『スマホカメラとは次元が違う、一眼機並みのコンパクトカメラ』 リコー RICOH GR III nBanjoさんのレビュー・評価

2019年 3月15日 発売

RICOH GR III

  • 新開発レンズ「GR LENS18.3mm F2.8」を搭載したハイエンドコンパクトデジタルカメラ。直感的な操作が可能なタッチパネルを搭載。
  • ローパスフィルターレス仕様のAPS-CサイズCMOSイメージセンサーと新開発の画像処理エンジン「GR ENGINE 6」を搭載。有効画素数は約2424万画素。
  • ハイブリッドAF、3軸4段分の補正効果がある独自の手ぶれ補正機構、スマートフォンやタブレットとワイヤレスで連携できる無線LAN機能などを装備。
RICOH GR III 製品画像

拡大

最安価格(税込):

¥120,375

(前週比:±0 ) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

価格帯:¥120,375¥159,800 (24店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥134,400 〜 ¥159,800 (全国2店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2424万画素(有効画素) 撮影枚数:200枚 RICOH GR IIIのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • RICOH GR IIIの価格比較
  • RICOH GR IIIの中古価格比較
  • RICOH GR IIIの買取価格
  • RICOH GR IIIの店頭購入
  • RICOH GR IIIのスペック・仕様
  • RICOH GR IIIの純正オプション
  • RICOH GR IIIのレビュー
  • RICOH GR IIIのクチコミ
  • RICOH GR IIIの画像・動画
  • RICOH GR IIIのピックアップリスト
  • RICOH GR IIIのオークション

RICOH GR IIIリコー

最安価格(税込):¥120,375 (前週比:±0 ) 発売日:2019年 3月15日

  • RICOH GR IIIの価格比較
  • RICOH GR IIIの中古価格比較
  • RICOH GR IIIの買取価格
  • RICOH GR IIIの店頭購入
  • RICOH GR IIIのスペック・仕様
  • RICOH GR IIIの純正オプション
  • RICOH GR IIIのレビュー
  • RICOH GR IIIのクチコミ
  • RICOH GR IIIの画像・動画
  • RICOH GR IIIのピックアップリスト
  • RICOH GR IIIのオークション

『スマホカメラとは次元が違う、一眼機並みのコンパクトカメラ』 nBanjoさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GR IIIのレビューを書く

nBanjoさん

  • レビュー投稿数:84件
  • 累計支持数:1015人
  • ファン数:3人

よく投稿するカテゴリ

イヤホン・ヘッドホン
24件
0件
デジタルオーディオプレーヤー(DAP)
11件
0件
ヘッドホンアンプ・DAC
9件
0件
もっと見る
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー1
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
スマホカメラとは次元が違う、一眼機並みのコンパクトカメラ
当機種普段のペコちゃん(AWB正常)
当機種バスクリン色化したペコちゃん(AWB異常)
別機種他機で撮影した比較画像

普段のペコちゃん(AWB正常)

バスクリン色化したペコちゃん(AWB異常)

他機で撮影した比較画像

再レビュー(一部訂正)

■良かった点
・見た目はコンデジだが中身は一眼カメラ並みのスペック
小型ボディーに大型APS-Cセンサーでセンサーシフト式手振れ補正搭載というのは凄い(よくやった)と思います。

・単焦点レンズ
光学的な画質性能面では圧倒的に有利です。
ズームレンズのように広角から望遠まで画角を変えられる利便性はないので、単焦点レンズでの撮影はレンズのズーム動作の代わりに撮影者自身のフットワークとテクニックが必要となってきます。
逆に、単焦点レンズで被写体との距離によってどう写りが変化するかを体感しながらカメラや写真の奥深さを学ぶことができるわけなので、撮影テクニックや光学的特徴を活かした写真自体のレベルアップが目的とするなら本機はピッタリだと思います。

・AF(オートフォーカス)/AE(自動露出)/WB(ホワイトバランス)のレスポンスが良い
エントリ/ミドルクラスの一眼カメラに負けないくらい(撮影シーンによってはそれ以上かも)のレスポンスの高さは、まさしく「スナップシューター」と言えそうです。
ニコン/Z6IIではオートホワイトバランスの作動時の安定するまでの時間がやや長いようなので、カメラを被写体に向けてすぐにシャッターを切るとホワイトバランス(色味)にバラツキが生じやすいです。
つまり、ニコン/Z6IIではホワイトバランス(色味)の精度を重視するとフレーミング決定からシャッターを切るタイミングを遅らせる必要があります。
カメラを構えてシャッターを切るまでの一連の操作/動作における機動力の高さは本機の方が優れていると言えそうです。
また、「フルプレススナップ」機能など本機には一眼機にはない機動力を高める(スナップ撮影に便利な)機能が備わっているところが魅力です。

・AF(オートフォーカス)や手振れ補正の精度について
私的には悪いと感じたことはなく優秀な方だと思います。
AFの精度は、AF対象となる被写体ポイントのコントラスト/模様に左右されると私的に考えています。
また「ピンポイントAF」はAF検出エリアが小さすぎるので、マクロでない普通の撮影時には合焦精度は悪くなる印象です。
普段において動体物や動画を撮影しない私は、「セレクトAF」モードでなるべくコントラストや模様のはっきりしたポイントにAFを作動させるように心がけています。

■気になった点(弟機(GRIIIx)も同様)
・バッテリーライフ(持久力無し)
本機で一番気になるところで、予備バッテリーは必須。

・「白とび」しやすい(内容訂正)
カメラ任せで同じ被写体を撮影しても、ニコン/Z6IIでは「白とび」しにくく本機との違いが顕著にわかります。
ダイナミックレンジ補正(ハイライト補正)を色々弄ってみましたが、あまり改善効果なく「白とび」は本機の個性とみなすしかなさそう。
本機はレンズを含めて階調性よりもコントラストを優先した硬調な印象の画質設計がなされているようなので、私的に青い空が「白とび」しにくいようにするため、とりあえずイメージコントロールのコントラストを「−2」に設定して使用。

・液晶モニターの色味
緑/青の色味が強いように感じます。
設定で色味調整すると良くなります。
ライブビューモニター時と撮影画像再生時とでは色調と明るさが若干異なるようです。
撮影画像再生時に色味調整する方が良いかと思います。
因みに、ニコン/Z6IIの液晶モニターは無調整(デフォルト)でキャリブレーションしたPCモニターとの色調はほぼ一致。

・オートホワイトバランスの色味にややクセがある(内容訂正)
やや寒色傾向で晴天時の風景ではオートホワイトバランス微調整のA1またはM1くらいが良さそうですが、明暗差があるシーンではシャドウ部で青みが強く出ます。
これは低輝度になるほど青みが強くなる撮像センサーを使用しており、そのクセ(個性)によるところが大きいかと推測します。
つまり画像のハイライト部とシャドウ部で青みの強さが異なり、オートホワイトバランスでハイライト部とシャドウ部をバランスよく色補正できないからだと考えられます。
他社機でもその傾向が見られるものがけっこうありますが、特に本機はその傾向が強いように感じました。
さらに、室内など低輝度な場所での撮影ではオートホワイトバランスの補正が効きすぎて黄色みが強くアンバー色被り傾向になります。
また、草木などの緑色/黄色が背景全体を占めるようなシーン(例えば、黄色い花のスイセン畑)を撮影すると、画像が「黄緑被り」になる傾向があります。
緑色のパネルなどを背景に小物(主被写体)を前面に置いて撮影するとその現象がわかりやすいです。(添付画像参照)
オートホワイトバランス(AWB)が背景色(緑色や黄色)に引っ張られて誤動作している(画像処理エンジンのクセ?)と言ってもいいでしょう。
これは、デジカメが登場した初期から普及しはじめたころのカメラでよく遭遇した現象です。
過去にキャノン「IXY DIGITAL 20 IS」やニコン「D90」を使用していたころ、これに似た現象を見かけました。
最近のカメラでは見かけなくなったので本機のホワイトバランスの設計に古臭さを感じます。
以上のように、本機はオートホワイトバランスに弱点があるようなので、撮影シーンに応じてホワイトバランスを「太陽光」「昼白色蛍光灯」などの固定モードを使用して撮影することを視野に入れておく必要があるでしょう。

<最後に>
このようにカメラには本機に限らず機種ごとに得意/不得意やクセのようなものが必ずあります。
そのクセを、どう扱うかは撮影者の考えや工夫しだいになるでしょう。
そのクセがあるがゆえに、色んなカメラを使っていくうちに写真撮影の難しさや楽しさを学んでいけるものだと私は考えています。

参考になった14人(再レビュー後:1人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー1
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
スマホカメラとは次元が違う、一眼機並みのコンパクトカメラ

再レビュー(一部訂正)

■良かった点
・見た目はコンデジだが中身は一眼カメラ並みのスペック
小型ボディーに大型APS-Cセンサーでセンサーシフト式手振れ補正搭載というのは凄い(よくやった)と思います。

・単焦点レンズ
光学的な画質性能面では圧倒的に有利です。
ズームレンズのように広角から望遠まで画角を変えられる利便性はないので、単焦点レンズでの撮影はレンズのズーム動作の代わりに撮影者自身のフットワークとテクニックが必要となってきます。
逆に、単焦点レンズで被写体との距離によってどう写りが変化するかを体感しながらカメラや写真の奥深さを学ぶことができるわけなので、撮影テクニックや光学的特徴を活かした写真自体のレベルアップが目的とするなら本機はピッタリだと思います。

・AF(オートフォーカス)/AE(自動露出)/WB(ホワイトバランス)のレスポンスが良い
エントリ/ミドルクラスの一眼カメラに負けないくらい(撮影シーンによってはそれ以上かも)のレスポンスの高さは、まさしく「スナップシューター」と言えそうです。
ニコン/Z6IIではオートホワイトバランスの作動時の安定するまでの時間がやや長いようなので、カメラを被写体に向けてすぐにシャッターを切るとホワイトバランス(色味)にバラツキが生じやすいです。
つまり、ニコン/Z6IIではホワイトバランス(色味)の精度を重視するとフレーミング決定からシャッターを切るタイミングを遅らせる必要があります。
カメラを構えてシャッターを切るまでの一連の操作/動作における機動力の高さは本機の方が優れていると言えそうです。
また、「フルプレススナップ」機能など本機には一眼機にはない機動力を高める(スナップ撮影に便利な)機能が備わっているところが魅力です。

・AF(オートフォーカス)や手振れ補正の精度について
私的には悪いと感じたことはなく優秀な方だと思います。
AFの精度は、AF対象となる被写体ポイントのコントラスト/模様に左右されると私的に考えています。
また「ピンポイントAF」はAF検出エリアが小さすぎるので、マクロでない普通の撮影時には合焦精度は悪くなる印象です。
普段において動体物や動画を撮影しない私は、「セレクトAF」モードでなるべくコントラストや模様のはっきりしたポイントにAFを作動させるように心がけています。

■気になった点(弟機(GRIIIx)も同様)
・バッテリーライフ(持久力無し)
本機で一番気になるところで、予備バッテリーは必須。

・「白とび」しやすい(内容訂正)
カメラ任せで同じ被写体を撮影しても、ニコン/Z6IIでは「白とび」しにくく本機との違いが顕著にわかります。
ダイナミックレンジ補正(ハイライト補正)を色々弄ってみましたが、あまり改善効果なく「白とび」は本機の個性とみなすしかなさそう。
本機はレンズを含めて階調性よりもコントラストを優先した硬調な印象の画質設計がなされているようなので、私的に青い空が「白とび」しにくいようにするため、とりあえずイメージコントロールのコントラストを「−2」に設定して使用。

・液晶モニターの色味
緑/青の色味が強いように感じます。
設定で色味調整すると良くなります。
ライブビューモニター時と撮影画像再生時とでは色調と明るさが若干異なるようです。
撮影画像再生時に色味調整する方が良いかと思います。
因みに、ニコン/Z6IIの液晶モニターは無調整(デフォルト)でキャリブレーションしたPCモニターとの色調はほぼ一致。

・オートホワイトバランスの色味にややクセがある(内容訂正)
やや寒色傾向で晴天時の風景ではオートホワイトバランス微調整のA1またはM1くらいが良さそうですが、夕暮れ時や日陰など色温度が高くなるシーンでは見た目よりもやや青みが強くなるようです。
これは撮像センサーのクセ(個性)によるところが大きいかと推測します。
また、草木などの緑色が背景全体を占めるようなシーンを撮影すると、画像が「黄緑被り」になる傾向があります。
緑色のパネルなどを背景に小物(主被写体)を前面に置いて撮影するとその現象がわかりやすいです。
オートホワイトバランスが背景色(緑色)に引っ張られて誤動作している(画像処理エンジンのクセ?)と言ってもいいでしょう。
これは、デジカメが登場した初期から普及しはじめたころのカメラでよく遭遇した現象なのですが、最近のカメラでは見かけなくなったので本機のホワイトバランスの設計に古臭さを感じます。

<最後に>
このようにカメラには本機に限らず機種ごとに得意/不得意やクセのようなものが必ずあります。
そのクセを、どう扱うかは撮影者の考えや工夫しだいになるでしょう。
そのクセがあるがゆえに、色んなカメラを使っていくうちに写真撮影の難しさや楽しさを学んでいけるものだと私は考えています。

参考になった3

満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー1
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
スマホカメラとは次元が違う、一眼機並みのコンパクトカメラ

■良かった点
・見た目はコンデジだが中身は一眼カメラ並みのスペック
小型ボディーに大型APS-Cセンサーでセンサーシフト式手振れ補正搭載というのは凄い(よくやった)と思います。

・単焦点レンズ
光学的な画質性能面では圧倒的に有利です。
ズームレンズのように広角から望遠まで画角を変えられる利便性はないので、単焦点レンズでの撮影はレンズのズーム動作の代わりに撮影者自身のフットワークとテクニックが必要となってきます。
逆に、単焦点レンズで被写体との距離によってどう写りが変化するかを体感しながらカメラや写真の奥深さを学ぶことができるわけなので、撮影テクニックや光学的特徴を活かした写真自体のレベルアップが目的とするなら本機はピッタリだと思います。

・AF(オートフォーカス)/AE(自動露出)/WB(ホワイトバランス)のレスポンスが良い
エントリ/ミドルクラスの一眼カメラに負けないくらい(撮影シーンによってはそれ以上かも)のレスポンスの高さは、まさしく「スナップシューター」と言えそうです。

■気になった点(弟機(GRIIIx)も同様)
・バッテリーライフ(持久力無し)
本機で一番気になるところで、予備バッテリーは必須。

・「白とび」しやすい
イメージコントロールやダイナミックレンジ補正(ハイライト補正)を色々弄ってみましたが、あまり改善効果なく「白とび」は本機の個性とみなして(諦め)イメージコントロールはデフォルトで使用。
カメラ任せで同じ被写体を撮影しても、ニコン/Z6IIでは「白とび」しにくく本機との違いが顕著にわかります。

・液晶モニターの色味
緑/青の色味が強いように感じます。
設定で色味調整すると良くなります。
ライブビューモニター時と撮影画像再生時とでは色調と明るさが若干異なるようです。
撮影画像再生時に色味調整する方が良いかと思います。
因みに、ニコン/Z6IIの液晶モニターは無調整(デフォルト)でキャリブレーションしたPCモニターとの色調はほぼ一致。

・オートホワイトバランスが寒色傾向(色温度が高い/青みが強い)
撮像センサーのクセ(個性)によるところが大きいかと推測します。
私的には設定のオートホワイトバランス微調整でA5またはA6が適正という印象です。
また、草木などの緑色が背景全体を占めるようなシーンを撮影すると、画像が「黄緑被り」になる傾向があります。
緑色のパネルなどを背景に小物(主被写体)を前面に置いて撮影するとその現象がわかりやすいです。
オートホワイトバランスが背景色(緑色)に引っ張られて誤動作していると言ってもいいでしょう。
これは、デジカメが登場した初期から普及しはじめたころのカメラでよく遭遇した現象なのですが、最近のカメラでは見かけなくなったので本機のホワイトバランスの設計に古臭さを感じます。

参考になった5

満足度4
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー1
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
スマホカメラとは次元が違う、一眼機並みのコンパクトカメラ

■良かった点
・見た目はコンデジだが中身は一眼カメラ並みのスペック
小型ボディーに大型APS-Cセンサーでセンサーシフト式手振れ補正搭載というのは凄い(よくやった)と思います。

・単焦点レンズ
光学的な画質性能面では圧倒的に有利です。
ズームレンズのように広角から望遠まで画角を変えられる利便性はないので、単焦点レンズでの撮影はレンズのズーム動作の代わりに撮影者自身のフットワークとテクニックが必要となってきます。
逆に、単焦点レンズで被写体との距離によってどう写りが変化するかを体感しながらカメラを学ぶことができるわけなので、撮影テクニックや光学的特徴を活かした写真自体のレベルアップが目的とするなら本機はピッタリだと思います。

・AF(オートフォーカス)/AE(自動露出)/WB(ホワイトバランス)のレスポンスが良い
エントリ/ミドルクラスの一眼カメラに負けないくらい(撮影シーンによってはそれ以上かも)のレスポンスの高さは、まさしく「スナップシューター」と言えそうです。

■気になった点(弟機(GRIIIx)も同様)
・バッテリーライフ(持久力無し)
本機で一番気になるところで、予備バッテリーは必須。

・「白とび」しやすい
イメージコントロールやダイナミックレンジ補正(ハイライト補正)を色々弄ってみましたが、あまり改善効果なく「白とび」は本機の個性とみなして(諦め)イメージコントロールはデフォルトで使用。
カメラ任せで同じ被写体を撮影しても、ニコン/Z6IIでは「白とび」しにくく本機との違いが顕著にわかります。

・液晶モニターの色味
緑/青の色味が強いように感じます。
設定で色味調整すると良くなります。

・オートホワイトバランスが寒色傾向(色温度が高い/青みが強い)
撮像センサーのクセ(個性)によるものと推測します。
私的には設定でA5またはA6が適正という印象です。

参考になった0

満足度5
デザイン4
画質5
操作性4
バッテリー1
携帯性5
機能性4
液晶3
ホールド感3
スマホカメラとは次元が違う、一眼機並みのコンパクトカメラ
当機種ペコちゃん(本機:GRIII)
別機種ペコちゃん(Z6II)
機種不明ペコちゃん(スマホ:XPERIA/5II 24mmレンズ)

ペコちゃん(本機:GRIII)

ペコちゃん(Z6II)

ペコちゃん(スマホ:XPERIA/5II 24mmレンズ)

機種不明ペコちゃん(スマホ:XPERIA/5II 70mmレンズ)
   

ペコちゃん(スマホ:XPERIA/5II 70mmレンズ)

   

今まで18機種以上の各社デジタル一眼(一眼レフを含む)を使用してきた経験をもとにレビューします。
ただし、私のカメラの使用用途はほぼ静止物/静止画撮影オンリーなので動体/動画撮影に関しては使用しておらず無評価です。
他カメラ
・スマホ(XPERIA/5II)
・ニコン/Z6II
と比較した撮影画像を添付しました。

■良かった点
1)見た目はコンデジだが中身は一眼カメラ並みのスペック
小型ボディーに大型APS-Cセンサーでセンサーシフト式手振れ補正搭載というのは凄い(よくやった)と思います。
本機のレンズは焦点距離18.3mm(35mm判画角28mm相当)の超広角です。
広角レンズはレンズ周辺に特有のレンズ収差(光学的な画質劣化)がよく気になるものですが、本機のレンズはその各種収差が目立たず一眼カメラ用レンズ顔負けの解像力/コントラスト/色乗りもあって優秀だと思いました。
小型センサー(マイクロフォーサーズ)を採用した一眼カメラ(LUMIXやOLYMPUS)は、画素数が20M画素というすでにセンサーサイズに応じた解像力の限界を超え破綻しそうなところがあり、それを画像処理でごまかしていると出力画像を見るたびに感じるので、カメラとしては本機の方が総合的に高画質という印象です。
プロカメラマンのような撮影テクニックがあれば小型センサーの弱点をカバーして見栄えの良い写真を撮ることは可能かと思いますが。

2)AF(オートフォーカス)/AE(自動露出)/WB(ホワイトバランス)のレスポンスと精度が高い
エントリ/ミドルクラスの一眼カメラに負けないくらい(撮影シーンによってはそれ以上かも)のレスポンスの高さは、まさしく「スナップシューター」と言えそうです。
AF/AE/WBの精度も同様に一眼カメラに引けを取らないと感じました。
おそらくソニー製のCMOSセンサー採用だと思うのですが、本機のAEはソニーαシリーズと比べて破綻が無いという印象です。
ソニーαシリーズのAEは明暗差の大きいシーン(例えば、やや曇天の明るい空と暗い日陰が混在)でハイ/ローのどちらかに転びやすく白とび/黒つぶれになりやすいじゃじゃ馬という印象でした。
どうもソニーのαシリーズはスペックや価格に対して総じて実力(性能/品質)が伴っていないような気がしてニコンに乗り換えしました。

3)撮影物の色再現性が高い(見た目に忠実)
添付画像ペコちゃんの顔色(肌色)と衣装(赤色)を比較すると、スマホ(XPERIA/5II)の発色はド派手で不自然。
本機の液晶モニターの色味において緑/青が強いように感じましたが、以下のように設定調整をすれば、メインカメラのニコンZ6IIよりも撮影物の色の再現性が高く見た目に忠実な印象となり、PCでの鑑賞時にも違和感/相違がなくなりました。
・画像モニター設定(液晶には個体差があるので参考値として)
  B/A色調整:0〜+1
  G/M色調整:+5
また、撮影画像の色の彩度が高めで原色が飽和気味なため、
・イメージコントロール(STD)の詳細項目の彩度:−1

■気になった点
本機で一番気になるのがバッテリーライフで、予備バッテリーは必須。
「白とび」しやすい(弟機(GRIIIx)も同様)ので、
・イメージコントロール(STD)の詳細項目のコントラスト:−2
・ダイナミックレンジ補正(ハイライト補正):ON
に設定。
その他いくつかありますが現状で許容。

■まとめ
一眼ユーザーにとっての日常使いや一眼機のサブ機としても使えるし、スマホカメラから画質重視の専用カメラへのステップアップとしてオススメです。
ただし、日常的にスマホのように小さなモニター画面でしか写真鑑賞しないのならスマホで十分だと思います。
専用カメラの入門者がいきなり一眼機に手を出すよりも、まずは本機や弟機(GRIIIx)でカメラや写真を勉強する方が賢明です。
本機は画角が広角になりますので、構図/アングルしだいで撮影画像に広角レンズ特有の光学的なゆがみが発生します。
標準画角に近い弟機(GRIIIx)の方が扱いやすく入門者には向いているかもしれません。
スマホで撮影した写真は一見綺麗に見えますが、AIなどの高度なソフトウェア技術による画像処理で画質の悪さや専用カメラに劣る点を修正加工して(ごまかして)見栄え良くしているわけで、言わば人間が素肌のシミや荒れを厚化粧で隠そうとするのと同じで、よく見ると人工的な不自然さが見受けられます。
特に、夜景や室内撮影など被写体が暗くなるような撮影では、画像を明るくするためにセンサーの感度を上げる必要がありますが、カメラは撮影感度を上げればノイズが多くなる仕組みであり、センサーサイズが小さいほどそのノイズが目立つ傾向になるので、スマホでの夜景や室内撮影は絶対的に不利で、ノイズ除去のため先述のような画像処理に頼った人工的で不自然な写真になりがちです。
添付画像ペコちゃんの顔(肌)を比較すると、スマホ(XPERIA/5II)の画像は肌荒れ(ノイズがを隠しきれないくらいひどく、しかもモヤっとして顔に立体感がなくなっています
・写真(真実/ありのままを写す)と言える画質を求めるなら、カメラの原理の上でスマホよりも圧倒的に有利な専用カメラ
・巧みなAI画像処理による手軽さで人工的であっても見た目に見栄え良く、絵画のようなユニークな画像を求めるならスマホカメラ
言い換えると、
・専用カメラの画像は「素肌美人を見る」「俳優たちの生演技で制作された映画を観る」の感覚
・スマホカメラの画像は「化粧美人を見る」「フルCGで人工的に制作された映画を観る」の感覚
のような違いだと思っています。

<補足>
高画質な写真の鑑賞/修正するなら、解像度が4Kで色域がsRGB100%レベル(色再現性が高い)のモニターが必要。
私は上記スペックを有する(14型モニター)のノートPCで写真鑑賞してます(どこでも見れて修正もできる)。
解像度4Kだと文字フォントが小さくなり文書作成には不利になるのでディスプレイやアプリのフォントサイズ調整が必要。(16〜17型だったらよかった)

参考になった5

 
 
 
 
 
 

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GR IIIのレビューを書く

この製品の最安価格を見る

RICOH GR III
リコー

RICOH GR III

最安価格(税込):¥120,375発売日:2019年 3月15日 価格.comの安さの理由は?

RICOH GR IIIをお気に入り製品に追加する <1884

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド
ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意