『特出した機能はないが高次元でうまくまとめられた良カメラ』 パナソニック LUMIX DC-G99 ボディ chcp65001さんのレビュー・評価

2019年 5月23日 発売

LUMIX DC-G99 ボディ

  • ローパスフィルターレス20.3M Live MOSセンサー、ヴィーナスエンジンを搭載し、高画質を実現した小型・軽量ミラーレス一眼カメラ。
  • 望遠域まで強力に手ブレを補正する5軸5段の「Dual I.S. 2」や、新搭載の「ライブビューコンポジット」機能で星や夜景撮影を楽しめる。
  • 本体天面にホワイトバランス・露出補正・ISO感度のボタンが配置され、撮影時の操作性が向上。約0.07秒の高速AF、秒間約9コマの高速連写に対応する。
LUMIX DC-G99 ボディ 製品画像

拡大

※レンズは別売です

最安価格(税込):

¥130,619

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

中古
最安価格(税込):
¥64,620 (10製品)


価格帯:¥130,619¥130,619 (1店舗) メーカー希望小売価格:オープン
付属レンズ

タイプ : ミラーレス 画素数:2177万画素(総画素)/2030万画素(有効画素) 撮像素子:フォーサーズ/4/3型/LiveMOS 重量:484g LUMIX DC-G99 ボディのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

  • LUMIX DC-G99 ボディの価格比較
  • LUMIX DC-G99 ボディの中古価格比較
  • LUMIX DC-G99 ボディの買取価格
  • LUMIX DC-G99 ボディの店頭購入
  • LUMIX DC-G99 ボディのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G99 ボディの純正オプション
  • LUMIX DC-G99 ボディのレビュー
  • LUMIX DC-G99 ボディのクチコミ
  • LUMIX DC-G99 ボディの画像・動画
  • LUMIX DC-G99 ボディのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G99 ボディのオークション

LUMIX DC-G99 ボディパナソニック

最安価格(税込):¥130,619 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 5月23日

  • LUMIX DC-G99 ボディの価格比較
  • LUMIX DC-G99 ボディの中古価格比較
  • LUMIX DC-G99 ボディの買取価格
  • LUMIX DC-G99 ボディの店頭購入
  • LUMIX DC-G99 ボディのスペック・仕様
  • LUMIX DC-G99 ボディの純正オプション
  • LUMIX DC-G99 ボディのレビュー
  • LUMIX DC-G99 ボディのクチコミ
  • LUMIX DC-G99 ボディの画像・動画
  • LUMIX DC-G99 ボディのピックアップリスト
  • LUMIX DC-G99 ボディのオークション

『特出した機能はないが高次元でうまくまとめられた良カメラ』 chcp65001さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G99 ボディのレビューを書く

chcp65001さん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:19人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
35件
レンズ
0件
4件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
特出した機能はないが高次元でうまくまとめられた良カメラ
当機種G99(「生命力・生命美」コンセプトの新エンジン)
別機種GH4
別機種GM5

G99(「生命力・生命美」コンセプトの新エンジン)

GH4

GM5

----前回レビューに追加

 G99、GH4、GM5で同じレンズ、同じISO、F8固定AE(結果的に同じシャッター速度)で撮り比べてみたのだけど、G9PROから新しく始まった「生命力・生命美」の絵作りのおかげか、発色とか立体感とかワンクラス上のレンズで撮ったかのような仕上がりになっています。

 G99は536g、GH4は560gで24gだけ軽いのですが、一周りコンパクトになったからなのか、グリップが手にすごくフィットするからなのか、体感かなり軽く感じます。

 一般の人が日常使いでオールマイティにいろいろ撮りたいならG99はいい選択だと思います。300dpiでA3に印刷できて、FDH/60pで撮ってSNSに上げたりとか、さらにその上のこともできたり十分でしょ。
 撮りたい分野が特化しているならその分野が得意な、例えば鳥や鉄道ならAFの良いG9PRO、動画ならGHシリーズ、星景や夜景ならSシリーズ(でも個人的には富士GFXを推す)などを使えば良いと思います。
 なお、上のクラスのカメラを持っている人が、G99に14-140mmを付けてサブカメラにしてもかなり使えると思います。

----前回レビュー

ボディ内手ブレ補正を使いたかったのでGH4から買い替え。

【デザイン】
 平均的で悪く言うとつまらないデザイン。
 でも、操作しやすい箇所に、操作しやすい大きさで各ボタン、各ダイヤルが配置されているなど、使いやすさについて非常に考慮されており、私は機能美を感じてます。

【画質】
 私はカリカリ、シャープ、くっきりめ傾向のある他社の画質よりも、Lumixの繊細、柔らかめ傾向の画質が好きなので、大満足。
 画素数的には、300dpiならA3、ワイド四つ切(〜半切り)、150dpiならA1、大全紙(〜全倍)まで印刷可能。
 ノイズについては、低ISOで撮ればほとんどの場面において実用上困ることはない。

【操作性】
 ボタン類の操作しやすい配置、設定項目の分かりやすいメニュー構成はLumixの独壇場。
 自分がよく使う設定項目をFnボタン(11箇)、Q.MENU(15箇)、マイメニュー(23箇)に割り当てて瞬時に設定を変更できるのは凄い。

【バッテリー】
 電池の持ち自体は普通だけど、外部から給電しながら使えるのは強み。

【携帯性】
 小さく軽いほうがいいが(究極はLumix GMシリーズ)、ブレ防止にはある程度重量があった方がいいし、重いレンズをつけたときにしっかりとホールドできることなんかを考えると、G99の大きさ、重さは私にとってちょうどバランスがとれていていい感じ。

【機能性】
 フルサイズ300mm相当のレンズを1/10秒手持ち撮影できるので十分満足。
 動画が30分制限ではなく無制限で、しかもV-Log Lがプリインストールなのがよい。
 ブレ防止に電子先幕シャッターが使えるのが何気によい。
 Bluetoothでスマホと連携が取れるのが何かと便利。
 新機能ライブビューコンポジットは星景で活躍。

【液晶】
 発色を始めとして全てが平凡で非常に優秀。
 発色を誇張する液晶やG9PROのような酷い糸巻き歪みのLVFは、長時間使うと目が疲れる。

【ホールド感】
 重いレンズをつけてもしっかりと保持できるので非常によい。

【総評】
 スポーツでいうと、特筆すべき派手さはないけれどあらゆる仕事を無難にこなす、味のあるベテランプレイヤー、といったカメラでしょうか。
 ハイレゾモード撮影ができないとか、動画も10bit出力ができないとか、手ブレ補正も5段止まりだし、画素数や耐ノイズ性なんかは富士GFXやフルサイズに分があるし、でもこれらを求めるとなると、大きさ、重さ、携帯性、機動力、値段が犠牲になるし…。
 要は各分野でNo.1ではないけれど、一般の人が写真・動画撮影に求める必要な機能はしっかりと網羅している、そんなカメラだと思います。

(蛇足ですが…)
 カメラに懐古的デザインや全部品金属とかかっこいいシャッター音とか持つ喜びとかなどのロマンを求める人には、全く面白くないカメラかもしれません。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった19人(再レビュー後:16人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
特出した機能はないが高次元でうまくまとめられた良カメラ
当機種G99(「生命力・生命美」コンセプトの新エンジン)
別機種GH4
別機種GM5

G99(「生命力・生命美」コンセプトの新エンジン)

GH4

GM5

前回レビューに追加

 G99、GH4、GM5で同じレンズ、同じISO、F8固定AE(結果的に同じシャッター速度)で撮り比べてみたのだけど、G9PROから新しく始まった「生命力・生命美」の絵作りのおかげか、発色とか立体感とかワンクラス上のレンズで撮ったかのような仕上がりになっています。

 G99は536g、GH4は560gで24gだけ軽いのですが、一周りコンパクトになったからなのか、グリップが手にすごくフィットするからなのか、体感かなり軽く感じます。

 一般の人が日常使いでオールマイティにいろいろ撮りたいならG99はいい選択だと思います。300dpiでA3に印刷できて、FDH/60pで撮ってSNSに上げたりとか、さらにその上のこともできたり十分でしょ。
 撮りたい分野が特化しているならその分野が得意な、例えば鳥や鉄道ならAFの良いG9PRO、動画ならGHシリーズ、星景や夜景ならSシリーズ(でも個人的には富士GFXを推す)などを使えば良いと思います。
 なお、上のクラスのカメラを持っている人が、G99に14-140mmを付けてサブカメラにしてもかなり使えると思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった0

満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感5
平凡だけど撮影に必要な機能はしっかりと網羅しているカメラ

ボディ内手ブレ補正を使いたかったのでGH4から買い替え。

【デザイン】
 平均的で悪く言うとつまらないデザイン。
 でも、操作しやすい箇所に、操作しやすい大きさで各ボタン、各ダイヤルが配置されているなど、使いやすさについて非常に考慮されており、私は機能美を感じてます。

【画質】
 私はカリカリ、シャープ、くっきりめ傾向のある他社の画質よりも、Lumixの繊細、柔らかめ傾向の画質が好きなので、大満足。
 画素数的には、300dpiならA3、ワイド四つ切(〜半切り)、150dpiならA1、大全紙(〜全倍)まで印刷可能。
 ノイズについては、低ISOで撮ればほとんどの場面において実用上困ることはない。

【操作性】
 ボタン類の操作しやすい配置、設定項目の分かりやすいメニュー構成はLumixの独壇場。
 自分がよく使う設定項目をFnボタン(11箇)、Q.MENU(15箇)、マイメニュー(23箇)に割り当てて瞬時に設定を変更できるのは凄い。

【バッテリー】
 電池の持ち自体は普通だけど、外部から給電しながら使えるのは強み。

【携帯性】
 小さく軽いほうがいいが(究極はLumix GMシリーズ)、ブレ防止にはある程度重量があった方がいいし、重いレンズをつけたときにしっかりとホールドできることなんかを考えると、G99の大きさ、重さは私にとってちょうどバランスがとれていていい感じ。

【機能性】
 フルサイズ300mm相当のレンズを1/10秒手持ち撮影できるので十分満足。
 動画が30分制限ではなく無制限で、しかもV-Log Lがプリインストールなのがよい。
 ブレ防止に電子先幕シャッターが使えるのが何気によい。
 Bluetoothでスマホと連携が取れるのが何かと便利。
 新機能ライブビューコンポジットは星景で活躍。

【液晶】
 発色を始めとして全てが平凡で非常に優秀。
 発色を誇張する液晶やG9PROのような酷い糸巻き歪みのLVFは、長時間使うと目が疲れる。

【ホールド感】
 重いレンズをつけてもしっかりと保持できるので非常によい。

【総評】
 スポーツでいうと、特筆すべき派手さはないけれどあらゆる仕事を無難にこなす、味のあるベテランプレイヤー、といったカメラでしょうか。
 ハイレゾモード撮影ができないとか、動画も10bit出力ができないとか、手ブレ補正も5段止まりだし、画素数や耐ノイズ性なんかは富士GFXやフルサイズに分があるし、でもこれらを求めるとなると、大きさ、重さ、携帯性、機動力、値段が犠牲になるし…。
 要は各分野でNo.1ではないけれど、一般の人が写真・動画撮影に求める必要な機能はしっかりと網羅している、そんなカメラだと思います。

(蛇足ですが…)
 カメラに懐古的デザインや全部品金属とかかっこいいシャッター音とか持つ喜びとかなどのロマンを求める人には、全く面白くないカメラかもしれません。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景

参考になった3

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

LUMIX DC-G99 ボディのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

LUMIX DC-G99 ボディ
パナソニック

LUMIX DC-G99 ボディ

最安価格(税込):¥130,619発売日:2019年 5月23日 価格.comの安さの理由は?

LUMIX DC-G99 ボディをお気に入り製品に追加する <348

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタル一眼カメラ)

ご注意