『買って良かった!』 Google Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White] nBanjoさんのレビュー・評価

Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]

5.6型フルHD+有機EL採用のスマートフォン

最安価格(税込): ¥48,600〜 登録価格一覧(1店舗)
発売日:2019年 5月17日

中古価格(税込):¥45,800 登録中古価格一覧(2製品)

キャリア:SIMフリー OS種類:Android 9.0 販売時期:2019年春モデル 画面サイズ:5.6インチ 内蔵メモリ:ROM 64GB RAM 4GB バッテリー容量:3000mAh Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 

『買って良かった!』 nBanjoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:11件
  • 累計支持数:92人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
5件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
2件
0件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー5
カメラ5
買って良かった!
別機種3機種比較
   

3機種比較

   

■購入動機
私のスマホの主な用途は、メール、Webページ閲覧、ネットショッピング、メモ(備忘録)、スケジュール管理で、本製品購入前は、「HUAWEI P10 lite」、「motorola G6 plus」を使用していたが、せっかちな性分のせいか動作にモタツキを感じ、もう少しスペック・パフォーマンス(コスト含む)の良い機種への買い換えを考えて探していたところ本製品が候補に挙がりました。
また、今まで持病の振戦(手の震え)のためスマホでの写真撮影は手振れ写真を量産するので、カメラとしての利用は諦め、写真はもっぱらデジカメ(SONY α7IIを所有)を利用することにしていたところ、ネット上で本製品のカメラ性能の評判が良く、手振れ補正もかなり強力な様子だと知り、本製品のカメラなら手振れのない(歩留まりの良い)写真撮影ができるのではという期待感からほぼ衝動的に購入したしだいです。
以下、既に所有するスマホ(前記2機種)との比較前提でレビューします。

■良い点
1)
「Pure Android」であること。
すなわち、メーカーのカスタマイズされたOS(Android)でなく、余計なプリインストール・アプリがないこと。
私は、必要なものは他人から与えられるより、なるべく自分で手に入れる(または自作する)性分なので、「Simple is Best」とも言える本製品は自分にピッタリでした。

2)
搭載SoCの性能が他2機種よりワンランク上だからモタツキ感はほぼなく期待通りにキビキビ動いてくれます。(本体起動や終了もスピーディーな感じ)

3)添付写真参照:左から「HUAWEI P10 lite」、「Pixel 3a」、「motorola G6 plus」
画面及びボディのサイズは本製品以外の2機種の中間ですが、Webページ閲覧時の表示される情報量は本製品が一番多く、表示される文字等のサイズがやや小さくなるものの一覧性に優れていると言えます。

4)
指紋認証の感度or認識率が高いこと。
「HUAWEI P10 lite」の場合、指先やセンサー部分が少しでも汚れていると認識率が悪くなり、何度もやり直すか汚れを落とす必要がありました。
それに対し「motorola G6 plus」と本製品の方は、指先やセンサー部分が少々汚れていても即時認識してくれる感じです。

5)
評判通りのカメラ性能
まだ、使用頻度が少なく充分な評価はできていませんが、私が一番気にしていた手振れ補正については自宅室内での試し撮影でかなり強力であることがわかりました。
本製品の手振れ補正のしくみはよくわかりませんが、他2機種に比べて撮影画像の歩留まりは非常に良くなりほぼ完璧といえるくらいで感動しました。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、所有するデジカメ(SONY α7II)よりもいいじゃないかと思ったりもしました。
今まで私にとって無駄だったスマホのカメラ機能が、本製品では使えそうだという実感がわいてきたしだいです。

6)バッテリーライフは、私の使い方では約30時間くらいは持つ感じで他2機種同等かそれ以上。

■悪い点
ディスプレイの発色の色温度がやや低いこと
これもネット上の評価にあったことで、ディスプレイの発色がやや黄ばんでいる(色温度が低い)ことです。
これは使用している有機ELの性能によるものか、ソフトウェアの調整によるものかわかりませんが、ネット上の情報から察して本製品固有の欠点のようです。
他2機種が逆に色温度が高め(青っぽい)の方だったので並べて比較すると、その差が目立ち同じ写真画像を再生表示すると本製品の方は画像に鮮やかさがなく少し汚く見えてしまいます。
私個人としては、Webページ閲覧などではなんとか妥協できる(許せる)レベルかもしれないが、写真が趣味で鑑賞するにはちょっと抵抗感のあるレベルだと思います。
これではせっかくの優秀なカメラ機能が台無しになると思ったので、ディスプレイの発色を補正するアプリを導入して自分の納得できるところまで発色を調整した結果、この不満は解消できました。

■その他
1)★注意点★
最新モデルとしては、SIMカードスロットは1枚分のみでSDカードスロットもないという非常に割り切った製品仕様になっているので、購入検討中の方はこの仕様に不都合がないかよく吟味した方がよいでしょう。

2)
本製品はボディー色に3種類のカラバリがありますが、「Just Black」以外の電源ボタンはボディ色とは違う色が着色されています。
私が選んだ「Clearly White」の電源ボタンは淡いオレンジ色でした。
「Purple-ish」は薄紫かかった白色ボディで、電源ボタンは(蛍光ぽい)イエロー、と3種類の中で一番派手目になっています。
この電源ボタンの着色は、一番よく使うボタンとしてのアクセント(存在感)となって個人的に好感がもてました。

3)
最新モデルに共通して言えることですが、コストダウンのためか?通知の有無やバッテリの充電状態を示すLEDインジケーターがありません。
どの最新モデルも大概その代替となる機能が搭載されているようで、使い慣れればそのことは気にならなくなるでしょう。
本製品の場合は、「アンビエント表示」というのがあり、ロック画面(スリープ)状態で画面をダブルタップしたり端末を持ち上げたときに情報(現在時刻、アプリの通知、バッテリー残量/充電状態)が表示されるように設定できます。

4)★訂正・追記★
顔認証機能はありません。
SIMフリー版スマホとしては珍しく「おサイフケータイ」機能があります。
他者レビューにあるような発熱異常やバッテリー激減はないようです。
どのスマホも落下時の破損に備えてカバーケースは必需品だと思います。
(カメラの出っ張りも気にならなくなります)

■まとめ
私個人としては、上記ディスプレイ発色の不満点があるものの良かった点の方が優って総合的に「買って良かった!」といえるものでした。
本製品にはディスプレイとボディのサイズがひとまわり大きくバッテリー容量も大きい兄弟機「Pixel 3a XL」がありますが、私はコスト優先で本製品を選びました。

参考になった42人(再レビュー後:33人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー5
カメラ5
買って良かった!
別機種3機種比較
   

3機種比較

   

■購入動機
私のスマホの主な用途は、メール、Webページ閲覧、ネットショッピング、メモ(備忘録)、スケジュール管理で、本製品購入前は、「HUAWEI P10 lite」、「motorola G6 plus」を使用していたが、せっかちな性分のせいか動作にモタツキを感じ、もう少しスペック・パフォーマンス(コスト含む)の良い機種への買い換えを考えて探していたところ本製品が候補に挙がりました。
また、今まで持病の振戦(手の震え)のためスマホでの写真撮影は手振れ写真を量産するので、カメラとしての利用は諦め、写真はもっぱらデジカメ(SONY α7IIを所有)を利用することにしていたところ、ネット上で本製品のカメラ性能の評判が良く、手振れ補正もかなり強力な様子だと知り、本製品のカメラなら手振れのない(歩留まりの良い)写真撮影ができるのではという期待感からほぼ衝動的に購入したしだいです。
以下、既に所有するスマホ(前記2機種)との比較前提でレビューします。

■良い点
1)
「Pure Android」であること。
すなわち、メーカーのカスタマイズされたOS(Android)でなく、余計なプリインストール・アプリがないこと。
私は、必要なものは他人から与えられるより、なるべく自分で手に入れる(または自作する)性分なので、「Simple is Best」とも言える本製品は自分にピッタリでした。

2)
前記2機種で不満だったモタツキ感はなく、期待通りにキビキビ動いてくれます。(起動や終了もスピーディーな感じ)

3)添付写真参照:左から「HUAWEI P10 lite」、「Pixel 3a」、「motorola G6 plus」
画面及びボディのサイズは本製品以外の2機種の中間ですが、Webページ閲覧時の表示される情報量は本製品が一番多く、表示される文字等のサイズがやや小さくなるものの一覧性に優れていると言えます。

4)
指紋認証の感度or認識率が高いこと。
「HUAWEI P10 lite」の場合、指先やセンサー部分が少しでも汚れていると認識率が悪くなり、何度もやり直すか汚れを落とす必要がありました。
それに対し「motorola G6 plus」と本製品の方は、指先やセンサー部分が少々汚れていても即時認識してくれる感じです。

5)
評判通りのカメラ性能
まだ、使用頻度が少なく充分な評価はできていませんが、私が一番気にしていた手振れ補正については自宅室内での試し撮影でかなり強力であることがわかりました。
本製品の手振れ補正のしくみはよくわかりませんが、前記2機種に比べて撮影画像の歩留まりは非常に良くなりほぼ完璧といえるくらいで感動しました。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、所有するデジカメ(SONY α7II)よりもいいじゃないかと思ったりもしました。
今まで私にとって無駄だったスマホのカメラ機能が、本製品では使えそうだという実感がわいてきたしだいで、今後は手振れ補正以外の評価もしていきたいと思っています。

6)
バッテリーライフは、使用感として若干ですが本製品が一番長持ちのような気がしています。

■悪い点
ディスプレイの発色の色温度がやや低いこと
これもネット上の評価にあったことで、ディスプレイの発色がやや黄ばんでいる(色温度が低い)ことです。
これは使用している有機ELの性能によるものか、ソフトウェアの調整によるものかわかりませんが、ネット上の情報から察して本製品固有の欠点のようです。
前記2機種が逆に色温度が高め(青っぽい)の方だったので並べて比較すると、その差が目立ち同じ写真画像を再生表示すると本製品の方は画像に鮮やかさがなく少し汚く見えてしまいます。
私個人としては、Webページ閲覧などではなんとか妥協できる(許せる)レベルかもしれないが、写真が趣味で鑑賞するにはちょっと抵抗感のあるレベルだと思います。
これではせっかくの優秀なカメラ機能が台無しになると思ったので、ディスプレイの発色を補正するアプリを導入して自分の納得できるところまで発色を調整した結果、この不満は解消できました。

■その他
1)★注意点★
最新モデルとしては、SIMカードスロットは1枚分のみでSDカードスロットもないという非常に割り切った製品仕様になっているので、購入検討中の方はこの仕様に不都合がないかよく吟味した方がよいでしょう。
私個人としては不都合ではなかったので「悪い点」とはしませんでした。

2)
本製品はボディー色に3種類のカラバリがありますが、「Just Black」以外の電源ボタンはボディ色とは違う色が着色されています。
私が選んだ「Clearly White」の電源ボタンは淡いオレンジ色でした。
「Purple-ish」は薄紫かかった白色ボディで、電源ボタンは(蛍光ぽい)イエロー、と3種類の中で一番派手目になっています。
この電源ボタンの着色は、一番よく使うボタンとしてのアクセント(存在感)となって個人的に好感がもてました。

3)
最新モデルに共通して言えることですが、コストダウンのためか?通知の有無やバッテリの充電状態を示すLEDインジケーターがありません。
どの最新モデルも大概その代替となる機能が搭載されているようで、使い慣れればそのことは気にならなくなるでしょう。
本製品の場合は、「アンビエント表示」というのがあり、ロック画面(スリープ)状態で画面をダブルタップしたり端末を持ち上げたときに情報(現在時刻、アプリの通知、バッテリー残量/充電状態)が表示されるように設定できます。

4)★訂正・追記★
顔認証機能はありません。
SIMフリー版スマホとしては珍しく「おサイフケータイ」機能があります。

■まとめ
私個人としては、上記ディスプレイ発色の不満点があるものの良かった点の方が優って総合的に「買って良かった!」といえるものでした。
本製品には、ディスプレイとボディのサイズがひとまわり大きくバッテリー容量も大きい兄弟機「Pixel 3a XL」があります。
私自身もどちらにするかかなり迷いましたが、最終的にコスト優先で本製品を選びました。

参考になった4

満足度5
デザイン5
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー5
カメラ5
買って良かった!
別機種3機種比較
   

3機種比較

   

■購入動機
私のスマホの主な用途は、メール、Webページ閲覧、ネットショッピング、メモ(備忘録)、スケジュール管理で、本製品購入前は、「HUAWEI P10 lite」、「motorola G6 plus」を使用していたが、せっかちな性分のせいか動作にモタツキを感じ、もう少しスペック・パフォーマンス(コスト含む)の良い機種への買い換えを考えて探していたところ本製品が候補に挙がりました。
また、今まで持病の振戦(手の震え)のためスマホでの写真撮影は手振れ写真を量産するので、カメラとしての利用は諦め、写真はもっぱらデジカメ(SONY α7IIを所有)を利用することにしていたところ、ネット上で本製品のカメラ性能の評判が良く、手振れ補正もかなり強力な様子だと知り、本製品のカメラなら手振れのない(歩留まりの良い)写真撮影ができるのではという期待感からほぼ衝動的に購入したしだいです。
以下、既に所有するスマホ(前記2機種)との比較前提でレビューします。

■良い点
1)
「Pure Android」であること。
すなわち、メーカーのカスタマイズされたOS(Android)でなく、余計なプリインストール・アプリがないこと。
私は、必要なものは他人から与えられるより、なるべく自分で手に入れる(または自作する)性分なので、「Simple is Best」とも言える本製品は自分にピッタリでした。

2)
前記2機種で不満だったモタツキ感はなく、期待通りにキビキビ動いてくれます。(起動や終了もスピーディーな感じ)

3)添付写真参照:左から「HUAWEI P10 lite」、「Pixel 3a」、「motorola G6 plus」
画面及びボディのサイズは本製品以外の2機種の中間ですが、Webページ閲覧時の表示される情報量は本製品が一番多く、表示される文字等のサイズがやや小さくなるものの一覧性に優れていると言えます。

4)
指紋認証の精度がいいこと。
「HUAWEI P10 lite」の認証精度が悪く、指先やセンサー部分が少しでも汚れていると認識がダメで何度もやり直すか汚れを落とす必要がありました。
それに対し「motorola G6 plus」と本製品の方は、指先やセンサー部分が少々汚れていても即時認識してくれる感じです。

5)
評判通りのカメラ性能
まだ、使用頻度が少なく充分な評価はできていませんが、私が一番気にしていた手振れ補正については自宅室内での試し撮影でかなり強力であることがわかりました。
本製品の手振れ補正のしくみはよくわかりませんが、前記2機種に比べて撮影画像の歩留まりは非常に良くなりほぼ完璧といえるくらいで感動しました。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、所有するデジカメ(SONY α7II)よりもいいじゃないかと思ったりもしました。
今まで私にとって無駄だったスマホのカメラ機能が、本製品では使えそうだという実感がわいてきたしだいで、今後は手振れ補正以外の評価もしていきたいと思っています。

6)
バッテリーライフは、使用感として若干ですが本製品が一番長持ちのような気がしています。

■悪い点
ディスプレイの発色の色温度がやや低いこと
これもネット上の評価にあったことで、ディスプレイの発色がやや黄ばんでいる(色温度が低い)ことです。
これは使用している有機ELの性能によるものか、ソフトウェアの調整によるものかわかりませんが、ネット上の情報から察して本製品固有の欠点のようです。
前記2機種が逆に色温度が高め(青っぽい)の方だったので並べて比較すると、その差が目立ち同じ写真画像を再生表示すると本製品の方は画像に鮮やかさがなく少し汚く見えてしまいます。
私個人としては、Webページ閲覧などではなんとか妥協できる(許せる)レベルかもしれないが、写真が趣味で鑑賞するにはちょっと抵抗感のあるレベルだと思います。
これではせっかくの優秀なカメラ機能が台無しになると思ったので、ディスプレイの発色を補正するアプリを導入して自分の納得できるところまで発色を調整した結果、この不満は解消できました。

■その他
1)★注意点★
最新モデルとしては、SIMカードスロットは1枚分のみでSDカードスロットもないという非常に割り切った製品仕様になっているので、購入検討中の方はこの仕様に不都合がないかよく吟味した方がよいでしょう。
私個人としては不都合ではなかったので「悪い点」とはしませんでした。

2)
本製品はボディー色に3種類のカラバリがありますが、「Just Black」以外の電源ボタンはボディ色とは違う色が着色されています。
私が選んだ「Clearly White」の電源ボタンは淡いオレンジ色でした。
「Purple-ish」は薄紫かかった白色ボディで、電源ボタンは(蛍光ぽい)イエロー、と3種類の中で一番派手目になっています。
この電源ボタンの着色は、一番よく使うボタンとしてのアクセント(存在感)となって個人的に好感がもてました。

3)
最新モデルに共通して言えることですが、コストダウンのためか?通知の有無やバッテリの充電状態を示すLEDインジケーターがありません。
どの最新モデルも大概その代替となる機能が搭載されているようで、使い慣れればそのことは気にならなくなるでしょう。
本製品の場合は、「アンビエント表示」というのがあり、ロック画面(スリープ)状態で画面をダブルタップしたり端末を持ち上げたときに情報(現在時刻、アプリの通知、バッテリー残量/充電状態)が表示されるように設定できます。

4))★訂正・追記★
顔認証機能はありません。
SIMフリー版スマホとしては珍しく「おサイフケータイ」機能があります。

■まとめ
私個人としては、上記ディスプレイ発色の不満点があるものの良かった点の方が優って総合的に「買って良かった!」といえるものでした。
本製品には、ディスプレイとボディのサイズがひとまわり大きくバッテリー容量も大きい兄弟機「Pixel 3a XL」があります。
私自身もどちらにするかかなり迷いましたが、最終的にコスト優先で本製品を選びました。

参考になった2

満足度5
デザイン5
携帯性5
レスポンス5
画面表示4
バッテリー5
カメラ5
買って良かった!
別機種3機種比較
   

3機種比較

   

■購入動機
私のスマホの主な用途は、Webページ閲覧、ネットショッピング、メモ(備忘録)、スケジュール管理で、本製品購入前は、「HUAWEI P10 lite」、「motorola G6 plus」を使用していたが、せっかちな性分のせいか動作にモタツキを感じ、もう少しスペック・パフォーマンス(コスト含む)の良い機種への買い換えを考えて探していたところ本製品が候補に挙がりました。
また、今まで持病の振戦(手の震え)のためスマホでの写真撮影は手振れ写真を量産するので、カメラとしての利用は諦め、写真はもっぱらデジカメ(SONY α7IIを所有)を利用することにしていたところ、ネット上で本製品のカメラ性能の評判が良く、手振れ補正もかなり強力な様子だと知り、本製品のカメラなら手振れのない(歩留まりの良い)写真撮影ができるのではという期待感からほぼ衝動的に購入したしだいです。
以下、既に所有する「HUAWEI P10 lite」、「motorola G6 plus」との比較前提でレビューします。

■良い点
1)
「Pure Android」であること。(Simple is Best)
すなわち、メーカーのカスタマイズされたOS(Android)でなく、余計なプリインストール・アプリがないこと。
私は、必要なものは他人から与えられるより、なるべく自分で手に入れる(または自作する)性分なので、本製品は自分にピッタリでした。

2)
前記2機種で不満だったモタツキ感はなく、期待通りにキビキビ動いてくれます。(起動や終了もスピーディーな感じ)
搭載されるSoCやメモリ等のデバイスの性能差によるものでしょう。

3)添付写真参照:左から「HUAWEI P10 lite」、「Pixel 3a」、「motorola G6 plus」
画面及びボディのサイズは本製品以外の2機種の中間ですが、Webページ閲覧時の表示される情報量は本製品が一番多く、表示される文字等のサイズがやや小さくなるものの一覧性に優れていると言えます。

4)
指紋認証の精度がいいこと。
「HUAWEI P10 lite」の認証精度が悪く、指先やセンサー部分が少しでも汚れていると認識がダメで何度もやり直すか汚れを落とす必要がありました。
それに対し「motorola G6 plus」と本製品の方は、指先やセンサー部分が少々汚れていても認識してくれる感じです。

5)
評判通りのカメラ性能
まだ、使用頻度が少なく充分な評価はできていませんが、私が一番気にしていた手振れ補正については自宅室内での試し撮影でかなり強力であることがわかりました。
本製品の手振れ補正のしくみはよくわかりませんが、前記2機種に比べて撮影画像の歩留まりは非常に良くなりほぼ完璧といえるくらいで感動しました。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、所有するデジカメ(SONY α7II)よりもいいじゃないかと思ったりもしました。
今まで私にとって無駄だったスマホのカメラ機能が、本製品では使えそうだという実感がわいてきたしだいで、今後は手振れ補正以外の評価もしていきたいと思っています。

6)
バッテリーライフは、使用感として若干ですが本製品が一番長持ちのような気がしています。

■悪い点
ディスプレイの発色の色温度がやや低いこと
これもネット上の評価にあったことで、ディスプレイの発色がやや黄ばんでいる(色温度が低い)ことです。
これは使用している有機ELの性能によるものか、ソフトウェアの調整によるものかわかりませんが、ネット上の情報から察して本製品固有の欠点のようです。
前記2機種が逆に色温度が高め(青っぽい)の方だったので並べて比較すると、その差が目立ち同じ写真画像を再生表示すると本製品の方は画像に鮮やかさがなく少し汚く見えてしまいます。
私個人としては、Webページ閲覧などではなんとか妥協できる(許せる)レベルかもしれないが、写真が趣味で鑑賞するにはちょっと抵抗感のあるレベルだと思います。
これではせっかくの優秀なカメラ機能が台無しになると思ったので、ディスプレイの発色を補正するアプリを導入して自分の納得できるところまで発色を調整した結果、この不満は解消できました。

■その他
1)★注意点★
最新モデルとしては、SIMカードスロットは1枚分のみでSDカードスロットもないという非常に割り切った製品仕様になっているので、購入検討中の方はこの仕様に不都合がないかよく吟味した方がよいでしょう。
私個人としては不都合ではなかったので「悪い点」とはしませんでした。

2)
本製品はボディー色に3種類のカラバリがありますが、「Black」以外の電源ボタンはボディ色とは違う色が着色されています。
私が選んだ「Clearly White」(白色)の電源ボタンは淡いオレンジ色でした。
「Purple-ish」は薄紫かかった白色、電源ボタンは(蛍光ぽい)イエロー、と3種類の中で一番派手目になっています。
この電源ボタンの着色は、一番よく使うボタンとしてのアクセント(存在感)となって個人的に好感がもてました。

3)
最近のモデルに共通して言えることですが、コストダウンのためか?通知の有無やバッテリの充電状態を示すLEDインジケーターがありません。
どのモデルもその代替となる機能が搭載されているようで、使い慣れればそのことは気にならなくなるでしょう。
本製品の場合は、「アンビエント表示」というのがあり、ロック画面(スリープ)状態で画面をダブルタップしたりや端末を持ち上げたときに情報(現在時刻、アプリの通知、バッテリー残量/充電状態)が表示されるように設定できます。

4)★訂正・追記★
顔認証機能はありません。
SIMフリー版スマホとしては珍しく「おサイフケータイ」機能があります。

■まとめ
私個人としては、上記ディスプレイ発色の不満点があるものの良かった点の方が優って総合的に「買って良かった!」といえるものでした。
本製品には、ディスプレイとボディのサイズがひとまわり大きくバッテリー容量も大きい兄弟機「Pixel 3a XL」があります。
私自身もどちらにするかかなり迷いましたが、最終的にコスト優先で本製品を選びました。

参考になった0

満足度4
デザイン5
携帯性5
レスポンス5
画面表示3
バッテリー4
カメラ5
買って良かった!
別機種3機種比較
   

3機種比較

   

■購入動機
私のスマホの主な用途は、Webページ閲覧、ネットショッピング、メモ(備忘録)、スケジュール管理で、本製品購入前は、「HUAWEI P10 lite」、「motorola G6 plus」を使用していたが、せっかちな性分のせいか動作にモタツキを感じ、もう少しスペック・パフォーマンス(コスト含む)の良い機種への買い換えを考えて探していたところ本製品が候補に挙がりました。
また、今まで持病の振戦(手の震え)のためスマホでの写真撮影は手振れ写真を量産するので、カメラとしての利用は諦め、写真はもっぱらデジカメ(SONY α7IIを所有)を利用することにしていたところ、ネット上で本製品のカメラ性能の評判が良く、手振れ補正もかなり強力な様子だと知り、本製品のカメラなら手振れのない(歩留まりの良い)写真撮影ができるのではという期待感からほぼ衝動的に購入したしだいです。
以下、既に所有する「HUAWEI P10 lite」、「motorola G6 plus」との比較前提でレビューします。

■良い点
1)
「Pure Android」であること。(Simple is Best)
すなわち、メーカーのカスタマイズされたOS(Android)でなく、余計なプリインストール・アプリがないこと。
私は、必要なものは他人から与えられるより、なるべく自分で手に入れる(または自作する)性分なので、本製品は自分にピッタリでした。

2)
前記2機種で不満だったモタツキ感はなく、期待通りにキビキビ動いてくれます。(起動や終了もスピーディーな感じ)
搭載されるSoCやメモリ等のデバイスの性能差によるものでしょう。

3)添付写真参照:左から「HUAWEI P10 lite」、「Pixel 3a」、「motorola G6 plus」
画面及びボディのサイズは本製品以外の2機種の中間ですが、Webページ閲覧時の表示される情報量は本製品が一番多く、表示される文字等のサイズがやや小さくなるものの一覧性に優れていると言えます。

4)
指紋認証の精度がいいこと。
「HUAWEI P10 lite」の認証精度が悪く、指先やセンサー部分が少しでも汚れていると認識がダメで何度もやり直すか汚れを落とす必要がありました。
それに対し「motorola G6 plus」と本製品の方は、指先やセンサー部分が少々汚れていても認識してくれる感じです。
(本製品の顔認証は使用していないのでノーコメント)

5)
評判通りのカメラ性能
まだ、使用頻度が少なく充分な評価はできていませんが、私が一番気にしていた手振れ補正については自宅室内での試し撮影でかなり強力であることがわかりました。
本製品の手振れ補正のしくみはよくわかりませんが、前記2機種に比べて撮影画像の歩留まりは非常に良くなりほぼ完璧といえるくらいで感動しました。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、所有するデジカメ(SONY α7II)よりもいいじゃないかと思ったりもしました。
今まで私にとって無駄だったスマホのカメラ機能が、本製品では使えそうだという実感がわいてきたしだいで、今後は手振れ補正以外の評価もしていきたいと思っています。

6)
バッテリーのもち(ライフ時間)は、使用感として若干ですが本製品が一番長持ちのような気がしています。

■悪い点
ディスプレイの発色の色温度がやや低いこと
これもネット上の評価にあったことで、ディスプレイの発色がやや黄ばんでいる(色温度が低い)ことです。
これは使用している有機ELの性能によるものか、ソフトウェアの調整によるものかわかりませんが、ネット上の情報から察して本製品固有の欠点のようです。
前記2機種が逆に色温度が高め(青っぽい)の方だったので並べて比較すると、その差が目立ち同じ写真画像を再生表示すると本製品の方は画像に鮮やかさがなく少し汚く見えてしまいます。
私個人としては、Webページ閲覧などではなんとか妥協できる(許せる)レベルかもしれないが、写真が趣味で鑑賞するにはちょっと抵抗感のあるレベルだと思います。
これではせっかくの優秀なカメラ機能が台無しになると思ったので、ディスプレイの発色を補正するアプリを導入して自分の納得できるところまで発色を調整した結果、この不満は解消できました。

■その他
1)★注意点★
最新モデルとしては、SIMカードスロットは1枚分のみでSDカードスロットもないという非常に割り切った製品仕様になっているので、購入検討中の方はこの仕様に不都合がないかよく吟味した方がよいでしょう。
私個人としては不都合ではなかったので「悪い点」とはしませんでした。

2)
本製品はボディー色に3種類のカラバリがありますが、「Black」以外の電源ボタンはボディ色とは違う色が着色されています。
私が選んだ「Clearly White」(白色)の電源ボタンは淡いオレンジ色でした。
「Purple-ish」は薄紫かかった白色、電源ボタンは(蛍光ぽい)イエロー、と3種類の中で一番派手目になっています。
この電源ボタンの着色は、一番よく使うボタンとしてのアクセント(存在感)となって個人的に好感がもてました。

3)
最近のモデルに共通して言えることですが、コストダウンのためか?通知の有無やバッテリの充電状態を示すLEDインジケーターがありません。
どのモデルもその代替となる機能が搭載されているようで、使い慣れればそのことは気にならなくなるでしょう。
本製品の場合は、「アンビエント表示」というのがあり、ロック画面(スリープ)状態で画面をダブルタップしたりや端末を持ち上げたときに情報(現在時刻、アプリの通知、バッテリー残量/充電状態)が表示されるように設定できます。

■まとめ
私個人としては、上記ディスプレイ発色の不満点があるものの良かった点の方が優って総合的に「買って良かった!」といえるものでした。
本製品には、ディスプレイとボディのサイズがひとまわり大きくバッテリー容量も大きい兄弟機「Pixel 3a XL」があります。
私自身もどちらにするかかなり迷いましたが、最終的にコスト優先で本製品を選びました。

参考になった3

「Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
夜間の動画でAFが迷うこと意外は概ね満足  5 2019年11月18日 21:17
Nexus5Xとの比較  2 2019年10月29日 19:57
iPhone8からの機種変  4 2019年10月26日 17:59
ポリカ筐体は排熱悪し  4 2019年10月24日 08:26
便利すぎ、コスパも良い  5 2019年10月9日 11:47
とにかくカメラがよいおサイフケータイ  5 2019年9月28日 15:47
バランスの取れた良端末  5 2019年9月23日 15:41
概ね良好  4 2019年9月19日 22:43
2週間使用  5 2019年9月17日 05:27
今のところ使って安心です  5 2019年9月13日 02:19

Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]のレビューを見る(レビュアー数:55人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の情報を見る

Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]
Google

Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]

発売日:2019年 5月17日

Google Pixel 3a SIMフリー [Clearly White]をお気に入り製品に追加する <261

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[スマートフォン]

スマートフォンの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(スマートフォン)

ご注意