『APSセンサーを気軽に持ち運べる喜び 速写性最高 描写は印象深い』 リコー RICOH GR III nsnicさんのレビュー・評価

2019年 3月15日 発売

RICOH GR III

  • 新開発レンズ「GR LENS18.3mm F2.8」を搭載したハイエンドコンパクトデジタルカメラ。直感的な操作が可能なタッチパネルを搭載。
  • ローパスフィルターレス仕様のAPS-CサイズCMOSイメージセンサーと新開発の画像処理エンジン「GR ENGINE 6」を搭載。有効画素数は約2424万画素。
  • ハイブリッドAF、3軸4段分の補正効果がある独自の手ぶれ補正機構、スマートフォンやタブレットとワイヤレスで連携できる無線LAN機能などを装備。
RICOH GR III 製品画像

拡大

プロダクトアワード2019

最安価格(税込):

¥98,953

(前週比:+3,320円↑) 価格推移グラフ

クレカ支払い
最安価格(税込):

お届け先の選択

送料込みの価格を表示します

お届け先地域

中古
最安価格(税込):
¥82,500 (37製品)


価格帯:¥98,953〜¥127,148 (61店舗) メーカー希望小売価格:オープン

店頭参考価格帯:¥98,962 〜 ¥108,442 (全国708店舗)最寄りのショップ一覧

画素数:2424万画素(有効画素) 撮影枚数:200枚 RICOH GR IIIのスペック・仕様

ご利用の前にお読みください

 
  • RICOH GR IIIの価格比較
  • RICOH GR IIIの中古価格比較
  • RICOH GR IIIの買取価格
  • RICOH GR IIIの店頭購入
  • RICOH GR IIIのスペック・仕様
  • RICOH GR IIIの純正オプション
  • RICOH GR IIIのレビュー
  • RICOH GR IIIのクチコミ
  • RICOH GR IIIの画像・動画
  • RICOH GR IIIのピックアップリスト
  • RICOH GR IIIのオークション

RICOH GR IIIリコー

最安価格(税込):¥98,953 (前週比:+3,320円↑) 発売日:2019年 3月15日

  • RICOH GR IIIの価格比較
  • RICOH GR IIIの中古価格比較
  • RICOH GR IIIの買取価格
  • RICOH GR IIIの店頭購入
  • RICOH GR IIIのスペック・仕様
  • RICOH GR IIIの純正オプション
  • RICOH GR IIIのレビュー
  • RICOH GR IIIのクチコミ
  • RICOH GR IIIの画像・動画
  • RICOH GR IIIのピックアップリスト
  • RICOH GR IIIのオークション

『APSセンサーを気軽に持ち運べる喜び 速写性最高 描写は印象深い』 nsnicさん のレビュー・評価

rss

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GR IIIのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

さん

  • レビュー投稿数:8件
  • 累計支持数:197人
  • ファン数:0人

よく投稿するカテゴリ

レンズ
4件
1件
デジタル一眼カメラ
2件
0件
デジタルカメラ
2件
0件
もっと見る
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感4
APSセンサーを気軽に持ち運べる喜び 速写性最高 描写は印象深い
別機種リコーGR3とソニーRX1Rの大きさ比較
別機種リコーGR3とソニーRX1Rの大きさ比較
別機種GR3用(右下)と他社の電池容量比較(左上EOS等.左下α7V等.右上RX1等)

リコーGR3とソニーRX1Rの大きさ比較

リコーGR3とソニーRX1Rの大きさ比較

GR3用(右下)と他社の電池容量比較(左上EOS等.左下α7V等.右上RX1等)

日々バッグに入れ持ち歩きカメラとしてソニーRX1Rを所有しその圧倒的な描写力に満足していましたが、コンデジとは名ばかりの大柄ボディで日に日に持ち出す機会が少なったため、今回RX1Rに代わる持ち歩きカメラの購入を検討しました。

私が持ち歩きカメラに求めることは以下のとおりです。

・APS-C以上の大きなセンサーと明るいレンズを搭載した高性能機
・街並みなどのスナップ撮影や飲食店でのテーブルフォトを、サッと取り出しすぐに撮影できる速写性
・周りの目を気にせず撮影できる、目立たない大きさと地味なデザイン
・いつもカバンやポケットに入れておける軽さと小さなボディ
・少々ラフに扱っても壊れない頑丈さ
・そして何より伝統ある名前

そうリコーGRシリーズは私が求めていたカメラだったのです。

最新型が発売されるのを待っていましたが、昨年秋の開発発表と同時にすぐに購入を決意し、先日私の手元に届きましたので少しだけ使用した感想を書いてみたいと思います。


ちなみに購入までの経緯については、ここでは文字数制限があり詳しく書けませんでした。

他の製品との比較からリコーGRVに決めた経緯、開封の儀など、以下のブログに詳しく書いてありますので、興味のある方はご覧ください。
https://motorsport-photography.net/ricoh-gr3/


【デザイン】
GRシリーズは1996年10月の発売以来大きなデザイン変更はなく、旧態然としたカタチがカメラ好きにとっては安心感があるデザインだと思います。

私も当初はかなりクラシカルなイメージで少々ためらったのですが、あらためて所有してみるといかにもカメラらしい無骨なデザインで、良いカタチだと感じます。


【画質】
JPEGだと少々派手めでコントラストがハッキリしており、印象深い描写です。

あとイメージコントロールという機能で、味のあるモノクロやレトロ調の写真が撮れるのもいいですね。

ISOを3200まで上げて撮影してみましたが、気になるノイズも発生しませんでした。

まあこのカメラの場合、ノイズが目立ってもそれもまた味のひとつなのでしょうが。

レンズ性能は、周辺露光落ちが気になります。

私的にはこれもまた味のひとつで、クラシカルな描写になり嫌いではありませんが、気になる方は編集ソフトでの一手間が必要になります。


【操作性】
今までキヤノン製品やソニー製品を使用し、リコー独自の操作系に慣れるのに少し時間がかかりそうですが、他社の真似をするのではなく自社でよく考えられた良い操作系だと思います。

特に右上のADJレバーは撮影スタイルを呼び出すのに便利で、非常に重宝しています。


【バッテリー】
数日間使用しないと残量がかなり減っているので、いつもバッグに忍ばせていざ撮影という時に悲しい羽目になるときも・・・。

また200枚ほどの撮影でバッテリーゲージがイエローになってしまうので、多く撮影しない方でもスペアバッテリーは必要でしょう。

あとバッテリーを本体に裏表逆に入れても入ってしまい、電源が入らず「壊れたー」と思ってしまったことがありました。

ここは改善してもらいたいところです。


【携帯性】
このカメラ最大のメリットです。

レンズが沈胴式で出っ張りが無く、各種ボタンも同様に突起が少なく、ポケットにスムーズに入れられます。

『今』を撮影したい時、携帯性と速写性が非常に重要ですが、それを求める方にはGRVが最適だと思います。

実際私もこのカメラを購入して以来、iPhoneカメラの使用が減りました。


【機能性】
スナップには特に速写性を求めていますが、このカメラはレンズカバーが電源を入れると自動で開くため、煩わしいレンズキャップの取り外しが要りません。

この機能は速写性を求める私にとって非常に重宝します。

昔のカメラは装備されていたのに・・・。

これは是非他社にも導入いただきたいところです。

デメリットとしては、オートフォーカスが正直言って遅いのですが、リコー側もわかっているのかシャッターボタンを押し込むとパンフォーカスでシャッターが切れる機能が付いています。

追記 オートフォーカススピードはバージョンアップによって、かなり改善されました。


【液晶】
液晶の見え方は一般的なもので、可もなく不可もなくと言ったところですが、タッチスクリーンで操作ができるところは魅力で、評価の高いEOS5D Mark4に勝るとも及ばないスムーズな動きをします。


【ホールド感】
相当にコンパクトなモデルですが、グリップのデザインが良く重量バランスが最適なためホールド感はかなり良いです。

ただ私は手が大きいので、中指の爪がレンズの付け根部分に当たることが少々気になります。


【総評】
GRシリーズは、信者と呼ばれるほどの熱狂的なファンが多く、それはプロカメラマンにまで及んでいると言われています。

プロをも唸らすその奥深いリコーGRシリーズの真髄を、今後少しずつ探ってみたいと思います。


【最後に】
ライバル比較から購入を決めた経緯、使ってみた感想などを詳しくブログに書いてみましたので、よかったらこちらも参考になさってください。

https://motorsport-photography.net/ricoh-gr3/

https://motorsport-photography.net/ricoh-gr-3/

比較製品
SONY > サイバーショット DSC-RX1R
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内

参考になった28人(再レビュー後:8人)

このレビューは参考になりましたか?参考になった

  • Twitterにツイートする
満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感4
APSセンサーを気軽に持ち運べる喜び 速写性最高 描写は印象深い

日々バッグに入れ持ち歩きカメラとしてソニーRX1Rを所有しその圧倒的な描写力に満足していましたが、コンデジとは名ばかりの大柄ボディで日に日に持ち出す機会が少なったため、今回RX1Rに代わる持ち歩きカメラの購入を検討しました。

私が持ち歩きカメラに求めることは以下のとおりです。

・APS-C以上の大きなセンサーと明るいレンズを搭載した高性能機
・街並みなどのスナップ撮影や飲食店でのテーブルフォトを、サッと取り出しすぐに撮影できる速写性
・周りの目を気にせず撮影できる、目立たない大きさと地味なデザイン
・いつもカバンやポケットに入れておける軽さと小さなボディ
・少々ラフに扱っても壊れない頑丈さ
・そして何より伝統ある名前

そうリコーGRシリーズは私が求めていたカメラだったのです。

最新型が発売されるのを待っていましたが、昨年秋の開発発表と同時にすぐに購入を決意し、先日私の手元に届きましたので少しだけ使用した感想を書いてみたいと思います。


ちなみに購入までの経緯については、ここでは文字数制限があり詳しく書けませんでした。

他の製品との比較からリコーGRVに決めた経緯、開封の儀など、以下のブログに詳しく書いてありますので、興味のある方はご覧ください。
https://motorsport-photography.net/ricoh-gr3/


【デザイン】
GRシリーズは1996年10月の発売以来大きなデザイン変更はなく、旧態然としたカタチがカメラ好きにとっては安心感があるデザインだと思います。

私も当初はかなりクラシカルなイメージで少々ためらったのですが、あらためて所有してみるといかにもカメラらしい無骨なデザインで、良いカタチだと感じます。


【画質】
JPEGだと少々派手めでコントラストがハッキリしており、印象深い描写です。

あとイメージコントロールという機能で、味のあるモノクロやレトロ調の写真が撮れるのもいいですね。

ISOを3200まで上げて撮影してみましたが、気になるノイズも発生しませんでした。

まあこのカメラの場合、ノイズが目立ってもそれもまた味のひとつなのでしょうが。

レンズ性能は、周辺露光落ちが気になります。

私的にはこれもまた味のひとつで、クラシカルな描写になり嫌いではありませんが、気になる方は編集ソフトでの一手間が必要になります。


【操作性】
今までキヤノン製品やソニー製品を使用し、リコー独自の操作系に慣れるのに少し時間がかかりそうですが、他社の真似をするのではなく自社でよく考えられた良い操作系だと思います。

特に右上のADJレバーは撮影スタイルを呼び出すのに便利で、非常に重宝しています。


【バッテリー】
数日間使用しないと残量がかなり減っているので、いつもバッグに忍ばせていざ撮影という時に悲しい羽目になるときも・・・。

また200枚ほどの撮影でバッテリーゲージがイエローになってしまうので、多く撮影しない方でもスペアバッテリーは必要でしょう。

あとバッテリーを本体に裏表逆に入れても入ってしまい、電源が入らず「壊れたー」と思ってしまったことがありました。

ここは改善してもらいたいところです。


【携帯性】
このカメラ最大のメリットです。

レンズが沈胴式で出っ張りが無く、各種ボタンも同様に突起が少なく、ポケットにスムーズに入れられます。

『今』を撮影したい時、携帯性と速写性が非常に重要ですが、それを求める方にはGRVが最適だと思います。

実際私もこのカメラを購入して以来、iPhoneカメラの使用が減りました。


【機能性】
スナップには特に速写性を求めていますが、このカメラはレンズカバーが電源を入れると自動で開くため、煩わしいレンズキャップの取り外しが要りません。

この機能は速写性を求める私にとって非常に重宝します。

昔のカメラは装備されていたのに・・・。

これは是非他社にも導入いただきたいところです。

デメリットとしては、オートフォーカスが正直言って遅いのですが、リコー側もわかっているのかシャッターボタンを押し込むとパンフォーカスでシャッターが切れる機能が付いています。

追記 オートフォーカススピードはバージョンアップによって、かなり改善されました。


【液晶】
液晶の見え方は一般的なもので、可もなく不可もなくと言ったところですが、タッチスクリーンで操作ができるところは魅力で、評価の高いEOS5D Mark4に勝るとも及ばないスムーズな動きをします。


【ホールド感】
相当にコンパクトなモデルですが、グリップのデザインが良く重量バランスが最適なためホールド感はかなり良いです。

ただ私は手が大きいので、中指の爪がレンズの付け根部分に当たることが少々気になります。


【総評】
GRシリーズは、信者と呼ばれるほどの熱狂的なファンが多く、それはプロカメラマンにまで及んでいると言われています。

プロをも唸らすその奥深いリコーGRシリーズの真髄を、今後少しずつ探ってみたいと思います。


【最後に】
ライバル比較から購入を決めた経緯、使ってみた感想などを詳しくブログに書いてみましたので、よかったらこちらも参考になさってください。

https://motorsport-photography.net/ricoh-gr3/

https://motorsport-photography.net/ricoh-gr-3/

比較製品
SONY > サイバーショット DSC-RX1R
レベル
アマチュア
主な被写体
風景
室内

参考になった4

満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー2
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感4
携帯性・速写性最高!イメージコントロールで撮影がより楽しい!
当機種レトロ
当機種ブリーチバイパス
当機種ハイコントラスト白黒

レトロ

ブリーチバイパス

ハイコントラスト白黒

日々バッグに入れ持ち歩きカメラとしてソニーRX1Rを所有しその圧倒的な描写力に満足していましたが、コンデジとは名ばかりの大柄ボディで日に日に持ち出す機会が少なったため、今回RX1Rに代わる持ち歩きカメラの購入を検討しました。
私が持ち歩きカメラに求めることは

・APS-C以上の大きなセンサーと明るいレンズを搭載した高性能機
・街並みなどのスナップ撮影や飲食店でのテーブルフォトを、サッと取り出しすぐに撮影できる速写性
・周りの目を気にせず撮影できる、目立たない大きさと地味なデザイン
・いつもカバンやポケットに入れておける軽さと小さなボディ
・少々ラフに扱っても壊れない頑丈さ
・そして何より伝統ある名前

そうリコーGRシリーズは私が求めていたカメラだったのです。
最新型が発売されるのを待っていましたが、昨年秋の開発発表と同時にすぐに購入を決意し、先日私の手元に届きましたので少しだけ使用した感想を書いてみたいと思います。

【デザイン】
GRシリーズは1996年10月の発売以来大きなデザイン変更はなく、旧態然としたカタチが私たちカメラファンにとっては安心感があるデザインだと思います。
私も当初はかなりクラシカルなイメージで少々ためらったのですが、あらためて所有してみるといかにもカメラらしい無骨なデザインで、良いカタチだと感じます。

【画質】
JPEGだと少々派手めの印象深い色味でしょうか。
あとイメージコントロールという機能で、味のあるモノクロやレトロ調の写真が撮れるのもいいですね。
あとISOを3200まで上げて撮影してみましたが、気になるノイズも発生しませんでした。
まあこのカメラの場合、ノイズが目立ってもそれもまた味のひとつなのでしょう。

【操作性】
今までキヤノン製品やソニー製品を使用し、リコー独自の操作系に慣れるのに少し時間がかかりそうですが、他社の真似をするのではなく自社でよく考えられた良い操作系だと思います。
特に右上のADJレバーは撮影スタイルを呼び出すのに便利で、重宝しそうです。

【バッテリー】
数日間使用しないと残量がかなり減っているので、いつもバッグに忍ばせていざ撮影という時に悲しい羽目になるときも・・・。
また200枚ほどの撮影でバッテリーゲージがイエローになってしまうので、多く撮影しない方でもスペアバッテリーは必要でしょう。

【携帯性】
このカメラ最大のメリットです。
レンズが沈胴式で出っ張りが無く、各種ボタンも同様に突起が少なく、ポケットにスムーズに入れられます。

【機能性】
スナップには特に速写性を求めていますが、このカメラはレンズカバーが電源を入れると自動で開くため、煩わしいレンズキャップの取り外しが要りません。
昔のカメラは装備されていたのに・・・。
これは是非他社にも導入いただきたいところです。
デメリットとしては、オートフォーカスが正直言って遅いのですが、リコー側もわかっているのかシャッターボタンを押し込むとパンフォーカスでシャッターが切れる機能が付いています。

【液晶】
液晶の見え方は一般的なもので、可もなく不可もなくと言ったところですが、タッチスクリーンで操作ができるところは魅力で、評価の高いEOS5D Mark4に勝るとも及ばないスムーズな動きをします。

【ホールド感】
相当にコンパクトなモデルですが、グリップのデザインが良く重量バランスが最適なためホールド感はかなり良いです。
ただ私は手が大きいので、中指の爪がレンズの付け根部分に当たることが少々気になります。

【総評】
GRシリーズは、信者と呼ばれるほどの熱狂的なファンが多く、それはプロカメラマンにまで及んでいると言われています。
プロをも唸らすその奥深いリコーGRシリーズの真髄を、今後少しずつ探ってみたいと思います。

ライバル比較から購入を決めた経緯、使ってみた感想などを詳しくブログに書いてみましたので、よかったらこちらも参考になさってください。

https://motorsport-photography.net/ricoh-gr3/

https://motorsport-photography.net/ricoh-gr-3/

比較製品
SONY > サイバーショット DSC-RX1R
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった7

満足度5
デザイン5
画質4
操作性5
バッテリー無評価
携帯性5
機能性4
液晶4
ホールド感4
携帯性・速写性最高!イメージコントロールで撮影がより楽しい!

日々バッグに入れ持ち歩きカメラとしてソニーRX1Rを所有しその圧倒的な描写力に満足していましたが、コンデジとは名ばかりの大柄ボディで日に日に持ち出す機会が少なったため、今回RX1Rに代わる持ち歩きカメラの購入を検討しました。
私が持ち歩きカメラに求めることは

・APS-C以上の大きなセンサーと明るいレンズを搭載した高性能機
・街並みなどのスナップ撮影や飲食店でのテーブルフォトを、サッと取り出しすぐに撮影できる速写性
・周りの目を気にせず撮影できる、目立たない大きさと地味なデザイン
・いつもカバンやポケットに入れておける軽さと小さなボディ
・少々ラフに扱っても壊れない頑丈さ
・そして何より伝統ある名前

そうリコーGRシリーズは私が求めていたカメラだったのです。
最新型が発売されるのを待っていましたが、昨年秋の開発発表と同時にすぐに購入を決意し、先日私の手元に届きましたので少しだけ使用した感想を書いてみたいと思います。

【デザイン】
GRシリーズは1996年10月の発売以来大きなデザイン変更はなく、旧態然としたカタチが私たちカメラファンにとっては安心感があるデザインだと思います。
私も当初はかなりクラシカルなイメージで少々ためらったのですが、あらためて所有してみるといかにもカメラらしい無骨なデザインで、良いカタチだと感じます。

【画質】
JPEGだと少々派手めの印象深い色味でしょうか。
あとイメージコントロールという機能で、味のあるモノクロやレトロ調の写真が撮れるのもいいですね。
あとISOを3200まで上げて撮影してみましたが、気になるノイズも発生しませんでした。
まあこのカメラの場合、ノイズが目立ってもそれもまた味のひとつなのでしょう。

【操作性】
今までキヤノン製品やソニー製品を使用し、リコー独自の操作系に慣れるのに少し時間がかかりそうですが、他社の真似をするのではなく自社でよく考えられた良い操作系だと思います。
特に右上のADJレバーは撮影スタイルを呼び出すのに便利で、重宝しそうです。

【バッテリー】
まだ300枚ほどの撮影ですので、今回は無評価にいたします。

【携帯性】
このカメラ最大のメリットです。
レンズが沈胴式で出っ張りが無く、各種ボタンも同様に突起が少なく、ポケットにスムーズに入れられます。

【機能性】
スナップには特に速写性を求めていますが、このカメラはレンズカバーが電源を入れると自動で開くため、煩わしいレンズキャップの取り外しが要りません。
昔のカメラは装備されていたのに・・・。
これは是非他社にも導入いただきたいところです。
デメリットとしては、オートフォーカスが正直言って遅いのですが、リコー側もわかっているのかシャッターボタンを押し込むとパンフォーカスでシャッターが切れる機能が付いています。

【液晶】
液晶の見え方は一般的なもので、可もなく不可もなくと言ったところですが、タッチスクリーンで操作ができるところは魅力で、評価の高いEOS5D Mark4に勝るとも及ばないスムーズな動きをします。

【ホールド感】
相当にコンパクトなモデルですが、グリップのデザインが良く重量バランスが最適なためホールド感はかなり良いです。
ただ私は手が大きいので、中指の爪がレンズの付け根部分に当たることが少々気になります。

【総評】
GRシリーズは、信者と呼ばれるほどの熱狂的なファンが多く、それはプロカメラマンにまで及んでいると言われています。
プロをも唸らすその奥深いリコーGRシリーズの真髄を、今後少しずつ探ってみたいと思います。

ライバル比較から購入を決めた経緯、使ってみた感想などを詳しくブログに書いてみましたので、よかったらこちらも参考になさってください。

https://motorsport-photography.net/ricoh-gr3/

https://motorsport-photography.net/ricoh-gr-3/

比較製品
SONY > サイバーショット DSC-RX1R
レベル
アマチュア
主な被写体
人物
風景

参考になった9

 
 
 
 
 
 

「RICOH GR III」の新着レビュー

レビュータイトル 満足度 投稿日時
万人受けを狙わない潔さ 全てに魅了される孤高のコンデジ  5 2020年1月2日 15:30
スマホユーザーにオススメ  4 2019年11月30日 19:33
素晴らしい  4 2019年11月26日 17:47
進化したGR  4 2019年11月22日 16:27
APSセンサーを気軽に持ち運べる喜び 速写性最高 描写は印象深い  5 2019年11月3日 10:02
噂のAPS-Cコンデジ  5 2019年11月3日 04:31
身軽な良きサブ機  4 2019年10月22日 14:55
買っちゃった  5 2019年10月14日 23:35
初代GRDから10年以上を経て購入したGRIII  4 2019年10月12日 14:46
ボケをいかせるGR!  5 2019年10月3日 21:45

RICOH GR IIIのレビューを見る(レビュアー数:53人)

あなたのレビューを投稿しませんか?

RICOH GR IIIのレビューを書く

対象製品レビューへの投稿でもれなくポイントプレゼント!

この製品の最安価格を見る

RICOH GR III
リコー

RICOH GR III

最安価格(税込):¥98,953発売日:2019年 3月15日 価格.comの安さの理由は?

RICOH GR IIIをお気に入り製品に追加する <1226

のユーザーが価格変動や値下がり通知、クチコミ・レビュー通知、購入メモ等を利用中です

 
 
 
選び方ガイド

最適な製品選びをサポート!

[デジタルカメラ]

デジタルカメラの選び方ガイド

ユーザー満足度ランキング

新着ピックアップリスト

ピックアップリストトップ

プロフェッショナルレビュー
ユーザーレビューランキング

(デジタルカメラ)

ご注意