MEG X570 ACE レビュー・評価

2019年 7月 7日 発売

MEG X570 ACE

  • AMD X570チップセット搭載ATXマザーボード(ソケットAM4)。ハイエンドVGAとの組み合わせを想定したオーバークロッカー向けモデル。
  • 第3・2世代AMD Ryzenに対応。カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション、USB3.1 Type-C、PCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロットを3基搭載している。
  • Realtek 2.5GbE、Intel Gigabit有線LAN、Wi-Fi 6(IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5(intel)を装備。
MEG X570 ACE 製品画像

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

店頭参考価格帯:¥― (全国6店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:SocketAM4 チップセット:AMD/X570 メモリタイプ:DDR4 MEG X570 ACEのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • MEG X570 ACEの価格比較
  • MEG X570 ACEの店頭購入
  • MEG X570 ACEのスペック・仕様
  • MEG X570 ACEのレビュー
  • MEG X570 ACEのクチコミ
  • MEG X570 ACEの画像・動画
  • MEG X570 ACEのピックアップリスト
  • MEG X570 ACEのオークション

MEG X570 ACEMSI

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 7月 7日

  • MEG X570 ACEの価格比較
  • MEG X570 ACEの店頭購入
  • MEG X570 ACEのスペック・仕様
  • MEG X570 ACEのレビュー
  • MEG X570 ACEのクチコミ
  • MEG X570 ACEの画像・動画
  • MEG X570 ACEのピックアップリスト
  • MEG X570 ACEのオークション

MEG X570 ACE のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.91
(カテゴリ平均:4.42
レビュー投稿数:20人 
  1. 3 0%
  2. 2 0%
  3. 1 0%
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
安定性 安定して動作するか 4.95 4.54 -位
互換性 パーツとの相性など 4.86 4.42 -位
拡張性 拡張性スロットやポートは十分か 4.53 4.13 -位
機能性 付加機能は十分か 4.81 4.27 -位
設定項目 設定項目は豊富か 4.89 4.23 -位
付属ソフト 付属ソフトの質と量は適切か 4.20 3.78 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 ACEのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

y94さん

  • レビュー投稿数:97件
  • 累計支持数:113人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

PC何でも掲示板
0件
35件
PC用テレビチューナー
2件
31件
ノートパソコン
1件
20件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性4
機能性4
設定項目5
付属ソフト無評価

08/15時点での最新版BIOS(7C35v13/2019-07-19)での評価となります。

【安定性】☆☆☆☆☆
2週間程度使用していますが、特に問題無く動作しております。
CPUに関しては、初期値のまま使用しています。
自動OC含め、十分な冷却をしている際には問題無く安定した動作をしております。
メモリに関しては、
Ryzen環境ではメモリ相性が激しいということで、少し警戒していましたが、
X570世代のメモリコントローラは安定しており、
次の環境で全て安定した動作をしました。
1.W4U3200CM-16G(16GB×2):そのまま
2.W4U3200CM-16G×2(16GB×4):設定必要
3.W4U3600BME-8G×2(8GB×4)
XMPに記録されているタイミングをMBのA-XMP機能を用いて、設定・動作が可能でした。
ただ、A-XMPのみだとCommand Rateが2Tとなるほか、NB FrequencyとDRAM Frequencyが1:1同期で動作しないため、手動で設定する必要があります。
CRを1TかつNBFq=DRAMFqとした場合においても、安定した動作をしています。
今後、BLE4K8G4D40BEEAKを用いたDDR4-4000×4での動作にもチャレンジしてみたいと思っています。

【互換性】☆☆☆☆☆
前述したように、メモリの相性もこれまでのRyzenとは異なり、安定しているように思えます。
MSIのマザーボードでは、QVLがとても充実しているためメモリの相性を気にされ、手動OCをしないのであれば、QVLに載っているメモリを選ぶと安全です。
既に、各レビューサイト等でもあげられていますが、パフォーマンスを求めるのであれば、DDR4-3600 CL16の環境がZen2には最適ですので、そのメモリを選ぶと良いと思います。また光学ドライブ、M.2SSD、HDDに関しましても、問題無く動作しております。

【拡張性】☆☆☆☆
基本的には問題なく、価格相応の拡張性を備えております。
M.2は3つ(1つがPCIe4.0対応、2つがPCIe4.0+SATA対応)ついており、M.2ストレージに関しては十分かと思います。しかしながら、SATAポートは4端子と他の同価格帯の製品と比べて少なく、SATAを使った構成が少なくなっているとはいえ、6端子は欲しかったと思います。
USBに関しては、通常使用には問題無い数だと思います。
特に、内部にもUSB2.0端子が2つあることから、ケースフロントパネル+簡易水冷コントロール等でも、不足することはないと思います。また内部のUSBポートの位置も大型グラフィックボードを取り付けた際にも干渉する位置には存在していません。
またバックパネルの端子の一部はVR向けに増幅機能がついているようです。
ネットワーク関係としては、無線LAN(Wifi6)に対応しているほか、LAN端子が2ポート(Gigabitと2.5Gbit)に対応しています。Wifi6環境および2.5Gbit環境がないため、この部分に関しては無評価です。
オーディオIFもこの価格帯としては相応のものが搭載されており、音質に深くこだわるわけでなければオンボードで十分です。

【機能性】☆☆☆☆
前述しているように、機能拡張性に関してはSATA端子を除き十分だと思います。
本製品では、M.2端子にヒートシンクが付属しており、基本的には付属のヒートシンクでM.2 SSDを冷やすには十分だと思います。ヒートシンクは、分離可能となっているため、一部のPCIe4 SSD等ヒートシンクが外せないモデルでも問題無く使用することが可能だと思います。MP510に負荷をかけた場合にCDI読みで50度台前半まで上昇することがありますが、SSDの速度への影響は感じませんでしたので、外部品に取り替える必要はないと感じております。
また、本製品ではチップセットの冷却用にファンが搭載されていますが、負荷がかかっていないときには、ファンの動作が止まるように設計されているほか、一部のX570マザーで見られた窒息(大型グラフィックボードの直下にファンがある設計)ではないので、チップセットの冷却には問題ないと思います。ただ、ファンの故障が不安ではあるので、チップセット用のファンを単体で保守パーツとして販売してもらえると嬉しいとは思います。そのほか、FlashBIOS機能やCMOSクリアボタン、内部の電源ONボタンやResrtボタンが搭載されており、オーバークロックをする場合でも便利な機能がついているとは思います。

【設定項目】☆☆☆☆☆
UEFI上で設定可能ではありまた日本語化もされているため、特に迷うことなく設定できます。
設定項目に関しては、詳細に弄っていませんので、この程度の記述にとどめておきます。

【付属ソフト】無評価
ユーティリティソフトとして、いくつかリリースされていますが、
「Dragon Center」をLED制御のために使用しただけですので、無評価とします。

【総評】☆☆☆☆☆
Zen2世代のRyzen CPU(主に3900X以上)を使用する場合のX570マザーとして現時点での価格帯を考慮した上での鉄板だと思います。
特に、本製品の端子位置・ファン設計等に関しまして、この価格帯のX570マザーでは文句のつけようがないと感じています。
ただ、今後のBIOS更新の速度等に関しては若干の不安があるところではあります。

(PC構成)
CPU:AMD Ryzen 9 3900X
クーラ:Corsair H150i PRO RGB
メモリ:Crucial W4U3600BME-8G×2(合計32GB)
SSD:Corsair CSSD-F960GBMP510
GPU:PH-GTX1660TI-O6G
OS:Windows 10 Pro 64bit ver.1903

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

Beginner's unluckさん

  • レビュー投稿数:31件
  • 累計支持数:255人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
7件
86件
CPU
2件
15件
グラフィックボード・ビデオカード
3件
7件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト5

運用環境
OS:Win10/64

CPU::Ryxen9 3900X

RAM:CorsairDDR4-3200

GB:RTX2080ti Gaming X TRIO

SSD:WD Black SN750 500GB

組み上がったばかりでまだ高負荷をかけたりしていないので、詳細は不明な点が多いのは、最初にお詫びいたします。

【安定性】

BIOSも買ったときのままですが、今の所不具合はありません。。BIOS設定も初期値のままです。


【互換性】

マザーとグラボを同一メーカーにしたのは初ですが、「Dragon Center」なる統合管理ソフトは便利です

【拡張性】

今まではAsrok製マザーを多く使用してきたので、(SATAが8本とか)HDDを多く搭載出来ていたのですが、今回の利用用途ではこのマザーで不満はありません。

【機能性】

内蔵Wi-Fiが必須の条件だったので満足。いざというときのFlash BIOSもあるので安心

【設定項目】

まだ初期値なのでこれから少し弄って見たいと思います

【付属ソフト】

Dragon Center はよく出来ていると思います。 Asrok製Z390 Taichi Ultimate の付属ソフトよりは使いやすいかな

【総評】

現行では、E-ATX規格のモンスターマザボを除けば最上位と言っても良いマザーボードです。予算に少し余裕があるのであれば是非お勧めします。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

このレビューは参考になりましたか?参考になった

オム・ライスさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:1人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目4
付属ソフト無評価

【安定性】定格で動かしています。特に問題はありません。
VRM電源周りが非常に堅牢なので、今後はCPUのオーバークロック等もやっていこうと思っています。
尚、このマザーボードはCPUのオーバークロックに対応すべくEPS電源端子が2つ必要となります。
EPS電源端子が1つしかないものは対応していないので、電源を購入する際は注意してください。

【互換性】マザーボード備え付けのM.2スロット用ヒートシンクはチップセットファンのフレームと一体型にはなっておらず、部分的に取り外せます。
元々ヒートシンクが備わっているようなM.2を使用する際はそのまま使用することができます。

【拡張性】M.2スロットが3基あるのですが、そのかわりSATA端子が4基にとどまっています。
現在の構成では、内蔵HDDを2台と内蔵光学ドライブを1台設置しているため、なんとか足りている状態です。
SATA端子4基では物足りないと感じています。

【機能性】当初から無線LANで運用するつもりでしたので次世代規格「WiFi6」に対応しているのは非常に魅力的でした。
WiFi6であれば最大通信速度2400Mbpsまで対応します。
また、有線LANはIntel純正のLANコントローラーが採用されており、Realtek製2.5Gbイーサが実装されています。

【設定項目】 BIOSの設定画面が見やすく、また操作しやすいと感じています。
キーボードではなく主にマウスを使って操作するのが私の肌に合うようです。

【総評】値段が高いだけに機能性が充実、また他のマザーボードのワンランク上をいく作りになっていると感じています。
堅牢なVRM電源回路、マザーボード全体の冷却構造、WiFi6に対応した無線LAN、Realtek製2.5Gbイーサを実装した有線LAN等
ユーザーが欲しい機能を全て網羅しつつバランスのとれたすばらしいマザーボードだと思います。

レベル
初めて自作
重視項目
スペック重視

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

MisoNoAjiさん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:31人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

CPU
1件
0件
SSD
1件
0件
マザーボード
1件
0件
もっと見る
満足度5
安定性4
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト無評価
 

チップセットファンと最大級グラフィックボードファン

M.2スロット中段と下段の使い分け

 

【安定性】CPU: 3800X@全コアOC 4.5GHz動作, メモリDDR-4 3200 32GB(Intel XMP品), 2080 Ti GAMING X TRIOにてVR用途のために使用しています。
全コアOCしていますが問題なく動作できており、特に負荷が大きいVRゲームFO4中のVRMの温度は47度、チップセット温度は60度(ファン回転数1254RPM)といった具合でした。

8コアのCPUであれば全コアOCしてもVRMの出力は完全に余裕な様子です。
Zen3発売時にはより多コアのCPUを選び乗せ換えるかもしれません。

また添付した写真のように、大型高発熱のグラフィックボードを使用していてもチップセットファンがマザーボードの下部にレイアウトされ、ケース前面から吸気された空気をグラボファンとチップセットファンできちんと分けて吸い込めるため、グラボが高発熱状態であってもチップセットに影響を与えないようでした。

【互換性】このマザーボードのM.2用ヒートシンクは一つずつ独立して外せるようになっています。
全体のヒートシンクを丸ごと外すタイプと違い、ヒートシンク付きM.2を使いまわす場合も問題なく利用できた点に良さを感じました。
リアIOパネル面でもPS/2ポートが維持され、またリアUSBポートも問題なくVR環境で使用できています。

【拡張性】MEG X570 ACEを選んだ理由の一つが、PCIe4.0x16, x8, x4拡張スロット各1本,とNVMe M.2拡張スロットが3本ある点でした。
そのためPCIe3.0の拡張ボードやNVMeのインストールに制限を感じることなくハードの拡張を行え、NVMeが3枚とPCIe x16のグラフィックボード, PCIe x4のインターフェイスボードをエアフローを保ちつつ取り付けられています。

【機能性】可能な限り下側に取り付けられ冷たい外気を吸い込めるチップセットファンの配置とヒートパイプの採用が、X470までと比べ発熱の多いX570には良い感じです。
NVMe M.2拡張スロットも上段中段下段と3本分散しているため、発熱の多いNVMeは下段、発熱が少ないNVMeは中段などと調整できます。
(なおマザー上で認識しているM.2拡張スロットの順番は上段→下段→中段の順となります。)

【設定項目】 MSIのUEFIを使いやすく感じているため、設定は全てUEFI上にて行っています。
各種OCを行うための項目に対して丁寧に説明文を表示してくれるため、特に説明書を見なくても設定項目の内容を把握して調整を行えています。
ブート順やファンコントロール、チップセットの機能設定やBIOS更新などの一般項目についても同様です。

【付属ソフト】 Windows上で動作するユーティリティは使わない方針のため無評価とします。

【総評】全コアOC動作による実行、PCIe3.0動作ボード増設、NVMe増設・冷却、チップセット冷却どの点を取っても十分満足できる仕上がりでした。
Zen2発売直後の現在、OC中にBIOSの未成熟さを感じる時もありましたので、BIOSアップデートが行われることでより高OC下における安定動作にも期待します。

レベル
自作経験あり
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

たんれいさん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:119人
  • ファン数:4人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
266件
CPU
1件
205件
ノートパソコン
0件
101件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4

   

   

使用環境
CPU:Ryzen9 3900X
M/B:MSI MEG X570ACE 
Mem:Corsair CMK16GX4M2Z3200C16 (Samsung B-Die) 8GB×4
GPU:GeForce RTX 2060
SSD:SANDISK EXTREME PRO M.2 NVME 500GB 他
OS:Windows10 Pro 64bit
クーラー:Corsair H100i PRO RGB
LAN:ASUS XG-C100C 10GBase-T

【安定性】
組んですぐ最新のBIOSにアップデートしました。
ファーストインプレッションは、とにかく非常に安定している。
CPUは定格運用ですが、メモリは、8GBの4枚挿しでオーバークロックしています。
設定は、3600-CL16-16-16-38-1T @1.35V
この設定で各種ベンチ、MemtestをPassしたため運用しています。
4枚挿しでこのクロック 二世代目までのRyzenでは、考えられないことです。
CPUのメモリコントローラが優秀なことと このマザーボードのメモリ互換性の高さだと思っています。

【互換性】
使いまわしたパーツ等ありますが、認識しない等のトラブルは、皆無です。

【拡張性】
SATAが4ポートしかありませんが、個人的には、OKです。ストレージは、M.2のNVMEが主流になりこれが
3スロットあり、しかもGen4に対応しているため特に困ってはいません

USB 3.2 GEN2 Type-Cのフロントコネクターがあるのは、これからの拡張を考えたときにGoodだと思います。
あとx16サイズのPCI-Eスロットが3つあるのも購入したポイントです。
一番下のPCI-Eスロットは、x4動作ですがここに10GBase-TのLANカードを挿しています。
(2.5GのLANポートが付いてますが、既に自宅は、10G環境になっているので)

個人的には、使いませんが、Wi-Fi 6 & 2.5G LANに対応しているのもこれからの拡張性という意味では
ネットワークの選択肢が広がると思っています。

【機能性】
上記にも記載しましたが、盛りだくさんです。
特にネットワークは、有線 2.5G LAN,1G LANの2つに加えて最新のWi-Fi 6を搭載
USB 3.2 GEN2 Type-CのフロントコネクターがあるのでPCケース前面に配置できます。

X570は、チップセットにファンを設置していますが、ファンの位置もグラボに被ることなく
よく考えられた設計になっています。
チップセット温度も高負荷をかけても50度台でファンの回転数も1000rpm程度なので音は、気になりません

あとは、FLASH BIOSが搭載されています。
BIOS更新にCPUは、不要ですので 将来、ZEN3のCPUを購入してBIOSの更新が必要になったとしてもZEN2の
CPUを入手して更新する必要は、ありません

【設定項目】
MSIのBIOS画面は、よく整理されていてわかりやすい ちょっとオーバークロックしてみることも簡単にできるので
初めて自作する人にもお勧めできます。

【総評】
とにかく基板の設計がX570チップセット搭載中、一番いいのでは、と思ってしまいます。
サーバーグレードのプリント基板を採用し電源回路には、12+ 2+1 IRデジタル電源を搭載したため
3950X以上のCPUが出てきたとしても十分対応できると思います。

チップセットファンの配置や冷却もよく考えられているのグラボとの干渉は、なし
難点は、価格が高いことがあげられますが、使ってみての安定性、メモリの互換性の高さ
は、素晴らしいものがあります。

最速を求める人にも、安定して長く使い続ける人にも お勧めできる1枚です。

レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!
 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

MEG X570 ACEのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

MEG X570 ACE
MSI

MEG X570 ACE

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 7月 7日

MEG X570 ACEをお気に入り製品に追加する <141

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意