RICOH GR III レビュー・評価

2019年 3月15日 発売

RICOH GR III

  • 新開発レンズ「GR LENS18.3mm F2.8」を搭載したハイエンドコンパクトデジタルカメラ。直感的な操作が可能なタッチパネルを搭載。
  • ローパスフィルターレス仕様のAPS-CサイズCMOSイメージセンサーと新開発の画像処理エンジン「GR ENGINE 6」を搭載。有効画素数は約2424万画素。
  • ハイブリッドAF、3軸4段分の補正効果がある独自の手ぶれ補正機構、スマートフォンやタブレットとワイヤレスで連携できる無線LAN機能などを装備。
RICOH GR III 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥120,375

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥135,000 (1製品)


価格帯:¥120,375¥179,000 (17店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥150,000 〜 ¥150,000 (全国1店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2424万画素(有効画素) 撮影枚数:200枚 RICOH GR IIIのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • RICOH GR IIIの価格比較
  • RICOH GR IIIの中古価格比較
  • RICOH GR IIIの買取価格
  • RICOH GR IIIの店頭購入
  • RICOH GR IIIのスペック・仕様
  • RICOH GR IIIの純正オプション
  • RICOH GR IIIのレビュー
  • RICOH GR IIIのクチコミ
  • RICOH GR IIIの画像・動画
  • RICOH GR IIIのピックアップリスト
  • RICOH GR IIIのオークション

RICOH GR IIIリコー

最安価格(税込):¥120,375 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 3月15日

  • RICOH GR IIIの価格比較
  • RICOH GR IIIの中古価格比較
  • RICOH GR IIIの買取価格
  • RICOH GR IIIの店頭購入
  • RICOH GR IIIのスペック・仕様
  • RICOH GR IIIの純正オプション
  • RICOH GR IIIのレビュー
  • RICOH GR IIIのクチコミ
  • RICOH GR IIIの画像・動画
  • RICOH GR IIIのピックアップリスト
  • RICOH GR IIIのオークション

RICOH GR III のユーザーレビュー・評価

rss

満足度:4.44
(カテゴリ平均:4.35
レビュー投稿数:120人 (試用:1人)
評価項目 投票平均 カテゴリ平均 項目別ランキング
デザイン 見た目のよさ、質感 4.57 4.38 -位
画質 画像の精細さ、ノイズの少なさなど 4.63 4.18 -位
操作性 メニュー操作・設定のしやすさ 4.36 4.05 -位
バッテリー バッテリーの持ちはよいか 2.78 3.87 -位
携帯性 軽さ、コンパクトさ 4.85 4.16 -位
機能性 手ぶれ補正、撮影モードなど 4.35 4.21 -位
液晶 液晶画面は見やすいか 4.11 4.13 -位
ホールド感 しっかりホールドできるか 4.35 4.05 -位
  • ※「投票平均」(「満足度」含む)および「カテゴリ平均」は、全投票の単純平均ではなく、独自の集計方法で算出しております
  • ※「カテゴリ平均」より「投票平均」が高い項目は、黄色に塗られております

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GR IIIのレビューを書く

レビュー表示
表示切替
すべて表示
製品比較レビュー
画像付き
動画付き
並べ替え
投稿日(新しい順)
投稿日(古い順)
参考順
満足度(高)
満足度(低)

レビュアー情報「主な被写体:夜景」で絞込んだ結果 (絞込み解除

cristferさん

  • レビュー投稿数:69件
  • 累計支持数:671人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
12件
6件
Mac ノート(MacBook)
10件
3件
レンズ
9件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン5
画質3
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5
当機種梅田近辺、ハードモノトーン
当機種中之島公園から Vivid
当機種あべのハルカス16階 

梅田近辺、ハードモノトーン

中之島公園から Vivid

あべのハルカス16階 

当機種てんしば 光条は絞るときれいに出ます
当機種夜の撮影 ノイズはそこそこありますが、三脚なしで手ブレなく撮影できます
当機種GR3はいつでも白黒撮影が素晴らしい。

てんしば 光条は絞るときれいに出ます

夜の撮影 ノイズはそこそこありますが、三脚なしで手ブレなく撮影できます

GR3はいつでも白黒撮影が素晴らしい。

【デザイン】
デザイン的に優れているとまでは思いませんが、必要な機能がコンパクトにまとめられていて好感の持てるデザインです。カメラ業界で変わらないデザインのGRシリーズはもっと評価されてもいいと思います。使ってみて初めてわかる機能面で優れたデザインです。
【画質】
撮影環境にもよりますが、APS-Cとしては普通です。一眼のAPS-Cと比べると健闘していると言えますが、最新の一眼カメラと比べるとノイズ感やエッジの表現などだいぶ違うようです。
コンデジに関しては、私はGR3以外にも,SONYのRX0とZV1を持っています。ともに1インチのセンサーですが、条件の良い環境ではGR3に劣らない画質を出してくれます。ただRX0は小さすぎるし操作性に難があります。ZV1は動画専用で購入したのですが、これが静止画もいける。スナップカメラとしても十分な能力を持っています。しかしながらZV1は動画に重点をおいていますので、右手で完結できるGRの方が遥かに使いやすいです。
【操作性】
多くの人々が書いておられるように右手の操作でほぼ全てできますので、これは最高ですね。ただ、ファンクションボタンがせめてあと一つは欲しいと感じました。
【バッテリー】
コンパクトさと引き換えと考えると納得のいくバッテリーです。それでも撮影中に一々バッテリー残量に目をやることは多少ストレスになります。でも贅沢は言えません。もう一個買いましょう。
【携帯性】
手のひらサイズでちょうどいいです。これ以上小さくなるとブレを気にして撮影しずらいし、ポケットに入らない大きさではお散歩カメラとしては扱いにくいです。SONYのRX0も使いますが、小さすぎて撮影が難しいです。
【機能性】
必要な機能は全て揃っていますので満足です。イメージコントロールではクロスプロセス、ハードモノトーン、ポジフイルムがお気に入りです。動画はあまり撮りませんし期待はしていません。動画も重視するのならSONYのZV-E10の方をお勧めします。
【液晶】
特に不満はありません。タッチ式ですので便利です。
【ホールド感】
グリップはコンパクトさと持ちやすさ、撮影のしやすさの妥協の産物です。最初は頼りなさそうに見えましたが、使ってみてそのデザインの良さ、使いやすさに驚きました。軽いしコンパクトなのでこのグリップで十分です。
【総評】
ポケットに入れておいて、取り出せばスイッチを入れて1秒で撮影できます。スイッチオフも同じくはやく、最強のスナップシューターと言われるのも当然かもしれません。他のコンデジと比べてこの起動、終了の速さがスナップカメラとしては圧倒的に優れていて、カメラ自ら撮影を誘っているような気がします。
単焦点でバッテリーもあまり持ちは良くない、動画も特に優れているわけではない、ある意味不便を楽しむカメラと言えます。それでも人気があるのはなぜか?写真好きな人のポイントをしっかり掴んでいるでしょう。
画質だけを見るとフルサイズやAPS-Cの一眼カメラには少々劣りますが、GR3にしか撮れない場面も多々あります。私は出かける時、一眼カメラ2台を用意しますが、これにGR3が追加されました。町並みのスナップは全てGR3で撮ることが多くなりました。GR3だけで出かけることもあります。重い一眼がないため解放された気分で撮影枚数が増えます。
ただし、初心者にはハードルが高いカメラかもしれません。オートモードが付いてないし、単焦点だし、、。GR3じゃなくてもスマホで十分きれだとも言えます。
GR3はカメラをよく知る人のための高級コンデジです。わかる人にはその価値がよく理解できるし性能をフルに発揮できる、限られた人のためのカメラだと思います。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった8

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

NORICK01さん

  • レビュー投稿数:13件
  • 累計支持数:265人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
5件
0件
デジタル一眼カメラ
3件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
パッと見チープに見えるが実際に使ってみて初めてデザインの凄さに気付くカメラ。
ボディは質感の高い塗装とマグネシウム合金で武装。
グリップの形状からシャッターボタンの形状、ダイヤルの視認性、操作性まで全て計算され尽くして造られている事がよく分かる。
見た目で良し悪しを判断すると損するというお手本。
究極を突き詰めた結果、非常に美しいデザインとなった。

【画質】
色味に関してNikonやPanasonicのようにクセのない自然な発色。
画質、色、シャドウ、シャープネス他、様々な項目を細かく分かりやすく調整出来る。
解放F2.8、APS-C、単焦点と聞けば『普通だな』と思う人がいるかも知れないがピントが決まった時の解像度は凄まじい。
撮影データをMacで確認した所、非常に高い解像度で驚いた。
GR3得意のマクロ撮影も本格的でレンズから6cmまで寄って大きく写しても非常に綺麗に写る。
こんな小さなボディから出てくる絵とは思えない。
高画素フルサイズ機の超高級レンズでも使わない限り一般人では見分けが付かないレベルと言っていい。

【操作性】
GR3最大の注目点は操作性。
メーカーコンセプトは
『右手のみで全ての操作を完結』
見事にそれを実現した。
一見するとボタンが少なく不便に見えるがADJレバーを押し込む事で頻繁に使う機能を最大5つ割り当てる事が出来、スナップに必要な操作は全てワンタッチで呼び出す事が出来る。
撮影中わざわざメニューから深掘りする必要なし。
AF変更、SS、絞り、ISO、露出補正、WB、イメージコントロール等、スナップで頻繁に調整する項目は全てワンタッチで変更可能。
過去使ったカメラの中で最高の操作性を誇る。
ファンクションボタンに28mm.35mm.50mmとクロップ機能を割り当てる事で瞬時に画角を変えられる事に感動。
RICOHの操作性に対する研究と徹底ぶりはホントに凄い。

【バッテリー】
バッテリー節約せず電源入れっぱなし、背面液晶常時点灯、全力撮影で満タンから約1時間でガス欠。
世間ではバッテリーの容量不足が叫ばれるが自分は特に問題なし。
理由は2つ。
@バッテリーサイズがコンデジサイズなので予備を4コ用意しても邪魔にならない。
Aバッテリーが非常に安いので劣化や容量を気にせず予備を買える。
(ROWA JAPANなら2個で1,200円)
逆にバッテリーサイズを大きくしてボディ自体が大きくなる事を考えればトレードオフ。
こまめに電源を切れば倍以上は持つと思う。

【携帯性】
文句の付けようが無い。
スマホより小さい。
気軽過ぎて常に外出する時は持ち出している。
GR3のサイズに慣れるとX-E4を持ち出すのが面倒くさく感じるほど。
デカいカメラを持つ意味が分からなくてなってしまう。

【機能性】
『よくこんな所まで想定して造ったな!』
というのが結論。
特に感動した5点を紹介。

@電源OFF状態から画像再生ボタン長押しでレンズを起動させる事なく画像のみを再生し消去等の編集が出来る。

A操作性の項目で述べた様にADJレバーを押し込む事で頻繁に使う機能を最大5つワンタッチで呼び出せる所。
Nikonが得意とする技だがGR3のシンプルな操作性にワンタッチで使える所が非常に便利。

BスマホへWi-Fi無線画像送信中、GR3の電源を切っても送信を維持してくれる所。
カメラによって通信中は背面液晶が常時点灯になりバッテリー消耗が激しく通信終了しても電源や背面液晶が点きっぱなしになる。
(GR3は電源OFF送信中、電源ボタンのグリーンのランプが点滅し送信完了したらランプが消灯し自動的に電源が切れる仕組み)

C画像再生確認中、ゴミ箱マークを押すと『一画像消去』の項目が常時表示されているので取捨選択時にワンクリックのみで画像をどんどん消せるのがとても便利。
他のメーカーだと一枚毎にゴミ箱ボタンを押す手間が発生するがGR3はワンタッチ。
選別が楽過ぎる!

D野外晴天時、背面液晶が暗く見えない時はボディ側面に輝度調整を割り当てる事でワンタッチで液晶を明るく出来る。
自分もGR3を敬遠してた理由に
『ファインダーがないので野外撮影時に液晶が暗くて見えない問題』
に直面していたが実際には全く問題なし。
野外での視認性確保は既にRICOHの想定の範囲内だった。

他にはボディ内手ぶれ補正を積んでおり夜間手持ち撮影で威力を発揮。
お守り程度かと思いきや段数4段ながら非常に良く効く手ぶれ補正で驚いた。
夜間スナップでの打率は高い。

【液晶】
液晶画素数は104万画素と現行機種と比較して弱い印象。
ファインダーが無くカメラ内RAW現像も含めて背面液晶に全て情報を依存する事から次期モデルでは高画素化を期待したい。
X-E4の背面液晶162万画素と見比べると明らかに解像度に差があるのが分かりイマイチ感は否めない。
今回唯一のマイナス評価。

【ホールド感】
見た目ではまず気付かない絶妙なグリップ感。
メーカー曰く
『ポケットから取り出す際に指が掛かりやすくなる事を想定してデザインした』
と言う程の徹底ぶり。
厚み、アール、グリップの素材まで全て計算と想定がなされている。
実戦で使って初めて分かる有り難み。

【総評】
『使い込む程凄さが分かる不思議なカメラ』
というのが結論。
撮影者の為にあらゆる想定の元に造られたカメラ。
プロがこぞって使ってるだけある。
GR3の性能を最大限引き出す為のあらゆるサポートをカメラから受けてる印象。
数値上のスペックや機能をしこたまブチ込んで肝心なユーザーを置き去りにしている昨今のカメラに疑問を感じている人に刺さるかも知れない。
個人的に道具は『使いこなしてる!』
という感覚が無いと魅力が無くなり使わなくなってしまう。
どんなに凄い性能を持ったカメラも使わずに持ち出さなければ意味が無い。

『どこにでも持ち出せて誰でも気軽に性能を引き出せるカメラ』

人とカメラのバランスが大事だと教えてくれたGR。

世界中の人が愛用する理由が良く分かった。

人生で一度は所有したいカメラ。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった28

このレビューは参考になりましたか?参考になった

絶対大丈夫さん

  • レビュー投稿数:3件
  • 累計支持数:35人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
1件
0件
デジタルカメラ
1件
0件
自動車(本体)
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
一貫して変わらないデザイン。長年に渡って操作性を追求した結果のたどり着いたデザイン。
高級感や質感というよりはしっかりと作り込んである小さな精密機械の塊な感じ。
シンプルなデザインなので長く使っても飽きることはない。
見栄を張る製品ではないですね。

【画質】
APS-Cなので、画質はキレイで高精細です。RAWで撮って編集もいいですね。
イメージコントロールでモノクロ、ハードモノトーンなどや他を選択して楽しめる。

【操作性】
メニューからの設定は簡単である。メニューの多く階層になっていないので平面的で分かりやすい。直感的に使える。

【バッテリー】
使い方次第。予備を持っていれば安心。サードパーティー製でも使える。電池が多少膨らんでも、電池室にクリアランスが多くあるので、もしそうなっても難なく取り出せる(と思う。)

【携帯性】
画質と携帯性はトレードオフな関係。GR3はそこを高次元でまとめてある。
軽いです、小さいです。そしてステルスです。写真をいかにも撮ってるってな感じにはなりません。なので、周囲をさほど気にしないでストリートスナッに没頭できます。

【機能性】
手ブレ補正はよくできていて効果大です。シャッター速度を2−3段は遅く出来ます。
イメージコントロールのメニューを使えば雰囲気を変えた作品が出来ます。

【液晶】
綺麗なほうだと思います

【ホールド感】
自然と手に馴染みます。特にスイッチ類などが手に干渉して持ちにくいとかもありません。ただ小さいがゆえ、EVボタンを知らぬ間に押して、EV値が振れてることがあります。

【総評】
旅行に行くときに軽くて小さいの綺麗に撮れるので重宝しています。
撮れた画像は後で見ても決してがっかりしません。街なかでも肩にぶら下げたり、カバンに入れておいたりと、持ち出しが苦にならない素敵なカメラです。ただ残念なのは最近の実勢価格は高すぎますよね。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内
その他

参考になった3

このレビューは参考になりましたか?参考になった

しまやんぐさん

  • レビュー投稿数:116件
  • 累計支持数:586人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

掃除機
7件
2件
レンズ
8件
0件
コーヒーメーカー
2件
5件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性4
バッテリー3
携帯性5
機能性4
液晶2
ホールド感5

【デザイン】
良い。
けどっ、、、! けどっっ!!

【画質】
良い。歴史が証明済み。

【操作性】
ふつうに良い。不満はない。

【バッテリー】
悪いとウワサされてるが、個人的には不満はない。撮り倒すタイプではないので。

【携帯性】
良すぎて怖い。

【機能性】
ふつうに良い。不満はない。

【液晶】
良さは感じない。あまり信じてない。

【ホールド感】
大変良い。

【総評】
 GR IIIxを一年近く使った結果、広角が欲しくて、でも大きいカメラを持ち歩くのが億劫で、、、での買い足しです(Wも出そうにないので、諦め半分で)。見た目はもちろん、使用感もGR IIIxそのもので(普通の人は逆でしょうが)、高い買い物をした気すらしないほど、初日から馴染んでおります。
 問題はGR IIIxと瓜二つどころか、全く見た目が同じところ(重量は僅かに違う)。2台使いは想定になかったのでしょうか? 咄嗟にカメラ取り出して、、、って時に、一呼吸損するシチュエーションが出てくるのではないかと思います。
 基本、これからはGRV2台を普段持ちにするつもりなので、本当個人的な希望では、もっと広角(16mm-20mm)の方が嬉しいかなと(もしくは40mmが50mmだったら、、、みたいな)。まぁ、天に唾する様な要望ですけど。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景
室内

参考になった23

このレビューは参考になりましたか?参考になった

thankmelaterさん

  • レビュー投稿数:1件
  • 累計支持数:46人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
1件
1件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー5
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

(所有しているまたは所有していたカメラ:Sony A7III、A7Riii、A6000、NikonD5500、Fujifilm X-E3、Fujifilm X70、Fujifilm XF10、他...
所有しているまたは所有していたレンズ:ハイエンドから撒き餌まで約100本。

4240万画素のソニーのフルサイズ機をメインで使っていましたが、やはり昨今のプライバシー意識の高まりから、街中のスナップでフルサイズ機を使うのはためらいがあり、スナップ用にフジのX70を購入しました。

X70は味わい深い描写で大変気に入りましたが、画素数が1630万ということで、やはりちょっと物足りなく、2424万画素のXF10を購入。

XF10は出てくる色は好きでしたが、ISOが上がると塗り絵的な描写になってしまい、普段ソニー機の高画質に慣れている身としては、やはり満足できませんでした(あと、言葉では説明できないのですが、低ISO時も何か「コンデジ感」がありました。立体感に乏しいとか、そういうことだと思います。ただ値段などを考慮すると世間の評価以上に良いカメラだと思っています)。

次にX-E3とXF18mm F2の組み合わせを試しました。なるほど、X-E3の高感度はXF10とは比べものにならないほど良いし、XF18mmが味わい深くて、とても気に入りました。ただ、XF18mmは周辺描写は非常に甘いですね。

と、スナップ用の機材を色々と探ってると、どうしてもGRが気になってしまうんですよね。ということで、GRIIIを購入しました。以下、思ったことを書き散らしますので、参考になる点があれば幸いです。)

いやぁ、素晴らしいですね。想像していたレベルを軽く超えてきました。

ネットで色々作例を見ても、自分で撮っていつものモニターで見なければ分からない部分がありますね。抜けの良さや立体感、周辺までの解像力にビックリしました。正直、XF10とは比較にならないです。

夜間が綺麗に撮れないという意見もあるようですが、多分ISO、SS、F値の関係を理解していない(実践できていない)人の言葉だと思います。手ぶれ補正の恩恵もあり、APS-C機としては充分すぎるほど綺麗に撮れます。

一つ良い意味で予想外だったのが、描写に空気感や味わいがあることですね。もっと淡白な描写をするのかなと勝手に思っていました。普段、Lightroomで編集するんですが、GRIIIの場合はフジ機のように撮って出しjpegでも満足できることが多いです。

4200万画素のカメラをしばらく使っていましたが、パチパチと街角スナップを撮って保存するのには、やはりGRiiiの2400万画素レベルがバランスが良いなと感じています。

大きさは、X-E3+XF18mm F2とそんなに変わらないだろうと思っていましたが、大きさも重量も全然別物(小さい&軽い)でした。X-E3(X-E4)にはない手ぶれ補正も、あると無いとでは大違いでしたね。F2.8の懸念がありましたが、手ぶれ補正があるおかげで、夜間時、フジ機の時より低ISOで撮影も可能でした。

バッテリーですが、私はピンポイント狙い撃ち(一回の外の持ち出しで100枚以下)ですので、全く不満はありませんね。一応、予備のバッテリーも購入しましたが...。設定をいじくる時などはUSB-Cで充電しながらすれば良いです。

ほこり対策として、JJCのレンズバリア周辺に貼るタイプのフィルターを使う人がいますが、あれは意味ないと思います。主に、電源オン時の伸びた鏡胴から、ほこりは入ると思いますので(事実、JJCのフィルターを貼っていてもホコリの混入があったとのレビューを海外サイトで目にしました。レンズバリア周辺の擦れ防止には効果はあると思いますが、貼るタイプはリスクが高いですね)。ほこりの混入が気になる人はアダプター+49mmフィルターが有効です。ほこり対策だけなら、非純正で電子接点の無いNiSiのアダプター+フィルターで十分です。

(補足:ほこり対策でアダプターとフィルターを付けるかは、微妙なところですね。ガチなスナップシューターには邪道でしょう。私の場合、GRをズボンのポケットに入れることは無く、どうせ小型のバッグに入れるか、手に持つかするので、多少の厚みは出てもアダプターを付けた方が安心感はありますので、今の所、付けっぱにしています。ほこり以外でも、アダプターは小雨の時の撮影には安心感があって良いですよ。伸びた鏡胴に水滴が付くのを防いでくれますので。)

この間、一泊の旅行に持って行ったんですが最高ですね。全く邪魔にならないです。ラーメン屋で撮っても、目立たないです。以前、東南アジアにしばらく滞在していたのですが、その時にGRがあれば色々撮れただろうなぁ、と思っています。スナップ写真や記録写真を撮るのが好きな方は一刻も早く買った方が良いです。人生一度きりです。

GRをスマホと比較したり、GRの真価が理解できない人が一定数いますが、まぁ仕方ないかなと思っています。音楽でもトップ10に入っている日本のポップスしか理解できない人もいれば、フリージャズ大好きの人までいますからね。むしろ28mmの単焦点で10万円クラスのコンデジがこんなに人気なのですから、みんな分かってるなぁと感心しています。

編集:誤字脱字修正、XF70→X70、補足追加

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内

参考になった46人(再レビュー後:38人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

10年寝たろうさん 金メダル

  • レビュー投稿数:1602件
  • 累計支持数:15018人
  • ファン数:35人
満足度3
デザイン4
画質4
操作性3
バッテリー無評価
携帯性3
機能性3
液晶2
ホールド感3

【デザイン】
GRデジタルからのお約束のデザイン。
フイルムカメラのGRのエッセンスも入り、いかにもGRという雰囲気を醸していますが、この伝統のデザインというのは趣味性の高いこの手のカメラには重要です。

【画質】
単焦点らしく、解像度の高いなかなか良質な画質です。
やはり画像のキレの良さが短焦点レンズの良さです。

【操作性】
高級コンデジとして違和感なく操作できますし、軽く握りやすいので、キチンとカメラを持てる方なら片手でも十分撮影可能です。

【バッテリー】

【携帯性】
ソニーのAPSミラーレスと比べたら特別小さくはありませんが、最も使いやすいサイズとも感じました。やたらに小さくしすぎるのはカメラを使う上ではよくないことなので。

【機能性】
未だにビューファインダーも装備されず、初代GRデジタルという大昔の機種から進歩がありません。
本来のフィルムカメラのイメージで撮影するとするなら、個人的にはしっかりとした内臓ビューファインダーが欲しいところですね。

【液晶】
104万ドットと並クラスの液晶です。

【ホールド感】
良好です。

【総評】
実売価格が10万円越えと言う割には見た目とAFの性能は落ちるものの価格が半分の富士のXF10との差異については良く検討した方が良いと考えますね。

個人的には28mm単焦点カメラの面白さもわかりますが、普段持ち歩くならズーム付きの方が使い勝手がいいし、別にミラーレスの小さいのに単焦点レンズ付ければ、ほぼ同じような結果が得られるので、個人的にはこのカメラを買うことはありません。
ちなみに、個人的には普段持ち歩きのカメラはパナソニックのGM5かGM1に3倍か10倍のズームつけて持ち歩いています。画質では負けますが、スナップなら十分なので。

購入前には富士XF10とも比較してみるとか、ご自分の撮影スタイルを見極めるとか、いろいろと考えて購入されたなら良いカメラになるかもしれませんね。

参考になった37人(再レビュー後:5人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Kazu Indiaさん

  • レビュー投稿数:4件
  • 累計支持数:118人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
3件
7件
デジタルカメラ
1件
3件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

【デザイン】
無骨で芯のあるコンセプトが男心をくすぐる

【画質】
このコンパクトさでAPS-Cを搭載。そしてその力量をきちんと出せるのはすごい。

【操作性】
分かりやすい。機能的。

【バッテリー】
これはやはり不満。小型型のトレードオフならやむなしとは思うけど。

【携帯性】
それがウリ。

【機能性】
起動も早くチャンスを逃さない。
自分的にはちょっとだけ画角広いけど工夫次第。
そして凄く寄れるのも良い。

【液晶】
まあ必要十分かなと。特に不満無し。

【ホールド感】
片手でしっかりホールド。手ぶれ補正効いてるから不安もない。

【総評】
評判通り本当にフィーリングも良く出てくる絵も素敵なカメラ。コンパクトな富士フイルムを使ってきた自分でもこの携帯性は別レベル。手ぶれ補正もキチンと効くのでSSも抑えることも出来るし、常にポケットに入れてサッと撮れるのは撮影スタイルとして革新的。
皆さんが褒めちぎる理由が使ってみて凄く分かった。

強いて欠点を言うとなると、バッテリーの持ちが悪い、AFが少し迷うことがあること。

最初シャッター音が物足りなかったけど、このカメラのキャラ的には控えめな『シャキッ』という音もアリかなと思い直した。

あとはあくまで個人的な意見としては、やっぱりEVF欲しいな。楽しみが広がるから。GR4では画素数変えなくていいからあると嬉しい、このサイズのまま載せられるのであれば。

★2022年7月24日追記:
ファインダー(EVF)欲しいと書きましたが、しばらく使ってみたら、EVF無いのが気にならないし何なら無い方がサクサク、腕を伸ばしたり、ノールックだったり自由な撮り方が出来る。これがGRの良さなんだろうなと再認識。
結論、EVFやっぱり無しでいい。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景

参考になった13人(再レビュー後:12人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

maryrequiemさん

  • レビュー投稿数:2件
  • 累計支持数:125人
  • ファン数:2人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
2件
25件
デジタル一眼カメラ
0件
16件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー4
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種雨の法観寺(八坂の塔)
当機種八坂神社 舞殿
当機種THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICからの夜景

雨の法観寺(八坂の塔)

八坂神社 舞殿

THE GATE HOTEL 京都高瀬川 by HULICからの夜景

当機種某アニメ聖地で有名 南禅寺 水路閣
当機種菊乃井 無碍山房 いちごパフェ
当機種FAUCHON LE GRAND CAFE KYOTO

某アニメ聖地で有名 南禅寺 水路閣

菊乃井 無碍山房 いちごパフェ

FAUCHON LE GRAND CAFE KYOTO

GRII > GRIII と使ってます
自分の不注意による度重なる落下で愛機GRIIIに色々と不具合が、、、(AF合掌後に黒い被写体にピンが合うとAFがブルブルと痙攣しだす。背面液晶割れなどなど)
それでも撮影自体は出来るし写真は変わらずきれいなのでそのまま数ヶ月使用してましたが、2月13,14日の京都旅行に合わせて2代目のGRIIIを購入しました
クレカ使用と急ぎたかったのでAmazonで11万円ほど。2年前は8万円ぐらいだったなあ(遠い目)

基本的なレビューはもう散々したので割愛


※GRIIIxにしなかった理由
私はグーグルマップとブログをやってまして、風景と食事の写真がメインです
食事の撮影は正直40mmの画角が便利ですが、私は風景写真の方を重視したい傾向でして結局28mmになっちゃうんですよね
なので物撮りはクロップで私は十分
つーかもっと広角が欲しいぐらいです
ただワイドコンバージョンレンズは私的には有り得ないチョイスかな
ポケットに突っ込める携帯性、機動力が好きでGRIIIを使ってるのにワイドコンバージョンレンズつけたら首から下げざるを得ない
そんな使い方するなら普通にレンズ交換式の一眼を持ちますよええ

GRIIIxを実際に触って気が付いたことが最短撮影距離の違い
GRII時代で慣れてたはずの10cmの距離ですがGRIIIの6cmにすっかり身体が馴染んでしまいGRIIIxの12cmは最早受け容れられない耐えられない

まーこれからGRにしようとする人だろうと、今どきな人はスマホの28mmの画角が当たり前(寧ろもっと広角すら今じゃ普通。35mm,40mmとかの方が今じゃ珍しい時代)ですから、ステップアップなら私は28mmのGRIIIをおすすめしますかね
GRIIIxの40mmはあくまでGRユーザーがポトレ等で使用する交換レンズ的役割りじゃないですかね
モデルチェンジを繰り返しても何故、今までこの28mmという画角を守ってきたのかっつーことかと


んで
結局GRIIIにしたわけですが、文句の付けようがない完璧なカメラですな
つーか、基本デザインから28mm単焦点という画角、速写性重視など、他には無いとことん尖った姿勢なのがウリだった筈なのに何でまたGRIIIxなんて出したのか私は逆に不思議でならない

ワイドコンバージョンレンズ無しでもっともっと広角なGRIIIw(?)とかJ Limited待ってるんだけど発売まだですかー?

他に選択肢など存在しない
私は次もGRしか買わない

レベル
アマチュア
主な被写体
風景
夜景
室内

参考になった92人(再レビュー後:24人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

dragon38さん

  • レビュー投稿数:34件
  • 累計支持数:207人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
5件
118件
デジタルカメラ
7件
76件
スマートフォン
3件
64件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶5
ホールド感5

【デザイン】
一目見てGRと分かる永久に変わらないデザインは一貫性があって良いと思う。

【画質】
フルサイズには及ばないものの、さすがにAPS−Cはコンデジクラスでは最強です。

【操作性】
初代の無印GRから使っており、操作性には一貫性があるので迷う事はありません。

【バッテリー】
Vになってからバッテリーの持ちが悪化したのは残念です。

【携帯性】
コンデジなので文句なし。

【機能性】
一眼レフ並と言っても良いくらいに、やりたいことは何でもできると感じています。

【液晶】
とてもきれいで見やすいし、これで不足する場合はスマホに飛ばして確認するので、何も問題はありません。

【ホールド感】
GRのホールド感が良いホールド感だと思っています。

【総評】
こだわりのコンデジっていうイメージが強く、とても気に入っています。
Vxも買い足しましたが、Vも絶対に必要なので手放すことは全く念頭にありません。
1台だけ持って出かける時に迷うのだけが難点です。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった7

このレビューは参考になりましたか?参考になった

一滴水Uさん

  • レビュー投稿数:10件
  • 累計支持数:113人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタル一眼カメラ
2件
71件
デジタルカメラ
2件
38件
レンズ
3件
34件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性4
バッテリー2
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感5

【デザイン】
 基本的なデザインは代々のGRシリーズから踏襲されてきているデザインで完成されており、素晴らしい。

【画質】
 APS-Cのセンサーサイズなので綺麗な描写をするが、最新のセンサーに比べたら少し白飛びしやすい。
【操作性】
 先代のGRUからかなり操作性が変更されており戸惑いがあったが、タッチパネルは使いやすい。ただ、露出補正のダイヤル
 は明らかに改悪。

【バッテリー】
 悪い。予備電池必須。改善を期待したい。

【携帯性】
 素晴らしい!の一言。

【機能性】
 インターバル合成で較明合成が出来、枚数もほぼ枚数制限がなく撮れるから、星景写真や蛍、花火など夜の撮影はとても楽く
 しかもフォーカスを無限遠に簡単に設定出来るから上記の様な撮影はこの上なく快適。

【液晶】
 普通

【ホールド感】
 コンパクトながら程よいグリップと重さがホールド感を良くしている。

【総評】
 唯一無二のカメラ。人生でこれから一台だけしかカメラを持てないとしたならば、間違いなくこのカメラを選ぶ。

レベル
ハイアマチュア
主な被写体
風景
夜景

参考になった14

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ログインで最安お知らせ機能が使える!

灯里アリアさん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:1553人
  • ファン数:8人

よく投稿するカテゴリ

自動車(本体)
13件
605件
デジタルカメラ
4件
343件
デジタル一眼カメラ
2件
306件
もっと見る
満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー2
携帯性4
機能性4
液晶3
ホールド感5

前提として、数年前にAPS-C版のGRをサブで購入、その後、
X100F、G1Xmk3ときて、今回GR3に移行した次第です。

メインはα7R4を使っており、あくまでもGR3はサブとなります。
がっつり撮影するというよりGR3は普段持ち歩きでスナップ感覚で撮る感じです。



【デザイン】
良くも悪くも代わり映えしないです。大きな不満無し。
むしろ、少しGR2より小型化してるのに機能は大幅増というのが凄い。

また、スマホに比べてでかいとか文句言ってる人は、悪いこと言わないので
今すぐ手放すべき。そもそも製品としてのカテゴリが違うものを
比較しているという頓珍漢さ。豆粒センサーとAPS-Cセンサーの違いもわからず
文句を言うのはもはや害悪でしょう。


【画質】
パッと見は相変わらずいい画質。そしてGRの頃よりLightroomで弄っても
粘る粘る。クロスプロセスなども好きですが、ここまで再現性が高いと
現像ソフトでやっちゃいますね。


【操作性】
これは以前から変わらず。使いやすいのひとこと。
ただ、この機種から初めて使う人にとってはどうかはわかりません。


【バッテリー】
これだけが不満。明らかに短い。
ただ、じゃあ本体でかい方が良いかと言われると、この大きさの方が望ましい。

【携帯性】
APS-Cのコンデジでこの大きさは正義以外の何物でもない。
ここでもまたスマホガー勢がいるが、相手にする必要もない。
「カメラ」というカテゴリかつ「APS-Cセンサー」という条件でGR3以上に
良い機種があったら教えてほしい。


【機能性】
今回、手振れ補正など、初代からずっと言われていた機能を積んできたのは
本当に大きい。
「GRとかかくあるべき」みたいな年寄りが文句を言ってるケースもあるが、
であれば買うな。としか。


【液晶】
これはあまり奇麗な感じがしないです。逆にPCで見て、
「おぉ!」と思うケースが多い。


【ホールド感】
相変わらず謎のホールド感の良さ!


【総評】
そもそも「スマホ」と比較する製品じゃないのに、小さいが故に
何故か比較する意味不明な連中を相手にするべきではない。
(大きさ比較、機能比較など、ナンセンスとしか言いようがない)

以前からそうですが、「価値をわかる人が選ぶカメラ」だと思っています。
何故か勘違いしてる人が購入して自分勝手に失望しているケースが
散見されるのが非常に残念かつ迷惑だなと感じます。



レベル
アマチュア
主な被写体
風景
子供・動物
夜景
スポーツ

参考になった52

このレビューは参考になりましたか?参考になった

Leo_Mさん

  • レビュー投稿数:58件
  • 累計支持数:1405人
  • ファン数:1人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
21件
0件
デジタル一眼カメラ
6件
2件
自動車(本体)
2件
3件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質4
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感3

写真はマクロ撮影のテスト画像。

RX1RやX100Fやミラーレスフルサイズ所有経験からの感想です

カメラ選びの前提は
目的別に所有すること

GR3にはあれもこれもは求めません

目的となる利用シーン
・街歩きスナップ
・飲食店内などの目立ちたくない撮影

求めること
・スマホより綺麗
・スマホよりボケる
・スマホより小さい
・スマホより高感度
・スマホ同等の広角
・スマホより寄れるマクロ
・フルサイズは50mm前後常用のためより広角
・フルサイズより70%以上軽い
・RX1RやX100Fより軽い
・手持ち常用で歩ける
・小ぶりなバッグに常用できる
・ビジネスバッグにも常用できる
・多少雑に扱っても大丈夫そう(使い方による)

求めないこと
・ファインダー
・動体AF
・ズーム
・フルサイズほどの高感度
・写真撮ってる感
・バッテリーの持ち

結論、割り切って使うカメラですので
用途が合いそうである人が買えばよいかと

---追記---

・28mm/35mm/50mmの切替が地味に便利
・期待してなかった手ぶれ補正が予想より良い
・モノクロがソニーやd-lux7より好みで
・ボディ内現像でワークフローが楽
・やはり軽量からくる敏捷性は強み

---追記2---

改めて
・当たり前だが、スマホより画質が良い!
・当たり前だが、スマホより高感度!
・当たり前だが、スマホよりAFが合う!
・当たり前だが、スマホ撮影より操作性が良い!
・当たり前だが、スマホ撮影より早い!

画質&コンパクト&スピードを考えると
サイコーの写真機だと改めて感じる。

レベル
初心者
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった104人(再レビュー後:33人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ひろこんぐさん

  • レビュー投稿数:56件
  • 累計支持数:582人
  • ファン数:5人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
6件
46件
スマートフォン
1件
41件
タブレットPC
2件
23件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー2
携帯性4
機能性5
液晶5
ホールド感5
当機種
別機種新旧比較
当機種

新旧比較

当機種
当機種
 

 

Amazonアウトレットで購入し、1年ほど使用しました。初代APS-CのGRを使っていましたが、下記の改善部分がかなり効いているので最近はほぼGRVで撮影しています。

1,3軸対応のボディ内手ブレ補正「SR」の搭載
2,最短6cmの撮影距離
3,タッチディスプレイ搭載
4,有効約2424万画素のAPS-C CMOSセンサー
5,ボディサイズの小型化
6,0.8秒という高速起動
7,USB Type-C端子で充電・データ転送可能
8,スマートフォン連携可能
9,像面位相差検出とコントラスト検出のハイブリッドAF

マクロ機能の強化とタッチAFは花の撮影がかなりしやすくなりますし、手ブレ補正で三脚がなくても夜景が撮りやすい部分は最強のスナップシューターとしてさらに磨きがかかっている部分と感じています。

ただしバッテリー持ちは200枚前後までしか持たないので、この部分は次回の機種でサイズが大きくなっても構わないので改善してほしいと感じています。

ブログでもレビューさせていただきました。
RICOH GRV1年使用レビュー!初代GRからのAF改善や手ブレ補正の進化で最強のスナップシューターに https://taishon.nagoya/ricoh-gr3-1year-review/

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内

参考になった15

このレビューは参考になりましたか?参考になった

ジャズバロンさん

  • レビュー投稿数:6件
  • 累計支持数:76人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

デジタルカメラ
3件
0件
レンズ
2件
0件
デジタル一眼カメラ
1件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶4
ホールド感4

GRシリーズ遍歴はGRD→GRD3→GRD4→GR2→GR3です。外付けファインダーをGR3用に購入検討しました。で!わかったのですがGV-1はGR2用のファインダーだったのです!
でも、店頭ではGV-1、GV-2両方共にGR3の横で販売されています。
光軸が違うのです!びっくりしましたよ。結論から言って私はあえて光軸がズレているGV-1を購入しました。何故かと言うとあまりにもGV-2のファインダーとしての性能がショボすぎする。ペンタックスのGV-2への自信の無さが寂しいです。
多少、光軸がズレていてもGV-1は秀逸です。レンジファインダーカメラを若い頃から使っていた者としてはぜんぜんOKです。勢いでGV-2を買ってしまった方はリコーの光学技術はこの程度か?と思はないでください。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
夜景

参考になった18

このレビューは参考になりましたか?参考になった

HIEN_さん

  • レビュー投稿数:24件
  • 累計支持数:618人
  • ファン数:6人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
18件
2件
デジタル一眼カメラ
4件
2件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質5
操作性5
バッテリー3
携帯性5
機能性5
液晶3
ホールド感3

GRVはTHEカメラだなーとつくづく思います。かなり持ち歩いて使っています。
GRで不思議なのは、ISOあげまくってSSの速い写真を撮ってもいいし、ノイズばしった荒い写真でもいいし、ぶれた写真ですらいいと思えることです。
写真の本質は像の転写なのだと思い知らされます。
APSCセンサーを搭載しており、じっくり撮れば綺麗で高精細な写真を撮れます。
富士とは別な方向性での独特のイメージコントロールを搭載しており、個性を発揮できます。
GRにしか出ない色味というものもあるっぽいです。
よくもわるくもやはり素晴らしい。
それとマクロモードがあります。すげえ寄れます。この機能、地味に忘れられてないですかね?

まあでもGRの凄みは0.1秒で起動してすぐにシャッターを切れるところですね。
最速スナップシューターの異名は伊達じゃないです。
極めて軽く、片手で問題なく操作できます。
携帯性という点ではスマホのほうが肌身放さず持っているでしょうけど、スマホがGRの立場を奪うことは今のところないのではないでしょうか。
スマホで0.5秒で撮影するのは無理ですよ。GRならできます。
これはスマホが発達しても改善しないんじゃないかな?と思います。
スマホを起動もしくはアクティブにして、カメラアイコンを押して、シャッターボタンを押すというプロセスは変わりようがないと思うからです。物理ボタンにシャッターをアサインできて、液晶に表示がなくても撮影ができるのならパラダイムシフトになると思いますが、そうはならないでしょう。

電池はすぐになくなるので、予備バッテリーを持っておくのに越したことはないです。

ズームもできない硬派なカメラですが、それだけにTHE CAMERAという感じがして気持ちがいいです。不便という感じも別にしません。もともとできないことを人間、不便には思わないものです。その割にはマクロなどもできてむしろ便利感があります。

あと地味に動画も撮ることができます。APS-Cセンサーだからといって夜などにトライするとノイズがありすぎて話にならないですが、十分な光量がある場所なら、イメージコントロールつきで動画が撮れるため面白い映像を得ることができます。意外とポテンシャルがあるかもしれません。

自分を研ぎ澄ませてくれる、日常に寄り添ってくれる、そして意外と遊び心を持った素晴らしいカメラが、このGRです。

レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景
子供・動物
夜景
室内
その他

参考になった17

このレビューは参考になりましたか?参考になった

 
 
 
 
 
 

前のページへ次のページへ

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GR IIIのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

RICOH GR III
リコー

RICOH GR III

最安価格(税込):¥120,375発売日:2019年 3月15日 価格.comの安さの理由は?

RICOH GR IIIをお気に入り製品に追加する <1914

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

デジタルカメラ
(最近3年以内の発売・登録)



ランキングを詳しく見る


新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意