『価格も含め、限りなく最高に近いマザーボード』 ASRock Z390 Phantom Gaming 7 @うこさんのレビュー・評価

Z390 Phantom Gaming 7

「Intel Z390」を搭載したマザーボードの上位モデル

Z390 Phantom Gaming 7 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥26,601 (前週比:-235円↓)

  • メーカー希望小売価格:¥―
  • 発売日:2019年 5月24日

店頭参考価格帯:¥27,950 〜 ¥27,950 (全国12店舗)最寄りのショップ一覧

フォームファクタ:ATX CPUソケット:LGA1151 チップセット:INTEL/Z390 メモリタイプ:DDR4 Z390 Phantom Gaming 7のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Z390 Phantom Gaming 7の価格比較
  • Z390 Phantom Gaming 7の店頭購入
  • Z390 Phantom Gaming 7のスペック・仕様
  • Z390 Phantom Gaming 7のレビュー
  • Z390 Phantom Gaming 7のクチコミ
  • Z390 Phantom Gaming 7の画像・動画
  • Z390 Phantom Gaming 7のピックアップリスト
  • Z390 Phantom Gaming 7のオークション

Z390 Phantom Gaming 7ASRock

最安価格(税込):¥26,601 (前週比:-235円↓) 発売日:2019年 5月24日

  • Z390 Phantom Gaming 7の価格比較
  • Z390 Phantom Gaming 7の店頭購入
  • Z390 Phantom Gaming 7のスペック・仕様
  • Z390 Phantom Gaming 7のレビュー
  • Z390 Phantom Gaming 7のクチコミ
  • Z390 Phantom Gaming 7の画像・動画
  • Z390 Phantom Gaming 7のピックアップリスト
  • Z390 Phantom Gaming 7のオークション
ユーザーレビュー > パソコン > マザーボード > ASRock > Z390 Phantom Gaming 7

『価格も含め、限りなく最高に近いマザーボード』 @うこさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:7人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

マザーボード
2件
0件
もっと見る
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4
価格も含め、限りなく最高に近いマザーボード

パッケージ

cpu取り付け

組み込み図(電源オフ)

組み込み図(電源オン)

Flexible Integrated I/O Shield、ピッタリはまってとてもいいです。

スペック。オールコア5GHzできてます。

Z270 Taichi + 7700Kからの乗り換えです。

【安定性】
最高です。9900Kを熊メタルカッパーHS化していますが、50と打ち込んで他はオートのお手軽オールコア5GHzで何の問題もなく動きます。一度も落ちたり不安定になったことはありません。

【互換性】
今必要なものはすべてあるかとおもいます。このクラスなら相性もそうある話ではないでしょう。

【拡張性】
別売りですが購入すればWI-FIにも対応できますし、M.2も二本刺さりますし、もっと刺したければTaichiかPGXを購入するか拡張カードでお願いしますってところですね。

【機能性】
2.5 ギガビット LAN、Intel ギガビット LAN、Flexible Integrated I/O Shield、オンボードリセット/パワーボタン、Dr. Debug。これだけあれば十分ではないですかね。
しかも2.5G LANの段にあるUSBポートはUltraUSB Powerに対応しているとのこと。公式に全然書いてませんけどね。

【設定項目】
十分かと思います。UEFIも使いやすいほうだと感じます。

【付属ソフト】
ASRockの付属ソフトは今のところ使ったどのメーカーのソフトよりもシンプルですが安定していると感じます。特に、起動しないとか固まったり落ちたりということがありません。PolychromeSyncのソフトはちょっと使いづらいですけどね。

【総評】
二万円台ですが、cpu補助電源も8+4pinで9900Kをフルに回せますし、私としてはもはやハイエンドクラスだと思っています。全く文句はありません。

私はモノクロ系のPCにしている関係で、赤い刺し色が入っているASRockのゲーミングシリーズには抵抗がありました。しかし、Fatal1tyのころからASRockのゲーミングマザーには魅力を感じており、特に9900Kにするタイミングでこのマザーが発売され、しかも望んだものがほぼ全て叶うという結果になったため購入しました。

望んだものとは、
・PCIe拡張スロットの1段目が排除され、グラボより下に配置されること(グラボの上に刺したくないじゃん)
・オンボードのパワー/リセットボタンがつくこと
・Dr. Debugがあること(温度のモニタに使う)
・UltraUSBPowerが搭載されること
・2.5G LANが搭載されること
・CLR CMOSボタンがついていること

です。CLR CMOSボタンはつきませんでしたが、ハサミつっこんで何とかしてますw

組み込んで赤の刺し色がどう見えるかは画像をご覧ください。



レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった2人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4
価格も含め、限りなく最高に近いマザーボード
   

スペック一覧。オールコア5GHzできてます。

   

Z270 Taichi + 7700Kからの乗り換えです。

【安定性】
最高です。9900Kを熊メタルカッパーHS化していますが、50と打ち込んで他はオートのお手軽オールコア5GHzで何の問題もなく動きます。一度も落ちたり不安定になったことはありません。

【互換性】
今必要なものはすべてあるかとおもいます。このクラスなら相性もそうある話ではないでしょう。

【拡張性】
別売りですが購入すればWI-FIにも対応できますし、M.2も二本刺さりますし、もっと刺したければTaichiかPGXを購入するか拡張カードでお願いしますってところですね。

【機能性】
2.5 ギガビット LAN、Intel ギガビット LAN、Flexible Integrated I/O Shield、オンボードリセット/パワーボタン、Dr. Debug。これだけあれば十分ではないですかね。
しかも2.5G LANの段にあるUSBポートはUltraUSB Powerに対応しているとのこと。公式に全然書いてませんけどね。

【設定項目】
十分かと思います。UEFIも使いやすいほうだと感じます。

【付属ソフト】
ASRockの付属ソフトは今のところ使ったどのメーカーのソフトよりもシンプルですが安定していると感じます。特に、起動しないとか固まったり落ちたりということがありません。PolychromeSyncのソフトはちょっと使いづらいですけどね。

【総評】
二万円台ですが、cpu補助電源も8+4pinで9900Kをフルに回せますし、私としてはもはやハイエンドクラスだと思っています。全く文句はありません。

私はモノクロ系のPCにしている関係で、赤い刺し色が入っているASRockのゲーミングシリーズには抵抗がありました。しかし、Fatal1tyのころからASRockのゲーミングマザーには魅力を感じており、特に9900Kにするタイミングでこのマザーが発売され、しかも望んだものがほぼ全て叶うという結果になったため購入しました。

望んだものとは、
・PCIe拡張スロットの1段目が排除され、グラボより下に配置されること(グラボの上に刺したくないじゃん)
・オンボードのパワー/リセットボタンがつくこと
・Dr. Debugがあること(温度のモニタに使う)
・UltraUSBPowerが搭載されること
・2.5G LANが搭載されること
・CLR CMOSボタンがついていること

です。CLR CMOSボタンはつきませんでしたが、ハサミつっこんで何とかしてますw

赤の刺し色がどう見えるかは画像をご覧ください。



レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった0

満足度5
安定性5
互換性5
拡張性5
機能性5
設定項目5
付属ソフト4
価格も含め、限りなく最高に近いマザーボード

パッケージ

cpu取り付け

組み込み図(電源オフ)

組み込み図

Flexible Integrated I/O Shield、ピッタリはまってとてもいいです。

光り方(マザボのみ)

Z270 Taichi + 7700Kからの乗り換えです。

安定性】
最高です。9900Kを熊メタルカッパーHS化していますがお手軽オールコア5GHzで何の問題もなく動きます。一度も落ちたあ不安定になったことはありません。

【互換性】
今必要なものはすべてあるかとおもいます。このクラスなら相性もそうある話ではないでしょう。

【拡張性】
別売りですが購入すればWI-FIにも対応できますし、M.2も二本刺さりますし、もっと刺したければTaichiかPGXを購入するか拡張カードでお願いしますってところですね。

【機能性】
2.5 ギガビット LAN, Intel ギガビット LAN、Flexible Integrated I/O Shield、オンボードリセット/パワーボタン、Dr. Debug。これだけあれば十分ではないですかね。
しかも2.5G LANの段にあるUSBポートはUltraUSB Powerに対応しているとのこと。公式に全然書いてませんけどね。

【設定項目】
十分かと思います。UEFIも使いやすいほうだと感じます。

【付属ソフト】
ASRockの付属ソフトは今のところ使ったどのメーカーのソフトよりもシンプルですが安定していると感じます。特に、起動しないとか固まったり落ちたりということがありません。PolychromeRGBのソフトはちょっと使いづらいですけどね。

【総評】
二万円台ですが、cpu補助電源も8+4pinで9900Kをフルに回せますし、私としてはもはやハイエンドクラスだと思っています。全く文句はありません。

私はモノクロ系のPCにしている関係で、赤い刺し色が入っているASRockのゲーミングシリーズには抵抗がありました。しかし、Fatal1tyのころからASRockのゲーミングマザーには魅力を感じており、特に9900Kにするタイミングでこのマザーが発売され、しかも望んだものがほぼ全て叶うという結果になったため購入しました。

望んだものとは、
・PCIe拡張スロットの1段目が排除され、グラボより下に配置されること(グラボの上に刺したくないじゃん)
・オンボードのパワー/リセットボタンがつくこと
・Dr. Debugがあること(温度のモニタに使う)
・UltraUSBPowerが搭載されること
・2.5G LANが搭載されること
・CLR CMOSボタンがついていること

です。CLR CMOSボタンはつきませんでしたが、ハサミつっこんで何とかしてますw

赤の刺し色がどう見えるかは画像をご覧ください。



レベル
自作経験豊富
重視項目
スペック重視

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「Z390 Phantom Gaming 7」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Z390 Phantom Gaming 7
ASRock

Z390 Phantom Gaming 7

最安価格(税込):¥26,601発売日:2019年 5月24日 価格.comの安さの理由は?

Z390 Phantom Gaming 7をお気に入り製品に追加する <7

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[マザーボード]

マザーボードの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(マザーボード)

ご注意