『2018年モデルと大きくは変わらない2019年モデル:SR-VSX109。』 パナソニック Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック] 多賀一晃さんのレビュー・評価

Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]

  • 50銘柄を炊き分ける最高峰モデルのジャー炊飯器。大火力おどり炊きと可変圧力おどり炊きの「Wおどり炊き」で甘みともちもち感を引き出す。
  • 220度IHスチームを搭載し、過熱水蒸気を噴射し、釜の中のお米を高温加熱。お米の芯まで熱を浸透させて、ハリとツヤのあるごはんを炊き上げる。
  • 従来の「加圧追い炊き」よりも微細な圧力で制御し、お米の芯までしっかり加熱。表面のハリを残したまま、米粒を約10%大きく炊き上げられる。
Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック] 製品画像

拡大

最安価格(税込):¥69,800 (前週比:+1,100円↑)

  • メーカー希望小売価格:オープン
  • 発売日:2019年 6月 1日

店頭参考価格帯:¥72,360 〜 ¥93,100 (全国742店舗)最寄りのショップ一覧

炊飯量
カラー
  • ブラック
  • ホワイト

炊飯量:5.5合 タイプ : 圧力IH炊飯器 内釜:ダイヤモンド竈釜 その他機能:無洗米コース/内ふた丸洗い/スチーム Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のスペック・仕様

売れ筋ランキング
ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]の価格比較
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]の店頭購入
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のスペック・仕様
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のレビュー
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のクチコミ
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]の画像・動画
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のピックアップリスト
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のオークション

Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]パナソニック

最安価格(税込):¥69,800 (前週比:+1,100円↑) 発売日:2019年 6月 1日

  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]の価格比較
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]の店頭購入
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のスペック・仕様
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のレビュー
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のクチコミ
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]の画像・動画
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のピックアップリスト
  • Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]のオークション

『2018年モデルと大きくは変わらない2019年モデル:SR-VSX109。』 多賀一晃さん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

さん

  • レビュー投稿数:97件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィール家電評論家。スマート家電グランプリ審査員。

主催する『生活家電.com』を通じ、家電の新製品情報、使いこなし情報他を発信中。
過去、某メーカーでAVメディアの商品企画を担当、オーディオ、光ディスクにも精通。
また米・食味鑑定士の…続きを読む

満足度5
デザイン5
使いやすさ5
炊き上がり5
サイズ4
手入れのしやすさ4
機能・メニュー5

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

2018年モデルと大きくは変わらない2019年モデル:SR-VSX109。

本体。他メーカーのモデルより天面がフラット。

コンソールは上面。使いやすいです。

内釜。名は「ダイヤモンド竈釜」。6層構造。

底面ディンプル加工。ここから大きな泡を出し、対流を活性化させる。

SR-VSX109で炊いた、岩手のひとめぼれ。艶やかさを分かってもらえるだろうか?

電気代が表示される。

2018年モデル:SR-VSX108は、2018年のベスト3の1台でした。「Wおどり炊き」とい技術を細部まで完全にモノにしたこともありますが、標準のかたさを2016年までよりややかためにしてきたことが大きいと思います。元々、やわらかなお米が好きな人をすごく意識して開発を進めてきたパナソニックですが、この年、標準を「かなりやわらかい」から、「やわらかい」に変えることにより、いろいろな好みの人にも上手く合わせられるようになったからです。

2018年モデルと2019年モデル差は「圧力」。今までの「加圧追い炊き」より、細かく調整しています。結果、外側の状態を変えずに、お米内部により多くの水分を含ませることに成功し10%大きく炊きあげることができるようになったそうです。

しかし、お米一粒一粒の大きさを毎日意識しているわけではないので、正直、大きくなった感じがしません。しかし、何度も同じ炊き方を繰り返すと、かなり安定していると感じます。全ての炊飯器をまだチェックしていないのですが、昨年と同じように、当然ベスト3候補の1つです。

今回のテストは、メーカーより炊飯器を3週間かり、毎日3合の白米を炊いて行いました。

【デザイン】
シンプルな中に強さを感じさせるデザインです。これは黒がつや消しで渋いのと、天面はほとんど平面に近いため、ある種の心地よい緊張感を醸し出しているためだと思います。道具然としていず、どちらかというと相棒のような雰囲気で、個人的には好きです。

【使い勝手】
セットパーツは、内ぶた(取説ではふた加熱板)、内釜、水容器の3つ。水容器はパナソニック独特のパーツですが、単純に言うと金属コップで、問題にするレベルではありません。
ふたにあるコンソールは、字も大きく分かりやすい。普段使う「白米・無洗米コース」は「ふつう」「かため」「やわらか」「もちもち」「しゃっきり」の中から選択します。この技術言葉ではなく、「日常ことば」で設定できるのは、取説を読まずともなんとなく設定できるため、とてもいいです。
ニュートラルで、かつ使いやすい。こうあるべきというのを形にした感じです。

【炊きあがり】
個人的に言うと、もう少しかたく炊けるのが好みです。これは私は米をしっかり食べるタイプですので、かため、あっさりが食べやすいからです。が、SR-VSX109のやわらかいお米もかなり好きです。理由は美味しいからです。やわらかいのが好きな人には溜まらないでしょう。また香りもいい感じです。10%大きくなった粒サイズは、かたさ、味に影響しないので、気に留めることはありませんでした。

【サイズ】
5合だと普通の大きさです。可もなく不可もありません。

【手入れのしやすさ】
使い勝手のところでも書きましたが、構成パーツの内釜、内ぶた、水容器は毎日洗うことが必要。ご飯の落ちも早く、問題はありません。

【機能・メニュー】
機能、メニュー共に豊富で、よほど特殊な場合以外は、対応できます。が、メニューの収め方も上手く、とても使いやすいです。

【面白機能】
面白い機能もあります。それは炊飯、保温に使用した電気代が分かることだ。炊飯で約7円だが、長時間保温はそれ以上のお金がかかることが分かる。多く炊飯した場合は、冷凍して、食べる度にチンした方がベターなことが分かります。この様な実地体験は貴重。

【どんな人にお勧めか】
味よく、使いやすく、多くの人に、お勧めできる炊飯器。
中でも「やわらかいお米が好き」な人にお勧めしたいかなり完成度が高い逸品です。

参考になった11

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]」の新着レビュー

あなたのレビューを投稿しませんか?

この製品の最安価格を見る

Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]
パナソニック

Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]

最安価格(税込):¥69,800発売日:2019年 6月 1日 価格.comの安さの理由は?

Wおどり炊き SR-VSX109-K [ブラック]をお気に入り製品に追加する <84

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[炊飯器]

炊飯器の選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(炊飯器)

ご注意