『低音がパワフルで聴き心地の良い姉妹機』 Acoustune HS1650CU 野村ケンジさんのレビュー・評価

HS1650CU 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥59,380

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

¥59,380

NTT-X Store

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥59,380〜¥74,252 (18店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥59,380 〜 ¥60,480 (全国40店舗)最寄りのショップ一覧

タイプ:カナル型 装着方式:両耳 構造:密閉型(クローズド) 駆動方式:ダイナミック型 再生周波数帯域:10Hz〜25kHz HS1650CUのスペック・仕様

ネットで買うなら!クレジットカード比較
この製品をキープ

ご利用の前にお読みください

  • HS1650CUの価格比較
  • HS1650CUの店頭購入
  • HS1650CUのスペック・仕様
  • HS1650CUのレビュー
  • HS1650CUのクチコミ
  • HS1650CUの画像・動画
  • HS1650CUのピックアップリスト
  • HS1650CUのオークション

HS1650CUAcoustune

最安価格(税込):¥59,380 (前週比:±0 ) 登録日:2019年 3月19日

  • HS1650CUの価格比較
  • HS1650CUの店頭購入
  • HS1650CUのスペック・仕様
  • HS1650CUのレビュー
  • HS1650CUのクチコミ
  • HS1650CUの画像・動画
  • HS1650CUのピックアップリスト
  • HS1650CUのオークション

『低音がパワフルで聴き心地の良い姉妹機』 野村ケンジさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

HS1650CUのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:56件
プロフェッショナルレビュートップへ

プロフィールヘッドホンからホームシアター、音楽、クルマ関連などの記事を手がけるライター。専門誌やWEBサイトに寄稿するほか、TBSテレビ開運音楽堂やレインボータウンFMなどにもレギュラー出演させていただいてます。音元出版VGP、CDジャーナル・ヘッド…続きを読む

満足度4
デザイン5
高音の音質4
低音の音質3
フィット感4
外音遮断性4
音漏れ防止4
携帯性4

※プロフェッショナルレビューは「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」の集計には含まれません。

低音がパワフルで聴き心地の良い姉妹機

音響チャンバーに真鍮、機構ハウジングに銅を使用したモジュラーボディを採用

銀コート銅線と極細のOFC線とのハイブリッドケーブル

同じデザインなのにもかかわらず「HS1670SS」とずいぶん印象の異なるイヤホン本体

 

2製品でケーブルコネクタの色が微妙に異なるなど、細部にまで凝ったデザイン。

AET02、AET06、AET07、AET08という4タイプのイヤーピースが付属

 

試聴サンプルを長期借用しての試聴です。時間の都合上、エージングは20時間ほどとなっています。アステル&ケルン「SP1000M」に加えて、iBasso「DX220」(アンプはA9)とウォークマン「ZX300」など、いろいろなポータブルDAPで試聴を行いました。姉妹モデル、ステンレス製モジュラーボディを採用する「HS1670SS」と比較試聴も行っています。

【デザイン】
このシリーズの特徴となっている、モジュラー構造のメタルボディによって、個性的なデザインとなっています。このメカメカしさはかなり好みですが、「HS1670SS」のステンレスボディとは異なり「HS1650CU」は音響チャンバー部に真鍮、機構ハウジング部に銅を使用していて、さらに銅の部分はブラックに塗装されているなど、雰囲気はかなり違っています。とてもシックな印象になっています。

【高音の音質】
基本的には「HS1670SS」と同じ、鋭く敏感な応答性と金属的な響きを持つ高域ですが、筐体素材の違いによるものか、ややジェントルな抑えの効いた表現にシフトしています。その分、倍音のノリ、伸びやかさなどが多少異なっていて、聴き心地を重視した印象にも思えます。

【低音の音質】
「HS1670SS」のタイトさとは打って変わり、しっかりとしたボリュームを持つ、パワフルな低音です。おかげで、クラシックなど、アコースティック楽器が雄大な演奏を奏でてくれます。

【フィット感】
個性的なデザインのイヤホン本体を持ち合わせているため、装着にはちょっとした慣れが必要ですが、こつさえ掴めてしまえば大丈夫。耳掛けタイプのため、ホールド感もしっかりしています。また、別売され評判ともなっているAET製イヤーピースが4タイプ付属するため、ベストな装着感を探し出すことができます。ちなみに、イヤーピースの種類やサイズによって、低域の量感をある程度コントロールすることができるので、音の好みでイヤーピースを選ぶのもオススメです。

【外音遮断性】
イヤーピースのサイズを的確に併せられるので、遮音性は良好なレベルです。

【音漏れ防止】
ほとんど音漏れは感じません。混雑した電車内でも安心して活用できそうです。

【携帯性】
専用ケースが付属するなど、収納&キャリングは十分な配慮が為されています。編み込みケーブルがやや太めですが、柔らかいので取り回しは良好です。

【総評】
「HS1670SS」との音の差がかなり異なっていて、少々驚きました。ジャンルの得手不得手がなく、そのぶん良い音も悪い音もストレートに再現してしまう「HS1670SS」に対し、音楽的な纏まりのよい、バランスに秀でた再生をしてくれるのが「HS1650CU」ならではの特徴といっていいでしょう。
そのおかげで、アコースティック楽器はかなり得意。溝口肇のチェロ演奏などはとてもリアルで、とても心地よい演奏が楽しめますし、ヴァイオリンも艶やかな音色を楽しませてくれます。ユニークなのが、名盤ポップスなどとも相性が良いところ。アース、ウインド&ファイアは、グルーブ感溢れる、ノリの良いサウンドを聴かせてくれます。
いっぽうで、最新録音との相性はそれほどベストという感じではなく、ロバート・グラスパー「ヒューマン」などは、ほんのちょっとだけリズムがもたついてる感じに聴こえます。「HS1670SS」のキレまくりの音に比べると普通に感じますが、その分音楽を纏まりよく、心地よく聴かせてくれる傾向があるので、こちらの方が好み、という人も少なからずいるはずです。2製品を試聴して、どちらの音が好みか、自分の再生環境&音楽はどちらの製品がピッタリか、ぜひ、試聴してみてください。

比較製品
Acoustune > HS1670SS

参考になった1

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
 
 
 
 
 
 

「HS1650CU」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
低音がパワフルで聴き心地の良い姉妹機  4 2019年9月30日 23:11

HS1650CUのレビューを見る(レビュアー数:1人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

HS1650CUのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

HS1650CU
Acoustune

HS1650CU

最安価格(税込):¥59,380登録日:2019年 3月19日 価格.comの安さの理由は?

HS1650CUをお気に入り製品に追加する <5

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
-PR-
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(イヤホン・ヘッドホン)

ご注意