『インク代を気にしなくてよくなり、ほっとします』 CANON G6030 老眼進行中さんのレビュー・評価

2019年 6月 6日 発売

G6030

  • 特大容量タンク「GIGA TANK」を搭載したインクジェットプリンター。インクボトル各色1本でブラック約6000枚、カラー約7700枚の大量出力が可能。
  • 使用頻度の高い顔料ブラックのインクボトルを2本同梱。A4普通紙モノクロ約0.4円、カラー 約0.9円と、1枚当たりのプリント代が大幅にダウン。
  • 紙面上に定着しやすい新顔料ブラックインクと高密度なヘッドを採用することで、黒がくっきりとした美しい印字を実現。
G6030 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥36,600

(前週比:+1,406円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥36,600

Qoo10 EVENT

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥36,600〜¥54,001 (57店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥36,600 〜 ¥36,600 (全国702店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:インクジェット 最大用紙サイズ:A4 解像度:4800x1200dpi 機能:コピー/スキャナ G6030のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • G6030の価格比較
  • G6030の店頭購入
  • G6030のスペック・仕様
  • G6030の純正オプション
  • G6030のレビュー
  • G6030のクチコミ
  • G6030の画像・動画
  • G6030のピックアップリスト
  • G6030のオークション

G6030CANON

最安価格(税込):¥36,600 (前週比:+1,406円↑) 発売日:2019年 6月 6日

  • G6030の価格比較
  • G6030の店頭購入
  • G6030のスペック・仕様
  • G6030の純正オプション
  • G6030のレビュー
  • G6030のクチコミ
  • G6030の画像・動画
  • G6030のピックアップリスト
  • G6030のオークション

『インク代を気にしなくてよくなり、ほっとします』 老眼進行中さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

G6030のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:12件
  • 累計支持数:139人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
13件
冷蔵庫・冷凍庫
1件
4件
デスクトップパソコン
1件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン3
印刷速度4
解像度3
静音性3
ドライバ3
付属ソフト3
印刷コスト5
サイズ4
インク代を気にしなくてよくなり、ほっとします

   

   

2010年発売の「PIXUS MG8130」からの乗り換え。
MG8130は当時の複合機のフラッグシップモデル(といっても3万円台前半)で、カラーインクは5色、液晶ディスプレイはフルカラーでタッチパネル、スキャナーはCCDで解像度も高く、フィルムスキャンもでき、印刷時には自動でトレイが開きます。
新しいG6030は、販売価格は高くなる一方で、カラーインクは3色、液晶ディスプレイは小さなモノクロでタッチパネルではなく、スキャナーはCISで解像度も低く、印刷時には手で排紙口を開いてやらないと印刷できない等、完全に1グレード下の仕様となっています。
インクで稼げない機種にコストはかけられないということでしょう。
それともブラザーのOEMなのかな?

セットアップでは保護テープや固定用のプラスチックを外し、別梱包になっているインクヘッド2つを自分で取り付けます。
またブラックとカラー3色のインクタンクに、付属のビンからインクを注ぎ入れます。
作業はどちらも簡単なもの。ただしうっかりカラーインクの色を間違えると一発でおしゃかになるらしいので、要注意。
インクの残量が外からひと目でわかるようになっており、これはインクを注ぐときも補充の時期を知る上でも、うれしい仕様です。

パソコンとの接続はWiFiを想定しているようで、USBケーブルなどは最初から付属していません。
説明書にはPCに付属のCDを入れて指示に従うだけで簡単にセッティングできるように書いてあったのですが、なぜかうまくいかず、結局プリンター側で手動でパスワードを打ち込んで、WiFiにつなぎました。
液晶ディスプレイが見にくいため、セッティング作業はやりづらいです。

起動から印刷まで、動作は問題なし。
起動のたびにジコジコとインクヘッドの掃除をして時間がかかっていた(しかもそのときにカラーインクを消費していたらしい)MG8130に比べて、立ち上がりが早くなったようです。
印字画質はブラックは同等、カラーはMG8130のほうがピンクの発色がよいと感じましたが、黄色、緑などは区別がつきません。
コピーも、モノクロで試し刷りしてみたかぎりでは、一見してわかるほどの画質の差は感じませんでした。
分厚い本をコピーする場合はヒンジの部分が動いてカバーの水平を確保する機構になっており、扱いやすいです。
ただやはり液晶ディスプレイが見にくく、拡大縮小や用紙・コピー濃度の設定はかなりやりづらくなっています。
ここは本体価格を上げてでも、ケチらないでほしかったところ。

「GIGA TANK」が売りの本機種を選んだのは、「インクで稼ぐ」というメーカー側の戦略にほとほと嫌気がさしてしまったからです。

MG8130は純正インクのカートリッジの値段があまりに高く、しかもほとんど使っていないカラーインクがなぜかどんどん減っていき、さらにはまだちゃんと使えているのに「インクがなくなりました」と表示されて勝手に止まってしまうという仕様で、さすがに我慢できず、途中からもっぱらサードパーティ製のインクを使っていました。
おそらくそのせいでしょう、しょっちゅうインクノズルが詰まってしまい、そのたびにクリーニングして、パターン印刷して……と、本当に使いづらかったです。
8年半使い、先日とうとうカラーインクのノズルの一つが詰まって、いくらクリーニングしても直らなくなりました。
しかも何度かクリーニングするうち、「インク吸収体が満杯です」という警告表示が出るように。
インク吸収体が満杯になるとそれ以上印刷ができなくなってしまう仕様らしいのですが、キヤノンの場合はユーザー自身では交換できず、メーカー修理に出さなければなりません。
メーカーのサイトで費用を調べようとしたところ、「修理対応期間を終了しており、修理を承ることができません」と表示されました。
おい、おい。

メーカー側は「プリンターは数年で使い捨てするもの」という認識のようです。
この点は本機も同じはずで、「もって10年。インク吸収体の寿命がきたら買い換え」という前提で使わなければならないでしょうね。

印刷目的
文書

参考になった34人(再レビュー後:31人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン3
印刷速度4
解像度3
静音性3
ドライバ3
付属ソフト3
印刷コスト5
サイズ4
インク代を気にしなくてよくなり、ほっとします

2010年発売の「PIXUS MG8130」からの乗り換え。
MG8130は当時の複合機のフラッグシップモデル(といっても3万円台前半)で、カラーインクは5色、液晶ディスプレイはフルカラーでタッチパネル、スキャナーはCCDで解像度も高く、フィルムスキャンもでき、印刷時には自動でトレイが開きます。
新しいG6030は、販売価格は高くなる一方で、カラーインクは3色、液晶ディスプレイは小さなモノクロでタッチパネルではなく、スキャナーはCISで解像度も低く、印刷時には手で排紙口を開いてやらないと印刷できない等、完全に1グレード下の仕様となっています。
インクで稼げない機種にコストはかけられないということでしょう。

セットアップでは保護テープや固定用のプラスチックを外し、別梱包になっているインクヘッド2つを自分で取り付けます。
またブラックとカラー3色のインクタンクに、付属のビンからインクを注ぎ入れます。
作業はどちらも簡単なもの。ただしうっかりカラーインクの色を間違えると一発でおしゃかになるらしいので、要注意。
インクの残量が外からひと目でわかるようになっており、これはインクを注ぐときも補充の時期を知る上でも、うれしい仕様です。

パソコンとの接続はWiFiを想定しているようで、USBケーブルなどは最初から付属していません。
説明書にはPCに付属のCDを入れて指示に従うだけで簡単にセッティングできるように書いてあったのですが、なぜかうまくいかず、結局プリンター側で手動でパスワードを打ち込んで、WiFiにつなぎました。
液晶ディスプレイが見にくいため、セッティング作業はやりづらいです。

起動から印刷まで、動作は問題なし。
起動のたびにジコジコとインクヘッドの掃除をして時間がかかっていた(しかもそのときにカラーインクを消費していたらしい)MG8130に比べて、立ち上がりが早くなったようです。
印字画質はブラックは同等、カラーはMG8130のほうがピンクの発色がよいと感じましたが、黄色、緑などは区別がつきません。
コピーも、モノクロで試し刷りしてみたかぎりでは、一見してわかるほどの画質の差は感じませんでした。
分厚い本をコピーする場合はヒンジの部分が動いてカバーの水平を確保する機構になっており、扱いやすいです。
ただやはり液晶ディスプレイが見にくく、拡大縮小や用紙・コピー濃度の設定はかなりやりづらくなっています。
ここは本体価格を上げてでも、ケチらないでほしかったところ。

「GIGA TANK」が売りの本機種を選んだのは、「インクで稼ぐ」というメーカー側の戦略にほとほと嫌気がさしてしまったからです。

MG8130は純正インクのカートリッジの値段があまりに高く、しかもほとんど使っていないカラーインクがなぜかどんどん減っていき、さらにはまだちゃんと使えているのに「インクがなくなりました」と表示されて勝手に止まってしまうという仕様で、さすがに我慢できず、途中からもっぱらサードパーティ製のインクを使っていました。
おそらくそのせいでしょう、しょっちゅうインクノズルが詰まってしまい、そのたびにクリーニングして、パターン印刷して……と、本当に使いづらかったです。
8年半使い、先日とうとうカラーインクのノズルの一つが詰まって、いくらクリーニングしても直らなくなりました。
しかも何度かクリーニングするうち、「インク吸収体が満杯です」という警告表示が出るように。
インク吸収体が満杯になるとそれ以上印刷ができなくなってしまう仕様らしいのですが、キヤノンの場合はユーザー自身では交換できず、メーカー修理に出さなければなりません。
メーカーのサイトで費用を調べようとしたところ、「修理対応期間を終了しており、修理を承ることができません」と表示されました。
おい、おい。

メーカー側は「プリンターは数年で使い捨てするもの」という認識のようです。
この点は本機も同じはずで、「もって10年。インク吸収体の寿命がきたら買い換え」という前提で使わなければならないでしょうね。

印刷目的
文書

参考になった0

満足度4
デザイン3
印刷速度4
解像度3
静音性3
ドライバ3
付属ソフト3
印刷コスト5
サイズ4
インク代を気にしなくてよくなり、ほっとします
   

   

2010年発売の「PIXUS MG8130」からの乗り換え。
MG8130は当時の複合機のフラッグシップモデル(といっても3万円台前半)で、カラーインクは5色、液晶ディスプレイはフルカラーでタッチパネル、スキャナーはCCDで解像度も高く、フィルムスキャンもでき、印刷時には自動でトレイが開きます。
新しいG6030は、販売価格は高くなる一方で、カラーインクは3色、液晶ディスプレイはちゃちなモノクロでタッチパネルではなく、スキャナーはCISで解像度も低く、印刷時には手で排紙口を開いてやらないと印刷できない等、完全に1グレード下の仕様となっています。
インクで稼げない機種にコストはかけられないということでしょう。

セットアップでは保護テープや固定用のプラスチックを外し、別梱包になっているインクヘッドを自分で取り付けます。
またブラックとカラー3色のインクタンクに、付属のビンからインクを注ぎ入れます。
作業はどちらも簡単なもの。ただしうっかりカラーインクの色を間違えると一発でおしゃかになるらしいので、要注意。
インクの残量が外からひと目でわかるようになっており、これはインクを注ぐときも補充の時期を知る上でも、うれしい仕様です。

パソコンとの接続はWiFiを想定しているようで、USBケーブルなどは最初から付属していません。
説明書にはPCに付属のCDを入れて指示に従うだけで簡単にセッティングできるように書いてあったが、なぜかうまくいかず、結局プリンター側で手動でパスワードを打ち込んで、WiFiにつなぎました。
液晶ディスプレイが見にくいため、セッティング作業はやりづらいです。

起動から印刷まで、動作は問題なし。
起動のたびにジコジコとインクヘッドの掃除をして時間がかかっていた(しかもそのときにカラーインクを消費していたらしい)MG8130に比べて、立ち上がりが早くなっています。
印字画質はブラックは同等、カラーはMG8130のほうがピンクの発色がよいと感じましたが、黄色、緑などは区別がつきません。
コピーも、モノクロで試し刷りしてみたかぎりでは、一見してわかるほどの画質の差は感じませんでした。
分厚い本をコピーする場合はヒンジの部分が動いてカバーの水平を確保する機構になっており、扱いやすいです。
ただやはり液晶ディスプレイが見にくく、拡大縮小や用紙・コピー濃度の設定はかなりやりづらくなっています。
ここは本体価格を上げてもケチらないでほしかったところ。

「GIGA TANK」が売りの本機種を選んだのは、「インクで稼ぐ」というメーカー側の戦略にほとほと嫌気がさしてしまったからです。

MG8130は純正インクのカートリッジの値段があまりに高く、しかもほとんど使っていないカラーインクがなぜかどんどん減っていき、さらにはまだちゃんと使えているのに「インクがなくなりました」と表示されて勝手に止まってしまうという仕様で、さすがに我慢できず、途中からもっぱらサードパーティ製のインクを使っていました。
おそらくそのせいでしょう、しょっちゅうインクノズルが詰まってしまい、そのたびにクリーニングして、パターン印刷して……と、本当に使いづらかったです。
8年半使い、先日とうとうカラーインクのノズルの一つが詰まって、いくらクリーニングしても直らなくなりました。
しかも何度かクリーニングするうち、「インク吸収体が満杯です」という警告表示が出るように。
インク吸収体が満杯になるとそれ以上印刷ができなくなってしまう仕様らしいのですが、キヤノンの場合はユーザー自身では交換できず、メーカー修理に出さなければなりません。
メーカーのサイトで費用を調べようとしたところ、「修理対応期間を終了しており、修理を承ることができません」と表示されました。

メーカー側は「プリンターは数年で使い捨てするもの」という認識のようです。
この点は本機も同じはずで、「もって10年。インク吸収体の寿命がきたら買い換え」という前提で使わなければならないでしょうね。

印刷目的
文書

参考になった3

 
 
 
 
 
 

「G6030」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
ヘッドクリーニングでインクを消費しても気にならない  4 2019年12月2日 21:59
約10年ぶりのプリンタ購入  5 2019年12月1日 22:37
地味にめんどくさい点が多めで、慣れは必要かもしれません。  5 2019年11月22日 18:56
インクの悩みがなくなった。  4 2019年11月9日 09:59
コスト面で購入  4 2019年11月4日 21:46
ヘッド交換可能な最強プリンター?  5 2019年10月3日 11:17
コスパはいいと思います  4 2019年9月2日 10:56
印刷コストが安くなるなら良い  5 2019年8月26日 21:10
印刷スピードが不満です。  3 2019年8月20日 16:35
15年ぶり  3 2019年8月17日 22:49

G6030のレビューを見る(レビュアー数:13人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

G6030のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

G6030
CANON

G6030

最安価格(税込):¥36,600発売日:2019年 6月 6日 価格.comの安さの理由は?

G6030をお気に入り製品に追加する <333

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[プリンタ]

プリンタの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(プリンタ)

ご注意