『4Kテレビ購入を考えている方へ、 49X9500Gと迷っている方へ』 SONY BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ] 八大さんのレビュー・評価

2019年 6月 8日 発売

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]

  • BS4K/110度CS4K放送に対応したチューナーを2基搭載した4K液晶テレビ(55V型)。高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載している。
  • 別売りのUSBハードディスクを接続して、4K放送の番組を視聴しながら、さらに別の4K放送の番組を録画できる。ハンズフリー音声検索・操作が可能。
  • 音の定位感を向上させる音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」を搭載し、画面から音が出ているような視聴体験を実現。無線リモコン採用。
BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ] 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥150,107

(前週比:-2,406円↓) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥150,979

JP-TRADE plus

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥150,107〜¥209,800 (24店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥150,108 〜 ¥209,800 (全国4店舗)最寄りのショップ一覧

種類 : 液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:倍速駆動パネル LEDバックライトタイプ : 直下型 録画機能:外付けHDD BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ] の後に発売された製品BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]とBRAVIA KJ-55X9500H [55インチ]を比較する

BRAVIA KJ-55X9500H [55インチ]

BRAVIA KJ-55X9500H [55インチ]

最安価格(税込): ¥162,300 発売日:2020年 6月13日

画面サイズ:55インチ 種類:液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K:○ 倍速機能:倍速駆動パネル LEDバックライトタイプ:直下型 録画機能:外付けHDD
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のオークション

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]SONY

最安価格(税込):¥150,107 (前週比:-2,406円↓) 発売日:2019年 6月 8日

  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > SONY > BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]

『4Kテレビ購入を考えている方へ、 49X9500Gと迷っている方へ』 八大さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:98人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

地デジ・デジタルテレビチューナー
1件
4件
薄型テレビ・液晶テレビ
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
応答性能5
機能性4
サイズ5
4Kテレビ購入を考えている方へ、 49X9500Gと迷っている方へ

4K画質番組の放送が少ないという現状で 果たしていま4Kチューナー内蔵テレビが必要なのかという疑問がずっとあり、 また4Kテレビの地上デジタル放送の 4Kアップコンバート画質にもあまり期待を持っていませんでした。

しかし今では、圧倒的に視聴頻度の多い通常の地上デジタル放送の視聴だけでも十分に 4Kテレビ買い替えの意義が大いにあったと実感しています。
4Kアップコンバートされた地上デジタル放送を見ているだけでも、その高画質レベルに十分満足しているからです。

2010年製ソニー40Vフルハイビジョンからの買い替え。KJ-55X9500G購入1カ月後のレビューです。

【デザイン】
メーカーロゴ、ベゼルは限りなく小さく視界の邪魔をしない。どっしりとした目障りなスタンド脚など余計なものを可能な限り排除したミニマルデザイン。ベゼル幅が思いのほか狭く、外形寸法がほとんど液晶の有効寸法である。
ベゼル幅は7.8 x 7.8 x 12.9mm(上・横・下)
スタンド脚は細くてスマートなのは良いが、大画面では安定性に少々不安あり、転倒防止ベルト装着は必須。スタンド脚を含めた奥行は274mmと結構幅広く、またパネル前面より100mm程、スタンド脚が飛び出しているのでテレビ台の寸法には要注意。

【操作性】
ホームメニューは直感的にサクサク操作でき応答で、もたつく事はない。ただ放送局アイコンの放送中画像の読み込みに時間を要する。リモコンでチャンネル切り替えのタイムラグがある。リモコンの番組表ボタンが小さい。オプションボタン、10秒スキップボタンがない。どちらを向けても反応するBluetoothリモコンは便利。

【画質】
4K解像度にアップコンバートされた地上波放送でさえ10年前のフルハイビジョン液晶とは格段の違い。地上波の画素の粗さが目立つのではと49Vとかなり迷ったが、その心配は払拭された。解像度、輝度、発色ともに申し分ない。ただSD画質、HD画質など映像ソースによってもその精細度に随分差がある。メーカーは最適視聴距離を55Vで約1.0mとしているが地上波の画素の粗さが目立ちあまり現実的ではない。1.5m〜2.0mが望ましい。VAパネルと言えど視野角は178度で現実的には問題なし。BS4K民放の画質は取り立てて言うほどでもなく解像度、輝度、発色、コントラストともに地上波コンテンツの方が優れている場合がある。民放BSで4Kと2K同時に同じ番組を放送しているとき、見比べると4K放送のほうが画像が暗く、音声も小さい。なかでもNHK BS4Kの画質は突出しており、高精細度ゆえにそのリアリティに引き込まれていく。他に追随するものを許さない優れた発色はSONYならではのもの。

【音質】
55Vはスピーカーが4ケ(フルレンジバスレフ型スピーカー×2、トゥイーター×2)あるが、低音域不足。トゥイーターが背面上部にあるため背後の壁に当たって跳ね返って反響して聞こえる。前面から押し寄せる迫力ある響きはない。
音質モードはスタンダード、くっきり音声、シネマ、ミュージック、スポーツ、ドルビーオーディオの6種でほかに詳細設定あり。サラウンドオートでは5.1chサラウンド音声コンテンツを仮想再現。

【応答性能】
動きの速いシーンで残像感があるというのは全時代的テレビの話しとしか思えない、今どきのテレビでそのような事象があるのか、素人視点ではあるが、当機種において残像に違和感を感じたことはない。

【機能性】
ネット動画アプリ、Google アシスタントなど機能満載だが、不要なものも多い。Amazonプライム会員であれば、Fire TV Stickなしでprime videoが視聴可能。
ブラビアリンク、ホームネットワーク、Video & TV SideView 、ヘルプガイド電子取説は結構便利。Bluetoothワイヤレスイヤホンとペアリング出来るのも良い。

別室のBDレコーダーとホームリンクしているが通信の不安定性か双方の容量過多か要因は不明だがコンテンツの読み込みが不安定である。

(追記)
録画番組名は表示されるが再生されずビジーカーソル(待機状態)のままとなる。この事象がいつも必ずではなく、頻繁に現れる。当機種はAndroidTVであるため、そもそもデータ量を抱えているにもかかわらず、別室のBDレコーダーと同じネットワーク上でリンクされる。またBDレコーダーにもテレビや外付けHDDと接続され大量の録画コンテンツでさらに応答処理時間を要し動作は重くなる。これが要因と推察する。ソフトウェアアップデートでバグ修正なるか期待したい。

【サイズ】
49X9500Gと迷った挙句、55X9500Gにした。55Vは以前の40Vと比べると確かに大きいがリビングで視聴する場合、決して大き過ぎることはない。見た目の大きさの割に意外と軽い。

【総評】
49Xではなく55Xに決めたのはサイズ感が大きな要因であることは間違いないが、スペックの優位性にもある。スピーカー数と輝度の2点である。
49Xのスピーカー数は2ケ、55Xは4ケ、輝度は 49Xは700 cd/u、55Xが800 cd/u
大画面では2K地上波の画質の粗さを懸念してサイズで迷う人も多いと思うが、迷った挙句購入したのちに無用の心配であったと確信するでしょう。

(追記)
本機に対する評価は主要な用途次第で賛否分かれるところではある。つまり、ほとんどテレビ視聴しかしないユーザーの評価は高いが、ネット配信動画の視聴やゲームモニターとして使用するユーザーにおいては、動画のフリーズやゲームプレイで応答処理速度の遅延がこう頻繁にあっては、かなりのストレスとなるであろう。

KJ-55X9500G
Yahoo!ショッピング
コジマPayPayモール店
本体価格        \167,036
リサイクル引取料 \4,620
ポイント還元       \25,101
注文日 12/3
到着日 12/4

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
ドキュメンタリー
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった88人(再レビュー後:69人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
応答性能5
機能性4
サイズ5
4Kテレビ購入を考えている方へ、 49X9500Gと迷っている方へ

4K画質番組の放送が少ないという現状で 果たしていま4Kチューナー内蔵テレビが必要なのかという疑問がずっとあり、 また4Kテレビの地上デジタル放送の 4Kアップコンバート画質にもあまり期待を持っていませんでした。

しかし今では、圧倒的に視聴頻度の多い通常の地上デジタル放送の視聴だけでも十分に 4Kテレビ買い替えの意義が大いにあったと実感しています。
4Kアップコンバートされた地上デジタル放送を見ているだけでも、その高画質レベルに十分満足しているからです。

2010年製ソニー40Vフルハイビジョンからの買い替え。KJ-55X9500G購入1カ月後のレビューです。

【デザイン】
メーカーロゴ、ベゼルは限りなく小さく視界の邪魔をしない。どっしりとした目障りなスタンド脚など余計なものを可能な限り排除したミニマルデザイン。ベゼル幅が思いのほか狭く、外形寸法がほとんど液晶の有効寸法である。
ベゼル幅は7.8 x 7.8 x 12.9mm(上・横・下)
スタンド脚は細くてスマートなのは良いが、大画面では安定性に少々不安あり、転倒防止ベルト装着は必須。スタンド脚を含めた奥行は274mmと結構幅広く、またパネル前面より100mm程、スタンド脚が飛び出しているのでテレビ台の寸法には要注意。

【操作性】
ホームメニューは直感的にサクサク操作でき応答で、もたつく事はない。ただ放送局アイコンの放送中画像の読み込みに時間を要する。リモコンでチャンネル切り替えのタイムラグがある。リモコンの番組表ボタンが小さい。オプションボタン、10秒スキップボタンがない。どちらを向けても反応するBluetoothリモコンは便利。

【画質】
4K解像度にアップコンバートされた地上波放送でさえ10年前のフルハイビジョン液晶とは格段の違い。地上波の画素の粗さが目立つのではと49Vとかなり迷ったが、その心配は払拭された。解像度、輝度、発色ともに申し分ない。ただSD画質、HD画質など映像ソースによってもその精細度に随分差がある。メーカーは最適視聴距離を55Vで約1.0mとしているが地上波の画素の粗さが目立ちあまり現実的ではない。1.5m〜2.0mが望ましい。VAパネルと言えど視野角は178度で現実的には問題なし。BS4K民放の画質は取り立てて言うほどでもなく解像度、輝度、発色、コントラストともに地上波コンテンツの方が優れている場合がある。民放BSで4Kと2K同時に同じ番組を放送しているとき、見比べると4K放送のほうが画像が暗く、音声も小さい。なかでもNHK BS4Kの画質は突出しており、高精細度ゆえにそのリアリティに引き込まれていく。他に追随するものを許さない優れた発色はSONYならではのもの。

【音質】
55Vはスピーカーが4ケ(フルレンジバスレフ型スピーカー×2、トゥイーター×2)あるが、低音域不足。トゥイーターが背面上部にあるため背後の壁に当たって跳ね返って反響して聞こえる。前面から押し寄せる迫力ある響きはない。
音質モードはスタンダード、くっきり音声、シネマ、ミュージック、スポーツ、ドルビーオーディオの6種でほかに詳細設定あり。サラウンドオートでは5.1chサラウンド音声コンテンツを仮想再現。

【応答性能】
動きの速いシーンで残像感があるというのは全時代的テレビの話しとしか思えない、今どきのテレビでそのような事象があるのか、素人視点ではあるが、当機種において残像に違和感を感じたことはない。

【機能性】
ネット動画アプリ、Google アシスタントなど機能満載だが、不要なものも多い。Amazonプライム会員であれば、Fire TV Stickなしでprime videoが視聴可能。
ブラビアリンク、ホームネットワーク、Video & TV SideView 、ヘルプガイド電子取説は結構便利。Bluetoothワイヤレスイヤホンとペアリング出来るのも良い。

別室のBDレコーダーとホームリンクしているが通信の不安定性か双方の容量過多か要因は不明だがコンテンツの読み込みが不安定である。

(追記)
録画番組名は表示されるが再生されずビジーカーソル(待機状態)のままとなる。この事象がいつも必ずではなく、頻繁に現れる。当機種はAndroid TVであるため、そもそもデータ量を抱えているにもかかわらず、別室のBDレコーダーと同じネットワーク上でリンクされる。またBDレコーダーにもテレビや外付けHDDと接続され大量の録画コンテンツでさらに動作は重たくなる。ソフトウェアアップデートでバグ修正なるか期待したい。

【サイズ】
49X9500Gと迷った挙句、55X9500Gにした。55Vは以前の40Vと比べると確かに大きいがリビングで視聴する場合、決して大き過ぎることはない。見た目の大きさの割に意外と軽い。

【総評】
49Xではなく55Xに決めたのはサイズ感が大きな要因であることは間違いないが、スペックの優位性にもある。スピーカー数と輝度の2点である。
49Xのスピーカー数は2ケ、55Xは4ケ、輝度は 49Xは700 cd/u、55Xが800 cd/u
大画面では2K地上波の画質の粗さを懸念してサイズで迷う人も多いと思うが、迷った挙句購入したのちに無用の心配であったと確信するでしょう。

(追記)
本機に対する評価は主要な用途次第で賛否分かれるところではある。つまり、ほとんどテレビ視聴しかしないユーザーの評価は高いが、ネット配信動画の視聴やゲームモニターとして使用するユーザーにおいては、動画のフリーズやゲームプレイで応答処理速度の遅延がこう頻繁にあっては、かなりのストレスとなるであろう。

KJ-55X9500G
Yahoo!ショッピング
コジマPayPayモール店
本体価格        \167,036
リサイクル引取料 \4,620
ポイント還元       \25,101
注文日 12/3
到着日 12/4

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
ドキュメンタリー
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった0

満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
応答性能5
機能性4
サイズ5
4Kテレビ購入を考えている方へ、 49X9500Gと迷っている方へ

4K画質番組の放送が少ないという現状で 果たしていま4Kチューナー内蔵テレビが必要なのかという疑問がずっとあり、 また4Kテレビの地上デジタル放送の 4Kアップコンバート画質にもあまり期待を持っていませんでした。

しかし今では、圧倒的に視聴頻度の多い通常の地上デジタル放送の視聴だけでも十分に 4Kテレビ買い替えの意義が大いにあったと実感しています。
4Kアップコンバートされた地上デジタル放送を見ているだけでも、その高画質レベルに十分満足しているからです。

2010年製ソニー40Vフルハイビジョンからの買い替え。KJ-55X9500G購入1カ月後のレビューです。

【デザイン】
メーカーロゴ、ベゼルは限りなく小さく視界の邪魔をしない。どっしりとした目障りなスタンド脚など余計なものを可能な限り排除したミニマルデザイン。ベゼル幅が思いのほか狭く、外形寸法がほとんど液晶の有効寸法である。
ベゼル幅は7.8 x 7.8 x 12.9mm(上・横・下)
スタンド脚は細くてスマートなのは良いが、大画面では安定性に少々不安あり、転倒防止ベルト装着は必須。スタンド脚を含めた奥行は274mmと結構幅広く、またパネル前面より100mm程、スタンド脚が飛び出しているのでテレビ台の寸法には要注意。

【操作性】
ホームメニューは直感的にサクサク操作でき応答で、もたつく事はない。ただ放送局アイコンの放送中画像の読み込みに時間を要する。リモコンでチャンネル切り替えのタイムラグがある。リモコンの番組表ボタンが小さい。オプションボタン、10秒スキップボタンがない。どちらを向けても反応するBluetoothリモコンは便利。

【画質】
4K解像度にアップコンバートされた地上波放送でさえ10年前のフルハイビジョン液晶とは格段の違い。地上波の画素の粗さが目立つのではと49Vとかなり迷ったが、その心配は払拭された。解像度、輝度、発色ともに申し分ない。ただSD画質、HD画質など映像ソースによってもその精細度に随分差がある。メーカーは最適視聴距離を55Vで約1.0mとしているが地上波の画素の粗さが目立ちあまり現実的ではない。1.5m〜2.0mが望ましい。VAパネルと言えど視野角は178度で現実的には問題なし。BS4K民放の画質は取り立てて言うほどでもなく解像度、輝度、発色、コントラストともに地上波コンテンツの方が優れている場合がある。民放BSで4Kと2K同時に同じ番組を放送しているとき、見比べると4K放送のほうが画像が暗く、音声も小さい。なかでもNHK BS4Kの画質は突出しており、高精細度ゆえにそのリアリティに引き込まれていく。他に追随するものを許さない優れた発色はSONYならではのもの。

【音質】
55Vはスピーカーが4ケ(フルレンジバスレフ型スピーカー×2、トゥイーター×2)あるが、低音域不足。トゥイーターが背面上部にあるため背後の壁に当たって跳ね返って反響して聞こえる。前面から押し寄せる迫力ある響きはない。
音質モードはスタンダード、くっきり音声、シネマ、ミュージック、スポーツ、ドルビーオーディオの6種でほかに詳細設定あり。サラウンドオートでは5.1chサラウンド音声コンテンツを仮想再現。

【応答性能】
動きの速いシーンで残像感があるというのは全時代的テレビの話しとしか思えない、今どきのテレビでそのような事象があるのか、素人視点ではあるが、当機種において残像に違和感を感じたことはない。

【機能性】
ネット動画アプリ、Google アシスタントなど機能満載だが、不要なものも多い。Amazonプライム会員であれば、Fire TV Stickなしでprime videoが視聴可能。
ブラビアリンク、ホームネットワーク、Video & TV SideView 、ヘルプガイド電子取説は結構便利。Bluetoothワイヤレスイヤホンとペアリング出来るのも良い。

別室のBDレコーダーとホームリンクしているが通信の不安定性か双方の容量過多か要因は不明だがコンテンツの読み込みが不安定である。

【サイズ】
49X9500Gと迷った挙句、55X9500Gにした。55Vは以前の40Vと比べると確かに大きいがリビングで視聴する場合、決して大き過ぎることはない。見た目の大きさの割に意外と軽い。

【総評】
49Xではなく55Xに決めたのはサイズ感が大きな要因であることは間違いないが、スペックの優位性にもある。スピーカー数と輝度の2点である。
49Xのスピーカー数は2ケ、55Xは4ケ、輝度は 49Xは700 cd/u、55Xが800 cd/u
大画面では2K地上波の画質の粗さを懸念してサイズで迷う人も多いと思うが、迷った挙句購入したのちに無用の心配であったと確信するでしょう。

KJ-55X9500G
Yahoo!ショッピング
コジマPayPayモール店
本体価格        \167,036
リサイクル引取料 \4,620
ポイント還元       \25,101
注文日 12/3
到着日 12/4

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
ドキュメンタリー
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった13

満足度5
デザイン5
操作性4
画質5
音質4
応答性能5
機能性4
サイズ5
49X9500Gと迷ったら

2010年製ソニー40Vフルハイビジョンからの買い替え。KJ-55X9500G購入12日後のレビューです。

【デザイン】
メーカーロゴ、ベゼルは限りなく小さく視界の邪魔をしない。どっしりとした目障りなスタンド脚など余計なものを可能な限り排除したミニマルデザイン。ベゼル幅が思いのほか狭く、外形寸法がほとんど液晶の有効寸法である。
ベゼル幅は7.8 x 7.8 x 12.9mm(上・横・下)
スタンド脚は細くてスマートなのは良いが、大画面では安定性に少々不安あり、転倒防止ベルト装着は必須。スタンド脚を含めた奥行は274mmと結構幅広く、またパネル前面より100mm程、スタンド脚が飛び出しているのでテレビ台の寸法には要注意。

【操作性】
ホームメニューは直感的にサクサク操作でき応答で、もたつく事はない。ただ放送局アイコンの放送中画像の読み込みに時間を要する。リモコンでチャンネル切り替えのタイムラグがある。リモコンの番組表ボタンが小さい。オプションボタン、10秒スキップボタンがない。どちらを向けても反応するBluetoothリモコンは便利。

【画質】
4K解像度にアップコンバートされた地上波放送でさえ10年前のフルハイビジョン液晶とは格段の違い。地上波の画素の粗さが目立つのではと49Vとかなり迷ったが、その心配は払拭された。解像度、輝度、発色ともに申し分ない。ただSD画質、HD画質など映像ソースによってもその精細度に随分差がある。メーカーは最適視聴距離を55Vで約1.0mとしているが地上波の画素の粗さが目立ちあまり現実的ではない。1.5m〜2.0mが望ましい。VAパネルと言えど視野角は178度で現実的には問題なし。BS4K民放の画質は取り立てて言うほどでもなく解像度、輝度、発色、コントラストともに地上波コンテンツの方が優れている場合がある。民放BSで4Kと2K同時に同じ番組を放送しているとき、見比べると4K放送のほうが画像が暗く、音声も小さい。なかでもNHK BS4Kの画質は突出しており、高精細度ゆえにそのリアリティに引き込まれていく。他に追随するものを許さない優れた発色はSONYならではのもの。

【音質】
55Vはスピーカーが4ケ(フルレンジバスレフ型スピーカー×2、トゥイーター×2)あるが、低音域不足。トゥイーターが背面上部にあるため背後の壁に当たって跳ね返って反響して聞こえる。前面から押し寄せる迫力ある響きはない。
音質モードはスタンダード、くっきり音声、シネマ、ミュージック、スポーツ、ドルビーオーディオの6種でほかに詳細設定あり。サラウンドオートでは5.1chサラウンド音声コンテンツを仮想再現。

【応答性能】
動きの速いシーンで残像感があるというのは全時代的テレビの話しとしか思えない、今どきのテレビでそのような事象があるのか、素人視点ではあるが、当機種において残像に違和感を感じたことはない。

【機能性】
ネット動画アプリ、Google アシスタントなど機能満載だが、不要なものも多い。Amazonプライム会員であれば、Fire TV Stickなしでprime videoが視聴可能。
ブラビアリンク、ホームネットワーク、Video & TV SideView 、ヘルプガイド電子取説は結構便利。Bluetoothワイヤレスイヤホンとペアリング出来るのも良い。

【サイズ】
49X9500Gと迷った挙句、55X9500Gにした。55Vは以前の40Vと比べると確かに大きいがリビングで視聴する場合、決して大き過ぎることはない。見た目の大きさの割に意外と軽い。

【総評】
49Xではなく55Xに決めたのはサイズ感が大きな要因であることは間違いないが、スペックの優位性にもある。スピーカー数と輝度の2点である。
49Xのスピーカー数は2ケ、55Xは4ケ、輝度は 49Xは700 cd/u、55Xが800 cd/u
大画面では2K地上波の画質の粗さを懸念してサイズで迷う人も多いと思うが、迷った挙句購入したのちに無用の心配であったと確信するでしょう。

KJ-55X9500G
Yahoo!ショッピング
コジマPayPayモール店
本体価格        \167,036
リサイクル引取料 \4,620
ポイント還元       \25,101
注文日 12/3
到着日 12/4

視聴目的
バラエティ
ニュース・報道
映画・ドラマ
スポーツ
ドキュメンタリー
設置場所
リビング
広さ
12〜15畳

参考になった6

 
 
 
 
 
 

「BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]
SONY

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]

最安価格(税込):¥150,107発売日:2019年 6月 8日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]をお気に入り製品に追加する <2988

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(薄型テレビ・液晶テレビ)

ご注意