『個性派だけに、気に入った人には替えのきかない優秀機』 Astell&Kern KANN CUBE [128GB] 野村ケンジさんのレビュー・評価

2019年 6月22日 発売

KANN CUBE [128GB]

  • 8チャンネルDACチップ「ES9038PRO」をポータブルオーディオプレーヤーとして初めてデュアル搭載したハイレゾプレーヤー。
  • PCM最大32bit/384kHz、DSD256(11.2MHz/1bit)のネイティブ再生ができる。
  • USB 3.0(Type-C)のサポートにより、最大10Gbps(理論値)のファイル転送速度が可能。さらに高速充電にも対応する。
KANN CUBE [128GB] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥179,980

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥179,980

MHフレンズ

キャッシュレス最大5%還元対象

キャッシュレス・消費者還元事業について

クレジットカードなどキャッシュレス決済で購入した際、最大5%ポイント還元を受けられるキャッシュレス・消費者還元事業の加盟店に表示しています。

還元額の表記はあくまでも参考情報です。還元の有無や還元方法・還元率は、店舗決済方法や決済事業者により異なります。商品のご購入前に、店舗サイトに記載されている還元に関する情報を必ずご確認ください。また、還元の詳細については各店舗に対して直接お問い合わせください。

※キャッシュレス・消費者還元事業の詳細については、キャッシュレス・消費者還元事業 特集ページをご確認ください。

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥179,980〜¥225,055 (16店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥183,310 〜 ¥183,313 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

記憶媒体:フラッシュメモリ/外部メモリ 再生時間:8時間 インターフェイス:USB2.0/Bluetooth/USB3.0 KANN CUBE [128GB]のスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

 
  • KANN CUBE [128GB]の価格比較
  • KANN CUBE [128GB]の店頭購入
  • KANN CUBE [128GB]のスペック・仕様
  • KANN CUBE [128GB]の純正オプション
  • KANN CUBE [128GB]のレビュー
  • KANN CUBE [128GB]のクチコミ
  • KANN CUBE [128GB]の画像・動画
  • KANN CUBE [128GB]のピックアップリスト
  • KANN CUBE [128GB]のオークション

KANN CUBE [128GB]Astell&Kern

最安価格(税込):¥179,980 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 6月22日

  • KANN CUBE [128GB]の価格比較
  • KANN CUBE [128GB]の店頭購入
  • KANN CUBE [128GB]のスペック・仕様
  • KANN CUBE [128GB]の純正オプション
  • KANN CUBE [128GB]のレビュー
  • KANN CUBE [128GB]のクチコミ
  • KANN CUBE [128GB]の画像・動画
  • KANN CUBE [128GB]のピックアップリスト
  • KANN CUBE [128GB]のオークション

『個性派だけに、気に入った人には替えのきかない優秀機』 野村ケンジさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

KANN CUBE [128GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:56件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度4
デザイン5
携帯性2
バッテリ3
音質5
操作性3
付属ソフト4
拡張性3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

個性派だけに、気に入った人には替えのきかない優秀機

個性的なデザインを採用。なかなか大柄なボディサイズを持つ。

ボディサイズに合わせて?音量ダイヤルも大きく扱いやすい。

上部は3.5mm/2.5mmヘッドホン出力のみ。個別のライン出力端子は省かれた。

Apple MusicやSpotify、Amazon Musicなどのストリーミング系アプリもインストール可能

ライン出力用のminiXLRコネクタは本体左側に配置されている。

KANN CUBEとオリジナルKANNとのサイズ比較。

先日取材した際に気に入ってしまい、購入しました。メインの使用環境は室内、仕事場のステレオシステムを想定しています。屋外の持ち運びは時々、といった感じでしょうか。音質評価に関しては、brise audio製「STR7-CONV 8wire KANN CUBE専用ラインバランス出力ケーブル」を使ってサンバレー製真空管プリアンプに接続し、TADプロモニターとヘッドホン(final「D8000 ProEdition」)で確認しました。

【デザイン】
ポータブルDAPとは思えない個性的なデザインです。アルミのモノブロックから削り出したかたまり感のあるデザインはもとより、上下以外水平な面がないとても凝った作りなどが盛り込まれており、所有欲を存分にくすぐられます。

【携帯性】
携帯性に関しては、それほど良くないというのが妥当でしょう。ポータブルDAPとしてはかなりの大きさであり、当然ポケットには入らず、バックに入れて持ち歩くことになります。

【バッテリ】
大きさを活かして7400mAものバッテリーを搭載していますが、音質を最優先してESS社製「ES9038PRO」を2基搭載しているため、バッテリー持続時間はそれほどよくありません。とはいえ、5〜6時間は充分保ってくれるため、不満が出ることはないでしょう。

【音質】
8ch DACのESS社製「ES9038PRO」を2基も搭載し、高出力ヘッドホンアンプを採用するなど、徹底したこだわりによって、ポータブルDAPとは思えない良質なサウンドが楽しめます。なかでも特筆なのがSNのよさです。ノイズが徹底的な押さえられているため、細部のニュアンス表現がしっかり伝わる、良質なサウンドを持ち合わせています。同時に音場的な広がりの大きさも魅力です。とはいえ、基本的にはメリハリのしっかりした、ダイナミックな表現ですので、ポップスやロックもノリよく楽しめます。

【操作性】
大型のタッチパネルによる操作なので、それほど難しくはありません。独自の操作体系のため、慣れるまでは多少時間がかかるかもしれませんが、常に取説が必要となるほどではありません。

【付属ソフト】
WiFiを搭載しているうえ、Apple MusicやAmazon Musicなどのアプリも用意されているので、それらをダウンロート&インストールすれば、ハイレゾ音源だけでなくストリーミングも楽しむことができます。

【拡張性】
ラインアウト用の専用ケーブルが発売されていて、室内で使う場合はこちらが必須といえます。また、現在はドックなどは用意されて折らず、今後に期待したいところです。

【総評】
miniXLRコネクタからのライン出力の音に惚れて購入したので、音質的には大いに満足しています。Astell&Kernからはもっと高額なプレーヤーも発売されていますが、ボディサイズを不満に思わない人であれば、この「KANN CUBE」はなかなか魅力的なチョイスといえます。特に、このSNの良さ、スピード感のあるキレの良い音は大いに魅力的だと思います。
もちろん、ユーザーならではの不満はあります。オリジナル「KANN」にあったSDカードスロットがなくなってしまったこと、miniXLRコネクタが本体左側に配置されていること(ケーブルの重さに引っ張られて縦置き/横置きのどちらも微妙)は、残念で仕方ありません。とはいえ、設置に関してはスマホスタンドなどを色々試してみたり自分で工夫している最中ですし、それらの弱点を払拭してあまりある良質なサウンドを持ち合わせています。いちど気に入ってしまったら替えの効かない、素晴らしい製品だと思います。

参考になった5人(再レビュー後:4人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン5
携帯性2
バッテリ3
音質5
操作性3
付属ソフト4
拡張性3

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

個性派だけに、気に入った人には替えのきかない優秀機

個性的なデザインを採用。なかなか大柄なボディサイズを持つ。

ボディサイズに合わせて?音量ダイヤルも大きく扱いやすい。

上部は3.5mm/2.5mmヘッドホン出力のみ。個別のライン出力端子は省かれた。

Apple MusicやSpotify、Amazon Musicなどのアプリも用意されている

ライン出力用のminiXLRコネクタは本体左側に配置されている。

KANN CUBEとオリジナルKANNとのサイズ比較。

先日取材した際に気に入ってしまい、購入しました。メインの使用環境は室内、仕事場のステレオシステムを想定しています。屋外の持ち運びは時々、といった感じでしょうか。音質評価に関しては、brise audio製「STR7-CONV 8wire KANN CUBE専用ラインバランス出力ケーブル」を使ってサンバレー製真空管プリアンプに接続し、TADプロモニターとヘッドホン(final「D8000 ProEdition」)で確認しました。

【デザイン】
ポータブルDAPとは思えない個性的なデザインです。アルミのモノブロックから削り出したかたまり感のあるデザインはもとより、上下以外水平な面がないとても凝った作りなどが盛り込まれており、所有欲を存分にくすぐられます。

【携帯性】
携帯性に関しては、それほど良くないというのが妥当でしょう。ポータブルDAPとしてはかなりの大きさであり、当然ポケットには入らず、バックに入れて持ち歩くことになります。

【バッテリ】
大きさを活かして7400mAものバッテリーを搭載していますが、音質を最優先してESS社製「ES9038PRO」を2基搭載しているため、バッテリー持続時間はそれほどよくありません。とはいえ、5〜6時間は充分保ってくれるため、不満が出ることはないでしょう。

【音質】
8ch DACのESS社製「ES9038PRO」を2基も搭載し、高出力ヘッドホンアンプを採用するなど、徹底したこだわりによって、ポータブルDAPとは思えない良質なサウンドが楽しめます。なかでも特筆なのがSNのよさです。ノイズが徹底的な押さえられているため、細部のニュアンス表現がしっかり伝わる、良質なサウンドを持ち合わせています。同時に音場的な広がりの大きさも魅力です。とはいえ、基本的にはメリハリのしっかりした、ダイナミックな表現ですので、ポップスやロックもノリよく楽しめます。

【操作性】
大型のタッチパネルによる操作なので、それほど難しくはありません。独自の操作体系のため、慣れるまでは多少時間がかかるかもしれませんが、常に取説が必要となるほどではありません。

【付属ソフト】
WiFiを搭載しているうえ、Apple MusicやAmazon Musicなどのアプリも用意されているので、ハイレゾ音源だけでなくストリーミングも楽しむことができます。

【拡張性】
ラインアウト用の専用ケーブルが発売されていて、室内で使う場合はこちらが必須といえます。また、現在はドックなどは用意されて折らず、今後に期待したいところです。

【総評】
miniXLRコネクタからのライン出力の音に惚れて購入したので、音質的には大いに満足しています。Astell&Kernからはもっと高額なプレーヤーも発売されていますが、ボディサイズを不満に思わない人であれば、この「KANN CUBE」はなかなか魅力的なチョイスといえます。
もちろん、ユーザーならではの不満はあります。オリジナル「KANN」にあったSDカードスロットがなくなってしまったこと、miniXLRコネクタが本体左側に配置されていること(ケーブルの重さに引っ張られて縦置き/横置きのどちらも微妙)は、残念で仕方ありません。とはいえ、設置に関してはスマホスタンドなどを色々試してみたり自分で工夫している最中ですし、それらの弱点を払拭してあまりある良質なサウンドを持ち合わせています。いちど気に入ってしまったら替えの効かない、素晴らしい製品だと思います。

参考になった1

 
 
 
 
 
 

「KANN CUBE [128GB]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

KANN CUBE [128GB]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

KANN CUBE [128GB]
Astell&Kern

KANN CUBE [128GB]

最安価格(税込):¥179,980発売日:2019年 6月22日 価格.comの安さの理由は?

KANN CUBE [128GB]をお気に入り製品に追加する <33

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルオーディオプレーヤー(DAP)]

デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルオーディオプレーヤー(DAP))

ご注意