMD Ryzen7 3700X
G.SKILL F4-3200C16Q-32GTZN
MSI MEG X570 ACE
Corsair H150i Pro RGB
MSI Geforce RTX 2080 Super Gaming X Trio
Corsair RM750x
Samsung 970 Evo Plus、WD WDS100T2B0B

上記の組み合わせで不安定になることなく稼働している。

上のモデルのGODLIKEがあるがこちらは10万円弱と手が出る金額ではなく、またイベントに参加したところMSIの方にこれをおすすめされたので購入。黒をベースにし金色のアクセントがあるデザイン、15フェーズのVRM、一体型のI/Oパネル、Wi-Fi6対応、2.5Gbイーサネットなど価格(50000円弱)とは思えない良いデザイン、多彩な機能があり満足している。

SATAポートが4つしかないところには注意。
Z390マザーボードの時にMSIのマザーボードを買いかなり気に入ったのでMSIの方におすすめされたこれを買ったがかなり良いマザーボードだと思う。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ぷれあすたーさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:2人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
15件
CPU
0件
7件
グラフィックボード・ビデオカード
1件
1件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性3
機能性5
設定項目4
付属ソフト4

【安定性】
3900XをOCしても安定動作します。メモリも比較的まわりやすいです。前世代を考えると驚きです。

【互換性】
チップセットファンの位置が優秀なので分厚いグラボでも干渉しにくいです。上記でも記述しましたが、メモリは比較的安定するため、相性の心配はほとんどないです。どうしても心配であればQVLでサポートされているものを選ぶといいですね。

【拡張性】
SATA4本は人によって少ないですね。

【機能性】
チップセットファンの位置が優秀なせいもありますが、チップセットの温度が上昇しにくいのでファンは止まってることが多いです。PCIe4.0のSSDは試していませんが、冷却性能も問題ありません。一部の窒息レイアウトなマザーボードと違い、冷却性能に申し分はありません。
FlashBIOS機能やCMOSクリアボタンも便利でいいと思います。

【設定項目】
BIOSが少し見ずらいです。好みではないですがそこまで気にはなりません。

【付属ソフト】
Dragon Centerというアプリがありますが意外と便利です

【総評】
IR3555とIR3599を使用した電源周りで値段もそれなりにしますが同価格帯と比べても優れている点が多いのでオススメです。MOSFETの温度も低めで十分冷却出来ている感じでした。冷却性能は他社と比べても頭一つ抜けているのでチップセット温度を低い状態で保ったり、チップセットのセミファンレス運用をしたい場合は特におすすめできます。


候補にASRockのPGXがあったのですがIR電源は使われておらず、廉価帯のマザーボードでよく使用されるsic634でした。(IRはcreater以上)
他社がこの価格帯でIR電源で固めてる中creater以上じゃないとIRのDr.MOSが採用されないのはさすがに驚きました。4万円代前半のTaichiならまだしもPGXはCreaterよりの電源周りにてほしかったです。

構成
CPU:Ryzen 9 3900X
MB:MSI MEG X570 ACE
memory:Ballistix ELITE DDR4-3600 (W4U3600BME-8G )×4
GPU:ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 AMP
PSU:Seasonic FOCUS Plus 850W
OS :Windows 10 home

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

MisoNoAjiさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価
 

チップセットファンと最大級グラフィックボードファン

M.2スロット中段と下段の使い分け

 

【安定性】CPU: 3800X@全コアOC 4.5GHz動作, メモリDDR-4 3200 32GB(Intel XMP品), 2080 Ti GAMING X TRIOにてVR用途のために使用しています。
全コアOCしていますが問題なく動作できており、特に負荷が大きいVRゲームFO4中のVRMの温度は47度、チップセット温度は60度(ファン回転数1254RPM)といった具合でした。

8コアのCPUであれば全コアOCしてもVRMの出力は完全に余裕な様子です。
Zen3発売時にはより多コアのCPUを選び乗せ換えるかもしれません。

また添付した写真のように、大型高発熱のグラフィックボードを使用していてもチップセットファンがマザーボードの下部にレイアウトされ、ケース前面から吸気された空気をグラボファンとチップセットファンできちんと分けて吸い込めるため、グラボが高発熱状態であってもチップセットに影響を与えないようでした。

【互換性】このマザーボードのM.2用ヒートシンクは一つずつ独立して外せるようになっています。
全体のヒートシンクを丸ごと外すタイプと違い、ヒートシンク付きM.2を使いまわす場合も問題なく利用できた点に良さを感じました。
リアIOパネル面でもPS/2ポートが維持され、またリアUSBポートも問題なくVR環境で使用できています。

【拡張性】MEG X570 ACEを選んだ理由の一つが、PCIe4.0x16, x8, x4拡張スロット各1本,とNVMe M.2拡張スロットが3本ある点でした。
そのためPCIe3.0の拡張ボードやNVMeのインストールに制限を感じることなくハードの拡張を行え、NVMeが3枚とPCIe x16のグラフィックボード, PCIe x4のインターフェイスボードをエアフローを保ちつつ取り付けられています。

【機能性】可能な限り下側に取り付けられ冷たい外気を吸い込めるチップセットファンの配置とヒートパイプの採用が、X470までと比べ発熱の多いX570には良い感じです。
NVMe M.2拡張スロットも上段中段下段と3本分散しているため、発熱の多いNVMeは下段、発熱が少ないNVMeは中段などと調整できます。
(なおマザー上で認識しているM.2拡張スロットの順番は上段→下段→中段の順となります。)

【設定項目】 MSIのUEFIを使いやすく感じているため、設定は全てUEFI上にて行っています。
各種OCを行うための項目に対して丁寧に説明文を表示してくれるため、特に説明書を見なくても設定項目の内容を把握して調整を行えています。
ブート順やファンコントロール、チップセットの機能設定やBIOS更新などの一般項目についても同様です。

【付属ソフト】 Windows上で動作するユーティリティは使わない方針のため無評価とします。

【総評】全コアOC動作による実行、PCIe3.0動作ボード増設、NVMe増設・冷却、チップセット冷却どの点を取っても十分満足できる仕上がりでした。
Zen2発売直後の現在、OC中にBIOSの未成熟さを感じる時もありましたので、BIOSアップデートが行われることでより高OC下における安定動作にも期待します。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 ACEのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

MEG X570 ACE
MSI

MEG X570 ACE

最安価格(税込):¥45,696発売日:2019年 7月 7日 価格.comの安さの理由は?

MEG X570 ACEをお気に入り製品に追加する <111

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意