『1年経過して答えが出た!お買い得な名機に進化したZ1』 リコー RICOH THETA Z1 エスプレッソSEVENさんのレビュー・評価

2019年 5月24日 発売

RICOH THETA Z1

  • ワンショットで約2300万画素相当(6720×3360ピクセル)の高品質な360度の全天球イメージを撮影できるデジタルカメラ。
  • コンパクトなボディに1.0型の裏面照射型CMOSイメージセンサーを搭載。絞り優先など多彩な撮影モードに対応し、屋外や暗所など撮影シーンを選ばない。
  • 回転3軸補正による強力な手ぶれ補正機能により、4K(3840×1920ピクセル)、30fps(フレーム/秒)相当の滑らかで臨場感あふれる360度動画撮影が可能。
RICOH THETA Z1 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥105,741

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥105,741¥129,250 (15店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥105,741 〜 ¥105,741 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2000万画素(有効画素)x2 撮影枚数:300枚 RICOH THETA Z1のスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • RICOH THETA Z1の価格比較
  • RICOH THETA Z1の中古価格比較
  • RICOH THETA Z1の買取価格
  • RICOH THETA Z1の店頭購入
  • RICOH THETA Z1のスペック・仕様
  • RICOH THETA Z1の純正オプション
  • RICOH THETA Z1のレビュー
  • RICOH THETA Z1のクチコミ
  • RICOH THETA Z1の画像・動画
  • RICOH THETA Z1のピックアップリスト
  • RICOH THETA Z1のオークション

RICOH THETA Z1リコー

最安価格(税込):¥105,741 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 5月24日

  • RICOH THETA Z1の価格比較
  • RICOH THETA Z1の中古価格比較
  • RICOH THETA Z1の買取価格
  • RICOH THETA Z1の店頭購入
  • RICOH THETA Z1のスペック・仕様
  • RICOH THETA Z1の純正オプション
  • RICOH THETA Z1のレビュー
  • RICOH THETA Z1のクチコミ
  • RICOH THETA Z1の画像・動画
  • RICOH THETA Z1のピックアップリスト
  • RICOH THETA Z1のオークション

『1年経過して答えが出た!お買い得な名機に進化したZ1』 エスプレッソSEVENさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH THETA Z1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

エスプレッソSEVENさん

  • レビュー投稿数:23件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
0件
574件
デジタルカメラ
8件
487件
ビデオカメラ
1件
186件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感4
1年経過して答えが出た!お買い得な名機に進化したZ1
機種不明説明写真@ リモコン
機種不明説明写真A USB接続
当機種まっすぐな道ーリトルプラネット

説明写真@ リモコン

説明写真A USB接続

まっすぐな道ーリトルプラネット

当機種イルミネーションーリトルプラネット
当機種分かれ目ーリトルプラネット
当機種三脚を持ってたのに手持ちでーリトルプラネット

イルミネーションーリトルプラネット

分かれ目ーリトルプラネット

三脚を持ってたのに手持ちでーリトルプラネット

静止画を360°のまま使用することの多い業務系ユーザーです。
発売後すぐにネガティブなレビュー書きました。その後、機能追加で効率性や画質がアップしたり、自分自身の操作もこなれてきたので再レビューです。

■RICOHである信頼感
海外ベンチャー製の競合機がひしめく中、国内ブランドの信頼感があります(製造は中国)。
特にビジネス用途でシェアを得ている(*)からか、シリーズ通しファームやアプリの更新がマメで意欲的です。又、プラグインで後付け機能追加でき、例えば発売時に無かった DualFisheye (後述)を使うと画質が向上します。そんな成長するカメラなので買って良かったです。

*昨今、不動産のHOME'Sやダイハツ中古車サイト等の360°表示モジュールに theta360.biz が採用され、各業界で「360°カメラと云えばTHETA」の図式が定着しつつある。

■一眼カメラより便利
初代THETA発売の2013年より以前から本格派パノラマクリエイター達は広角コンバージョン付きのデジカメや、一眼レフに魚眼レンズを付けたりして“分割で”360°撮影してます。後でつなぐ処理が大変ですが、山や展望台からの景色撮る際、その方が画質が良いからです。一方手軽だが画質に劣るTHETAは「面白いだけのおもちゃ」と揶揄されて来ました。
Z1は一眼と違い28Mピクセル位迄の静止画しか作れないので億超えピクセルと比べるのはどうかと思いますが、一眼でもマイクロフォーサーズ+Laowa 4mm魚眼 との比較なら良い勝負と思います。
一眼の360°撮影は画質が良い反面、実は次のような欠点・制約もあります。
・一眼カメラではノーダルポイントの学習と専用雲台が必要(手持ち無理、機材煩雑)
・〃では動画静止画兼用は無理
・〃では風雨の際の撮影は困難
・〃では程ほどの高さ以外のアングルはできない
・〃では狭小な部屋(トイレなど)や白い壁の空き室でつなぐ作業が難しい
・〃ではストリートビュー投稿が非効率(位置データ、反復効率)
・〃では撮ってすぐ人に360°見せられない
Z1であれば、あっさり全部出来ちゃうので応用性・生産性で考えるとZ1の勝ちです。大抵の360°撮影はZ1一台で対応可能でしょう。

■静止画撮影の幾つかのパターン
実際の360°撮影ですが、昼間の屋外とか窓アリ室内では逆光から逃れられないので、
「白飛びと黒つぶれを、どうやって防ぐか」で悩むことになります。
マニュアルモードも有りますが私は使いません。「Rawを使うかどうか?」と「Autoの中でどのオプションを使うか?」が重要です。
発売当初は有効な選択肢が
・カメラが固定できる場合→“HDR合成”(4枚連写)で撮って、撮って出しか必要に応じてソフトで調整。
・全ての場合→Rawで撮って、Lightroom Classic の現像処理と スティッチングPlugin の処理を連動させる。
の二つしか有りませんでした。

今は、Option Setting の中に“手持ちHDR”という項目が増えました。これはカメラが固定できない場合 or 被写体が動く場合で、撮って出しで使う際の最強選択肢です。
また、カメラが固定でき被写体が動かない場合で、Rawで撮ろうとするなら、THETAの標準機能では無く DualFisheye プラグインで最大+−4EV迄のHDR効果が得られる様になりました。このプラグインは更に4つのモードに分かれ設定が細かいですが、中でもカメラ内で9枚のRawファイルをスタックする“HDR-DNG”モードは、後処理の手間を増やさずに大幅な画質向上が見込めます。「おもちゃ」と、嘗て揶揄した方も考えを改めて頂けるかな?
尚、ここまでの説明の全モードに有効では無いですが、スマホとつながず、市販リモコンだけでシャッターが切れるプラグインも加わりました。(説明写真@)機動力アップと、バッテリーセーブに少なからず貢献します。

作例の全天球表示URL
まっすぐな道 
https://kuula.co/share/7br5C
イルミネーション ※一眼機で難しい高いアングル
https://kuula.co/share/7br5k
分かれ目 ※一眼機で無理な高いアングル
https://kuula.co/share/7br5D
三脚持ってたのに手持ちで… ※一眼機では難しい横に張り出して
https://kuula.co/share/7br58

■よく言われる欠点
1.「バッテリー交換不可である。」
Z1は消費は激しいので、動画中心のユーザーには深刻かもしれませんね。私は動画は撮りませんし、給電・充電がし易いので、あまり気に留めていません。(説明写真A)ちなみにセミハードケースTS-2を使用すると、移動中でも安全にモバイルバッテリーからの充電ができます。
2.「SDカード非対応で、保存メモリ容量が多くない。」
メモリ容量は、確かに倍くらい積んで貰うと有り難いのですが、紛失しやすいマイクロSDカードを使用しないのは寧ろTHETAの美点と思います。Wi-Fiのインフラストラクチャーモードが使える、USBメモリに直接転送するプラグイン(USB Data Transfer)があるなど撮影済みデータの移動手段は普通のカメラより充実しているので、こまめにそれらを使って解決です。
3.「動画性能がイマイチ。」
4K 30fps に留まっているのと、手ぶれ補正が競合機種に勝ることが出来ないのでそう言われているのでしょう。(私は動画を撮らないので詳しくない…)
4Kライブストリーミング、4ch空間音声効果などはしっかりサポートされているので、そういった機能重視の方はZ1を選べば良いでしょう。

ということで私自身購入直後の考えは改まり、価格は寧ろお得なのでは?と感じてます。それでも、小さな要望が2〜3は有ります。
・「公式サイトの使用説明書が旧いまま。bluetoothリモコンの対応や手持ちHDRモードの説明を加え更新して欲しい。」
・「内蔵バッテリーの劣化診断ツールを作って欲しい。(PCにUSB接続して診断でも可)」
・「iOSとAndroidのTHETAアプリに機能差あり、Androidでボカシが入れられない。是非同等に!」

■加工した画像のギャラリーはこちら
リトルプラネットの特集
https://photohito.com/user/gallery/136452/55745/
切り出しパノラマの特集
https://photohito.com/user/gallery/136452/55746/

レベル
プロ
主な被写体
風景
夜景
室内
その他

参考になった25人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度3
デザイン3
画質4
操作性5
バッテリー4
携帯性4
機能性4
液晶5
ホールド感4
価格を勘案すると評価は難しい

再生する

再生する

作例
作例@:静止画を元にTHETA + で作成したアニメーション

作例
作例A:静止画を元にTHETA + で作成したアニメーション

機種不明作例B:静止画を元にTHETA + で作成したリトルプラネット
   

作例B:静止画を元にTHETA + で作成したリトルプラネット

   

歴代のTHETAを2年以上、不動産業務で使い続けてきました。(S,SC、V)
動画は使用してませんので、静止画のことのみ書きます。

Vと比べ単純比較でも画質は上がりました。
また、更に差別化しようと思えば
RAW保存しておいて、Adobe Lightroom Classicの環境で後処理する事も出来るようになりました。
しかし多くの業務使用者にとって、そこは必要ないか
或いはやりたくても(時間的に、技術的に)なかなか出来ない領域ではないでしょうか。

ポータルサイトに入稿するのが中心の使い方では同じ予算で
Vを複数台購入した方が業務効率が上がるでしょうし、
とことん画質に拘るのなら
(一眼カメラ+円周魚眼レンズ+パノラマ雲台+スティッチソフト)の4点セットを揃えた方が、手間は掛かるものの画質的なポテンシャルは高いです。※中古のミラーレスと中国製魚眼レンズなら5万くらいでどうにかなる。雲台とソフトを足しても本機より少し安いくらい……


業務の方は、JPEG撮って出しの画質が その業務の要件に嵌まるかどうか
趣味の方は逆に、RAWファイルを現像することで広がる表現の幅が指向やPC環境に合うかどうか
が評価の分かれ目だと思われます。

(因みにJPEG撮って出しのファイルは1個 8メガバイト程度ですが
 RAWファイルは46〜47メガバイト 、Lightroom 内で何らかの処理をしてそれを最終的に THETA Stitcherプラグインでスティッチ使用とした場合の、直前に作る中間ファイルは作り方にも依りますが1個150メガバイト程度の場合もあります。
 Vで撮って出しのJPEGのみ扱っていた環境では、なかなか高負荷と云えます。)

================================================================
作例@と同じ元ファイル(RAWファイル)をAdobe Lightroom Classic+プラグインの環境で後処理したものの平面表示
https://photohito.com/photo/orgshow/8748902/#lg=1&slide=2
またその全天球表示
https://theta360.com/s/lOU8FsZbKyrY2fBjXfRXx64WG


作例Aと同じ元ファイル(RAWファイル)をAdobe Lightroom Classic+プラグインの環境で後処理したものの平面表示
https://photohito.com/photo/orgshow/8748902/#lg=1&slide=1
またその全天球表示
https://theta360.com/s/h7oOx2AhRefNVL6l0K6Lw6Alc


作例Bと同じ元ファイル(RAWファイル)をAdobe Lightroom Classic+プラグインの環境で後処理したものの平面表示
https://photohito.com/photo/orgshow/8748902/#lg=1&slide=0
またその全天球表示
https://theta360.com/s/p0cDzWmDjyu5rtJ9MTkdOiaLQ

レベル
プロ
主な被写体
室内
その他

参考になった17

 
 
 
 
 
 

「RICOH THETA Z1」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
最悪  1 2020年10月29日 03:19
解決  4 2020年10月21日 10:32
1年経過して答えが出た!お買い得な名機に進化したZ1  5 2020年7月10日 10:29
あまりお勧めしません、購入前によく考えてください。  2 2020年5月20日 00:12
ファイルマネージメントが課題  4 2020年2月7日 00:30
これはほぼ静止画用です。  5 2019年10月17日 18:03
おもちゃですね(笑)  2 2019年10月13日 00:46

RICOH THETA Z1のレビューを見る(レビュアー数:7人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH THETA Z1のレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

RICOH THETA Z1
リコー

RICOH THETA Z1

最安価格(税込):¥105,741発売日:2019年 5月24日 価格.comの安さの理由は?

RICOH THETA Z1をお気に入り製品に追加する <202

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意