『パナや東芝、シャープとの比較』 SONY BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ] 川崎のケーズさんのレビュー・評価

2019年 6月 8日 発売

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]

  • BS4K/110度CS4K放送に対応したチューナーを2基搭載した4K液晶テレビ(55V型)。高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載している。
  • 別売りのUSBハードディスクを接続して、4K放送の番組を視聴しながら、さらに別の4K放送の番組を録画できる。ハンズフリー音声検索・操作が可能。
  • 音の定位感を向上させる音響技術「アコースティック マルチ オーディオ」を搭載し、画面から音が出ているような視聴体験を実現。無線リモコン採用。
BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ] 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥170,763

(前週比:+2,006円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥170,763〜¥252,868 (42店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥170,771 〜 ¥222,360 (全国743店舗)最寄りのショップ一覧

種類 : 液晶テレビ 画素数:3840x2160 4K : ○ 倍速機能:倍速駆動パネル LEDバックライトタイプ : 直下型 録画機能:外付けHDD BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のスペック・仕様

価格.comのまるごと安心 設置・修理・サポート。家電・PC・カメラ・ゲーム機が対象。初月無料!
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

VODサービスにつきましては、予告なく変更・終了する場合があります。詳しくはメーカーサイトをご確認ください。

ご利用の前にお読みください

  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のオークション

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]SONY

最安価格(税込):¥170,763 (前週比:+2,006円↑) 発売日:2019年 6月 8日

  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の価格比較
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の店頭購入
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のスペック・仕様
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の純正オプション
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビュー
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のクチコミ
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]の画像・動画
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のピックアップリスト
  • BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のオークション
ユーザーレビュー > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > SONY > BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]

『パナや東芝、シャープとの比較』 川崎のケーズさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:57件
  • 累計支持数:1370人
  • ファン数:2人
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質4
応答性能5
機能性5
サイズ5
パナや東芝、シャープとの比較

発売後2ヶ月半が経ったので店頭価格を更新しました。
またシャープの新製品との比較も追記しました。(55型がないので60型にしました)

《ケーズデンキ横浜たまプラーザ店 8/25日現在価格》
ソニーブラビア 55X9500G : 215784円
パナソニックビエラ 55GX850 : 204984円
東芝レグザ 55Z730X : 242784円
シャープアクオス C60BN1 : 248184円

【スタンド】
ブラビア : 前モデル同様スタンドが両サイドに開いておりサンウドバーを置くことが考慮されてる。
ただスタンドの幅を測ってもらったら100cm以上あったので、それよりテレビ台が小さい人は買い替える必要があるだろう。
もちろん吊り下げもできる。

ビエラ : スタンドは大きくないのでテレビ台を必ず替える必要はない。
スタンドの裏が吸着になってるので少々の地震にも対応できる。

レグザ : スタンドのデザインが昔に戻った感があるが悪くはない。立ち姿は意外とスッキリしていた。

アクオス : 半円形だったスタンドが四角いオーソドックスな形に変わった。
首が左右にふるスィーベル機能は継続されており便利だ。

【リモコン】
ブラビア : 超縦長で決してカッコいいとは言えないが、反応は他社と変わらないぐらい良くなってる。なんでもっと早く改善できなかったのか不思議でならない。
今までは赤外線だったのがブルートゥースによる通信にしたのが要因だと思われる。

ユーチューブ1発ボタンも試してみたが、すぐにユーチューブが立ち上がった。
音声認識マイクで「マイケルジャクソンの新曲」ってしゃべったら、なんのためらいもなくラブネバーフィールソーグッドが表示された。
これは大きく評価できる。

ビエラ : 少し大きすぎる気もするが反応もよく使いやすい。
ただ音声認識マイクがなくなったのは非常に残念だ。

レグザ : 手頃な大きさで反応も速く押し心地もいい。
アップデートによりユーチューブも観れるようになり音声マイクの反応もいい。
また番組予約もマイクでできるのが便利だ。

アクオス : リモコンはここ最近のデザインを継承している。
ユーチューブ1発ボタンでの切り替わりも速く、音声認識マイクも的確に反応する。
ただよく使うボタンが離れており慣れるまでは使いにくいと思うだろう。

【画質】
全機種、画質をスタンダードにして地上デジタルとBS4kで見比べた。

ブラビア : 明るく鮮やかでキレイだ。ただベージュが強い。
ユーチューブの画質もアップコンバートされてるのか綺麗だった。

ビエラ : 単体で見た時はいい意味で深みのある画質だったが、見比べると一番暗かった。
深みと暗さは表裏一体なのか? それとも他の3台が明るすぎるのか?

レグザ : 一言鮮やかだ。この中では一番明るく感じたので、おまかせモードになってるのではと設定を見直したほどだ。
ただ茶色が強く感じたが設定でどうにかなるだろう。

アクオス : 明るく綺麗だ。
ピンク色に特色があるので画質が華やかに感じる。
ただ45度を過ぎたあたりから画面が白くなるので、斜めから観ることが多い人は必ず現物で確認してください。

【音質】
ブラビア : 新しい機能であるアコースティックマルチオーディオをさっそく体験。
ツィーターが画面裏の上部にある分、音像が上がり目の前で聞こえてはきたが低音不足は否めない。
中高音は良くなってるので、前モデルのようにウーハーを単体でイヤホンジャックから増設できるようにして欲しい。

ドルビーアトモスもオンで試聴! 今まで左右に広がってた臨場感が、前後にも立体的に広がった。

レグザ : バズーカの威力は文句のつけようがない。
店内が騒がしかったのでオートボリュームをオンにすると雑音に反応して音圧が上がり、バズーカから強烈な低音が伝わってきた。
思わずボリュームレベルを20も下げたほどだ。

ビエラ : 薄型テレビとしては悪くはないが、音にこだわる人はサウンドバーや外部スピーカーが必要だろう。

アクオス : 音はいい。
ツィーターが前方向に向いてるのとウーハーが付いてるので、バズーカ程の重低音は出ないもののテレビとしては十分すぎるぐらいだ。
派手な音なのでそういうのが苦手な人は、こちらも店頭で聞いてみてください。

【その他の機能】
ブラビアにはハンズフリー機能が付いてるのでテレビに直接話しかけるだけで電源オンオフ、ボリューム調整ができる。
両手がふさがっていてリモコン操作できない時なんかは非常に便利な機能だ。

これだけの機能と反応のいいリモコンがあればメディアプレーヤーとしても活用できる。

ユーチューブやSpotifyで好きな音楽を。
USBでパソコンで取り込んだ動画や音楽を。
内臓アプリで好きな映画を。
ダブルチューナーを活用し外付けハードディスクで好きなテレビ番組を録画。
ここまでくればレコーダーやミニコンポも必要なくなるかもしれない。

ただレグザにはタイムシフトマシンという強力な武器があり、テレビ番組好きの人にはたまらない機能だろう。

【価格】
2019年6月7日現在、店頭表示価格(すべて55型)
ブラビア 9500G : 248270円
ビエラ GX850 : 233280円
レグザ Z730X : 269870円

【総評】
画質や機能にくわえリモコンの反応が良くなったのは大きく評価できる。
ただ49インチはアコースティックマルチスピーカーでなかったり、ハンズフリー機能がなかったりするので注意してください。

参考になった75人(再レビュー後:36人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質4
応答性能5
機能性5
サイズ5
パナや東芝、シャープとの比較

発売後2ヶ月半が経ったので店頭価格を更新しました。
またシャープの新製品との比較も追記しました。(55型がないので60型にしました)

《ケーズデンキ横浜たまプラーザ店 8/25日現在価格》
ソニーブラビア 55X9500G : 215784円
パナソニックビエラ 49GX850 : 204984円
東芝レグザ 55Z730X : 242784円
シャープアクオス C60BN1 : 248184円

【スタンド】
ブラビア : 前モデル同様スタンドが両サイドに開いておりサンウドバーを置くことが考慮されてる。
ただスタンドの幅を測ってもらったら100cm
以上あったので、それよりテレビ台が小さい人は買い替える必要があるだろう。
もちろん吊り下げもできる。

ビエラ : スタンドは大きくないのでテレビ台を必ず替える必要はない。
スタンドの裏が吸着になってるので少々の地震にも対応できる。

レグザ : スタンドのデザインが昔に戻った感があるが悪くはない。立ち姿は意外とスッキリしていた。

アクオス : 半円形だったスタンドが四角いオーソドックスな形に変わった。
首が左右にふるスィーベル機能は継続されており便利だ。

【リモコン】
ブラビア : 超縦長で決してカッコいいとは言えないが、反応は他社と変わらないぐらい良くなってる。なんでもっと早く改善できなかったのか不思議でならない。
今までは赤外線だったのがブルートゥースによる通信にしたのが要因だと思われる。

ユーチューブ1発ボタンも試してみたが、すぐにユーチューブが立ち上がった。
音声認識マイクで「マイケルジャクソンの新曲」ってしゃべったら、なんのためらいもなくラブネバーフィールソーグッドが表示された。
これは大きく評価できる。

ビエラ : 少し大きすぎる気もするが反応もよく使いやすい。
ただ音声認識マイクがなくなったのは非常に残念だ。

レグザ : 手頃な大きさで反応も速く押し心地もいい。
アップデートによりユーチューブも観れるようになり音声マイクの反応もいい。
また番組予約もマイクでできるのが便利だ。

アクオス : リモコンはここ最近のデザインを継承している。
ユーチューブ1発ボタンでの切り替わりも速く、音声認識マイクも的確に反応する。
ただよく使うボタンが離れており慣れるまでは使いにくいと思うだろう。

【画質】
全機種、画質をスタンダードにして地上デジタルとBS4kで見比べた。

ブラビア : 明るく鮮やかでキレイだ。ただベージュが強い。
ユーチューブの画質もアップコンバートされてるのか綺麗だった。

ビエラ : 単体で見た時はいい意味で深みのある画質だったが、見比べると一番暗かった。
深みと暗さは表裏一体なのか? それとも他の3台が明るすぎるのか?

レグザ : 一言鮮やかだ。この中では一番明るく感じたので、おまかせモードになってるのではと設定を見直したほどだ。
ただ茶色が強く感じたが設定でどうにかなるだろう。

アクオス : 明るく綺麗だ。
ピンク色に特色があるので画質が華やかに感じる。
ただ45度を過ぎたあたりから画面が白くなるので、斜めから観ることが多い人は必ず現物で確認してください。

【音質】
ブラビア : 新しい機能であるアコースティックマルチオーディオをさっそく体験。
ツィーターが画面裏の上部にある分、音場が上がり目の前で聞こえてはきたが低音不足は否めない。
中高音は良くなってるので、前モデルのようにウーハーを単体でイヤホンジャックから増設できるようにして欲しい。

ドルビーアトモスもオンで試聴! 今まで左右に広がってた臨場感が、前後にも立体的に広がった。

レグザ : バズーカの威力は文句のつけようがない。
店内が騒がしかったのでオートボリュームをオンにすると雑音に反応して音圧が上がり、バズーカから強烈な低音が伝わってきた。
思わずボリュームレベルを20ぐらい下げたほどだ。

ビエラ : 薄型テレビとしては悪くはないが、音にこだわる人はサウンドバーや外部スピーカーが必要だろう。

アクオス : 音はいい。
ツィーターが前方向に向いてるのとウーハーが付いてるので、バズーカ程の重低音は出ないもののテレビとしては十分すぎるぐらいだ。
派手な音なのでそういうのが苦手な人は、こちらも店頭で聞いてみてください。

【その他の機能】
ブラビアにはハンズフリー機能が付いてるのでテレビに直接話しかけるだけで電源オンオフ、ボリューム調整ができる。
両手がふさがっていてリモコン操作できない時なんかは非常に便利な機能だ。

これだけの機能と反応のいいリモコンがあればメディアプレーヤーとしても活用できる。

ユーチューブやSpotifyで好きな音楽を。
USBでパソコンで取り込んだ動画や音楽を。
内臓アプリで好きな映画を。
ダブルチューナーを活用し外付けハードディスクで好きなテレビ番組を録画。
ここまでくればレコーダーやミニコンポも必要なくなるかもしれない。

ただレグザにはタイムシフトマシンという強力な武器があり、テレビ番組好きの人にはたまらない機能だろう。

【価格】
2019年6月7日現在、店頭表示価格(すべて55型)
ブラビア 9500G : 248270円
ビエラ GX850 : 233280円
レグザ Z730X : 269870円

【総評】
画質や機能にくわえリモコンの反応が良くなったのは大きく評価できる。
ただ49インチはアコースティックマルチスピーカーでなかったり、ハンズフリー機能がなかったりするので注意が必要だ。

各機種それなりに値段が下がってきてるので、底値を見極めて東京オリンピックまでには購入したい。

参考になった1

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質4
応答性能無評価
機能性5
サイズ5
待ちに待った4kチューナー内臓モデル!

発売まで待ちきれずに前日に行ったらディスプレイしてあったので観てきました。
また店員さんにいろいろ設定してもらいながらビエラGX850や新型レグザZ730Xとも比較しています。

【デザイン】
ブラビア : 前モデル同様スタンドが両サイドに開いておりサンウドバーを置くことが考慮されてる。
ただスタンドの幅を測ってもらったら100cm
以上あったので、それよりテレビ台が小さい人は買い替える必要があるだろう。
もちろん吊り下げもできる。

ビエラ : スタンドは小さいのでテレビ台を必ず替える必要はない。
スタンドの裏が吸着になってるので少々の地震にも対応できる。

レグザ : スタンドのデザインが昔に戻った感があるが悪くはない。立ち姿は意外とスッキリしていた。

【リモコン】
ブラビア : 超縦長で決してカッコいいとは言えないが、反応は他社と変わらないぐらい良くなってる。なんでもっと早く改善できなかったのか不思議でならない。
ただ店頭だと通電しっぱなしなので、朝イチの立ち上がりがどのぐらい速いか知りたい。

ユーチューブ1発ボタンも試してみたが、すぐにユーチューブが立ち上がった。
音声認識マイクで「マイケルジャクソンの新曲」ってしゃべったら、なんのためらいもなくラブネバーフィールソーグッドが表示された。
これは大きく評価できる。

ビエラ : 少し大きすぎる気もするが反応もよく使いやすい。
ただ音声認識マイクがなくなったのは非常に残念だ。

レグザ : 手頃な大きさで反応も速く押し心地もいい。
まだユーチューブが反映してなかったので音声認識マイクは試せなかった。

【画質】
全機種、画質をスタンダードにして地上デジタルとBS4k放送で見比べた。

ブラビア : 明るく鮮やかでキレイだ。ただベージュが強い。
ユーチューブの画質もアップコンバートされてるのか綺麗だった。

ビエラ : 単体で見た時はいい意味で深みのある画質だったが、見比べると一番暗かった。
深みと暗さは表裏一体だったのか? それとも他の2台が明るすぎるのか?

レグザ : 一言鮮やかだ。この中では一番明るく感じたので、おまかせモードになってるのではと設定を見直したほどだ。
ただ茶色が強く感じたが設定でどうにかなるだろう。

どれも上位グレードだけあり横から見ても白くならなかった。

【音質】
ブラビア : 新しい機能であるアコースティックマルチオーディオをさっそく体験。
ツィーターが画面裏の上部にある分、音場が上がり目の前で聞こえてはきたが低音不足は否めない。
中高音は良くなってるので、前モデルのようにウーハーを単体でイヤホンジャックから増設できるようにして欲しい。

ドルビーアトモスもオンで試聴! 今まで左右に広がってた臨場感が、前後にも立体的に広がった。

レグザ : バズーカの威力は文句のつけようがない。
店内が騒がしかったのでオートボリュームをオンにすると雑音に反応して音圧が上がり、バズーカから強烈な低音が伝わってきた。
思わずボリュームレベルを20ぐらい下げたほどだ。

ビエラ : 薄型テレビとしては悪くはないレベル。
がしかし来月発売になる有機のGZ1800シリーズは最初から画面下にサンウドバー的なスピーカーが付いており、なおかつテレビの音のままで市販のウーハーが繋げれようになるので今後は全モデルそうなることを望む。
そうなればサンウドバーをわざわざ買う必要もないだろう。

【応答性能】
4k放送にてモーションフローの具合を観たかったが、残念ながら4k番組をやっていなかった。

【機能性】
ハンズフリー機能が付いてるのでテレビに直接話しかけるだけで電源オンオフ、ボリューム調整ができる。
両手がふさがっていてリモコンを操作できない時なんかは非常に便利な機能だ。

またブルートゥースも付いてるので、程度のいいブルートゥーススピーカーとペアリングすれば内臓スピーカーよりいい音がするだろう。
もちろんブルートゥース内臓のヘッドフォンを使えばコードレスで聴ける。

これだけの機能と反応のいいリモコンがあればメディアプレーヤーとしても活用できる。

ユーチューブやSpotifyで好きな音楽を。
USBでパソコンで取り込んだ動画や音楽を。
内臓アプリで好きな映画を。
ダブルチューナーを活用し外付けハードディスクで好きなテレビ番組を録画。
そうなればレコーダーも必要なくなるかもしれない。

ただレグザにはタイムシフトマシンという強力な武器があり、テレビ番組好きの人にはたまらない機能だろう。

【価格】
2019年6月7日現在、店頭表示価格(すべて55型)
ブラビア 9500G : 248270円
ビエラ GX850 : 233280円
レグザ Z730X : 269870円

【総評】
画質や機能にくわえリモコンの反応が良くなったのは大きく評価できる。
ただ49インチはアコースティックマルチスピーカーでなかったり、ハンズフリー機能がなかったりするので注意が必要だ。

隣に8550Gも並んでたので見比べたが、画質の差は大きくは感じなかった。
値段が3万ほど違うので、少しでも安い方がいいという人は8550Gでも損はしないと思う。

各社4kチューナー付が出揃ったので、来たる東京オリンピックに備えどの機種にするか決着をつけたい。
もしも消費税が上がるなら、それまでには値段下がって欲しい。

参考になった27

満足度5
デザイン5
操作性5
画質5
音質4
応答性能無評価
機能性5
サイズ5
待ちに待った4kチューナー内臓モデル!

発売まで待ちきれずに前日に行ったらディスプレイしてあったので観てきました。
また店員さんにいろいろ設定してもらいながらビエラGX850や新型レグザZ730Xとも比較しています。

【デザイン】
ブラビア : 前モデル同様スタンドが両サイドに開いておりサンウドバーを置くことが考慮されてる。
ただスタンドの幅を測ってもらったら100cm
ぐらいあったので、それよりテレビ台が小さい人は買い替える必要があるだろう。
もちろん吊り下げもできる。

ビエラ : スタンドは小さいのでテレビ台を必ず替える必要はない。
スタンドの裏が吸着になってるので少々の地震にも対応できる。

レグザ : スタンドのデザインが昔に戻った感があるが悪くはない。立ち姿は意外とスッキリしていた。

【リモコン】
ブラビア : 超縦長で決してカッコいいとは言えないが、反応は他社と変わらないぐらいよくなってる。なんでもっと早く改善できなかったのか不思議でならない。
ただ店頭だと通電しっぱなしなので、朝イチの立ち上がりがどのぐらい速いか知りたい。

ユーチューブ1発ボタンも試してみたが、すぐにユーチューブが立ち上がった。
音声認識マイクで「マイケルジャクソンの新曲」ってしゃべったら、なんのためらいもなくラブネバーフィールソーグッドが表示された。
これは大きく評価できる。

ビエラ : 少し大きすぎる気もするが反応もよく使いやすい。
ただ音声認識マイクがなくなったのは非常に残念だ。

レグザ : 手頃な大きさで反応も速く押し心地もいい。
まだユーチューブが反映してなかったので音声認識マイクは試せなかった。

【画質】
全機種、画質をスタンダードにして地上デジタル放送で見比べた。

ブラビア : 明るく鮮やかでキレイだ。ただベージュが強い。

ビエラ : 単体で見た時はいい意味で深みのある画質だったが、この3台の中では一番暗かった。
深みと暗さは表裏一体だったのか!?

レグザ : 一言鮮やかだ。この中では一番明るく感じたので、おまかせモードになってるのではと設定を見直したほどだ。
ただ茶色が強く感じたが設定でどうにかなるだろう。

どれも上位グレードだけあり横から見ても白くならなかった。

【音質】
ブラビア : 新しい機能であるアコースティックマルチオーディオをさっそく体験。
ツィーターが画面裏の上部にある分、音場が上がり目の前で聞こえてはきたが低音不足は否めない。
せっかくの新機能、中高音だけでなくウーハーを付けて低音も増強したい。

ドルビーアトモスもオンで試聴! 今まで左右に広がってた臨場感が、前後にも立体的に広がった。

レグザ : バズーカの威力は文句のつけようがない。
店内が騒がしかったのでオートボリュームをオンにすると雑音に反応して音圧が上がり、バズーカから強烈な低音が伝わってきた。
思わずボリュームレベルを20ぐらい下げたほどだ。

ビエラ : 薄型テレビとしては悪くはないレベル。
がしかし来月発売になる有機のGZ1800シリーズは最初から画面下にサンウドバー的なスピーカーが付いており、なおかつテレビの音のままで市販のウーハーがコード1本で繋げれようになるので今後は全モデルそうなることを望む。
そうなればサンウドバーをわざわざ買う必要もないだろう。

【応答性能】
4k放送にてモーションフローの具合を観たかったが、残念ながら4k番組をやっていなかった。

【機能性】
これだけの機能と反応のいいリモコンがあればメディアプレーヤーとしても活用できる。

ユーチューブやSpotifyで好きな音楽を。
USBでパソコンで取り込んだ動画や音楽を。
内臓アプリで好きな映画を。
ダブルチューナーを活用し外付けハードディスクで好きなテレビ番組を録画。
そうなればレコーダーも必要なくなるかもしれない。

ただレグザにはタイムシフトマシンという強力な武器があり、テレビ番組好きの人にはたまらない機能だろう。

【価格】
店頭表示価格(すべて55型)
ブラビア 9500G : 248270円
ビエラ GX850 : 233280円
レグザ Z730X : 269870円

【総評】
隣に8550Gも並んでたので見比べたが、画質の差は大きくは感じなかった。
値段が3万ほど違うので、少しでも安い方がいいという人は8550Gでも損はしないと思う。

各社4kチューナー付が出揃ったので、来たる東京オリンピックに備えどの機種にするか決着をつけたい。

もしも消費税が上がるなら、それまでには値段下がって欲しい。

参考になった11

 
 
 
 
 
 

「BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
周辺機器との接続性が高く画質も良い  5 2019年11月8日 23:50
18年目の買い替え  5 2019年10月29日 11:03
9000Eから  4 2019年10月17日 06:10
とても満足しています  5 2019年10月14日 20:36
46型からの買い替え  5 2019年10月6日 09:24
壁掛けにした結果  5 2019年9月18日 07:59
買って良かったです。  5 2019年9月5日 14:50
キレイな映像に感動。  5 2019年9月1日 17:27
パナや東芝、シャープとの比較  5 2019年8月26日 10:32
非常に良いです  5 2019年8月17日 18:47

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビューを見る(レビュアー数:16人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]
SONY

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]

最安価格(税込):¥170,763発売日:2019年 6月 8日 価格.comの安さの理由は?

BRAVIA KJ-55X9500G [55インチ]をお気に入り製品に追加する <1253

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[薄型テレビ・液晶テレビ]

薄型テレビ・液晶テレビの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(薄型テレビ・液晶テレビ)

ご注意