『【再レビュー】未だ高コスパ、ただしWi-Fiとバッテリーは・・・』 Lenovo Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP lp82145さんのレビュー・評価

2019年 5月17日 発売

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP 製品画像

拡大

※キーボードは日本語仕様です
※画像は組み合わせの一例です

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 価格推移グラフ

お気に入り製品に登録すると、価格が掲載された時にメールやMyページでお知らせいたします


価格帯:¥―〜¥― (―店舗) メーカー希望小売価格:¥―

Lenovoの直販サイトで購入するメリット

  • カスタマイズができるのはレノボ・ショッピングだけ(一部製品は対象外)
  • 分割払い48回まで手数料0%(JACCS)!さらに対象パソコンの買取を5,000円増額中!
  • マウス1個から日本全国送料無料!

画面サイズ:14型(インチ) CPU:第2世代 AMD Ryzen 5 3500U/2.1GHz/4コア CPUスコア:7149 ストレージ容量:M.2 SSD:256GB メモリ容量:8GB OS:Windows 10 Home 64bit 重量:1.5kg Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのスペック・仕様

不要なパソコン無料回収 国認定事業者のリネットジャパン
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP の後に発売された製品Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPとIdeaPad Slim 550 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81YM009HJPを比較する

IdeaPad Slim 550 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81YM009HJP

IdeaPad Slim 550 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81YM009HJP

最安価格(税込): ¥60,192 発売日:2020年 9月 4日

画面サイズ:14型(インチ) CPU:第3世代 AMD Ryzen 5 4500U/2.3GHz/6コア CPUスコア:11274 ストレージ容量:M.2 SSD:256GB メモリ容量:8GB OS:Windows 10 Home 64bit 重量:1.45kg
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPの価格比較
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPの店頭購入
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのスペック・仕様
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのレビュー
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのクチコミ
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPの画像・動画
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのピックアップリスト
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのオークション

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPLenovo

最安価格(税込):ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 5月17日

  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPの価格比較
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPの店頭購入
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのスペック・仕様
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのレビュー
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのクチコミ
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPの画像・動画
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのピックアップリスト
  • Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのオークション
ユーザーレビュー > パソコン > ノートパソコン > Lenovo > Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP

『【再レビュー】未だ高コスパ、ただしWi-Fiとバッテリーは・・・』 lp82145さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

lp82145さん

  • レビュー投稿数:43件
  • 累計支持数:479人
  • ファン数:7人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
14件
0件
ノートパソコン
5件
0件
デジタル一眼カメラ
5件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性3
使いやすさ3
持ち運びやすさ3
バッテリ2
液晶5
【再レビュー】未だ高コスパ、ただしWi-Fiとバッテリーは・・・

簡易的なものですが、ベンチマークの結果です。

キーボードの配置には癖があります。

Realtek製8822BEチップは、ドライバーによっては動作が不安定になる場合があります。

バッテリーの寿命を延ばすための設定の例(Lenovo Vantage)。

ファンクションキーの機能割り当てをWindows標準のものにするための設定の例。

バッテリーの持ち(ほぼフル充電+省電力モードに切り替えたうえで)。

購入後に一度レビューさせていただいておりますが、後継機が出てもなお併売されているようで(令和2年10月現在)、本機種もまだ売れているということでしょう。
おおむね1年少々使ってみて、気になってきたこともチラホラと出てきましたので、“再レビュー”させていただきます。

【デザイン】
金属(アルミ)ボディを採用していることは、高く評価できるところです。価格帯を踏まえると、狭縁ディスプレイになっていることとあわせて、デザインや質感は、5万円クラスのPCとしては一歩抜けている感があります。

【処理速度】
Ryzen5+SSDのもたらす速度は、十分なものと評価します
(簡易的なものとなりますが、いくつかのベンチマーク結果を、添付画像にて紹介しておきます)。

【グラフィック性能】
本格的なPCゲームや画像(動画)処理といったところは無理としても、ネットサーフやオフィスソフトの利用程度であれば、Ryzen5の内蔵グラフィックでも、大抵のところはどうにかなります。
なお、Ryzen5 3500Uの仕様として、メインメモリのうち2GBはビデオメモリに“強制的に”占有されます。

【拡張性】
USBポート×3(うち一つはType-C)、HDMIポート×1というのは、現代のノートPCとしては標準的なところと思われます。
ただし、Type-Aのポートが右側にしかないのは、地味に不便なところもあります。

【使いやすさ】
キータッチ、ピッチ、タッチパッドといったところは、基本的には“可もなく不可もなし”です(キーピッチが浅いことは少々気になりますが…)。

ただし、一部のキー配置にはかなり無理があります(海外モデルと共通の筐体に、無理矢理日本語キーボードを装備するがゆえの、“外資系PCあるある”です)。添付画像をご参照ください。

【持ち運びやすさ】
14型、約1.5kgというのは、日常的に持ち運ぶには、少し重いような気もしますが、できなくはないレベルです(実際に、私は毎日持ち歩いていますし…)。

【バッテリ】
ノートPCにおいては、バッテリーのカタログスペックを当てにするなとよく言われます。実際に、本機種においては、フル充電+省電力モードでも4〜5時間くらいが手一杯という印象です
(Wi-Fiを接続したうえで、ネットサーフやオフィスソフトを使用する程度の負荷で。添付画像をご参照ください)。

Ryzenが比較的電力食いであることに加えて、バッテリーの容量が少なめであることも、大きいのでしょう(もちろん、1年使っているのである程度劣化していることも、考慮に入れる必要はあります)。

ちなみに、バッテリーは内蔵で、交換に際しては分解必須となることから、少しでもバッテリーを延命させるべく、付属アプリのLenovo Vantageにて、「急速充電をオフ」「バッテリー保全モードをオン」と、設定しています(添付画像をご参照ください)。
どのみち大してバッテリーが持たないのであれば、フル充電せずに延命する道を、私としては選ぶところです。

【液晶】
フルHDのIPS液晶を搭載しているため、価格帯を考えれば表示は良好です。ノングレアタイプになっているのもありがたいところです。

【総評】
後継機の登場により若干見劣りするようにはなりましたが、それでもまだコストパフォーマンスは良好です(とはいえ、今から買うのであれば、(540と550の価格差を踏まえれば)550を選びますが…)。

(ある程度覚悟していたとはいえ)キーボードの配置のダメさ、キーボードの造りの安っぽさは、やはりストレスの溜まるところです。そこは、「価格相応」ということで、割り切りが必要なところもあるでしょう。

*****

【追記@】
本機種の弱点として、「Wi-Fiアダプター(Realtek製8822BE)が著しく不安定になる場合がある」ということがあります(他のレビュアーさんも指摘されているように…)。
もちろん、ほかのレビュアーさんが書いていること、Lenovoが公式に告知している対策などはとっていて(省電力設定の無効化など)、しばらく落ち着いていたのですが、最近になって、またネット接続が不安定になりました。

今回、状況を落ち着かせる際に決め手になったのは「Wi-Fiアダプターのドライバー(Lenovoが公開している「Realtek8822BE ワイヤレスドライバー(Windows10 64bit)」の最新版)を入れたことでした。問題が以前生じていた際にもこの対策を行っていたはずなのですが、Windowsの(強制)アップデートなどでMS製ドライバーに上書きでもされたのか、改めてドライバーを入れ直さないと、接続の不安定さは改善しませんでした。
この「ドライバー更新」、Windowsの標準機能(デバイスマネージャー)の「ドライバーの自動更新」では反映されないようですので、自分でドライバーを探してきて、上書きインストールするということが必要になるようです。

本機種(ならびに、Realtek製8822BE搭載PC)でネット接続が不安定だったり、プチプチ切れるといった症状に遭遇する方は、お持ちのPCのメーカーの公式ページに最新ドライバーがないかどうかについても、確認されるとよいかもしれません。

【追記A】
デフォルトではファンクションキーがWindowsの標準設定(例:F6ボタンを押したらひらがなに強制変換)とは異なり、メーカー独自の設定になっています(Fnキーとの同時押しで、標準設定の反応になります)。
付属のLenovo Vantageでも設定を変更できるそうですが、BIOSレベルで書き換えておいた方が「根本的な対策」になるような気がしましたので、以下のような手順で設定を変更しています。

1.Windowsの「メニュー」から「設定」を選択。
2.「windowsの設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」を選択。
3.「PCの起動をカスタマイズする」→「今すぐ再起動」を選択。
4.再起動した後に、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」を選択。
5.BIOSが起動するので、「Configration」のタブから「HotKey Mode」の項目を選択し、「disabled」に設定。

レベル
中級者
使用目的
ネット
ゲーム
文書作成
画像処理

参考になった64人(再レビュー後:20人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
処理速度5
グラフィック性能5
拡張性3
使いやすさ4
持ち運びやすさ4
バッテリ3
液晶5
コストパフォーマンスの“鬼”(ボキャブラリー貧困)

簡易的なものですが、ベンチマークの結果となります。

キーボード周り。ややストロークは浅めですが、悪くはありません。

一部のキーボード配置に“無理がある”のは、“外資系PCあるある”です。

視野角の広さは、さすがIPS液晶というところです。

ファンクションキーを機能させるために、BIOSから設定しなおしました。

ACアダプターは割と大型です(ケーブルは1本だけで済みますが…)。

ノートPC(Windows7世代)がもう1台手元にあるのですが、そちらも置き換えるべく、それなりの性能のPCを、できるだけ安く購入することを求めて、この機種にたどり着きました。

【デザイン】
この価格帯ながら、金属(アルミ)ボディを採用していることは、高く評価できるところです。

また、どこぞやのメーカーのように、メーカーのロゴを目立つところにデカデカと表示するのではなく、天板にひっそりと表示するにとどめている慎ましやかさ(?)についても、評価できるところです。

【処理速度】
Ryzen5+SSDのもたらす速度は、十分なものと評価します。使用していて、動作のもたつきやもどかしさを感じることも、(私の使い方では)まったくありません
(簡易的なものとなりますが、いくつかのベンチマーク結果を、添付画像にてご紹介しておきます)。

なお、手元にあるロットのSSDは、Samsung製の“MZVLB256HAHQ”というモデルでした。まあ、この価格ですからね・・・。
起動、再起動、シャットダウン等は、SSDモデルとしては標準的〜早めのレベルと思われます(置き換え前のHDDモデルとは、比べるほうが間違いです)。

なお、標準で付属する指紋センサーとWindows helloの組み合わせにより、指紋をスキャンするだけでパスワードなしにログインできるのは、体験してみると便利なものですね。

【グラフィック性能】
普段の使用において、グラフィック性能が足を引っ張るという場面に遭遇することはありません。
なお、当方はグラフィック性能を要求する本格的なPCゲームをすることがありませんので、そこは割り引いてお考えください。

【拡張性】
USBポート×3、HDMIポート×1というのは、現代のノートPCとしては標準的なところと思われます。
USBポートのうちの1つが新型のType-Cなのですが、Type-Cの機器の普及率を踏まえると、すべて従来型のType-Aでもよかったようにも、思われるところです。
また、Type-Aのポートが右側にしかないのは、地味に不便なところも。

【使いやすさ】
キータッチ、ピッチ、タッチパッドといったところは、基本的には“可もなく不可もなし”というところです。

なお、一部のキー配置にはかなり無理があります(海外モデルと共通の筐体に、無理矢理日本語キーボードを装備するがゆえの、“外資系PCあるある”です)。
とりわけ、\キーとBackspaceキーが密着していること、右Shiftキーとバックスラッシュキーが密着していることによって、使い勝手が悪くなっているのは惜しいところです(Backspaceを押すつもりで、\キーを押すことの多いことよ…)。

【持ち運びやすさ】
14型、約1.5kgというのは、日常的に持ち運ぶには、少し重いような気もしますが、できなくはないレベルです。
なお、ACアダプターは、コンセントとアダプターが一体になっているためか、かなり大型です。他方で、一体型であるがゆえに、コンセントとアダプターをつなぐケーブルが不要になっているという面もあります。

【バッテリ】
Ryzenモバイルは電力食いと言われますが、3000番台になって、前世代(2000番台)よりは、省電力性能は上がったという印象です。とはいえ、消費電力面ではCoreiには及ばないことも、事実としては動かせません(モバイル用に、某社の13型ノートPC(Corei3 7020U搭載)を使用していますが、本機の方が明らかにバッテリーの持ちは悪いです)。

ちなみに、Ryzenモバイルの電力食いのゆえか、発熱の高さゆえか、けっこうファンの音が響いてきます(Ryzenモデルは内蔵ファンを2台装備しているそうですから、その影響もあるのでしょう)。

【液晶】
この価格帯であれば、だいたいにおいて発色も微妙ならば視野角も狭い、見栄えのしないTNタイプの液晶−−しかも、下手をしたら解像度まで低い(WXGA (1366x768))−−が搭載されていることが多いところ、本機種はフルHDのIPS液晶です。したがって、価格帯を考えれば表示は良好です。ノングレアタイプになっているのも、高く評価できるところです。

同じようにフルHDでも、一段下のクラスとなるS340にせずに本機種を選択したのは、ひとえにIPS液晶を希望したからです(5000円程度の価格差であれば、高くてもIPS液晶搭載モデルを選びます)。

【総評】
Ryzen5+SSD+8GBメモリ+フルHDのIPS液晶というスペックを考慮すれば、本体価格(税込・送料込)が57000円程度(令和元年7月時点、週末セール価格)というのは、相当のコストパフォーマンスを誇るといえます。
このモデルは中国生産で、注文から到着までに若干の時間を要するという問題はありますが、圧倒的なコストパフォーマンスの前では、些細な問題です。なお、今回の場合は、7月15日の注文・入金で、7月28日に到着しました。

(ある程度覚悟していたとはいえ)キーボードの配置のダメさ、キーボードの造りの安っぽさは、やはりストレスの溜まるところです。そこは、「価格相応」ということで、割り切りが必要なところもあるでしょう。

【追記】
デフォルトではファンクションキーがWindowsの標準設定(例:F6ボタンを押したらひらがなに強制変換)とは異なり、メーカー独自の“いらないお世話設定”になっています(Fnキーとの同時押しで、標準設定の反応になります)。よく考えて見ると、これも「外資系PCあるある」でした。
Lenovo独自のユーティリティー(Lenovo Vantage)でも設定を変更できるそうですが、BIOSレベルで書き換えておいた方が「根本的な対策」になるような気がしますので、以下のような手順で設定を変更しました。

1.Windowsの「メニュー」から「設定」を選択。
2.「windowsの設定」→「更新とセキュリティ」→「回復」を選択。
3.「PCの起動をカスタマイズする」→「今すぐ再起動」を選択。
4.再起動した後に、「トラブルシューティング」→「詳細オプション」→「UEFIファームウェアの設定」を選択。
5.BIOSが起動するので、「Configration」のタブから「HotKey Mode」の項目を選択し、「disabled」に設定(添付画像をご参照ください)。

レベル
中級者
使用目的
ネット
ゲーム
文書作成
画像処理

参考になった44

 
 
 
 
 
 

「Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP
Lenovo

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJP

ショップが販売価格を掲載するまでお待ちください 発売日:2019年 5月17日

Ideapad S540 AMD Ryzen 5・8GBメモリー・256GB SSD・14型フルHD液晶搭載 81NH002PJPをお気に入り製品に追加する <1219

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(ノートパソコン)

ご注意