『人馬一体になれる美しい車です。』 マツダ MAZDA3 ファストバック 2019年モデル rambutanさんのレビュー・評価

このページの先頭へ
ユーザーレビュー > 自動車 > 自動車(本体) > マツダ > MAZDA3 ファストバック 2019年モデル

『人馬一体になれる美しい車です。』 rambutanさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

MAZDA3 ファストバック 2019年モデルのレビューを書く

rambutanさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:87人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
3件
12件
デジタルカメラ
1件
2件
タイヤ
2件
1件
もっと見る
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5
人馬一体になれる美しい車です。
   

   

購入したのは20Sブラックトーンエディションです。前車は3代目デミオ13C、その前は初代ヴィッツUグレードでした。スバルヴィヴィオに乗っていた時期もあります。

【エクステリア】
色はソウルレッドクリスタルメタリックを選択。とにかく一目ぼれしました。シンプルなようで滑らかな曲線はドキドキとさせられます。特にリアタイヤからテールへの流れるような曲線は妖しい魅力があります。シグネチャースタイルも素敵ですが、シンプルな造形を生かしたく、あえてノーマルのままにしています。ブラックトーンエディションなのでカラーリングでは少し遊びました。ドアミラーから見えるテールの盛り上がりにはワクワクさせられます。

【インテリア】
高級「感」があります。デザインは素敵です。ブラックトーンエディションのレッドステッチはやる気にさせます。一方、見せ方はとてもうまいですが、材質自体はすごく高い、、、訳ではなさそうな気がします。是非実車を見ていただき、触ってみていただきたいです。ドアは、特に後席のドアは安っぽいという評価もきかれます。前も後ろもヒンジ部は高い車の感じではないかもです。

【エンジン性能】
機関は信頼性と坂道でもキビキビ走る性能を期待しているので、20Sを選んでいます。モリモリと上がってくるトルクはありませんが素直な加速をしてくれます。必要充分でスポーティすぎず、実用的なエンジンです。ある程度は気持ち良く走れます。

【走行性能】
今お乗りの車と比べて「曲がらない」「走らない」「止まらない」という書き込みが時々見られます。ステアリングのギア比、スロットルコントロール、ブレーキアシストのセッティングがそうなっているようです。ドライバー自身がしっかり曲げて、しっかりアクセルを踏み込み、ブレーキを踏んだときに適切な挙動をしてくれる味付けになっています。特にアクセルは急発進しづらいセッティングなのでこれはこれで良いかと。まさに人馬一体を楽しめます。MTはスコスコと入ります。良い位置にあり、とても使いやすいです。

【乗り心地】
年次改良でマイルドになったとは言われていますが、固めです。ブレーキローターもさほど大きくはないのでしなやかさも求めるならタイヤは16インチくらいがちょうどよいかもしれません。
真骨頂は山道と高速です。コーナー出口から加速する際に頭を全く振られなくなります。高速では吸いつくように走ります。SUVよりも目線が低いためか、マツダさんの車ではSUVよりも顕著に感じた印象です。酔いやすい人でも酔いにくいのではないかと思います。デミオのときも思いましたが、長所が試乗ではわかりにくいので、一日試乗で確認できたら良いかと。

【燃費】
120km巡航なら15km/lくらい、もう少し遅ければ燃費は伸びます。街中でストップアンドゴーが続き、ゆっくりならリッター10km/lを割ることもあります。私はガソリンエンジンの素直な加速とコンサバティブながら信頼性は高い機関が好きなので20Sですが、トルク、燃費、燃料代ならディーゼルですね。マツダさんが今現在攻めまくっているSKYACTIVE-Xも新技術がお好きな方にはたまらないかもです。

【価格】
装備てんこ盛りなのでかなり安いと思います。一方、使っている部品自体は高級とはいえなさそうな一面も感じます。実車をみていただき、触って乗ってみていただくのが1番です。

【総評】
発表当時から欲しかった車です。ロードスター、BRZ、GR86と悩みましたが、家族で乗れる車として選びました。CXシリーズ、MX-30も試乗しましたが、マツダでは重心と目線が若干低いためか1番乗り心地が良かったです。私は大好きですが、とても好みが分かれる車なのであえて客観的なレビューにしてみました。

次期改良でマイルドハイブリッドになるそうなので出足と燃費は改善されそうです。Xもマイルドハイブリッド化され、燃費は向上しそうです。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年4月
購入地域
静岡県

新車価格
256万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

MAZDA3 ファストバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった22人(再レビュー後:6人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5
人馬一体になれる美しい車です。
   

   

購入したのは20Cブラックトーンエディションです。前車は3代目デミオ13C、その前は初代ヴィッツUグレードでした。スバルヴィヴィオに乗っていた時期もあります。

【エクステリア】
色はソウルレッドクリスタルメタリックを選択。とにかく一目ぼれしました。シンプルなようで滑らかな曲線はドキドキとさせられます。特にリアタイヤからテールへの流れるような曲線は妖しい魅力があります。シグネチャースタイルも素敵ですが、シンプルな造形を生かしたく、あえてノーマルのままにしています。ブラックトーンエディションなのでカラーリングでは少し遊びました。ドアミラーから見えるテールの盛り上がりにはワクワクさせられます。

【インテリア】
高級「感」があります。デザインは素敵です。ブラックトーンエディションのレッドステッチはやる気にさせます。一方、見せ方はとてもうまいですが、材質自体はすごく高い、、、訳ではなさそうな気がします。是非実車を見ていただき、触ってみていただきたいです。ドアは、特に後席のドアは安っぽいという評価もきかれます。前も後ろもヒンジ部は高い車の感じではないかもです。

【エンジン性能】
機関は信頼性と坂道でもキビキビ走る性能を期待しているので、20Cを選んでいます。モリモリと上がってくるトルクはありませんが素直な加速をしてくれます。必要充分でスポーティすぎず、実用的なエンジンです。ある程度は気持ち良く走れます。

【走行性能】
今お乗りの車と比べて「曲がらない」「走らない」「止まらない」という書き込みが時々見られます。ステアリングのギア比、スロットルコントロール、ブレーキアシストのセッティングがそうなっているようです。ドライバー自身がしっかり曲げて、しっかりアクセルを踏み込み、ブレーキを踏んだときに適切な挙動をしてくれる味付けになっています。特にアクセルは急発進しづらいセッティングなのでこれはこれで良いかと。まさに人馬一体を楽しめます。MTはスコスコと入ります。良い位置にあり、とても使いやすいです。

【乗り心地】
年次改良でマイルドになったとは言われていますが、固めです。ブレーキローターもさほど大きくはないのでしなやかさも求めるならタイヤは16インチくらいがちょうどよいかもしれません。
真骨頂は山道と高速です。コーナー出口から加速する際に頭を全く振られなくなります。高速では吸いつくように走ります。SUVよりも目線が低いためか、マツダさんの車ではSUVよりも顕著に感じた印象です。酔いやすい人でも酔いにくいのではないかと思います。デミオのときも思いましたが、長所が試乗ではわかりにくいので、一日試乗で確認できたら良いかと。

【燃費】
120km巡航なら15km/lくらい、もう少し遅ければ燃費は伸びます。街中でストップアンドゴーが続き、ゆっくりならリッター10km/lを割ることもあります。私はガソリンエンジンの素直な加速とコンサバティブながら信頼性は高い機関が好きなので20Sですが、トルク、燃費、燃料代ならディーゼルですね。マツダさんが今現在攻めまくっているSKYACTIVE-Xも新技術がお好きな方にはたまらないかもです。

【価格】
装備てんこ盛りなのでかなり安いと思います。一方、使っている部品自体は高級とはいえなさそうな一面も感じます。実車をみていただき、触って乗ってみていただくのが1番です。

【総評】
発表当時から欲しかった車です。ロードスター、BRZ、GR86と悩みましたが、家族で乗れる車として選びました。CXシリーズ、MX-30も試乗しましたが、マツダでは重心と目線が若干低いためか1番乗り心地が良かったです。私は大好きですが、とても好みが分かれる車なのであえて客観的なレビューにしてみました。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年4月
購入地域
静岡県

新車価格
256万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

MAZDA3 ファストバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった16

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5
人馬一体になれる美しい車です。

購入したのは20Cブラックトーンエディションです。前車は3代目デミオ13C、その前は初代ヴィッツUグレードでした。スバルヴィヴィオに乗っていた時期もあります。

【エクステリア】
色はソウルレッドクリスタルメタリックを選択。とにかく一目ぼれしました。シンプルなようで滑らかな曲線はドキドキとさせられます。特にリアタイヤからテールへの流れるような曲線は妖しい魅力があります。シグネチャースタイルも素敵ですが、シンプルな造形を生かしたく、あえてノーマルのままにしています。ブラックトーンエディションなのでカラーリングでは少し遊びました。

【インテリア】
高級「感」があります。デザインは素敵です。ブラックトーンエディションのレッドステッチはやる気にさせます。一方、見せ方はとてもうまいですが、材質自体はすごく高い、、、訳ではなさそうな気がします。是非実車を見ていただき、触ってみていただきたいです。ドアは、特に後席のドアは安っぽいという評価もきかれます。前も後ろもヒンジ部は高い車の感じではないかもです。

【エンジン性能】
機関は信頼性と坂道でもキビキビ走る性能を期待しているので、20Cを選んでいます。モリモリと上がってくるトルクはありませんが素直な加速をしてくれます。必要充分でスポーティすぎず、実用的なエンジンです。ある程度は気持ち良く走れます。

【走行性能】
今お乗りの車と比べて「曲がらない」「走らない」「止まらない」という書き込みが時々見られます。ステアリングのギア比、スロットルコントロール、ブレーキアシストのセッティングがそうなっているようです。ドライバー自身がしっかり曲げて、しっかりアクセルを踏み込み、ブレーキを踏んだときに適切な挙動をしてくれる味付けになっています。特にアクセルは急発進しづらいセッティングなのでこれはこれで良いかと。まさに人馬一体を楽しめます。MTはスコスコと入ります。良い位置にあり、とても使いやすいです。

【乗り心地】
年次改良でマイルドになったとは言われていますが、固めです。ブレーキローターもさほど大きくはないのでしなやかさも求めるならタイヤは16インチくらいがちょうどよいかもしれません。
真骨頂は山道と高速です。コーナー出口から加速する際に頭を全く振られなくなります。高速では吸いつくように走ります。SUVよりも目線が低いためか、マツダさんの車ではSUVよりも顕著に感じた印象です。酔いやすい人でも酔いにくいのではないかと思います。デミオのときも思いましたが、長所が試乗ではわかりにくいので、一日試乗で確認できたら良いかと。

【燃費】
120km巡航なら15km/lくらい、もう少し遅ければ燃費は伸びます。街中でストップアンドゴーが続き、ゆっくりならリッター10km/lを割ることもあります。私はガソリンエンジンの素直な加速とコンサバティブながら信頼性は高い機関が好きなので20Sですが、トルク、燃費、燃料代ならディーゼルですね。マツダさんが今現在攻めまくっているSKYACTIVE-Xも新技術がお好きな方にはたまらないかもです。

【価格】
装備てんこ盛りなのでかなり安いと思います。一方、使っている部品自体は高級とはいえなさそうな一面も感じます。実車をみていただき、触って乗ってみていただくのが1番です。

【総評】
発表当時から欲しかった車です。ロードスター、BRZ、GR86と悩みましたが、家族で乗れる車として選びました。CXシリーズ、MX-30も試乗しましたが、マツダでは重心と目線が若干低いためか1番乗り心地が良かったです。私は大好きですが、とても好みが分かれる車なのであえて客観的なレビューにしてみました。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年4月
購入地域
静岡県

新車価格
256万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
10万円

MAZDA3 ファストバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

満足度5
エクステリア5
インテリア5
エンジン性能4
走行性能5
乗り心地4
燃費3
価格5
人馬一体になれる美しい車です。
   

   

購入したのは20Cブラックトーンエディションです。前車は3代目デミオ13C、その前は初代ヴィッツUグレードでした。スバルヴィヴィオに乗っていた時期もあります。

【エクステリア】
色はソウルレッドクリスタルメタリックを選択。とにかく一目ぼれしました。シンプルなようで滑らかな曲線はドキドキとさせられます。特にリアタイヤからテールへの流れるような曲線は妖しい魅力があります。シグネチャースタイルも素敵ですが、シンプルな造形を生かしたく、あえてノーマルのままにしています。ブラックトーンエディションなのでカラーリングでは少し遊びました。

【インテリア】
高級「感」があります。デザインは素敵です。ブラックトーンエディションのレッドステッチはやる気にさせます。一方、見せ方はとてもうまいですが、材質自体はすごく高い、、、訳ではなさそうな気がします。是非実車を見ていただき、触ってみていただきたいです。ドアは、特に後席のドアは安っぽいという評価もきかれます。前も後ろもヒンジ部は高い車の感じではないかもです。

【エンジン性能】
機関は信頼性と坂道でもキビキビ走る性能を期待しているので、20Cを選んでいます。モリモリと上がってくるトルクはありませんが素直な加速をしてくれます。必要充分でスポーティすぎず、実用的なエンジンです。ある程度は気持ち良く走れます。

【走行性能】
今お乗りの車と比べて「曲がらない」「走らない」「止まらない」という書き込みが時々見られます。ステアリングのギア比、スロットルコントロール、ブレーキアシストのセッティングがそうなっているようです。ドライバー自身がしっかり曲げて、しっかりアクセルを踏み込み、ブレーキを踏んだときに適切な挙動をしてくれる味付けになっています。特にアクセルは急発進しづらいセッティングなのでこれはこれで良いかと。まさに人馬一体を楽しめます。MTはスコスコと入ります。良い位置にあり、使いやすいです。

【乗り心地】
年次改良でマイルドになったとは言われていますが、固めです。ブレーキローターもさほど大きくはないのでしなやかさも求めるならタイヤは16インチくらいがちょうどよいかもしれません。
真骨頂は山道と高速です。コーナー出口から加速する際に頭を全く振られなくなります。高速では吸いつくように走ります。SUVよりも目線が低いためか、マツダさんの車ではSUVよりも顕著に感じた印象です。酔いやすい人でも酔いにくいのではないかと思います。デミオのときも思いましたが、長所が試乗ではわかりにくいので、一日試乗で確認できたら良いかと。

【燃費】
120km巡航なら15km/lくらい、もう少し遅ければ燃費は伸びます。街中でストップアンドゴーが続き、ゆっくりならリッター10km/lを割ることもあります。私はガソリンエンジンの素直な加速とコンサバティブながら信頼性は高い機関が好きなので20Sですが、トルク、燃費、燃料代ならディーゼルですね。マツダさんが今現在攻めまくっているSKYACTIVE-Xも新技術がお好きな方にはたまらないかもです。

【価格】
装備てんこ盛りなのでかなり安いと思います。一方、使っている部品自体は高級とはいえなさそうな一面も感じます。実車をみていただき、触って乗ってみていただくのが1番です。

【総評】
発表当時から欲しかった車です。ロードスター、BRZ、GR86と悩みましたが、家族で乗れる車として選びました。CXシリーズ、MX-30も試乗しましたが、マツダでは重心と目線が若干低いためか1番乗り心地が良かったです。私は大好きですが、とても好みが分かれる車なのであえて客観的なレビューにしてみました。

乗車人数
3人
使用目的
通勤・送迎
買い物
レジャー
仕事用
頻度
毎日
重視項目
高級感
スポーティ
レビュー対象車
新車
購入時期
2022年4月
購入地域
静岡県

新車価格
256万円
本体値引き額
10万円
オプション値引き額
20万円

MAZDA3 ファストバックの値引き情報

※値引き額は参考値ですので、詳細は各ディーラーにお問合せください。

参考になった0

 
 
 
 
 
 

「MAZDA3 ファストバック 2019年モデル」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
お値段以上の車です。  5 2022年8月13日 20:36
ディーゼルの図太いトルクと静粛性の高さに感動です。  4 2022年8月5日 21:47
カッコいいから細かい不満は大目に見よう!  4 2022年7月14日 08:12
デザインに一目惚れ  5 2022年6月28日 13:17
人馬一体になれる美しい車です。  5 2022年6月27日 21:28
国産車における孤高の存在  5 2022年6月11日 07:36
輸入車に負けないプレミアム感。  5 2022年6月8日 22:12
究極/最後のガソリン車となるか  3 2022年5月29日 19:15
一目惚れ  5 2022年4月30日 14:50
デミオD乗りの憂鬱  5 2022年4月23日 21:46

MAZDA3 ファストバック 2019年モデルのレビューを見る(レビュアー数:198人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

MAZDA3 ファストバック 2019年モデルのレビューを書く

この製品の価格を見る

MAZDA3 ファストバック 2019年モデル
マツダ

MAZDA3 ファストバック 2019年モデル

新車価格:228〜384万円

中古車価格:133〜338万円

MAZDA3 ファストバック 2019年モデルをお気に入り製品に追加する <423

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

MAZDA3ファストバックの中古車 (704物件)

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ユーザーレビューランキング

(自動車(本体))

ご注意